« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月29日 (金)

どこにいるでしょう?

20100129_catslong01_2
今日写したこの写真・・・・。猫が写ってるんですけど、さて。どこに何匹いるでしょう?

ここは会社ビルのワキの小路風のスペースです。いちおう道だけど人はあまり通らないデッドスペースに近い小路。そこに植えられた木のところを、遅いランチの帰り道、なにげに通ってみたら・・・・。あれっ??と思って、激写しました~。

いつも猫たちと会うのは、右側の垣根の向こう側の、駅ビルと大丸への搬入トラックが出入りする路地。こっち側ではめったに見ることがなかったのに、人通りの少ないときはこ~んなところで休んでたのね~~。

拡大してみると・・・

20100129_catsup01 ・・2匹はわかりますよね~。

木の枝に成ってるのが、ミケちゃん。今日は温かくなるって行ってたのに、風が冷たくて昼間も寒かった。とっても寒そうで悲しそうな顔をしてるのを見ると私がツライ~~。

下の植え込みで目立ってるのが、茶トラのおじいちゃん(実はノラなのに10歳近いらしい。)いつも乱暴物だけど、やっぱり元・飼い猫だったのかな?と思えるふしがあったんです。このあいだ。食べる時に他の子を突き飛ばしているのをしかったら、1メートルくらいピッと後ずさって、急にちょこんと前足を揃えてお行儀良くお座りして、自分の前に餌をくれるまで、他の子が食べてるところに割り込まずにじっと待ってたのです。ふだんは乱暴なことしてても、そのけなげな姿をみたら、もう可愛くて・・。みんなノラとは思えない良い子たちなのよね。結局・・・。


そして、じつは4匹いるのです~。わかった?

20100129_catsup03_2
・・・わかんないですよね~。(^_^; 私は違う角度からも見たから、茶トラの向こう側に(ちらっと見えるのが横顔です♪)サビ柄三毛ちゃんがいるのがわかったけど、写真を拡大して見直すまで、キジトラちゃんはわからなかった。。。。

おしくら饅頭しながら風をしのいでいたのねー
可哀想すぎる・・・。早く温かくなってあげてほしい・・・。

っていうか、最近では警備の人たちも可愛がり出してかまってあげてる姿を見るので、このあいだ「ビル管理会社としては、追い出そうとしてないんですか?」なーんてストレートに聞いてみたら、「いや、うちの会社はその辺とても人情味がある会社で・・・」とかって言っておりやした。♪(大家さんは森ビルです)

だったら、風を避けられる小屋を作ってあげてよ!毛布の差し入れしたくてしょうがないんだけど、道端にフリースを敷くわけにもいかなくて、こっちは困ってるんだから・・・。と、声にならない声をつぶやきつつ・・・。でも、少しだけホッとしました。^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月25日 (月)

オーストラリアン・クィジーヌ「ソルト」

20100125_salt01 今日は会社のランチで、新丸ビル6階のモダン・クィジーヌ「Salt(ソルト)」でご馳走をいただいてきました。オーストラリアのカリスマ・シェフ国外初の店というのでけっこう有名らしいです。

新丸ビルは5階にすごく庶民的な店が集積していて、6階はこのソルトや、ブラジリアンのシュラスコ料理、中華豆花喫茶のお店など、グレードが高いレストランが集結しているんですが、なかでもここは斬新なイメージと、高級でも高すぎない(でも高い)ところが良かったらしく、いつ行っても、この不況時にも結構満席でした。


20100125_salt02 お皿はバースデー・プレートです!今日は部員の誕生月を祝って下さる会で、私は12月に出れなかったので1月の今日、入れてもらったの。

先月はこんなサービスはなかったらしく、そこはラッキーだったかも。。一人一人のデザートに「HAPPY BIRTHDAY」て書いてくれててキレイだったので、場違いだったけど撮影させていただきました~。さすがに、浮いたけど・・(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

もうすぐ捕獲プロジェクト?

今週の木曜日、例の猫たちに不妊手術をしてあげたFさんとお会いしてランチしました。彼女は隣りのビルに勤務しつつ、ノラ猫保護活動を自宅で熱心にされている方だったのです。ブログ「奇跡のパンダねこ」で、保護活動と猫たちとの日々について書かれてもいたんです。不妊手術は「ノラが増えて困ったな」とかいう理由の各社の総務かなんかが事務的にしたのではなく、保護活動を十二分にされてる方にきちんと計画されてのことでした。

11月終わりの土曜日、そのとき協力し合った数名が朝の4時に集まって、全員簡単に捕獲できたけど、身体の大きい男の子・クロと茶トラは自力で抜け出て捕獲失敗。でも女子3匹は全員不妊手術をさせることができ、ノミ・ダニの駆除剤、混合ワクチン接種もすませたそうな。全員爪先よりちっちゃい赤ちゃんがお腹にいて、可哀想だったけど生まれていたら大変なことになるところだったとか。。Fさんによると、あれから1ヵ月半くらいなので、ちょうどノミ・ダニの薬がまだ効いているか、そろそろ効かなくなる絶妙な時期だそう。私が猫たちの姿がみえなくて気にし始め、餌をあげるきっかけになったのは、多分この手術で2~3泊した時ではないかって話しになり、いま捕まえて引き取ってあげれば2回目のワクチンもいいタイミングででき、ダニとかもほとんどいないはずだし、運命的なタイミングでは。・・・という・・・。・・・そうかなっ?note(照れsweat01

