« 日本勝利で16強へ! | トップページ | 里親探し、してました。。 »

2010年6月28日 (月)

イングランド対ドイツ

16強でいきなり当たった、イングランドとドイツ。いつも因縁の試合を繰り広げる両国、今回もあり得ないようなゴール取り消しで、また黒歴史をひとつ刻んでしまいましたね〜。なんでつねにこういうことが起きるんでしょうね。この対戦は。。

でも、それも驚いたけど、イングランドの守備が始めっから崩壊していたことの方がもっとはるかに驚きでした〜。あれじゃ疑惑のノーゴールがなくても勝てなかったよね。。ファーディナンド不在のせい?でもテリーもアシュリー・コールも出ていたのにね。。

翌日の英紙の記事には、ノーゴール判定で大騒ぎかと思ったら、少なくとも普通の新聞は冷静な批判だったみたいなのはさすがです(大衆紙「ザ・サン」ではなくて・・)。ある記事によると、フランス大会で彗星のようにオーウェンが現れ、ベッカムが退場した、あのドラマチックな試合から始まった英国版“「黄金世代」が完全に終った”と評されていて、なるほどなぁ~と、ちょっとしみじみしてしまいました。。

|

« 日本勝利で16強へ! | トップページ | 里親探し、してました。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152297/48748235

この記事へのトラックバック一覧です: イングランド対ドイツ:

« 日本勝利で16強へ! | トップページ | 里親探し、してました。。 »