2010年2月 8日 (月)

DVD・マイケルジャクソン THIS IS IT

昨日やっとDVD「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」を観てみました~。うーん、改めてマイケルを見て・・天才が努力し続けて達する姿っていうんですかね~。見ていて涙が出てきましたねー・・。

実はこのDVD、事前予約してたので、1月27日に届いていました。でもすごく忙しかったし、職場もぐちゃぐちゃだったし、ネコを連れてくるため部屋の模様替えもしなくちゃいけないし・・。で、すぐに見る気になれなかったのでしばらく置いておいたのですが。

ネコは最短でも一週間先になったし、仕事の山もいったん越えたし、社内の問題も・・。いつか書くかもしれませんが、とにかく私がはっきり白黒つけようとした事で、思わぬ方向から解決したような・・。

というわけで、やっと今日、手を付けてみたら、DVDボーナス盤の『ショーの参加メンバー・スタッフ紹介DVD』まで一気に見てしまいました。良かった~~

多くの人が言われてるとおり、リハなのにショーとしてすでに充分観賞するに足る水準の歌と踊りを見せているのがまず驚きですが、そこにはマイケル自身を物語る深い必然性があると思われました。つまりバックダンサーを引き連れた複雑なダンスと、広い音域の歌、それを大音響のバンドと一緒に、自分がいま歌いたいテンポと間合いでシンクロさせながら歌うためには、全部がきちんとマッチするように細部まで繰り返して詰めていかないといけないから、なんですね。・・なんだけど。

昔から見せる要素が強いアーティストの場合、歌の力は期待できないし、マイケルのPV以降、ますますショーの要素が強くなってるから、口パクでも録音演奏でもある程度当然になってるというか。ライブの口パクがいくらなんでもひど過ぎて話題になったアーティストが何人もいましたよね。それがマイケルは・・。

リハーサルなのにこの完成度で歌ってる?しかもあれだけのダンスをしながら、ほとんど音程が狂ってない、、。すべてのスタッフに、「最初のレコーディングの音、観客のイメージどおりの音」を再現することを要求し、プラスそれをさらに良くするクリエイティヴィティをライブの舞台で出せるように求めている・。
本物の天才、本物のショービズのプロなんですね。見れば見るほど、どんどん感動してきてしまいました。

「ヒューマン・ネイチャー」の美しさ。あの低音域から一気に高音を響かせる部分でも、音の伸びやかさも音程も安定していて、美しい。・・歌のうまさに泣けました。七色の声ってこういうもの?あれだけ激しく踊りながらなのに。。

確かに、ジャクソン5時代から、激しくダンスしながら歌は絶対完璧に歌えなきゃいけない、というステージを果てしなくやってきて、どちらも同時に完璧にこなすのは当然のことと、「そう育てられてきた」んでしょうけど・・。

でも全部を生でこのレベルでできるプロなんて、多分ほとんどいないよね・・。とにかくショウ・パースンとしてのあらゆる点において、その完成度の高さに、見ていてあきれて涙がにじみました。一気に3回観ましたが、あと何回か、見ますー。

あと、追記的ですが、名前もよく知らないけど、ギターとベースも凄くいいですね。ドラムの事はよく分からないけど、ブラックミュージックの伝統を引いてバックボーカル(コーラス)も凄くいいな。・・M帝国の軍隊みたいな世界制覇的な演出は、ジャクソンズの時もあったけど大仰なイメージで好きじゃないけど。曲もハードロックに傾倒した頃のより、ヒーリングぽい後期の方が本当は聞きやすいです。

でも。やっぱりいいのは、「ヒューマン・ネイチャー」「」「ビリー・ジーン」かな。その、「ビリー・ジーン」。あのとき、多分すべての人に、「あ、いまだ!」「いま、ここだ!」と思わせながら、ついにあの時、なぜムーンウォークをやってくれなかったのかしらね…。絶対あそこで見たいよね。ロングバージョンのムーンウォーク。

それともあれこそ本番の観客の前だけで見せる、マイケルにとっても特別なものだったのかしら・・。その場面が最後の曲「マン・イン・ザ・ミラー」と映画自身のラストの直前にあって、本番はやっぱり永遠になかったんだな・・という喪失感が、余韻みたいに広がりました。

