« もうすぐお引越し | トップページ | チョコ・贈る楽しみ☆2009年 »

2009年2月 9日 (月)

サントリーホールへ

090209_suntry_hall1_3今日会社帰りに、ベルリン放送交響楽団のコンサートを聞きにサントリーホールに行ってきました。

会社の同僚に楽器を習っている子が何人かいて、最近社内でも時々音楽の話ができるようになったんですが、そのなかの一人が音頭取りしてチケットを買ってくれたんです。

実は料金がかなり高くて迷ったけど、こんなこと当社では初めてなので、せっかくだからと参加してみたの。みんな帰る方向も距離もバラバラなので、帰りに食べたり飲んだりする余裕はなかったのが残念だったけど、、。

でも超久しぶりの生オーケストラ!ベルリン放送交響楽団には何の予備知識もなかったけど、音が柔らかくて美しかったです。まろやかな厚みと膨らみがあるって感じがしました。。

本日の演目は、シューベルトの交響曲第8番「未完成」、ベートーベンのピアノ協奏曲第4番、同じくベートーベンの交響曲第5番「運命」の3題

よく聞いたら金曜日の演目の方がベト7と「エグモント序曲」でそっちの方が好みかも、だったんですが、人が取ってくれた券だし、文句もないです。一人なら絶対行かなかったし。充分楽しめました。。

ベートーベンのピアノ協奏曲第4番は初めて聞いたけど、音の柔らかさがすごく耳に心地良かった。。きれいな曲ですね~。ピアニストはラファウ・ブレハッチという背が高く遠目にもキレイ系の青年で、私たちの前の列のおばさんたちが彼の熱狂的ファンらしかった・・・。

第5は、曲が始まる前に20分ほど休憩があったので、あまりお腹に食べ物が入ってないのにワインを飲んで軽く酔っ払い、静かな第2楽章に入ってから、聞いてるつもりだったのにふと気付くとなにげに寝てた・・。

けど第4楽章で急にぱしっと目が覚めました。f^_^; げんきんー

楽天的で明るい第4楽章が1番好きだな~、第5では。希望に満ちた音って感じで。
演奏は全体にテンポがよくて、有名なあの第1楽章の出だしも大仰じゃなかったので、個人的にはとっても心地良かったです。

シューベルトは、突然残業になってしまって私だけ間に合いませんでした。凄いアンラッキーでした。5時半直前まで、ベル直帰は間違いなかったのに!

帰りはみんな方向バラバラで、一人で千代田線赤坂駅に向かったら、なんとなく久しぶりすぎて、しかも軽く酔っ払ってて、サントリーホールを発ってから計30分も赤坂の街をうろうろするはめに~~

一ツ木通りにもまっすぐ辿り着けないなんて!しかも赤坂サカス、初めて見たりして。もぉすっかり田舎者。わー恥ずかしー。(#≧_≦#)

だけどきれいになりましたね。あの辺。マックとケンタが向かい合ってた遠い昔を思い出す・・。もう少しまめに出歩かなきゃ・・とついでに決意してみたりして。

|

« もうすぐお引越し | トップページ | チョコ・贈る楽しみ☆2009年 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サントリーホールへ:

« もうすぐお引越し | トップページ | チョコ・贈る楽しみ☆2009年 »