« 保護活動?の毎日です~ | トップページ | 同窓会、東京マラソン、家の周りのネコたち »

2010年2月26日 (金)

私たち、少し進展したかも、です。

20100223_lunchtime_2 昨日の“保護活動??レポート”の、追伸部分をこちらに分けて書き直します。

昨日木曜日、苦節3ヵ月、初めてミケちゃんキジトラちゃんが、わたしの手から直接食べ物を食べてくれました~。(感涙・・・・)

ここまでくるまで、雨の日も雪の日も大寒波の日も、自分も震えながら毎晩毎晩、一日も欠かさず、あげつづけた毎日・・・・。少しでも栄養をつけて温まってもらいたくて、小ぶりでも美味しい「モンプチ」ビーフ缶各種を、退社時にこっそりキッチンで湯煎して人肌に温めて、道路を汚さないように100円ショップの紙皿に入れて、4匹にあげつづける日々でした。長かった~、、。あの子たち、かなり人懐っこいとはいえ、触ると怖がってしまうビビリと警戒心は、誰に対してもどうしても抜けなかったんです。。長年毎日あげているおじさんは、多分例外だと思うけど、多分いままでは、そのおじさんひとりくらいしか・・・。

構ってあげたりご飯あげたり、ここには親切な人もいっぱいだけど、警備員のようにかなり邪険に追い払おうとする人間にも毎日接しているので、彼らのかなりの警戒心は必要やむを得ないものだと今は思えます。はじめは「なんでそんなに警戒するの?」って思ってたけど。実際、公園ネコさんなどで、残念なことに猟奇的な人間に殺されたりすることも意外に少なくないそうで、なまじ人馴れして平気で人間に触らせる子は、いちばん被害者になりやすいんだそうです。ノラに警戒心は必要だと、ボランティアさんが言っていました。そんなことするなんて、どんなヤツなんでしょうね・・。ほんの一瞬だけ、シーホースの気持ちが分る気も(^_^;;したりして。

Hさんと保護猫シェルターでしたお話は、「3月中旬からケージが空くから、ミケちゃんキジトラちゃんくらいなら、保護して家ネコ訓練してあげられる(ただしすぐ捕まるかはわからないけど)」「それまで私がもっとほんとに信頼されて懐いてもらえるよう、努力続けてなさい」ってことと「そこにまだ安心して棲んでいられるように、長年の餌やりさんと連携取ったり、残り物を片付けて警備会社にも認めさせる努力もしておいてね」ってことで。で、予定はしているのですが、餌やりのおじさんこそ、誰よりも飼ってあげたい人の気がして。

最近仕事がらみで餌やりへの圧力が強くなってきたそうで、以前は「自分が面倒見てるから大丈夫」って感じだったのに、今週「こいつらを誰か引き取ってやってほしい」と私にポロリと言ってくれたのです。。・・・。おじさん自身は、以前は愛猫を亡くしたトラウマがあったようで「自分が」とは思いついていないみたいですが、でも考えたら、ここの子達が一番大好きなのはまずはこのおじさんだし、家ネコ修業させるなら、本当は真っ先におじさんが飼わないか提案してみた方がいい。人に言われてじっくり考えたら、過去のトラウマを乗り越えるきっかけになるかも。それで駄目な時は私の出番、という風に思い始めています。来週会った時、提案してみます。

写真はお昼どきの、ミケちゃんと娘のキジトラちゃん。餌やりのおじさんと話していたとき来たミケちゃんにカメラを向けたら、なかなかシャッター押せなかったのでミケちゃん、表情が冴えなくなってしまったのですが、そこへキジトラちゃんが飛び込んできて、並んで楽しそうに後ろ足で頭をかくポーズして、シャッター切ったら即フレームから出て行ったという、一瞬のシャッターチャンスだった写真です。すごいタイミングでカメラの前に並んでくれたので、ギャラリーにやんやの喝采でした。(^^
キジトラちゃんは、みんなにネコ界のアイドル顔と言われているんだけど、動きが速いのと、私がいつも夜だけ行くせいで、可愛い写真がなかなかお見せできなくて残念ですー。

|

« 保護活動?の毎日です~ | トップページ | 同窓会、東京マラソン、家の周りのネコたち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152297/47671757

この記事へのトラックバック一覧です: 私たち、少し進展したかも、です。:

« 保護活動?の毎日です~ | トップページ | 同窓会、東京マラソン、家の周りのネコたち »