****************

最後に違和感を感じたことをひとつ。

それは、いまに始まったことじゃないんだけど、マイケルの体が痩せすぎているってことでした。

スーツの腕がだぶだぶで、ほかのダンサーのしっかりして力強い肉体に比べると、華奢すぎてひ弱に見えてしまう。

あのシルエット、20代の大ヒット連発のころのマイケルと似てて、彼は長いことずっとああいう子供の体つきでしたよね。でも「ブラック&ホワイト」の頃になって、やっと大人の顔と体つきになったように見えたんですよ。ガリガリの少年みたいな手足じゃなくて、太ってはいないけどしっかり筋肉も厚みもついて。顔はすでに何度も整形してたとは思うけど、大人の男っぽく落ち着いてきたし。身長もよく知らないけど結構高いよね。180cmくらいとしても脚の長さは身長の半分以上で、肩幅も広くなって。つまりそのままキープする方に努力していれば、すごくかっこいい大人のミュージシャンになったと思う。声も高音が有名だけど、低音域はソフトな響きがあって(さすがR&B出身)、たとえ将来高音域が出なくなっても充分いい歌手であり続けたと思うのに。

なのに彼がしたことは、少年の体つきに時間を戻すこと。絶頂期の、まだ子供っぽかった自分をキープすることでしたよね。

不自然な整形も、拒食症的な食生活も薬物依存も、実際にはいろんな要因があったんでしょうが、遠目で俯瞰してみると、「永遠のピーター・パン」と言われた頃を時間を遡ってキープしようとしてしまった結果なんじゃないかという印象がどうしてもありました。それが一番残念・・というか。多分だれにとっても。安易な事は言えないんだけど、、。勿体なさすぎましたね。

| | コメント (0)

2009年12月 4日 (金)

MJの「This is it」やっぱり延長

なにこれ・・・。。。 

<ニュース>

マイケル・ジャクソンさんの「This is it」を再公開
日本はアメリカ本国に次ぐヒットを記録して映画館主側から追加上映を希望する声が殺到したので、世界で日本だけ特別に再上映が決まったとか。

あんなに無理してしかも結局行くことができず、ガッカリしたのが、なんか・・・びみょ~に損した気分。。そしてこういう気分に一度なってしまうと、せっかく見れるチャンスなのに、なんとなくまったりしてきたりなんかして。。(^_^;

だいたい、もうDVD予約しちゃったんですけど!決断するの、遅いよ~。>ソニーピクチャーズの人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

This is itが‥!

昨日の20:50分が全国的に最終上映だった、マイケル・ジャクソンの「This is it」。いままで諸般の事情により行けなかったので、帰り(10時50まで上映)に困らないよう家の近くの南町田のシネコンで見る計画を立て、それまで従姉妹のTちゃんと話して、食事して、、とか予定してたのに、夕方の仕事の外出でめちゃ身体を冷やしたら一気に具合が悪くなり、駆け込むように帰宅して倒れ込むようにそのまま朝まで寝込んでしまいました。。あ~、結局大スクリーンでは見れなかったよ~~。。(涙)

今日は小康状態なので、未練タラタラ、フリース毛布に包まりながら、先日録画しておいた「SMAP×SMAP」の“This is it特集”を見直して涙していますー。今日予定してたボジョレー・パーティーも明日に変更させてもらってしまった。。日ごろの不摂生がこんな時に限って。。

あとひとつ、昨夜「のだめカンタービレ」コミック最終巻+映画予告DVDがアマゾンから届いてたので、それも見ました。コミック最終巻は・・・良かったです。予想以上に。この週末、別途感想書きたいと思います!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10月25日 (日)

This is it 見たい・・

スマステって時々見るくらいだけど、昨日例のマイケルのリハーサル映画 「This is it」公開直前スペシャルらしく、マイケル特集をやっていたみたい。多分後半頃からだけど、気がついて見ました。石井竜也さんがスペシャルゲストでした。

・・・「This is it」、映画の部分的シーンが解禁されてから、やっぱり激しく観たくなってきています。あー観たい!DVDにどうせすぐなる、とは思うんだけど。

しかしスマステ見てて分かったんですが、、。マドンナって、ちょっと気になった人にはすぐ手を出すのね~。見た目どおりだけど。。。へんな自慢話でじゃない誠実な語りだったからいいんですけど、それにしても彼女、これから晩年まで、誰か亡くなるたびにいろんな事を次々とポロポロ告白しそうな予感・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