長年ここの猫たちに朝と昼、毎日餌をあげ続けているおじさんて人も紹介していただき(東京駅に1日二回商品を搬入するお仕事の方)、おじさんもその時協力した仲間の一人だそうですが、ミケちゃんはたしかもう5歳過ぎなはずと言われました。だから落ち着いておっとりしてたのかな?でもそれは全然マイナス点なんて思わないけど。ここでお名前あげたらかえってご迷惑かもしれないんですが、全然分ってなかった先日に、病気のノラ猫を飼いだしてからの日々を書かれたブログ「ジュルのしっぽ」の管理人の方に質問のメールをしてみたんです。そうしたら丁寧にお返事をいただき、「猫を飼い馴れていない人には、子猫より成猫の方が精神的にも体調的にも安定していて、かえって飼いやすいと思います」というアドバイスをいただいて、すごく納得していたし。。

Fさん、ここの猫たちは人間から餌をもらい慣れ、接しなれてるし、猫風邪みたいな病気持ちもいない。ノラの保護を見てきた目で見て、絶対いい飼い猫になると思うから飼えるならぜひ飼ってあげて欲しいですと言われ、わたしも腹がきまりました・・っていうか、心の中で決めていたけど、実行に移すことを決めました。

あとは、いちど不妊手術で捕まえた子が二度も捕獲器に入るかっていう大問題があるのですが。当時捕まえてしまい里親探しをしなかったのは、ビルの住人みんなにだいじにされてはいるので、とりあえず緊急保護までは必要なかったからだそうですが。。

そこで、前回の捕獲の時の仲間のおひとりM氏に連絡を取って検討していただくことになりました。この方はその後すぐこの近辺の会社を辞められ、不幸な犬猫を救う活動に専念したいとNPO勤務に転進された、この道のほとんどプロ!その時も、「二度と捕獲器に入らない猫にならないよう、痛くなく入っていられるように」などと工夫されていたという凄腕だそうなので、なんとかなるのではってお話です。

M氏とFさんが連絡とれ、決行日が決まったら、その日の昼には自宅にネコ!・・・なので、まだ来週末か再来週末かも未定ですが、トイレとベッド、餌とお水のお皿と爪とぎ・・などなど、まずは最低限でも準備して“その日”を待つことにします!(もうひとつキジトラちゃん問題があるのですが、それはまた後日に~・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月21日 (木)

会報が送られてきました~

会報が送られてきました〜
今日はとある報告書の初校の原稿作成や、先に出た別の初校の戻しチェックなど、本体部分の作成するのが3本に、その内訳部分が5本、さらにその内訳部分6本、計14冊子分が同時進行で入り乱れて、作る方はクラクラですた~。。まだ先に出た初校分さえ、全部は目を通せてません・・。掲載するグラフとかも作成してたので、夕方にはモーローとして、社内を真っ直ぐに歩けなくなってたわたし。。はぁはぁ・・。いつ終わるんだ。。

ところで、すみません、ずーっとおんなじ話題ばっかりで。今日帰宅したら、この間始めにお電話した千代田区の地域猫ボランティアグループ「ちよだニャンとなる会」から会報が送られてきてました。しかも4冊も。せっかく連絡くれたんだから、読んでください・送ります!って言われてたんだ、そういえば。で、読んでみたら、千代田区って23区内でも先進的な活動をされているみたいで、行政と連携して、かなり力が入っておられる感じでした。

たとえば中央区の外資系ホテルに滞在する外国人観光客から「ノラ猫を見かけて心配」、などの問い合わせがあった時、区は違うけどこちらのグループが、回答したり訪問して日本国内の取り組みを説明したというようなエピソードがいくつも。いいところに聞けたのかしら。。

でも1番紙面を割いているのは、地域猫・ノラ猫を引き取って飼っている飼い主たちの実例紹介らしいです。かわいい子たちが満載だし~。

その紹介の文を読むと、ビビリが酷くてまだ触らせてくれない子とか、馴れたら急に甘えたになってすごいとか、ナルホドのら猫は個体差が大きいけど、我慢すればやっぱり心を開いてくれるのね、なんて思えるミニミニ体験談集(写真の右側がそのページ)ぽくて。これを読むと、ウチでも引き取ってみようか、と思わせるような造りになってるみたい。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

ノラ猫ボランティア

20100120_kijitora う・・・。昨日は久しぶりにチョー残業。最近比較的楽してたから体が慣れてません。。ところで書きかけてたネコのことは、先週から、いろいろ進展がありました・・。

週末に、千代田区の保健所と連携してノラ猫・捨て猫の保護活動をされているボランティアグループ(ちよだニャンとなる会)に電話してみて、基本的な事情を教えていただきました。また千代田区保健所にも必ず連絡入れてほしいと言われて、月曜日にお名前をお聞きした保健所の某氏へTEL。

