« YouTubu 辻井伸行/ショパン「子守歌」を弾く | トップページ | 神尾真由子とロシア・ナショナル管弦楽団 »

2009年6月18日 (木)

オーストラリアに再び敗戦

昨日は最後のW杯アジア予選。報道されたとおり、オーストラリアのホームで対戦し、2−1で悔しい敗戦でした・・。

なのであまり書く気になれなかったのと、またもや帰宅してチャンネル合わせたのが後半25分くらいでちゃんとした感想が書けないため、出し遅れてしまいました〜。

TV画面を見ると「おっ、1−1!今日はいい試合になっていそう♪」と思ったのもつかの間。。30分過ぎに勝ち越しの1点をケーヒルに決められ、そのままあまりチャンスも作れず試合終了、という不快な場面だけを目撃してしまいました・・。前回のカタール戦よりキビキビしていたような感じはしましたが。。敵のピム監督が、事前に傲慢なこと、言いたい放題だったので、悔しさもいっそう募ります。。

話は違うけど、俊輔も急転直下、マリノス入り破談→エスパニョールと仮契約まで行ったとか行かないとかいう話に、今日現在のところなっていますね!いまの時期にスペイン移籍となるとW杯本番までまだ波瀾があるかも・・とちょっと心配。元々契約上いましかなかった訳だけど。マリノス側の不手際?やらゴタゴタが引き金になって、一度はやってみたかった気持ちの方に傾いてしまったのかしらね〜。あんなに最後は日本でと言ってたのに。

リーガは再びレアルがすごいことになっているので、日本人ニュース的にも当分スペインにくぎづけになりそうなのは嬉しいですが。。

あと一年、この試合結果といい俊輔といい、日本代表の行く手にも、まだまだ色々ありそうですね〜。

|

« YouTubu 辻井伸行/ショパン「子守歌」を弾く | トップページ | 神尾真由子とロシア・ナショナル管弦楽団 »

コメント

両チーム共に、消化試合でメンバー的にもベストとは言い難いですが、
でも?どっちがアジアで強いか、世界に通じるかぁ・・・。っと考えると、
自ずと06年のドイツWCの試合を見るようで・・・。
あの時から、進歩してないんじゃないの?と思います。

このまま本大会に突入しても、正直、厳しい。でしょうね。
劇的な可能性にかけるならば、ハッキリさせないと06年の二の舞です。

元々、岡田反対派の個人的の意見としては、
勝たなきゃ、BEST4なんてあり得ませんから、
南アフリカには、何しに行くのか?
完全AWAYで勝ち点「3」取りに行くためには?
続投か、斬るのか。岐路に立たされているかもしれないですね。
(まぁ、とうの昔に立たされたけど、
中途半端にアジアでは結果だけ出てましたからね。(苦笑))

オシムが倒れて、突然の指名に対応して・・・。っというのは、
感謝しなきゃいけない事なんですけどね。

投稿: 神原ナヲヂ | 2009年6月21日 (日) 03時05分

うう、一週間以上レス無しで、心からお詫び申し上げます。。m(_ _)m ←リアル土下座

そしてレスなんですが、どう書いたものかびみょ〜です。

・・というのは私もナヲヂさんと同じく「岡ちゃん早く辞めてほしいなー。岡ちゃんじゃ本番で勝てないよ〜」派、ではあるんですが、最近の試合を後半1/2とか中途半端にしか見れてないことがほとんどで、それらは割りと「快勝」してるし、某選手も「オシムさんの指導がようやく形になってきた」発言があったりしたのを読むと、なんとなく表面では、辞めさせたらそれによる混乱の方が上回ってしまいそうな気がして、、。

いえ、それでもこのままでは多分W杯の予選リーグを突破できない!という強〜い懸念はあるのですが、「いまさらこの体制は変えられないかも、、。だってあとは親善試合しかないんだもん。ヨーロッパの国にボコられるより同じアジアリーグの国にやられる方が精神的にダメージがくるから、またオーストラリアに負けて新規まき直ししかなさそう・・」とゆーようなW杯投げやりモードに突入してました。。いけないですよね、これじゃ。意欲なさすぎです。

しかし、JFAはなぜ岡ちゃんにそんなにこだわったのかしらねー。?次は自分がやりたいと思っている日本人がずらっと代表監督の座を狙って待っているからとか??あ、もちろん根も葉も無い冗談ですっ。

投稿: tomorin | 2009年6月30日 (火) 01時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152297/45383532

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリアに再び敗戦:

« YouTubu 辻井伸行/ショパン「子守歌」を弾く | トップページ | 神尾真由子とロシア・ナショナル管弦楽団 »