« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月30日 (木)

東京駅はバカンスシーズン

今日の帰り時間の東京駅、いつもよりもことさらに、「さっきまでビーチにいたし~」的な服装に赤くほてった肌の集団、「いまから出掛けま~す!」的な大型スーツケースを引っ張る人々の数が、多いです!かなり爆発的に・・。

かなりの比率で、7月末を夏休み本格突入の日として組まれた方々がいらっしゃるんでしょうか・・。

そーいう方々は、歩き方もスピードも、普段の時とはおそらく段違いに遅い!そりゃ、そんな時は誰も走りたくないよね。どこにも行かない私には、とーっても邪魔!(←ただの八つ当たり、ただの羨みです。。)・・なんですが、その人達を追い越して急ぐ予定があるわけじゃなし。

「いいな~、このバカンスの熱気・・」と、空気だけ滋養にいただいて、まっすぐ家に帰っています。。それにしても、今日は特に、暑い!!やっと本格的に、夏ですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

八重洲の絶品イタリアン・ランチ

0907_canovianotokyo東京駅八重洲中央口を出てすぐ、もとの富士銀行ビルの1階に、「カノビアーノ東京」(CANOVIANO TOKYO)っていうイタリアンレストランがあるのですが、今日はそこにランチに行ってきました。元富士銀のゴージャスなビルをそのまま活かした店構えは、見るからに高級そう(写真は入り口。全体の威容の割りに意外と小さいです)。いったいいくらするの・・??ってお財布を握って戦々恐々としてしまうのですが、実は一部座席限定で1,000円ランチもやってくれているのです。

でも普段はその部分はすぐ満席で、いままでは一度も入れずにいたんですが、、。

今日たまたま京橋の会社の友達と会うのにその店も候補にあげたら、その子がネット検索して、昨日と今日だけ『オープン4周年記念スペシャル』につき、昼は全席1000円ランチ!!夜は食べ放題で5000円!!という特別な日だと発見!これは見逃せない~~と走って駆け付け、ついに食べることができました~(;∨;#)

ランチメニューは、まずサラダか冷製コーンスープのどちらかチョイスで、メインは5種類のパスタの中から私たちは生ウニと黄金瓜のクリームパスタを選びました(本当はもっと複雑な名前だったような、、。)。ドリンクに私は100円?プラスしてカプチーノをいただきました。コーヒー紅茶かエスプレッソなら、セット価額に含まれています。

さらに+400円?で一口サイズのデザートバイキングがあるというので、結局合計1500円出してしまったけど、、。でもでもちょー満足です~。どれもこれも美味しかった。。

前述のように普段でも1000円ランチはやってますので、八重洲口辺りに行かれた時はぜひどうぞ!お店からは全然一銭ももらってませんが。

ちなみに夜はかなりなお値段のようですが(ネットで調べて見てみてね)、8月末まではこの4周年スペシャル絡みで、一人12,000円のシェフお任せコースがグラスシャンパン付き10,000円になるそうです。・・あ、やっぱり充分いいお値段ですね、、。

なお、一緒に食べた友達は、その後今夜の5000円ディナーも予約して跳んで行った模様。前この店で食べようと何回かトライしたとき、満席とかで門前払いされたそうで、すっごく執着がわいたみたい。前は・・実はその時の店員さんは、冷たーい態度に思えたらしいんですが、今日は千円の客なのに笑顔でフルサービスで、すごく感じがよかったです。で、今夜の味はどうだったか、あとで聞いておきま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

夏の日の風

オーディオを新しくしたので、今日はまた別のCD聞いてます。金管楽器が祝祭的に輝かしく響いて、音がキレイってほんとにいいわ〜。同じCDの同じ曲とは思えない・・。

でもうちって8階で風がすごくて、今日も猛暑ながら家の中に強風が吹き込んでいるので、風が運んでくる砂埃がオーディオにはめちゃ良くないのよね。どうガードするか考えなくては。

