« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月29日 (水)

フロンターレvsサンガ戦を見に。

20090428_todoroki_studium_4
等々力競技場に、川崎フロンターレ対京都サンガFC戦に行ってきました!等々力競技場は解放的で爽やかで気持ちがよくて、最高の観戦日和・・と言っても、屋根付きの指定席に座ったら、日陰は風が強くて寒くなってきてしまったけど。

試合は始めのうち京都がリード。川崎は敵にいいパスを送り続けるいまいち振りだったのですが、前半半ばからゴール前の連携が良くなってきて、前半30分頃、始めのゴール!

後半は川崎のゴール祭りのような感じで3点追加し、結局4ー1で川崎の勝ちでした。京都の1点は最後のロスタイムに取られてしまった、意地のゴールって感じでしょうか。

ただ気になったのはスタジアムの実況放送ですね~。ゴールが決まってからDJ?が「ゴ~~~ル!」と叫ぶまで3~4分も間があったの。すごく長い間だった。。なぜ?(?_?)

ゴールに観客が歓喜して立ち上がったあと、大型画面にゴールした選手の顔写真が出て、その後得点表の画面に変わり、観客が座った頃、やっと思い出したように「ゴール!!」と言う放送が流れたのでした・・・。??

始めは何か連携が取れてないのかと好意的に解釈したけど、あんなに何回もゴールしたのに最後までその調子だったりして。地球の裏側から衛星中継見ながら実況してたのでしょうか?タイムラグありすぎです。しかも最後の京都のゴールは、川崎とは別の女性アナが、即ゴールを宣言したのでいっそう謎が深まる、、。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

等々力公園入り口はフロンターレ祭りでした

等々力公園入り口はフロンターレ祭りでした

等々力公園に入るとすぐ、「フロンパーク」の臨時ゲートが。中はフロンターレの旗が林立し、沖縄料理やブラジル料理の屋台やグッズの模擬店が並ぶ、川崎サポの方々には堪(こた)えられないだろうな〜という楽し気な雰囲気でした〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

週末のJ1

週末試合は見そびれたけど、J1の順位が・・凄いことになってきましたね。って、もちろんどこのチームに注目するかによるんですが。

【4月26日現在の順位表】
01.浦和
02.新潟
03.鹿島
04.名古屋
05.山形
06.G大阪
07.神戸
08.広島
09.川崎F
10.大宮
11.京都
12.清水
13.東京
14.磐田
15.横浜
16.千葉
17.柏
18.大分

「ついに浦和が1位」ってことが話題になってたようですが、それはともかく、横浜マリノスついに磐田にも抜かれ、15位に!!しかも毎試合、結構接戦なのに価値切れないパターンが続いているようなのに、これは、、!ちなみに磐田を持ち出したのは、長期低落中のかつての名門同士として、個人的に「あそこより上位にいたい」ライバル視してるからで、なにかヤユしてるわけではありません。念のため。。

近年の上位常連組の中では、G大阪がもう一歩、川崎が今年はどうした、っていう以外、比較的順調みたいですね〜。うらやまぴぃ〜。あとやはり新潟が今年は凄い。でも山形・広島の昇格組の活躍も目立ってますね。そういえばG大阪までは赤色系のチームばっかり。今年は赤がラッキーカラー?!

とはいえまだまだ開幕2ヶ月弱。連勝がちょっと続けばいくらでもひっくり返す可能性は大なので、下位にいるチームこそがんばっていただきたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

ブルゴーニュ メゾン・ジョゼフ・ドルーアン

Bourgogne_drouhin 昨日開けたワインは、この間大丸で買ったメゾン・ジョゼフ・ドルーアンのブルゴーニュ ピノ・ノワール 2006年、375mlのハーフボトルでした。

前エノテカで「シレニ」を買った時私の好みを説明したら、ブルゴーニュのピノ・ノワールがきっと向いてる、でもブルゴーニュのハーフボトルはあまり多くない、とお店の人に聞いたので、大丸でこのハーフボトルを見つけた時、迷わず買ってしまったのです。