それで分かったのは、少なくとも東京都では、ノラ猫を捕まえても殺処分にはしないと。原則、不妊手術をしてもとの居場所に解放しているとか。(殺処分は飼い主からの持ち込み分だそう。それもひどい話ですが。)不妊手術のためには捕獲しないといけないけど、誰か2人以上の住民または在勤者でグループを作ってもらい、行政に申請すれば、捕獲器が無料貸し出できて比較的簡単に捕まえられ、不妊手術費、プラス蚤・ダニ・回虫駆除費用くらいは助成金が出る。自宅で保護してあげたい場合、しばらくは室内に慣れるためケージ飼いがオススメだが、ケージは無料貸し出してくれる、、。などなど。口頭ベースでメモした事なので、一部誤解があるかも、ですが、区のボランティアさんによるとだいたいこんな話でした。

保健所に聞けといわれたのは、例のノラ猫がたちが不妊手術をしているなら、保健所に記録があるかもってことで、その推進者と連携を取ってみんなでなんとかしてあげるのがベスト、という事で。

ところが保健所の某氏によると、手術の手配には、先に聞き込んだ例の『千葉から通われる食料品店の方』は全然からんでなくて、うちの隣りのビル内の会社に勤務する数名が発起人で、深夜に捕獲作戦して手術させたあと、退院後また元に放したとか。去年11月頃のことで、まだ身体がちっちゃかったアメショ風のキジトラちゃん含む、女の子3匹全部を、したそうです。(写真が1歳弱のキジトラちゃん。夜闇に撮影したのを露出変更した写真なので、いつもの可愛さが半減してますが)

その人と連携とれれば、いま餌やりしてる人たちと何かできるかもしれないし、あの子たちの実態とか経緯とか、最低でもバラバラに多数が思い付きでやってる餌やりがある程度きちんと分担できるだけでも、と思って、電話で連絡取りたいとお願いしたところ、昨夜その方から電話がかかってきました!なんと、のら猫の保護と里親捜しのボランティアもやってるという、この方面では慣れたセミプロみたいな方でした。(下に注です)

で、大残業した日の夜に受けた電話で盛り上がってしまい、話が尽きないので、続きは明日ランチしながらというお約束になりました。どんどん事態が転がるけど、なんだか楽しみ!

ここ2週間ほど寒さが可哀相で、連日人目も気にせず餌あげてたら(しかも話かけてきた人には熱く語っていた私。。)、複数で連れだって餌をあげる女子が目立って増えてきたみたいだし。今週はいつ見に行っても、一応食べ物食べたあとみたいでした。

あげすぎてもなんなので、ある程度みんなと曜日決めたり連携とれたらいいなと思うし。また千代田区のボランティアの代表の方いわく、猫は家飼いとノラでは顔付きが変わる、ノラはやっぱり寂しそうな目付き。だからできれば、家に連れ帰って飼ってあげてほしいとのことだったし・・。

そうだよねーー。そうできたら1番いいけど。

とりあえず、明日会う方との話を楽しみにしております!

※ノラ猫保護活動についての補足・・・
少し上記を補足しますと、人気の猫ブログをいくつか読んで分かったですが、日本のノラ猫捨て犬の殺処分率は先進国中最低レベルの9割程度と異常に高いのを憂えて、保健所から殺処分直前の子を引き取って自宅にケージで何頭か面倒見つつ、飼い主を探してあげるボランティア活動してる方、けっこういらっしゃるんですね。ノラを家で飼える状態まで面倒みたり、棄てられて精神的に不安定になっているのをケアしたり、読んでるとみなさん小さな一個人なのに、偉大な努力で頭が下がります。。
先日NHKや朝のニュース番組で取り上げられていた、熊本市保健所の努力など、各地の保健所やNPO、地域ボランティアの方々の努力や働きかけにより、やみくもな殺処分ではなく、引き取り手を探して第2の人生(猫生)を歩めるような仕組み作りが、もっと進んでほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

プラズマクラスター無事買えました~

Prazma1 さくらやは恐ろしい程の混雑ぶり。商品もほとんど売約済みです。

プラズマクラスター空気清浄機は、白が完売、黒が展示品のみ。赤だけ在庫ありで、やむなく赤を買ってきましたが、シックな赤なので悪くないかも。さっそくつけてみる、、。この場所を定位置にするわけじゃないんですけど。

値段も20%オフで、これまでのさくらやポイントだけでほぼ賄えました~。これは中型の、空気清浄機だけのタイプ。エコポイントを使えば大型の加湿機能付きのも余裕で買えたけど、前日に「加湿器は単純な過熱タイプが1番好きだよね」って話を家でして確認してたのでやめました。。ハイブリットタイプのような、冷たい加湿器が嫌いなんです。お湯をグラグラ沸かして沸騰された蒸気を放出するような、古風な加湿器の湿気が好きなの。だからいいやと。

わが家はみんな風邪ひきやすいし、花粉もそろそろ心配だし、空気清浄機の効果を、とにかくこれで試してみますっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

ノラ猫ちゃんを巡る事情の続き!