この間わかぎえふさんの大阪案内風のエッセィを読んだら、東京に出張した時の話で、『猛暑でも東京では夕方に風が吹く!これが関東の空っ風か?!とコーフンした』ってことが書いてあったけど、たしかに猛暑でも関東平野は風が吹くよね。東京の湾岸とか下町は内海に面した埋め立て地だからどんよりしてるかもしれないけれど、うちは神奈川の台地だから、丹沢降ろしってこのことか?!と思われる風が、夕方5時〜6時頃の「凪」の時間帯以外つねに吹いていて、南のベランダから北の玄関の網戸まで吹き抜けてます。だから砂埃もすごい。

湘南に・・具体的には大磯の海岸を見下ろす高台に住んでる知人は、太平洋の潮風がすごくて車が塩分ですぐ錆びると言っていたから、それよりはマシかもしれないけど。(そういえば伊豆の親戚はそういう話、なぜかしないわ・・車が錆びるのは当たり前と思ってるとか??)

とにかく、気温が30度を大きく越えると、さすがに熱風が吹き付けるからクーラーに切り換えるけど、大阪よりはたしかにずーっと涼しいかもね〜。。

真夏の大阪と京都には1〜2回づつしか行ったことがないのですが、物凄い湿気と完全な無風状態に、その都度驚いた記憶あり、です。夏中その状態なのかは不明だけど、私が行った時はぜんぶ、ピクリとも空気が流れない圧迫感がすごかった。。夏の大阪には、行くのを躊躇してしまうかも・・。

大阪は平安時代には入江の湿地帯かなんかだった地域なんですよね、たしか。。京都は盆地だし。風がないのはしょうがないですよね。どちらも山がすぐ裏山みたいに近くに見えたような気がするのに(?)、山風が吹かないのかが不思議だけど。関東平野だと山っていうのは、地平線の方に遠く連なる山脈、のイメージよ。ちょっと離れてる方が風はよく通るのかな?

・・などとつらつら思いつつ、・・。暑い夏を通り抜ける風をのんびり浴びてます。真昼の直射日光を避けたいので、今日も外出するのは日が落ちてからにする予定。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

家電買い替え・買いまくりの夏・・

今日、買い替えたオーディオセット(ミニコンポ)が届きました。いままで使っていたAIWAのミニコンポは、15年前6万くらいで買ったのですが、さすがにあちこちダメになってきてて。。

最近クラシックとかアコースティックものを聞くことが多いので、今回はそっち方面に強そうなONKYOにしてみました。さっそくこの間買ったゴンチチの「ゴンチチ・レコメンド・ゴンチチ」ってCDをかけたら、アコースティックギターの音が凄くクリアで、美しい!買い替えて大成功でした。実は価額的には前回の6割くらいの格安だったんだけど、オーディオマニアじゃないし、わたし的には大満足!^_^

前回の6割価額・・と言っても、元値は前回のより多分高い商品で、秋に新作を出すため製作をやめたシリーズだから半値近くで売り出していたものなので最近人気商品だったらしいのです。オーディオは最新式にこだわらないので、ちょうどいいタイミングで買えてよかったかも。。

ところが、「明日届くから」と伝えた昨日、母がなぜか、コンポ買うならテレビはど~する!とミョーに詰め寄ってくるのです。。

「まずはTV・オーディオ周りをどうするかでしょ、TV台を決めなければ全体が決まらないでしょ!」と、分かるような分からないようなことを主張するので、PCで「価額.com」の『テレビ台・ローボード』を延々見せながら説明してあげる羽目に。。

母的にはニトリで見かけたアレ、っていうのがあったらしいけど、価額.comを見てたらメカニックな感じじゃない家具らしいローボードTV台が結構あって、だんだん熱が入ってしまって、結局うちの他の家具ともイメージが近い、パイン材のをその場でネットで申し込んでしまいました~