軽くて飲みやすいのがほしい、と言った私の要望どおり、ほんとに軽くて爽やか。飲みやすいワインでした。・・でも前述の「シレニ ピノ・ノワール」にかなり似てるというか、あんまり変わらないような気も。。

そういう意味では、美味しいけどあまり特色が強くないんでしょうか?よく紹介に書いてあるラズベリーやさくらんぼの香り、というのは私には、まだまだよく分かりませんでした~。(^_^;
これって○○に小判、じゃなかったらいいんだけど。(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月25日 (土)

「優雅な生活が最高の復讐である」

今日、土曜日の雨はすごかったですね~。あちこち出歩くはずが面倒臭くなり、近所のMipaさまの家に行った以外はずっと自宅でまったりしてしまいました。

草剪くんのニュースですっかり隠れちゃったけど、清水由貴子さんが亡くなった事件には私も凄く同情を禁じ得ないというか、強く心を動かされていたのですが、Mipaさまも同じだったようで、今日は雑談から色々話し込んでしまいました。親も年取ったのを感じるし、、。私なんて一人っ子なんで、他人事とは思えなかったです。

でもそんなことを思いながらも、帰宅後の夕方ずっとリビングでCD聞いたり、聞きながらVHSの片付け(や処分)したり、この間買ったワイン飲んだりして、結構優雅な週末の一日を過ごしてしまったんですが、、。

ずーっと読み切れずに最後の2章が残っていた文庫本も読み終わったし。今日の日に相応しくないような相応しいような、「優雅な生活が最高の復讐である」っていう題の、あるアメリカ人夫妻の伝説的生活について記録した本です。村上春樹がよく書くスコット・フィッツジェラルドも、親しかった彼らに憧れて著書「夜は優し」でモデルにしたという、マーフィ夫妻の話です。

内容はというと、1929年の大恐慌の前のアメリカの大繁栄時代が舞台で、この頃にアメリカの芸術家たちが大挙して渡欧し、特にパリで暮らしたのは有名だけど(いわゆる「パリのアメリカ人」)、その中で最も人に愛されて中心的存在だったのがこの本の主人公のマーフィ夫妻なんです。当時のものごとや芸術家について書いた物には必ず名前が出て来るんですが、本人は60年代に亡くなる直前、ようやく画家として評価されるまで、「お金持ちの名物アメリカ人」としてしか知られていなかった不思議な存在だったのです。この本が出て、当時の事を知らない人達にも初めて(アメリカでも)、名前だけは聞くこの伝説の夫妻についてと当時の彼らの生活ぶりが知られるようになったらしい・・・。

だからこの本には、パリ生活時代のスコット&ゼルダ・フィッツジェラルドやヘミングウェイや、ピカソ、ロシアン・バレエのディアギレフ、コール・ポーター、ストラヴィンスキーなどなど、20世紀初頭にヨーロッパで活躍したアーティストがお友だちとしてぞろぞろ出てきます。この世界が好きな人は必読かも。

私も昔は凄く興味あったけど、いまは遠い世界な感じがするし、ていうか実際まさに遠い世界なんだけど、読んでみたら親しみ感じるよりもアメリカ人たちの大金持ちぶりと、大金持ちの贅沢な暮らしぶりがあまりにも別世界過ぎて。そのなかにある当たり前の人間的な苦しみ・・例えば夫妻の子供たちが早死にしてしまったとか、そういうのさえ、あんまり心に響きにくいところがあったような。。

多分これ、作者がこの時まだ駆け出しのライターで、親しい隣人だった夫妻に聞き書きしてできたものなので、伝記的読み物としてちょっと弱いからかも知れません。親しいだけに対象に鋭く迫っていない所があるし、、で、期待していたほどの感動は受けませんでした。