会社ビルの路上に棲むノラ猫ちゃんたちを巡る話の続きです。先週、私以外にも餌をあげてる方の形跡が唯一はっきりとある、歩道の隅にひっそりと置かれたお水の入れ物の所に、「連絡ください」とメモを置いてみました

某有名猫ブログの管理人の方に『ノラの成猫を家ネコにできるのか?』メールしてお聞きしたとき、にお世話してるらしい方がいるなら、なんとか連絡を取った方が良とアドバイスをいただいたこともあったし、一人じゃ捕獲も難しいなと思ったので・・。

そしたらちょっと事情が分かってきました。

その日の夕方、小雨の中でちょっと餌をあげていたら、近くの食品店にお勤めらしき中高年の女性が通りすがりに話し掛けてこられ、はっきりは言われないものの、お水はその方が換えていたみたいでした。ただしメインはその方と同じ職場をもう定年退職したという女性で、毎週土曜日に千葉のご自宅から山のようにカリカリの餌や魚料理を持ってきては、5匹のネコたちににあげているんだそうな。ミケ2匹に不妊手術をしてあげたのも、その方なんだそうでした。話し掛けてこられた方も、2日に1回ベースであげてるそうですが、その方は、餌以外に何かするつもりはないみたいでした。

今週ずーっと寒かったので、ネコがせめて空腹にならないように、毎日餌缶やご飯のパウチを持ち歩いては連日餌をあげちゃってたんですが、お陰で「私も時々あげてるんです」って方たちと何人も長くお話できたり、餌をあげてる姿を人に見られてるな~、と思ってたら、逆にそれが自然な光景と受け止められたか、ふと見るとネコに話し掛けたりあやそうとしたりする人が、老若男女問わず急に増えてきて、なんか嬉しい現象でした。。

でもミケちゃんとは。。(T_T)なまじ毎日餌をあげたことで、ネコたちに有力パトロンと思われたのか??偉そうにしてる茶トラのドラとミケちゃんは私からの餌の優先権争い?みたいになってケンカ腰にしてるなと思ったら、茶トラのやつ、連日私の脚に頬のフェロモンをなすりつけて歩いて、ミケを私の側に寄らせない実力行使をしたりして。それを振り払えないでいた私にミケちゃんついに怒っちゃったのか、急に距離を置いて冷たくされちゃった。。しくしく。。(←ばか・・)

という昨日今日ですが、いろんな猫ブログのノラや捨て猫保護活動を読んで、「家ネコ修業中」なんていう様子を見ると、やっぱりいきなりシロートの私が引き取るより、保護活動をされてる方にしばらくご協力をお願いすることがもしできれば、それから引き取る方がネコも私もお互いに幸せになれるかも、、と思うようになり、ネットで「野良猫学入門」を運営されている方に実情を書いてメールで相談してみました。

ブログ運営者の善意にばっかり頼っている最近のわたし。。ほんと、すみません・・。

こちらでも本当にご親切なお返事をいただき、「東京の場合、各区ごとに保健所と連携している保護ボランティア団体があるから、千代田区か中央区の団体に相談してみては」と教えていただいたので、さっそく今日電話してみたところ・・・!

長~くなってきたので、続きは次の項にて!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくらやの悲劇

先週始めくらいに、ベスト電機が子会社の「さくらや」を2月いっぱいで閉鎖し、ベスト電機自身の店舗も2012年までに相当数縮小する、という発表がありましたね!

うちの近所の家電店といえば「さくらや」。去年買った液晶TVのエコポイントも、さくらやで使えるベスト電機の商品券としてもらいました。ベスト電機の商品券なら1万円で1万2千円分になるからオトクと言われて。だからさくらやが近所になくなったら、すごーく無駄になってしまいそうで焦るんですけど!!

今日近所のさくらやに行った人に話を聞いたら、もうすごい人混みで、しかも商品は「いまある分で終わり」だそうな。せっかく貯めたさくらやポイントとエコポイントあわせて、シャープのプラズマ・クラスター空気清浄機を買おうと思っていたのに~~。かなりマズイ!

まだ買えるかわからないけど、明日一応見に行って来ま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜のリストランテ リアル

Restrante_real_2昨夜会社がえりに行ってきたのは、横浜東口ルミネから数分歩いた狭い路地に面して建つ、イタリアンの「リストランテ リアル」。

SFみたいな外観が人目をひく独特な作りですが、中はカジュアルで落ち着いていて、隠れ家的な、居心地いい空間でした。店員さんも可愛くて気さくで、「行きつけの店」にしたくなる感じ!