マイケル、ゴンチチ、カフェミュージック

マイケル・ジャクソンが亡くなってからのニュース、やっぱりずっと追って見てました。MTV世代だし、スリラーは家でVTR買ったばかりだったから録画して随分見たし。あのアルバムではビリー・ジーンが好きだったかな?CD化するときレコードみんな捨てたから持ってないので、もうすぐ出るという紙ジャケットCD版「スリラー」とその前作の「オフ・ザ・ウォール」、Amazonで予約購入しちゃいましたよ。そう、私もチャート上昇を手伝ったミーハーの一人です~。紙ジャケにしたのはそういう思い入れは全くないんですが、値段が安かったので。

遺産争いとか家族仲悪しとかすぐさま出てきたのでジャクソン家のニュースはもういいですが、葬儀・・ではなくお別れ会?でのブルックシールズのスピーチには感動しました。当時は世紀の美少女・ブルックのスキャンダルを防ぎつつ社交の場に出るための、カップル社会に必要な仮面カップルみたいに言われていて、てっきりそうだとばっかり思ってたけど(エディ・マーフィが二人のことを言った自虐的人種差別ジョーク、いまでも覚えてます)、二人にはそんな温かい繋がりがあったんですね~。死亡記事以降、今回の一連のニュースを読んでて、あれでやっと心温まりました。。

そういいながら、最近聴いてるのはマイケルタイプの曲ではなくて、「ヘンデル・ゴールド」っていうオペラのアリア集とかカフェ・ミュージックでした。ヘンデルはバロック音楽の作曲家で、私は大好きだけど日本では人気がないらしく、今年は没後250年なのにたいした行事がないんです。聴いたらヨーロッパでは再評価中で記念の2枚組が出たというので(このCD)、これもAmazonで買って聴いてます。

今日みたいな風のある夏の昼下がりは、気分がいいカフェミュージックみたいな、ちょっとボサノバ風の軽~いポップなんか最高ですね~。こんなお天気だけど家でまったりしたい気分だったから、いま聴いてるのはゴンチチの「Online Limited 1」っていうネット配信専用アルバムでした。。この間、ズバリ「カフェ・ミュージック セレクト30」っていうコンピアルバムと一緒にiTunesでダウンロードしたのです。どれもこれもゆったりしたアコースティックギターの音色が最高で、特に「放課後の音楽室」(曲名)なんて、南の島でお昼寝しているような気持ち良さです。マイケルからだいぶ話がずれてきたけど、あぁ、今年の夏はゴンチチをiPodにずらっと入れて、沖縄にでも行きたいな~~。。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年5月 9日 (土)

天使と悪魔キャンペーン中

天使と悪魔キャンペーン中
ええっと、映画「天使と悪魔」の宣伝が突然盛んになってますよね。

昨日の夜、友だちと食べに、東京駅丸の内口の目の前にある複合オフィスビルエリア『OAZO(オアゾ)丸の内』に行ったんですが、ビル中あちこちに「天使と悪魔」の大きなパネルやポスターがあって、全館丸ごとキャンペーン中の様子。あげくのはてに出入り口近いホールのところに、映画テーマの巨大モニュメントが〜〜、、。思わず記念撮影しちゃいました。

分かります?ハリボテだと思うけど、多分ローマのトレビの泉の彫刻・・の一部、みたいですよね?かなりでっかいです。

原作は「ダ・ヴィンチ・コード」にハマった時に私も読んでみたんだけど、、。長くて起伏に富んだストーリーだったから、ど〜映画になってるかなぁ。。。見てみたいとは思ってます。

※上記をアップした翌日、映画関連サイトを見たら、前日の7日にジャパンプレミアを丸ビルでしたばっかりだったんですね。そして丸ビルを含む近辺の5ヵ所にドラマで殺人事件の舞台になったベルニーニの彫刻の作り物が展示されているとか。。OAZOの丸善本店の目の前にあったのは、枢機卿殺人事件の第4の現場の舞台としてですね。すると第3の事件現場になった、あの美しい聖女の彫刻も、いま東京のどこかに・・。う〜ん、ニセモノ全然OKだから、探して近くで見てみたい!モニュメントの展示は24日位までやってるそ〜です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

映画「マイアミバイス」も見た。

だいぶ良くなってきたものの、まだ外出できないこの週末。前項の本に続いて、まえTV放送を録画していた映画版の「マイアミバイス」を見て、その後会社で奨められた本「予想どおりに不合理」[ダン・アリエリー著、早川書房]を読みました~。