Tvboad_asianstyle2 Tvboad_asianstyle1_2Asianテイストのものにもかなり心惹かれたので、買わなかったけどちょっと紹介してしまいます。写真の右のはチーク材100%の、さりげないけどいい感じのローボード。Yahoo!ショッピングの「ギギLiving」ってところで売ってました。左のシノワズリーっぽい(「明朝風」だそうな。)、金属の大きな飾りが付いたのもかっこよくて、最後までかなり迷ったけど、いまのリビングの中では浮くかも、、という気がして断念。。金属の取っ手って、よく考えたら濡れた手で触るとつく金属臭が個人的にすごく苦手だったし~。

そして今日、土日割り引きを目当てに母とさくらやに行き、案の定週末価格で2万円くらいチラシから割り引いていた、32インチのSONYの液晶TVと、なぜかFAX電話機をまとめ買い!!
40インチ以上が売れ筋No.1っていうけど、でっか過ぎて欝陶しいのでやめました。いまのも25インチだし。私も母も、どーゆーわけかTVにはあまり大画面を求めてなくて、お店の人の度重なるプッシュにも全然心が動かされなかったのでした。

それにしても、あぁ、10年以上に一度の買い物を、今週は買いまくってしまったぜ!(←やけくそ)

全部、来週末に届きます。半分リビングの模様替えをしつつセッティングしたら、あとは大人し~く、今年は室内で夏を過ごしましょ・・っと。。でも今日TVでやってたハワイ特集見たら、ハワイもいいかも~~、ハワイに行きたい~・・なーんて気持ちがこみ上げる。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

全英オープン

昨日は日食どころか、辺りが暗くなったのかどうかさえ気付かないうちに昼間の12時が過ぎてしまいましたが、雨の合間に少しでも観察したりして楽しまれた方、関東圏にもいらっしゃるんでしょうね~。

最近私の回りにあったニュース?といえば、先週末の全英オープンに、社内の女性1名が「石川遼くん応援ツアー」みたいなのに参加して行ってきた!とか。彼女と親しい人は、TVに映ったギャラリーの中に彼女のサンバイザーが確認できたという話題がありました~。

しかもそれを聞いた日に、会社のビルのエレベーターでたまたま乗り合わせた別の会社の人達も、そちらの社内で同じようなツアーに参加した人の話をしているのを聞いた・・。(^_^;
いったい今回、日本から何人くらい行ってるんでしょうねー。そういえば初日から2日目を同じ組で廻ったウッズが、日本人がいっぱい過ぎるのに違和感を感じたような発言までありましたね。;;そんなにいっぱい見に行ったのか・・・。

私は全英オープンは、毎年3日目と4日目をなんとなく見続けて、優勝者が決まるまで見届けるのが無意識の習慣になってたのですが、今年は遼くんフィーバーに煽られたのか(全然ファンとかではないけど)初日と2日目を見て、そこで何となくやめてしまいました。
毎年優勝まで凄いドラマがあって、結構面白いのにな。

全英はとにかくゴルフ場の風景が自然な感じがいいですね。もともとのブリテン島の原風景ぼくて。私はゴルフを全くしないのに、風景がいい感じなので全英はつい見てしまいます。

なんでゴルフをする気にならないかと言えば、グリーン上での神経の使い方や集中力が、ふだんの仕事での神経の使い方に似ている気がして、仕事の疲れが倍増しそうだからなんですが。。相当上手くなるまでは、ほとんど我慢ばっかりみたいだし。楽しいんですかね?あれって。あと休みの日に早起きしないとできないというのも私には不向きかも。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月18日 (土)

早くも夏バテ??