写真がその外観です。SF映画のセットみたいでしょ~。画面左側のカブトムシみたいな盛り上がりが、入り口のドア。お店の人が開けてくれるまで、どこからどう入っていいかさえ分らなかったし・・・。お料理の写真は、例によって食べるのに夢中で撮り忘れました~。

その味ですが、、手長海老のトマトクリームパスタが1番美味しかったかな。他に生ハムと温めたトマトとアンチョビの前菜やら、クロケットの小皿やら、大小アラカルトで5皿くらいとデザートを賞味。一皿が上品な量の割りにお値段はそんなに安くなくて、ワイン、デザートも入れて一人6,000円くらい。コストパフォーマンス的には、ちょっと微妙かも。・・・だけど、洒落てて気取らない雰囲気が良いので、時々顔を出してみたくなるような、好印象の店ですた~note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金)

鼻から胃カメラ(T_T)の巻

昨日は2009年度の健康診断、いまごろだけどしてきました~。

勤務先が今期から、昨年までとは違うクリニックと契約したらしく、設備もきれいで新しい感じの所でしたっ。昨年度(2008年の年末)は、胃炎なのがわかっていたからデフォルトで胃カメラしてもらおうと申し込んだのに、施術場所たるや倉庫か物置みたいな雑然とした所で、しかも給湯機の金属ホースみたいな古臭~いタイプ?のカメラを飲まされるのに堪えられず。全身で拒絶してしまって、結局検査できず終いだったんですが・・・。

今回は施設もきれいだから大丈夫かな?・・と思いつつも、「最新の、鼻から入れる胃カメラもありますよん」って向こうから言ってくれたので、やったことないし、駄目もとでやってみました。

なんでも鼻腔の形によっては、食道との繋がりのカーブがきつくて入らないとか、人によって無理だったり、ケースバイケースらしいです。で、私は右からは通しにくいらしく、左鼻に替えたらスムースに通って、一応ぶじにできました~。

で、感想ですが。確かに喉を通すとき、あの戻しそうな気持ち悪さがなくて、ゲロゲロしそうなストレスはなかったです。でも。。

先に鼻から胃カメラやった女子が、「喉より辛くなかった」と言いながら、次もまたこれにするかを聞かれて、「う~ん、、。」と言葉を濁してたのですが、その理由がよくわかったかもしれませぬ・・。うまく言えないけど。

医師の先生はモニターを見ながら、中の器官を傷つけないように細心の注意を払いながら内視鏡を胃に向けて下ろして行くので、中を傷つけまいとするあまり、管がいろんな方向にうねったり引っ張られたりするんです。その管のうねりにつられて、顔の位置が振り回されてしまいがちになるんですが、鼻って顔の中心部にあって神経が集中してるから、些細な動きも気になるんですよねー。いくら細いとは言っても細目のストローくらいの大きさはあるし、、。

口はその点、元々物を飲み込む器官だから、気持ち悪いなりにけっこう対応できるんだけど。鼻はそうじゃないから、なんか気分的にツライの。ちょっとコードが動いても。

少なくとも、いまの半分以下くらいの細さにならないと、違和感強すぎるかも・・・。あの診療所ならきれいで落ち着いてるから、口でも堪えられるかもしれないし。

とにかく髪の毛より細いとか、ゴックンと飲むだけのカラーカメラとか、もっとさらなる医学&科学の進歩と、最新医療機器のより速やかな普及を願ってやみません。。

肝心の胃の方は、相変わらず神経性胃炎(慢性)の引っ掻いたような赤い跡はあるものの、それも割りとキレイだし(医師・談)、それ以外はびらんもしてないし、むしろ胃の中はけっこう美しい状態とか。ピロリ箘も全く居そうな気配がないと、太鼓判押していただきました~。でも当日の朝も、食べちゃだめなので胃の中を空っぽにすると、胃がなんだかシクシク痛くて、珍しく食欲も全然なかった。こんな状態じゃ相当だめだと思っていたのに。。いったいこれって、何なの~・・??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

修善寺旅行メモ

う~寒い。寒くて家に籠ってます・・。今日も保護に行けなかった。。まだ。そして会社も、10月のリストラでみんなの仲間が切り捨てられてから、実際にかなり「誰さんだって、あれでいいの?」的な陰での非難の応酬・・かどうかわからないけど、そういう言動がけっこうあったような話を新年早々聞いたりし、部長も年末の査定を厳しく言った数名から逆に本部長に突き上げられるなどして、結局この1月から業務範囲が縮小されるなど、本当にいやな空気をヒシヒシ感じて、なんとなくまいっています~。こういうときに言いたい放題・強気に他人を批判して「勝ち組」的にわが世の春を勝ち誇っている人もいて、本当に不愉快・・・。そんな人たちと争って勝ちたいとは思えない。けど、いいように不利な立場に追いやられて負けるのも不愉快・・・。難しいところですね。私は特にチームの協力などがあまりない単独のポジションなので、けっこう弱い立場かも。弱い部分もあるしねー。。。

ところで12月20日、21日の沼津・修善寺旅行のうち、修善寺の写真を今日はアップしてみます。すっかり年末年始で忘れてたので。

20091221_s062

旅館は、細い車道に面した小ぢんまりとした所でしたが、建物の半分く らいをモダンに改築した“デザイナーズ旅館”になっており、私たちは改築された方のお部屋に泊まりました。

狭かった二部屋を写真のように畳の居間とカーペットのベッドルームとして繋げ、ドアのない間仕切り、間接照明、かわいらしい手作りグッズなど、レディース向けを思い切り打ち出してました。

20091220_s15



写真はベッドルームの飾り。
多分改築前のお部屋の欄間を、枕もとの飾りに使ったらしき。





20091220_s20
こちらは夕食の始めの品揃え。
手前のお皿がオードブルです。蛎のクリームグラタン風味のものや、、、お刺身も、鍋も。お鍋は駿河湾で取れた伊勢海老と海の幸でした!このあと何周かお皿がでてきましたが、写真撮り忘れました。