「マイアミバイス」は有名なTVシリーズを全然見てなかったので何とも言えないけど、、。ご想像どおり、ただマイアミの風景がどう写ってるか見たかっただけ。私は犯罪捜査モノの中では、周り中が殺人者みたいな麻薬組織に潜入する話ってハラハラしすぎて苦手なので、景色以外あんまり楽しめなかったです。

なによりも本編のヒロインが、、。主人公の恋人であり、敵である犯罪組織のボスの情婦(死語)という、ヒロインがなぜコン・リーなのか!!最後まで違和感でした・・。

西海岸じゃないんだから中華系の住民なんてほとんどいないと思うし、ここはラテン系女優さんを誰もが期待する役でしょう。どう考えても。コン・リー、手足が長くてカーヴィーなプロポーションは美しかったですが、それだってラティーノの得意分野だしね~。どう見ても犯罪組織のボスを適当に利用しつつやりたい放題の凄腕ビジネスウーマン(という設定。)というより、運命に流されながらじっと耐えてる受け身の女のような表情。。主人公役のコリン・ファレルも、眉毛がどーも好きになれないしな~。

ただ圧倒的に美しい海の色に、旅の記憶を呼び起こされてうっとり~、でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月31日 (土)

ゴールデン・グローブ賞授賞式

・・・と前述したようにさんざん眠ったあとだったので、昨夜8時から1時間半もBSでやっていた第66回ゴールデン・グローブ賞授賞式をだらだらしながら見てしまいました。今年の1月11日に行われた授賞式をまとめたものです~。

パーティー形式でアカデミー賞よりフレンドリーな感じだし、映画だけでなくテレビ部門があり、さらに映画・テレビともドラマ部門と「ミュージカル/コメディ」部門があるなどずっとバラエティーに富んでますよね。ゴールデン・グローブって。

今年は「タイタニック」のケイト・ウィンスレットが映画−ドラマ部門の助演女優賞と主演女優賞をダブル受賞をしたというのと、亡くなったヒース・レジャーが「ダークナイト」で助演男優賞を受賞したこと、「スラムドッグ$ミリオネア」が作品賞、監督賞を受賞したというのがニュースで報じられていましたが、いままでノミネートばっかりで一度も何の賞も取った事がないというケイト・ウィンスレットが受賞して真剣にうろたえてるのは好感度大でした。最後に主演賞取った時なんか壇上に上がるのに両脇抱えられてた。大丈夫か、、。でもいい女優さんになりましたね。

またTVシリーズのミュージカル/コメディ部門で作品賞や主演男優賞、主演女優賞などを取った「30ロックス」はかなり面白そうでした。

これで男優賞を受賞したのがなつかしいアレック・ボールドウィン。久しぶりに見たけど、映画の主役を演じてたころに比べて顔が二倍に広がって完全なメタボ中年。驚いた、、、。
でもちょっと流された番組の1シーンで、「1番差別されてるのは女性?黒人男性?」という言い争いに割って入って「もちろん白人男性だ。月に着陸しても批判される!」とか言う台詞を言ってたのが面白かったです。スピーチで家族に感謝しても奥さんにだけは触れなかったから、キム・ベイシンガーとは離婚したのかな~。(※後で念のためチェックしたら2002年に離婚されていました・・・。This is Hollywood!って感じのカップルだったのにね・・)

続きを読む "ゴールデン・グローブ賞授賞式"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

チェオクの剣-第3話「密偵の死」

1 「チェオクの剣」第3話をやっと今週見てみました。今回はサブタイトルが『密偵の死』。ストーリーがいよいよ本格的に動き出してきてメリハリがあり、面白くなってきました。^^

アクションシーンもいままでのような不必要にワイヤー使いたくて使ってる・・みたいなのではなく、必然性がある捕り物シーンを迫力あるように見せる使われ方で、納得できるいい感じ。でもストーリーよりも私が惹かれたのは、撮影ロケ現場(またはセット)の、17世紀の庶民の町並みや建物や・・・の、雰囲気のよさ!前にネットチェックしたら、韓国の“古民家庭園”のような特殊な場所でロケをずいぶんしたようでしたが、あんまり素敵なので今回はちょっとケータイ写メですが、何カットか写してみました~。(無断撮影です・・・・。す、すみません。多分日本版の著作権はNHK?)