このかっこいいタイトルは、マーフィ夫妻がヨーロッパ時代に聞いたスペインの諺だそうです。お金と生活の満足感は別物だから、そうあれたら嬉しい事だけど。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

どうでもいいけど、目からウロコだったこと

誰にとっても多分どうでもいいことなんだけど、自分にとってはなんだか目からウロコな新発見って時々ありますよね。そのうえ私が知っても何の役にもたたないことなのに、驚きをもって受け止めるという、、。

この週末にあった、そんな目からウロコだったことを1件書いてみます。あ~でもオタク女子と思われてもヤだなー。

実はB−29のことなのですが。むかーしあったお笑いグループじゃないですよ。本家本元の、第二次世界大戦中に米軍が日本の空爆に使った戦闘機のことよ。これって私、日本の零戦とかと同じ、小型でスピーディーな爆撃機だと思って疑ってなかったのですが(ていうか特に何も考えた事はなかった。)、別名「空の要塞」と言われた巨大爆撃機だったんですねー。

金曜か土曜の日経新聞に、いま「私の履歴書」を連載されている人が、戦争中と戦後占領時代の体験の辺りを書いている中で、その「空の要塞」のフレーズが出てきたのにひっかかり、「え、だって空襲とかのとき低空飛行で爆撃したりした戦闘機なんでしょ?」(=動きが敏捷なのは小型のはず。)と、物事の理解のために母やずっと上の伯父に聞きまくってみたら、実は零戦の10倍くらい大きい巨大戦闘機で、なのにそれが凄いスピードでしかも編隊組んで爆撃してくるから、子供心にもものすごい恐怖だった、とかいう戦争体験までついでに聞いてしまいました。。そりゃ恐かったでしょうね。

戦争の時代を描いた映画や小説、ドラマのイメージがちょっとだけ変わったかも。。というのが新鮮だったポイントですね。

念のためさらにウィキペディアを見てみたら(何のためにそこまでやってるか、既に自覚なし。。)、B29は全長30m。ジャンボジェットの70mやエアバスの60mのような、超大型旅客機の半分位のサイズで、世界初のターボエンジンが搭載され、富士山頂から東京都心まで10分強のスピードで飛べたんだそう。また市街地を低空飛行で空爆したのは日本の各都市にはもはや迎撃能力がないことに気付いたからで、本来は高度1万mの上空を飛ぶ能力が売りだとか、かなり事細かに書いてありました。。

日経新聞のその連載でも、戦後仕事で欧州からアメリカに移動するとき、憎い敵機だったB29をベースにしたボーイングの旅客機に乗せられて、しかも「Flay above the weather(天気の上を飛ぶ)」と、かつて散々自慢してたくせに、低気圧を避けるとか言ってアメリカに降りれずカナダの空港に変更された、とか文句タラタラ?書いてました。。

だから何?・・って言われても、なんにもないんですが。教科書で習ったようなことのイメージが変わる驚きがあったという感じですか。でも最近そういうニュース、意外にありますよね。日本史の教科書に載っていた武将の名前が実は違った、とかね~。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

GWはJリーグ!(予)

この週末、鹿島vs横浜Fマリノスは0−0のドローでしたが、川崎、千葉、名古屋が勝利し、だんだん順位表が変わってきましたね〜。

今夜久しぶりに「やべっちFC」を見ましたが、やべっちの方がスパサカよりやっぱり面白いわね。日曜夜の時間帯がネックで、どうしてもスパサカを見る方が多いんですが、、。

私も今年はまだJリーグの試合に行ってませんが、暖かくなってきたし、いよいよGWに2009年のJデビューができそうです!試合は川崎vs京都戦になりそう。ただし天気予報により変更の可能性あり、です。連休中はずーっとぽかぽか陽気になるといいなー。o(⌒−⌒)o

