« あー、やっと勝利! | トップページ | 真央4位 »

2009年3月29日 (日)

25ansの世界に驚く

Royal_chie 「25ans」(ヴァンサンカン)っていう女性誌は息が長いのでご存知の方も多いと思いますが、名前の通り25歳前後の女性を対象にした女性誌・・・のはずですよね。多分好きな方は30代半ばでも読んでらっしゃると思いますが。セレブ大好きの人の愛読誌のイメージがあって、ほんとに20代の時でも私はほとんど見てもいなかったのに、なぜか先月から我が家に送ってもらっています。

前の会社の入っていたビルの1階がドラッグストアで、すごくポイントが溜まっていたので、最後の週に、もう来ないからと一気に商品に交換したんです。メインはテンピュールのシートクッションにしたんですが、残った5ポイントで「25ans半年無料購読」っていうサービスを申し込んでみたんです。他はクッキーとかハーブティーとかだったんで、最近女性誌買ってないし、タダでくれるならいいんじゃないかと。

そしたら、定期購読ありがとうございます、というメッセージとプレゼントが届いたんですが、『25ansのラグジュアリーなソサエティにようこそ』『エクスクルーシブなおもてなしをさせていただきます』という言葉と共に、世界に羽ばたく日本の毛皮デザイナー・今井千恵さんの『ロイヤル・チエ』製のコサージュが送られてきました・・・。フレンチラビット“レッキス”の毛皮を薔薇の花型にあしらったコサージュです~(写真はそのコサージュと、同封のカタログ、「ロイヤル・チエ」のNYコレクションなどを報じたPR紙などです。ご~じゃす!コサージュは、添付のカタログによると¥5,250だそう。)。

すごい得したような気はするけど、「ラグジュアリーなソサエティ」なんて平気で書いてくるのが、はっきり言って私にはついていけない感覚・・・。ファーのコサージュも素晴らしいけど、使いたい服、持ってないしな~。

雑誌自体も、ただセレブに憧れる女子の心をくすぐる設定なのかと昔は思ってたけど、いまよくよく読んでみると、年収5,000万円以上の家庭の子女だけしかついていけない内容なのね~。モデルは森泉ちゃんなのがよくわかります。しかし「愛され上手は靴と服のトーンが同じ!」とかっていう見出しには笑わせていただきました・・。こんなこと言ってちゃ、失礼かしら・・・。あと4ヵ月分、タダで読ませていただくので、ちょっと研究してみようかしら、この世界・・・。

|

« あー、やっと勝利! | トップページ | 真央4位 »

コメント

>年収5,000万円以上の家庭の子女だけしかついていけない内容なのね~。
>モデルは森泉ちゃんなのがよくわかります。
以前、この手の話に詳しい方に聞いた話なのですが、
実際、25ansの定期購読者の平均世帯年収は1700万円を越える方が多いそうですよ。(苦笑)

女性向けファッション雑誌と違い、自宅暮らしを中心とした可処分所得の多い裕福な家庭の子女や、
裕福な配偶者を持つ主婦、シングル、もしくは既婚のキャリアウーマンを主なターゲットとして、
一方で、ゴージャス嗜好の生活を目指す水商売や客室乗務員の読者も多いとされてるそうです。

実際、上の様な方が、知り合いにいるのですが、
森泉さんみたいに、ちょっと(自粛)な方だったりしますけどね。(苦笑)

投稿: 神原ナヲヂ | 2009年3月30日 (月) 03時23分

平均が1700だと、1番多い層はもう少し少ないということですよね。あの暮らしはその金額じゃまだできないと思われますが(推測。)、それでもそれだけの収入、普通の会社員としたらずいぶん良い方だと思いますし、その娘で自宅通勤なら(全額お小遣なOLなら)可能かも、、。
どっちにしても雑誌作りは読者より上から目線で作られていることは明らかなので、あそこまでエスカレートしてしまうんでしょうね。

実は私もむか〜し、ここの編集者とお仕事したことがあるのですが、ここの記事の見出しみたいなことを当然のように言い切る人でした、、。あの自信はすごかった。いまにして理由が分かりました。

ところで毎朝このナヲヂさんのコメントにレスを書きかけては途中で東京駅、を数日くりかえし、やっと送信できました〜。スルーしてたわけじゃないので、すみません!!

投稿: tomorin | 2009年4月 2日 (木) 19時25分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 25ansの世界に驚く:

« あー、やっと勝利! | トップページ | 真央4位 »