粗筋は下に書くとして、まずはその写真ですが☆

一番上のは、捕り物シーンの始めの部分。後ろ向きの二人が左捕盗庁(チャポドチョン)の武官で、賊徒の家に突入するところです。鄙びた民家の傾き方と、ゴージャスな官吏の装束がいい感じ!

Photo_4 そしてこのように、忍者のように民家の屋根から屋根へ走り抜ける人影が・・・。これも左捕盗庁の武官たち。3人映ってます。鄙びた藁屋根の町並みと、目に鮮やかな草木の緑。その上を駆け抜ける黒い人影・・・。ナイスな映像でした!

Photo_3
いよいよ黒幕の一味と思われる大商人を容疑者として捕らえる時がきた。振り向く商人の後ろに立ちはだかる甲冑の忍者みたいなのは、さっき民家の屋根を走り抜けてきた左捕盗庁の武官。

Photo_5 顔を覆っているのは、かんれい紗のような張りのある薄い布。歌舞伎の黒子かなにかみたいね。この人はチェオクとも親しい武官イ・ウォネさん。(この名前、大韓航空機事件犯が北朝鮮での訓練時代に教育係をさせられたという日本人拉致被害者の、北朝鮮での名前に激似していて、どうも気になるんですが・・・)

Photo_6舗装されていない土の路上での捕縛劇。目にも鮮やかな赤い縄で容疑者を左右から追い詰める。。


Photo_7 そしてついに言葉通り“お縄にかける”状態に・・・。テンポもよく、視覚的にも美しく、様式美も感じられたりして、よくプランされた一連の逮捕劇でした!

Photo_8そのあと続くこのシーンは・・・・なんか忘れちゃったけど、左捕盗庁(チャポドチョン)の建物の中に裏手から入っていくところかな??(漢字が書いてあるけどよくわからない・・・)大きな立派な建物で、入り口には瓦を敷いた門があり、瓦の作りも日本のものと似てますね。荒い石を化粧壁のようにした門塀の感じも風情があっていいですね~。

Photo_9さらに中に入ると・・・右手の建物から男が現れ、左手には邸内を流れる小川で洗い物?をしている下働きの女性が。二人の官吏らしき白装束の男二人、その二人の間をまっすぐ奥の建物に向かいます。このあたりの邸内の風景も、360度、とってもいい感じなんですよね~~。


・・・って、ひとりで風景や映像を気に入って悦に入ってますが。きちんと時代色を再現している時代劇のいいところですね。こういうの。といってもこのドラマは、場面を瞬間止めてみせたり、ポップス風のBGMだったり、あとキャラクターの設定も多分、かなり現代的に演出している時代劇って感じではあるんですけど。

さて、最後に?ざっとした粗筋を書いておきます。

続きを読む "チェオクの剣-第3話「密偵の死」"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

チェオク第2話見ました

昨夜は先週に続き、「チェオクの剣・第2話」見ました

今回は日本語のサブタイトル『生い立ち』のとおり、主要人物であるチェオクと左捕盗庁(チャポドチョン)の従事官(チョンサガン)ユンの過去が明かされ、ドラマの設定が視聴者に説明されていました。

前回の最後で、男装して街中を探っていたチェオクは、実は市内で集めた偽金が入っていた荷物を盗っ人に盗まれてしまい、それを取り返しに一人で地元のやくざのような奴らの根城に忍び込むのですが、ばれて絶体絶命の危機に・・!

しかし渡し舟での出合い以来チェオクの存在をずっと気にして後をつけてきていた義侠ソンベク(ミンジュンさん)に助けられ、遅れて駆け付けたユンとソンベクが対峙する、、というのが現在進行形の主筋で、それとからめてチェオクの過去が語られ・・。

今回もやくざの根城のような所で立ち回りがあり、ワイヤーアクションが披露されるんですが、チェオクはひらひらとバレリーナのような華麗な動きなので、やっぱり香港・中華系のような体重が乗ってる感じじゃなく、ちょっと違和感とはいえる・・。でもあまりリアルに殺伐としないのが逆にいいところと言えるのかも。。

今回はまだ主筋が本格的に動き出しておらず、バックグラウンドの説明的な回なので、感想よりも粗筋を以下にまとめてみることにします。ミンジュンさんもすげ笠被ったきり、顔を一度も出さなかったしね~。(←ふまん。。)

続きを読む "チェオク第2話見ました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