« 日本対香港戦 | トップページ | 秦野市文化会館へ »

2009年11月20日 (金)

今年のボジョレーは樹齢100年モノ

2009_1120__2 あーあ、やっぱり買ってしまった。今年のボジョレー。いつもは新宿伊勢丹で見繕ってたけど、今年はランチタイムに大丸東京店で買いました。♪

狙っていたのは、前に飲んで美味しかったノンフィルターのオーガニック・ボジョレー。漉してないから果実味が強く、酸味は弱めで。ボジョレーにしてはワインぽいのが気に入って、今年もまずはそのテのを探しました。すると、すぐ!ありました。「ドメーヌ・ド・ランセストラ ボジョレー・ヴィラージュ プリムールピュール」っていうのが。。(写真、上)オーガニックでノンフィルターというのは、大丸ではこれだけだけど、そのぶんこの一点にけっこう力を入れてる感じで。『プロデューサー・オブ・ジ・イヤー』とか『オートクチュールのナチュラルヌーヴォー』とか大きく書いて宣伝中でした。昨日の初日を外してしまって、二日目の今日の昼にはもう残部10本ちょっと。さっそくこれに、と思ったのですが。。

そのほかのオススメを聞いてみたら、「100年樹のボジョレー」っていうのが売れているとか

アベイ・ド・フォントネー ボジョレー100歳樹」(3360円)ていうのは事前予約で完売して、万一のためのストック分として入荷してた少量が店頭販売されてました。樹齢100年のもうひとつは、「ルイ・テット ボジョレー・ヴィラージュ キュヴェ・サントネール」(3570円)。“サントネール”が百歳って意味だそう。こっちは予約カタログになかったらしく、在庫はまだある程度あって、試飲させてくれました♪。お・い・しーー!!

あ、試飲て言っても、平日仕事中のランチタイムだから、ほんとにひと舐めしただけです!私はすごーく赤くなるタイプなので、シロップ用のミニカップに2~3ml飲んでも、午後の仕事に差し障りがでるので!

2009_1120_10002_2 でもひとナメでも少しは分かりますよね。100年の葡萄の木って、まろやかな味になるのねー。“多分こちらのノンフィルター、オーガニックのよりも酸味が少なくコクがあるでしょう”と言われ、味を確かめて気に入った、3番目の「ルイ・テット ・・ キュヴェ・サントネール」を買いました。(写真、下です)

まだ帰宅途中だけど、♪あぁ、楽しみ~!♪

三連休にまたご近所のMipaさまとボジョレー・パーティーしたかったのですが、彼女は三連休、仕事中とか。いちおう来週、月末の土日にパーティーのアポを取ったのですが、わたしは多分、一週間、待てないと思います!

※帰宅後ラベルを見たら、大きく「ノン・フィルター」ってフランス語で書いてありました(注:英語と同じスペル。)だからまた味わいがまろやかだったのね!成功成功。。でもまだ空けていないけど。一人じゃ飲み切れないので。・・でも明日が我慢の限界かしら。。

|

« 日本対香港戦 | トップページ | 秦野市文化会館へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年のボジョレーは樹齢100年モノ:

« 日本対香港戦 | トップページ | 秦野市文化会館へ »