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

のだめを立ち読み

「のだめカンタービレ」の雑誌連載が再開されてはや3回が過ぎ・・。

1回目は書いたけど、2回目はずっと本屋さんに寄れなくて、だいぶ経ってから表紙が千秋なのを見て慌てて買ったので、いまさら書くことができませんでした〜。

3回目は先日10日発売号に掲載されてたのですが、、。1回2回のコンサート・シーンから代わり、今回の内容はコンサートが終わってからの世間の騒ぎや人々の反応がつづられておりました。

コンサートの評判が高まり、BBCで放送されるや、新しい才能の話題に沸くロンドンの音楽ファンの人々。その放送がアップされるやYouTubeにアクセスして驚く日本の友人たち!千秋の実家の人々!そしてやはりネットで知るオクレール先生とコンセル・ヴァトワールの学友たち・・。なのに全然気付いてない、今日も陽気な野田家の人々・・!・・っていう懐かしい顔満載号、でした。

でも立ち読みでなんとなく満腹。やっぱり単行本のボリュームで読みたいなぁ、と。ちょっと熱が冷めてきたかな?

二ノ宮さんの作風は、饒舌なタイプじゃなくて、逆に日本人的というか。大事な場面や1番重要な心の動きは、くどくど説明せずに大きなコマ割でポンと切り取って、読者にダイレクトに投げかけてくるところがあるから、前後の間(ま)からしっかり読み取って感じていかないと、うっかり気付かずに流してしまいそうになるんです。

単行本だと前後のドラマの流れが長い分ずっと分かりやすいんだけど。私の場合、ある程度の流さがあった方が面白さがはっきり分かると最近だんだん分かってきました。読み込み力の問題かもね〜。

今度の25日発売号には掲載はなく、次からまた月一になるそうな。。まずは8月の単行本発売で、一応読んできた分をまとめて読み直したとき、改めてどう感じるか、楽しみです。(⌒_⌒)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

水曜日のバイオリン教室

水曜日に、バイオリン教室に行ってきました。新しいクラスに変わって3回目。見学を入れたら4回目だけど、だんだん様子が分かってきたかも。

新しいクラスは、レッスンの中で実際に曲を弾く時間が少ないのが、意外というか、・・実は不満です。。前は一時間のうち40分くらいは弾きまくっていたので、なんだか「あれっ?」って感じで終わってしまうの。

良いところは、左指の弦の押さえ方や、右手の弓の使い方を個別に何度も練習するので、長い目で見てきちんと弾けるようになるかも、ってとこなのですが、そのぶん、そういう練習のための16小節くらいの、五線譜で二行くらいのレッスン用のメロディばっかり弾いているのです。1時間たってもちゃんとした曲は1曲だけを2回弾くくらいで、、。

始めのうちはひたすらボウイング(弓使い)の練習だけっていうのが昔は普通だったようなので、それも当然なのかも・・ですが。

あとは、前に習ったことが間違いとして直されたことで、ちょっと混乱してしまいました。。初心者としては習ったことを勘違いして覚えていたりするせいだと思いますが、はっきり違うこともあるんです。多少はいろんなやり方や教え方があるのかも。。

まぁ、まだ始まったばかり。まだ違和感の方が出てしまう時期なのかもしれないですね〜。
GWはレッスンないので、4月5月の平日は毎週ずっとレッスンありです。これをやり切って、なんとか新しいクラスに馴れたい。。

※バイオリン・ケースは、ぶじ例のイーストマンのメタリックブルーをゲットしました!今週水曜、レッスンに行くのに初めて使いました♪見た目より意外に重かったけど、小さく持ちやすいので持ち歩くにはやっぱりよかった。♬

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

コアリズム、始めの一歩

コアリズム。買ってみてどうかというと。・・・入門版の「キック・スタート・ガイド」をやっと最後までとおしてやってみたので、ほんのちょっとだけ報告です。

とにかく、・・・あぁ、疲れた〜。。

ただ3つの動きと3つのステップの練習なのに、なぜこんなにキツく感じるの〜?そんなに大きな動きもないのに。。

っていうと効果抜群みたいだけど、お腹周りや腹筋よりも脚の方がだるくなったので、肝心の場所に効いているかどうか。(お腹はさっきまでと変わらずぷよぷよ・・)

