« ハドソン川不時着事故のこと | トップページ | アジア杯予選イエメン戦 »

2009年1月19日 (月)

赤ちゃん湯たんぽ

Photo 先週末、従姉妹のTちゃんと新橋のモツ鍋屋さんで食べながら色々おしゃべりしたのですが、その時Tちゃんからアフタヌーンティーの湯たんぽをもらいました。Tちゃんは冷え症で、出かける時は持ち歩くくらい気に入ったので、みんなに勧めているそうな。

まず外見が赤ちゃんのロンパースみたいでカワイイ、、♪

本体部分は柔らかいプラスチック(?)とゴムの中間みたいなのでできていて、キャップをねじ込んで蓋するだけ。これで横にしても水漏れしないのね~。「fashy」っていうドイツ製の商品でした。

ロンパース風カバーがアフタヌーンティー製で、そういえば冬の始めに何種類か店頭で見かけたような。人気でかなり在庫薄だそうだけど、ネット検索したところ別の柄ならまだ若干残ってました。

うちにはブリキか何かみたいな昔ながらの湯たんぽがあったのですが、たまたま一つ壊れたので、なんだか夜出歩いて身体が冷えたし、さっそく使うと、、。ちなみに容量は0.8リットルで、60~70度のお湯を入れてみてます。

金属製と違って柔らかくて小さい分身体にフニャっと寄り添って、お湯の温もりが感じられるのが古風な湯たんぽより気持ちよかったです。

母によると、子猫を抱いて寝るのと似た感じだそう。。。そうか、こんな感じなのか、、。(←動物飼った事がないから知らないけど。小鳥だけしか、、。)

入れるお湯の温度を下げれば、より柔らかい温もりになるので、オフィスでもこっそり使うといいかも・・。なにしろ私のオフィスは亜寒帯。。ちなみにTちゃんも冷暖房が利いてそうな所に長時間いる時には、持っていって抱いて座っているそ~です。

|

« ハドソン川不時着事故のこと | トップページ | アジア杯予選イエメン戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152297/43793234

この記事へのトラックバック一覧です: 赤ちゃん湯たんぽ:

« ハドソン川不時着事故のこと | トップページ | アジア杯予選イエメン戦 »