で、最後に桜海老をちらしたご飯とお味噌汁。
でもそこまでたどり着く前に満腹になりすぎて・・・。
く、苦しかった・・・・。


20091221_s02

こちらは朝食なんですが、駿河湾で取れたアジの開き、マグロの山掛け、ご飯においしい様々なちょっとした付けあわせのほか、左端にちょっと見えてるのは・・・。




20091221_s04


これ、朝食の「お味噌汁」です。
もうこれだけでも、超まんぷく~~~

お昼なんて食べなくても全然OKでした。





20091221_s20チェックアウトして、修善寺の街中を散策。
修善寺は、高野山系の修善寺をど真ん中にし、富士の清流が流れる桂川の両脇に旅館街が広がる、本当に山の中の小さな町並みなんですね~。

鎌倉幕府を開いた源氏の頭領が旗揚げする前に潜んでいたのもこの辺だし、鎌倉時代最初期、頼朝の弟範頼や、第二代の頼家が殺されたのもここ修善寺、ということで、なんとなく中世の落人部落(というと平氏の方を普通言うけど)の面影が現代でもそこはかとなく感じられるような、山間の瀟洒な温泉地だなぁという感じがしました。


20091221_s21 こちらが上の写真の川岸をさらに上流に歩いていったあたり。何箇所かある赤い欄干の橋以外、左右に分断された町をつなぐものはなく、この日も河岸工事みたいなことをしていました。

この修善寺の上品な鄙び方、私は結構好きになりました。なぜか昭和半ばのケバケバしさが残っていない古び方ってのも、珍しい気が。本当に小さい街なのに、あまり田舎臭くも泥臭くもないところが不思議。



20091221_s24

ただし町のスペースが山で本当に限られているので、大発展しそうな感じは全然ないのね。

でも町では左の「竹林の小路」のように品良く街中を整備して、今後の再発展に、いま力を尽くしている感じでした。




20091221_s36_2左の写真は、回廊だけの建物を生かした、オープン・スペースの展示会場。当日は紅葉の写真展を開催してました。

こういうところなど、いま進めている再開発も、わりとモダンというか、全体にいいセンスです。

東京から一泊程度の週末旅行・・・とくにカップルの旅行にすごーく向いている感じ。家族連れには、小さい子供が楽しめる施設があんまりなさそうなので、その場合場所を移して伊豆の海岸の方に向かうとか、になっちゃうかしらね?

20091221_s39

最後の一枚は、小田原駅にて。
いつも通ると、駅構内に吊るされた巨大な「小田原提灯」が印象的で。
こんかいやっと写メしてみました~。
これを見ると「東海道の旅」って感じがするんですよね~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

続・色々調べたネコのこと

土日はまた部屋の模様替え(ってほどでもないけど、少~しづつ・・)の続きをしてまして、前回の話、途中で途切れてしまいましたね。。日曜には餌やり、その他にも行こうと思ってたのに、模様替えの力仕事や深夜まで他人のブログをあれこれ見ていたせいで、昼間いまいち元気が出ず、挫折。。

土曜にはNHKで、ペット業界の問題点に迫るいい番組をしていたみたいですね!見たかったけど気付かなかった。日曜の日経新聞の社会面でも、熊本市の保健所の所長さんが、昨年のペットの殺処分数をたったの1件(元闘犬で、躾しようにも職員にも噛み付いた一匹だとか。)に減らすという劇的成果を上げたとして、大きな囲み記事にされて載ってました。日本ではペットの殺処分率が先進国最下位くらいにヒドい状況だそうだけど、真剣に取り組む人によって、少しづつ改革が始まってるんですねー。かなり真剣に読んでしまいました~。

ともあれ。。

成猫のノラを家ネコにできるか、ってことで、あちこち聞いてみた話の続きです。拾ったノラを飼ってる人は結構多いけど、たいていは捨てられて間もない子猫だったケースみたいで、そういう人たちに「大人のノラは無理じゃないの??」と言わるので。。

まずはどこか保護施設はないか、と思ってみたのですが。

2)ノラ猫のシェルター施設は、現在日本には存在しない!周りの人間がなんとかしてあげるしかないのが現状、だと知りました・・。
「ライフボート」の方に電話して聞いたのですが、そもそも猫を飼った事がないと言うと、「猫は犬と違ってこうですよ・・」とか、やや厳し目の事を言われてしまいました。安易な考えでポイ捨てしないよう釘をさされたかと思われます。。
しかしライフボート始め、いまある民間NPOのペットシェルターはすべて、行政に持ち込まれた殺処分直前の犬猫を引き取るのが現在できる精一杯なので、地域のノラ猫は一切引き取っていないし、引き取れる状態の所はないそうです。なので、その猫の周囲にいる人達が少しづつ協力するなり、自宅に連れて帰れる人は連れて帰って助けてあげてほしい、とのことでした。。