これをマスターしないで「7日間メリハリボディ/基本プログラム」っていう本編に進むのもどうかなあと思うし。

とりあえずこのガイド編でも、バックミュージックはなかなかかっこよくて、気分よくダンス?らしき動きができるとは言っておきます〜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

iPhoneその後。

200904_iphone iPhoneを買って約1ヶ月。だんだんいろんなことが分かってきました。

まず、初めての請求が来たのですが、いまサービス期間中なせいか、これまでの携帯よりひと月分が安くすみそうです。月の途中からの請求とはいえ、これまでの(まだ継続中の)携帯の請求の3分の1くらいでした~。^_^

また、電話を切ったのに呼び出し音が鳴り続けることが一度あって、サポートセンターに聞いたら「再起動してみて」だって。やっぱりコンピュータね。電話っていうより。。これには「はあぁ~~?!」って感じでした。。ネットアクセスは快適だけど、ときどきストーンと落ちてホーム画面になったりするし~。。何でなのかしらねーー。

ところで生のままだといきなりの傷つくが嫌なので、iPhoneケースを買ってみたのですが、何となく納得いかなくて、結局3コ目で落ち着きました。

始めに買ったマットな黒のケース(写真中央、上)が、軽くて悪くはないんだけど後ろのAppleマークが見えなくなって、いまいち垢抜けないので、ストラップも付けられて透明の「クリアケース」(ELECOM、右側)にしてみました。ところがこれ、すごくしっかりしてるけどポリカーボネートがぶ厚いので本体よりひと回り大きく重くなってしまうの。iPhoneとは別の物みたいな違和感で好みじゃなかったので、またAmazonで探した「エアージャケットセット」(パワーサポート。左側の箱と、左端は装着中のiPhone。)にしてやっと、まぁなっとく。。

ポリカーボネートの割に薄くて軽いし、なにより口コミにあったとおり添付の液晶保護シートの「アンチグレンシート」がいい!ほんとに汚れが付きにくいので、ハンドクリームやファンデーションでいつもベタベタな携帯液晶画面が、これをつけてから逆にいつもクリアでキレイに!

アンチグレンシート、携帯画面の汚れが気になるすべての方に超オススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月13日 (月)

ジェルネイル

久しぶりに、ジェルネイルをしてみました。

以前一週間であっさり取れてしまって以来、私には向かないかも、、。と諦めていたんですが。爪が薄くて強度が足りない人は剥がれやすいらしいので・・。でもこの間izumiさんのブログに刺激を受けて、春らしくなってきたせっかくの週末だし、指先もキレイにしたい!と急に思い立って、近くのお店でやってもらいました。(⌒_⌒)

ジェルネイルにも色々種類がありますが、私が今回やってもらったのはバイオジェルっていうタイプです。前にしたことがあるのはカルジェルという種類なんですが、それとは似たタイプのものらしい。どちらも柔らかいアクリル樹脂を爪に塗ってUVライトで照射するのを何回か繰り返して、ジェルを固めていくのです。
またバイオジェルもカルジェルもソフトタイプなので、(ハードタイプのみたいに)ジェルを取るとき削って剥がし取るのではなく、溶剤で溶かして取るところが少し安全?そうな気がします。(バイオジェルは1番上のコート剤だけは削ってから残りを溶かすらしいですが・・。)

どちらのタイプも自爪の補強効果があるので、私みたいに爪が弱くて伸ばせない、それどころか補強用のベースコートを塗っても割れてくる軟弱爪タイプの人には、きちんとした状態の爪を保つにも、きれいなネイルアートを楽しむにも、今のところ唯一の手段かな〜と。

