« 【Books】「鳥の脳力を探る」 | トップページ | 【Books】「予想どおりに不合理」 »

2009年2月 1日 (日)

映画「マイアミバイス」も見た。

だいぶ良くなってきたものの、まだ外出できないこの週末。前項の本に続いて、まえTV放送を録画していた映画版の「マイアミバイス」を見て、その後会社で奨められた本「予想どおりに不合理」[ダン・アリエリー著、早川書房]を読みました~。

「マイアミバイス」は有名なTVシリーズを全然見てなかったので何とも言えないけど、、。ご想像どおり、ただマイアミの風景がどう写ってるか見たかっただけ。私は犯罪捜査モノの中では、周り中が殺人者みたいな麻薬組織に潜入する話ってハラハラしすぎて苦手なので、景色以外あんまり楽しめなかったです。

なによりも本編のヒロインが、、。主人公の恋人であり、敵である犯罪組織のボスの情婦(死語)という、ヒロインがなぜコン・リーなのか!!最後まで違和感でした・・。

西海岸じゃないんだから中華系の住民なんてほとんどいないと思うし、ここはラテン系女優さんを誰もが期待する役でしょう。どう考えても。コン・リー、手足が長くてカーヴィーなプロポーションは美しかったですが、それだってラティーノの得意分野だしね~。どう見ても犯罪組織のボスを適当に利用しつつやりたい放題の凄腕ビジネスウーマン(という設定。)というより、運命に流されながらじっと耐えてる受け身の女のような表情。。主人公役のコリン・ファレルも、眉毛がどーも好きになれないしな~。

ただ圧倒的に美しい海の色に、旅の記憶を呼び起こされてうっとり~、でした。

|

« 【Books】「鳥の脳力を探る」 | トップページ | 【Books】「予想どおりに不合理」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「マイアミバイス」も見た。:

« 【Books】「鳥の脳力を探る」 | トップページ | 【Books】「予想どおりに不合理」 »