水曜日、朝の通勤中に突然きょーれつに具合いが悪くなり、新宿駅で駅の事務所で休ませてもらうはめに陥ってしまいました。。我ながらびっくり。30分ほど横になっても良くならないので、会社に電話してその日は出社せず帰ることにしたけど、帰るにしても急行に普通に座っている自信がなかったので、20分待って特急(ロマンスカー)で帰宅しました。。なんだかんだで家に辿り着いたのは11時半でした。。

何だろう熱中症だったのかしら。。。突然で自分ながらびっくりでした。その後、結局良くならず、翌日も休みました。。突然猛暑日が続き始めて、体が慣れなかったせいか。。いよいよ夏本番、猛暑本番!なので、暑さに弱い方は私のようなことにならないよう、お気をつけください~。

回復してきてまだ起き上がれない間、でも目は醒めて眠れなくなってからは、携帯でいつもは見たことないサイトを寝ながらずうーっと見て時間を潰したりしました。

面白かったのは集英社の本の雑誌みたいなサイトで、いろんな連載読み物が載っててけっこう飽きないです。ひさしぶりに見たカトリーヌ・あやこさんの週いち連載が載ってたので、バックナンバーぜーんぶ読んでしまいました。芸能界の話題全般がテーマなのですが、さすがにサッカーネタには強し。テレ朝アナ・角澤さんのサッカー中継を批判して書いた回は特に上出来でございました。また、わかぎえふさんのエッセーもここで初めて読みましたが、「正しい大阪人になる方法」、これもかなり面白かったです~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

マイケル、ゴンチチ、カフェミュージック

マイケル・ジャクソンが亡くなってからのニュース、やっぱりずっと追って見てました。MTV世代だし、スリラーは家でVTR買ったばかりだったから録画して随分見たし。あのアルバムではビリー・ジーンが好きだったかな?CD化するときレコードみんな捨てたから持ってないので、もうすぐ出るという紙ジャケットCD版「スリラー」とその前作の「オフ・ザ・ウォール」、Amazonで予約購入しちゃいましたよ。そう、私もチャート上昇を手伝ったミーハーの一人です~。紙ジャケにしたのはそういう思い入れは全くないんですが、値段が安かったので。

遺産争いとか家族仲悪しとかすぐさま出てきたのでジャクソン家のニュースはもういいですが、葬儀・・ではなくお別れ会?でのブルックシールズのスピーチには感動しました。当時は世紀の美少女・ブルックのスキャンダルを防ぎつつ社交の場に出るための、カップル社会に必要な仮面カップルみたいに言われていて、てっきりそうだとばっかり思ってたけど(エディ・マーフィが二人のことを言った自虐的人種差別ジョーク、いまでも覚えてます)、二人にはそんな温かい繋がりがあったんですね~。死亡記事以降、今回の一連のニュースを読んでて、あれでやっと心温まりました。。

そういいながら、最近聴いてるのはマイケルタイプの曲ではなくて、「ヘンデル・ゴールド」っていうオペラのアリア集とかカフェ・ミュージックでした。ヘンデルはバロック音楽の作曲家で、私は大好きだけど日本では人気がないらしく、今年は没後250年なのにたいした行事がないんです。聴いたらヨーロッパでは再評価中で記念の2枚組が出たというので(このCD)、これもAmazonで買って聴いてます。

今日みたいな風のある夏の昼下がりは、気分がいいカフェミュージックみたいな、ちょっとボサノバ風の軽~いポップなんか最高ですね~。こんなお天気だけど家でまったりしたい気分だったから、いま聴いてるのはゴンチチの「Online Limited 1」っていうネット配信専用アルバムでした。。この間、ズバリ「カフェ・ミュージック セレクト30」っていうコンピアルバムと一緒にiTunesでダウンロードしたのです。どれもこれもゆったりしたアコースティックギターの音色が最高で、特に「放課後の音楽室」(曲名)なんて、南の島でお昼寝しているような気持ち良さです。マイケルからだいぶ話がずれてきたけど、あぁ、今年の夏はゴンチチをiPodにずらっと入れて、沖縄にでも行きたいな~~。。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年7月11日 (土)

サッカー本2冊

Footballbooks 本屋さんで2冊のサッカー本をふと見かけて買ってしまいました。「サッカー検定 公式テキスト2009−2010」(TBSサービス刊)と、「中村俊輔−スコットランドからの喝采」(マーティン・グレイグ著、集英社刊)です。