今回ひとつ惜しかったのは、まだあまり慣れてないので、ついつい、飽きがこない大人しいデザインを、と頼んだのが、やっぱりちょっと地味すぎたこと!
う〜ん、も少しはっきりしてた方がよかったかも〜〜。

根元(ベース)を透明にして、爪先に向ってグラデーションを入れたんですが、グラデに選んだピンク系の色がまるっきり自爪の色と極似だったの。全然グラデになってないっつ〜か。ただ一律薄ピンクなだけっつ〜か。。

飛ばしてもらったラメだけが、唯一「わたし、ネイルしました」と語ってくれているのです。。目立たないけど。

ジェルネイルは3週間もつ、はず!・・なので、それまでに次のデザインをゆっくり考えます〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

ずんだ桜餅

Zunda 大丸がデスクランチの友になって3週間。1階の高級お菓子コーナーを通ってデパ地下へお弁当買いにいく時に、あの「ずんだ餅」の和菓子屋『ずんだ茶寮』があったので、覗いて見たら春だけの限定商品「桜大福」が売っていたんですー。

皮はピンクの桜餅で、中はもちろんずんだ餡100%。小粒なひと口サイズなので、一人2~3個はイケるって感じです。

バラ売りはしていないので1番小さい5個入り630円を買ってみたら、甘さ控えめであっさり食べ尽くせたので、日曜日の来客用に、昨日12個セット買ってきました。今週でこの商品も終わりだというので、つい多めに、、、。

来週からは、もしや「ずんだ柏餅」が登場するかも・・?

よく見たら周り中美味しそうなものだらけだし、デパート高級菓子レポート、これから継続してしまう予感です~。(コアリズムはどうなったのか、もはや不明・・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 4日 (土)

サッカーとコアリズム!

明日に予定していたお花見が残念だけど中止になったので、今日予定していたことをいくつか明日に変更したら余裕になって、久しぶりにたまたまやってたセリエA(ユーべ対ローマ)とJリーグの川崎フロンターレ対名古屋グランパス戦なんて見ちゃいました。

イタリアのリーグはゴール後ろにタワーのテレビカメラがついていたんですね。いえ、前~に聞いた気がするけど、そのカメラからの目線で画面を見たことはなかったかも。ゴール前で相手チームの選手の身体を手でがっつり押さえて妨害してるのが丸見えだし、観客の自分もピッチに入って見てるみたいな視線がすごく斬新で楽しかったです。試合より・・。
フロンターレはホームの等々力で3ー1の今季初勝利。得点は3ー1だけど、シュート数は両チームとも十数本という乱打戦で見どころ満載でした。でもそれよりも終盤に、ピッチ上で主審がグランパスの選手に激突して倒されて試合がしばらく中断する!という面白い・・・じゃなくて珍しい場面がいちばん印象的だったかも・・・。(^_^;)。

ところでTVを見たといえば、昨日の深夜、たまたまTVショッピング番組で前から気になっていたあのウエストシェイプの「コアリズム」をやってるのを見て、DVDセットを申し込んでしまいました~。。最近ど~もくびれがなくなりつつあるのが気になっていたので。

会社でも買ってやってる人が結構いるんです。ラテンダンスならちょっとだけサルサもやったことあるし、結構好きだし。TVで宣伝してた9,900円セットを買おうかなー、とまずAmazonを見てチェックしたあと日本語版を販売している会社のHPにアクセスしたら、Amazonの口コミでは「絶対必要、あって良かった」と書かれていた入門編DVDが9,900円セットには付いていなくて、付いている『定額給付金セット』っていうのにしてしまいました。。

こ、こんなところにまで定額給付金狙いの商品プランが!油断も隙もないわね~。って、私の給付金は、まだもらってもいないのにこんなモノでもう使い終わってしまったのか・・。ORL
と、突然「給付金」と言われてすっかりムダ遣いした気分ですが(←無駄遣いしてるけど)。

これは明日届きそうなので、やってみたら効きそうか、そのうち書いてみますね~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »