« 三毛ネコ対三毛ネコ・女の闘い編・・ | トップページ | 色彩のユニバーサル・デザイン »

2010年4月14日 (水)

アメリカで保護犬・保護猫支援の郵便切手が発売

アメリカのペット関連ニュース・サイト「Paw Nations(つまり肉球王国(?)」に出てた話題です~。

Petrescueusapoststamps_3

今月の4月30日に、アメリカの郵政公社?から、保護シェルターに入っているホームレスの犬と猫を図案にした記念切手6種が発売されるそうです。(写真。)1枚44セントで、「アニマル・レスキュー」「シェルターにいるペットに里親を!」ってなコピー入り。

これはシェルターにいるイヌやネコへの関心を高め、里親探しを促進する目的で出されるもので、地域の郵便局で普通に買え、オンラインでも事前予約できるそうです。

このニュースの他、ニューヨークの動物保護活動グループの連合組織が、ホームレスの動物保護のために100万ドル(約1億円!!)寄付するという話題も掲載されてました。1億円っ・・!!

最近大幅に削減されたNYの動物愛護関連予算を補うためだそうなので、なので市当局のこういう業務を担当している所へ、だと思うのですが、私が市当局の行政組織や団体名を知らないため正確には訳せません。すみません。。詳しくは下記のサイトで。

それにしてもすごい額。この資金の使い道はまだ未定ですが、ニューヨーク・デイリー・ニュースによると、野良犬野良猫の保護、里親探し事業、安価で不妊去勢手術を受けられるプロジェクトなどに使われる見込みだそうです~~。何もかも、日本とは桁違い~。。

Paw Nation」の記事
http://www.pawnation.com/

|

« 三毛ネコ対三毛ネコ・女の闘い編・・ | トップページ | 色彩のユニバーサル・デザイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152297/48085905

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカで保護犬・保護猫支援の郵便切手が発売:

« 三毛ネコ対三毛ネコ・女の闘い編・・ | トップページ | 色彩のユニバーサル・デザイン »