3)成猫のノラは難しくない!とか??
大人のノラを引き取って育てたという超有名ネコブログの管理人の方からは、「大人のノラが難しいというのは一度も人に接したことがないまま大人になった子のことで、(私が書いて送った状況を読むかぎりでは、)明らかに人慣れしてるので、その場合子猫よりも成猫の方が、初心者でも育てやすいです」というお返事をいただきました。。お忙しい、しかもいち民間人なのに、右も左も分からない一読者の問い合わせに真剣にお返事くださって、本当に有り難かったです。ありがとうございました。。m(_ _)m

子猫は人間の子と同じで、成長期や思春期に元気を持て余してやんちゃするけど、一般に成猫の方が社会性も身について安定してるし落ち着いてる、、とのことらしいですね・・。(もちろん、トイレの躾がなかなかできない子もいるので、そこがどうか、とはライフボートの人に釘を刺されましたが。。)ともあれブログ管理人の方には、もし可能なら一匹でもぜひ連れていってあげてほしい!と言われました。仲間で生活してるとはいえ、子猫を親猫から引き離す場合以外、基本は単独行動の動物なので、いっぺんに保護するのは難しいし、一匹また一匹と、少しでも飼える人がそれぞれ飼ってあげるのでいいでしょうとのこと。

また同時に、お気に入りがいるならぜひ飼ってあげてほしいとはいうものの、やっぱり最後は運命としかいいようがないので、無理したり負担に思う必要はないでしょう、というフォローもして下さいました。

ところで、そのノラたちですが、、。

Mimicut 4)すでに避妊手術を受けていることが分かりました。
金曜夜に餌をあげてたとき、話し掛けてきた知らない他社の人と、餌やりしつつお話してたら、その人が気付いて教えてくれたんです。「みんな片耳の先っぽにちょっとだけカットされた後があるから、避妊されてますね」って。(丸で囲んだところです。ミケとサビ柄の三毛ちゃんは確認できました。クロはちょっと不明・・・)

餌をあげるうち子供が次々生まれ、環境が悪化して結局全員保健所送り、、みたいな悪循環を避けるため、ノラ猫に自腹を切って不妊手術をさせ、「殖えさせないかわり、この猫たちだけは地域で面倒みましょう」という活動がいま結構広がっていると聞いていましたが、ここの猫たちもすでに誰がの手によってされていたとは!指摘されるまで、ほんのちょっぴりの刻みなので、全然気付きませんでした~。
でも、確かに。。。

これで餌遣りするのもだいぶ安心できますが、いったい誰がやってくれたんでしょうね??手術の費用は、けっこう高いそうなのに。。やっぱりお水を毎日外の柱の陰にこっそり置いてる人の仕業かな?お会いしたことはないけれど、、。、

現状問題として、私の場合、まずノミ取り等を医者でしてから、キャリーバッグに入れて電車で1時間以上移動、っていう最初の難関がクリアできるかがネックですが、なにより一人じゃ捕獲するとき失敗しそうなのが1番不安。。びっくりして逃げられたら、当分近寄ってこないかも、だし。お水の入れ物の所にメモでも残して、協力を仰いでみるのがまずは必要かも。。

こうなったら週明けに、その知らない協力者の方と連絡が取れるよう、何か工夫してみようと思っています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 9日 (土)

色々調べたネコのこと

今週水曜から仕事が始まりました。出社したらいきなり暗い。来週と再来週に決算処理を控えていて、それまでに準備完了しなければ・・な事が山積みだし。で、心のオアシスはやはり猫たち、、。

なんだか最近、同じテーマばっかりですみません~。短期間に集中する癖がある性格なんですー。社内の不愉快なことを、ネコに関心を集中して忘れる私。。

今週は急に冷え込んで、全国的に寒波到来!!特に火曜水曜は、ものすごい冷え込みの中、ネコたちが昼間から八重地下の通風孔の上で4匹ダンゴ状に固まって、押しくらまんじゅうしながら必死で寒さに耐えている姿を見て、「このままじゃイカン!」「餌を与えて満足してたけど、住む所がこのままでは、いつか病気になるか不具な体になってしまう・・」と真剣に考えはじめ、一匹でも自宅に連れ帰ってリリースできないか、その場合ノミやダニや病気の検査は、いつ、どうすれば?・・他の子を見捨てるようになっていいのか、、。全員を救う手立ては何かないのか。一度もネコも犬も飼った事がない我が家でノラの成猫を飼えるのか・・??

真剣に考え始め、色々調べたり問い合わせたりに明け暮れてしまいました。おかげで金曜の約束もいつの間に放置。ヤバイ・・。

で、いろんなことが見えてきたのですが、とりあえず木曜と金曜は大寒波がちょっと和らいで、ネコたちも落ち着きを取り戻したのと、いっぱい餌をきちんとくれている人にまた餌をもらったらしく、水曜にはお腹を空かせて私の脚に纏わり付く感じだったのが、今日なんか手招きしても、cat美味しいものなら食べてもいいけど~?noteって感じでのんびり集まってくれるよ~な、態度豹変。。(^_^;
私もやっと、もう少ししっかり考えながら準備してから決めようっと。っていう気持ちの余裕がやっと戻ってきました。。