サッカー検定は今年の9月から始まるそうで、izumiさんのブログで知り気になっていたのですが、公式テキストをやっと見つけて、とにかく読んでみないとわからないので、とりあえず買っちゃいました。

今年の9月に第1回、来年2月に第2回の検定が行われる予定で、まずは5級と4級を実施するそうです。5級は「サッカーファン入門者向け」、4級は「サッカーファン初級者向け」なんだそう。

この公式テキストをざっと見てみると、内容は歴史、ルール、戦術、記録、エピソードの各章に分かれていて、‘エピソード’が1番トリビア的?歴史には女子サッカーの歴史の項目もあるし、ルールとかも、結構お勉強っぽいです。ちゃんと読み切れるかちょっと不安~。

「中村俊輔」は、一晩で読んでしまいました。^_^
この前のスコットランド人記者のネット記事がとっても温かい内容だったので、著者は別の人だけど嫌なことは書かれてないかなと思って。

第1章は2006年11月21日のチャンピオンズリーグ第5節の当日が舞台。あのホームでのマンU戦を軸に、全世界の各地に散らばるスコットランド人とアイルランド人たちセルティック・サポーターが、あの試合をどう見ていたかを描写することから始まって、本全体では俊輔のこれまでのキャリアをスコットランドに紹介しつつ、俊輔がどんな選手かを分析している内容です。

日本人にとっては彼のスコットランドでの4年間がどんなもので、どう現地に受容されたかが分かる生の声が満載でした。とにかくセルティックのチームの歴史にはっきりと足跡を遺したと認められた4年間だったようで、よかったよかった。

今日は本人、スペインに到着したみたいで、いよいよ新たなキャリアが始まるんですね~。今後の動向もチェックしなければ、、。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

「のだめ」映画撮影開始

色々アップしたいこともあったのですが、全然暇にならず、ストレスで暗~い毎日が続いていました。。

20090707nodasme_in_wein 今日はいま退社して中央線の車中なのですが、こんな時に限って?以前報じられていたドラマ版「のだめカンタービレ」の映画の撮影が開始され、ウィーンでロケが行われたというニュースが今日出ているのを発見しました。

ちょうど来週から、ヴァイオリン仲間の友達が偶然ウィーンに旅行するんです~。(^_^)もしかしたら撮影隊とウィーンで遭遇するのでは?と思うと自分のことでもないのにコーフン。撮影風景の生写真、撮ってきてもらいたいなぁ・・!


■「のだめ」聖地ウィーンの楽友協会で初ロケ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090707-00000032-sanspo-ent
女優、上野樹里(23)が天才ピアニストを演じる映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編&後編」(武内英樹監督)のウィーンロケが報道陣に初公開された。世界のクラシック音楽家の憧れ、「楽友協会」で映画史上初の撮影を敢行。俳優、玉木宏(29)は「歴史の重みを感じ身の引き締まる思い」と渾身のタクトを振り、上野は「この街にいるだけで集中できる」と“音楽の都”のパワーを全身で受け止めている。


・・・ってことですが、カラヤンも指揮した同ホールに何度もオファーしていたところ、たった1日だけキャンセルが出てロケが決行できたとのこと。しかもここが映画の撮影に使われるのは初めてのことだとか。イチローじゃないけど、何か持ってるスタッフたちですね~。

監督の台詞、「ドラマは八王子市民ホールだったのに(笑)。感無量です」っていうのには泣けますね。(笑)

ニュース記事中の、映画は『今後予定される漫画の連載終了と連動している。』というのも気になるところです~。

※追記※
千秋の先輩にしてライバル?松田役に、なんと谷原章介さんが選ばれたそうな!私の中では谷原さんは、玉木宏さんと同じくらいボーっとしてる(すんません)、超温厚そうなイメージなのに・・・あの暑苦しい松田が、かぁ。。と、やや意外なキャストでした。どんな変身を遂げていただけるか、演技を楽しみにいたしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »