« マイアミ土産・自分編(2) | トップページ | 貼らないホカロン活用法 »

2009年1月10日 (土)

郊外の豊かな暮らし(マイアミ旅行記)

今回の旅行は、マイアミ市内ではなく郊外の住宅地に住む友だちの家を拠点にして、その友だちに近郊の名所あちこちに連れて行ってもらったのですが、そのせいか何よりも強く感じたのは、アメリカのミドルクラスの郊外生活者の暮らしぶりのものすご~い豊かさでした・・・・。

日本人の友だちは、英語をしっかり身につけてアメリカでがんばってきて今の生活があるわけなのですが、それはそれとして、アメリカってとこは、多分日本で同じくらいのお給料をもらっている人が暮らせるよりもずっと物質的に豊かな暮らしができるような印象も受けてしまいました。

いちおう許可をもらったので、彼女のおうちの写真を紹介させていただきます。

081226_reichan_3 こちらが友だちRYちゃんのおうちの、外観。。プチホテルみたいにゴージャスでした。丸々一棟ではなく、アメリカによくある、内部を2~4等分に区切って2~4家族が住む、コンドミニアムなのですが、中ももちろんプチホテルみたいにご~じゃす。居住空間も日本の普通のマンションの4~5倍はある感じ。すごかった。。もちろん友達はヒルズ族(死語)のようなバブリーな成金ライフを送ってるわけじゃなくて、普通の手堅い会社員なんですよ。

「コミュニティ」って彼女は言っていたのですが、幹線道路から道を入ると、その先に大規模開発された住宅区域が広がっていて、そこがひとつの「コミュニティ」と呼ばれる区画のようでした。そういうのがあちこちに開発されているようで、中には銀行やスーパーなど身の回り品を揃える小さい商店街も作られてました。でもどっちにしても車がないとどうにもならない土地柄なので、すぐ近くにはその程度で充分みたい。
Community_5
幹線道路から1歩入ると、キレイに整備されたパームの並木道が続き、しばらく進むとそういう商店街があり、さらに進むと・・・


Community_9_2 ・・・こんな感じの鉄柵の門にぶち当たります。
これをハリウッド映画で見たみたいに、自動車から降りることなくリモコンで開門させると・・・



Community_8_2 Community_12 ・・中にはこんなすてきな住宅街が作られていました。。(緑色の箱は、週に一回くるゴミの日に出すゴミ箱です~。ちょっと雰囲気ぶち壊しで失礼・・)

今度行きたいと前に書いたフィレンツェ郊外の農村みたいな、スローライフ的豊かさとはまた全然違うと思いますが、なんというか、物量的に圧倒的に日本より豊かよね、アメリカの中流社会って・・・・。と、圧倒されずにはいられないって感じ。ていうか日本の生活の貧しさってなに?!っていうか。

こちらでもたとえばマイアミ市内は、住宅価格もかなり高いそうで、もちろん亡命キューバ人も多く、貧富の差の大きさを感じるところもありました。そして都市部というのは世界中どこでもそういう部分はあると思うのですが、郊外生活者のこれって・・・。

とりあえず「いいな~・・」と羨むしかできないけれど、なんだか考えさせられますね~~。。

|

« マイアミ土産・自分編(2) | トップページ | 貼らないホカロン活用法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 郊外の豊かな暮らし(マイアミ旅行記):

« マイアミ土産・自分編(2) | トップページ | 貼らないホカロン活用法 »