問い合わせたのはノラを引き取って育てた経験がある友達と、某・超有名ネコブログの管理人の方(もちろんメールで。)、猫ブログのHPにリンクされてた、捨て犬捨て猫を保護し里親捜しをするNPO「ライフボート」の本部、1番会社に近い動物病院のお医者さん、などなどです。。

そこで分かった事としては、、、。

1)近くの動物病院では、ノラでも連れてくれば、ノミとダニの駆除や家ネコに必要なワクチンの接種、病気の検査等をおこなってくれるとのこと。
まず保護するのが大変と思うが、保護できたらすぐ連絡くれるような言って下さいました。でも電車に乗って帰宅するとき必要なキャリーバッグは病院には売ってないから、あらかじめ用意しておなかいと、て事でした。

2)は、続きます~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

年明けて、はや数日。。

あ~、早くも3が日が過ぎてしまいますねー。

今年は元旦、二日と出かけたら、3日の今日はちょっと風邪気味。疲れてきたので、一日PCとちょっと片付けくらいでまったり過ごしました。インテリアの変更も、仕分けボックスを購入するところでまだ決められなくて進んでませんー。

2010010101 元旦はお年賀に母と出かけたあと、母がウォーキングで見つけたという住宅地の間に広がる林の道を教えてもらって通って帰ったり。くぬぎ林?の中、散策しやすいよう杭とロープで道が作られていて、枯れ葉をサクサク踏み締めながら歩いたの、久しぶりでした。(そんなことしてたら天皇杯、見そこねた!今年の組み合わせはかなり期待大だったのに!)また2日はクランベリーモールに行ったり、なんだかんだして過ごしたのですが。。

元旦には、外出から帰宅後いといきついてから、やっとひとりで今年の年賀状を出しに郵便局へ行ったのですが、地域の本局ではなく、なぜか、というか・・365日夜7時までやっているという、東京中央郵便局の仮店舗へ行ってきました。

会社のすぐ近くなのですが、ここなら1番早く配達してくれるだろう・・というのは理由の半分で、・・はい、猫に餌をあげに行ってしまいました。。30日の飢え方、かなり気になったので。。いつもよりしっかり、「総合栄養食」の缶3缶、パウチ2袋くらい。いたのはドラの茶トラ以外の4匹で、やはりかなり食いつきよかったです。もう夢中って感じ。でも体格がいいクロと1番小さいキジトラちゃんは最後の1缶を残したところで満足げに座を外し、残る1缶弱は、ミケちゃんと斑柄ミケちゃんの2匹が、いつも少食を強いられ満足に食べられないのか、最後までがっついて食べてくれました。。

本当は中1日開けた今日もあげにいきたかったけど、自分がやや風邪を引きそうで、散々迷った結果、やはりムリはしないことにして止めました。
考えたら私はいままで量もよくわからなかったから補助食的なあげ方をしていたのですが、誰かが130gの缶4~5缶分を片隅に食べられるようあけて置いてあるのを見たことがあり、量を考えてかなり定期的にあげてる人が別にいるはず。。なので、31日、元旦はさすがにその人も来ないかもと思って私が行かなくちゃと必死だったけど、今日なら、、明日から通常業務だし、さすがに誰か気にして行っている可能性は低くないと期待もして。

このあいだから、合間を見ては猫blogをあれこれ読んで、野良ネコや地域猫をどう面倒見るべきなのか、、など考えつつ、ちょっとどうしたら1番いいか結論は出せないままです。まだしばらくは続けると思いますが・・。ミケちゃんのどっちかともう少し仲良くなったら連れて帰りたくもあるけど、家の場合、いきなりその場から家族?と引き離して40km近く電車に載せて移動しないといけないし。きちんとよく準備しないと、なかなか難しいですね~。まだノラなので、ほとんどの人に触らせてないし。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

2010年の元旦

2010010102 あぁ、、早く書かないともうすぐ元旦が終わってしまう・・・。

A Happy New Year 2010!

皆さま、明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

・・・今年の元旦は、私にしてはいつになく活動的というか、ばたばたとあれこれしてしまった一日でした。今年一年、ダラダラせずきっちりやることやって結果を残したいなぁ、と思っていたのでそれが出たのかもしれないけれど、なんとなく今日一日で、さっそく疲れて明日からダラダラしそうな予感も・・・。いやいや。。

とにかく今年は不況風を乗り越えて、自分にとっては良い一年にしていきたいものです。

※写真は、玄関に適当に飾ったお正月飾りのお華です。あんまり形になってないけど、我が家で唯一お正月っぽいものだったので。。花瓶の足元の和紙風の飾りは、毎年取引先の印刷会社さんが年賀状として送ってくださる、オリジナルクラフト製お正月飾りキットの一部です。全部紙製の印刷物で、カードから組み立てて飾れるものを考案されてるのですが、今年は愛媛県や大分県で縁起物として飾られる民芸品「姫だるま」をクラフトで再現したものでした。可愛いんですが、私がやったら紙のお人形の部分が台紙に上手く立たなかったのと、なんとなくお正月というよりお雛様チックだったので、台紙と金屏風のところだけ花器の台として転用させてもらってしまいました。sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »