« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

ゴールデン・グローブ賞授賞式

・・・と前述したようにさんざん眠ったあとだったので、昨夜8時から1時間半もBSでやっていた第66回ゴールデン・グローブ賞授賞式をだらだらしながら見てしまいました。今年の1月11日に行われた授賞式をまとめたものです~。

パーティー形式でアカデミー賞よりフレンドリーな感じだし、映画だけでなくテレビ部門があり、さらに映画・テレビともドラマ部門と「ミュージカル/コメディ」部門があるなどずっとバラエティーに富んでますよね。ゴールデン・グローブって。

今年は「タイタニック」のケイト・ウィンスレットが映画−ドラマ部門の助演女優賞と主演女優賞をダブル受賞をしたというのと、亡くなったヒース・レジャーが「ダークナイト」で助演男優賞を受賞したこと、「スラムドッグ$ミリオネア」が作品賞、監督賞を受賞したというのがニュースで報じられていましたが、いままでノミネートばっかりで一度も何の賞も取った事がないというケイト・ウィンスレットが受賞して真剣にうろたえてるのは好感度大でした。最後に主演賞取った時なんか壇上に上がるのに両脇抱えられてた。大丈夫か、、。でもいい女優さんになりましたね。

またTVシリーズのミュージカル/コメディ部門で作品賞や主演男優賞、主演女優賞などを取った「30ロックス」はかなり面白そうでした。

これで男優賞を受賞したのがなつかしいアレック・ボールドウィン。久しぶりに見たけど、映画の主役を演じてたころに比べて顔が二倍に広がって完全なメタボ中年。驚いた、、、。
でもちょっと流された番組の1シーンで、「1番差別されてるのは女性?黒人男性?」という言い争いに割って入って「もちろん白人男性だ。月に着陸しても批判される!」とか言う台詞を言ってたのが面白かったです。スピーチで家族に感謝しても奥さんにだけは触れなかったから、キム・ベイシンガーとは離婚したのかな~。(※後で念のためチェックしたら2002年に離婚されていました・・・。This is Hollywood!って感じのカップルだったのにね・・)

続きを読む "ゴールデン・グローブ賞授賞式"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鬼門?の1月末

実は今週後半会社を休んでしまっていました。お恥ずかしい話ですが、、。

このところかなりストレスフルな事が重なっていて疲れ果ててしまったので、今週は10月以来のヒマな週だし、一日休みを取って癒そうと思ったら、身体も相当消耗してたみたいで。。休んだらかえって疲れが出て熱が出てきて、そのまま寝込んでしまいました。。

暇な週でよかったというか、ヒマだから疲れが出たのかもというか。。

どうせなら始めからきちんと休む計画を立てて温泉とかに行ったらよかったな~。

そういえば去年の今頃も誤診で入院する騒ぎがあって、数日休むはめになったんでした。この時期、寒くなるのに仕事が突然ヒマになる。疲れを急に自覚してどっと崩れる、みたいなことか。私にとって鬼門の時期かも??

来週はまた少し忙しくなるけど、2月後半もまた結構ヒマになるので、蓄積疲労を癒すために温泉旅行に行く予定を本気で作っておこうかなぁ。日帰りできるような伊豆箱根でいいから、、、。「でいい」って、ほんとに行けたらもう大感激ですよね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

ア杯バーレーン戦の結果は・・

いま寝る前に携帯サイトの「超ワールドサッカー」を見たら、日本は1−0で負けてました・・。アジア杯最終予選の「日本対バーレーン戦」@バーレーン、です。なんとまあ・・・。。

スタメンは以下の通り。試合速報を読むと、日本は何度シュートしても入らなかった様子でした。。

【バーレーン】
GK ジャファル
DF アドナン、アリ、アイシュ、フバイル
MF イサ、オマール、ラシェド
FW ファタディ、サルミーン、イスマイール

【日本】
GK 川島
DF 内田、中澤、寺田、長友
MF 岡崎、稲本、中村憲、本田
FW 田中、玉田

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

霞ヶ関の金属探知器

いま霞ヶ関の金融庁に、文書の届け出に行ってきました。いつもは部長に頼んだりしてるけど、今日はお休みだし、同じフロアの人達の大半がランチョン・ミーティングに出ているから一緒にランチに出る人も少ないし。で、久しぶりに自ら出向く、、。

ただ新築の合同庁舎の入り口受付を突破して「文書受付」に書類を出すだけという、子供のお使いでもできる仕事なので、いちいち外出して届けに行くのが面倒くさかったんですが、、。

新築の合同庁舎になってから、バッグの金属探知器チェックを受けるのがさらにめんどくさくなっているのです。なぜならその探知器、すごーく性能がいいから。

携帯やお財布、キーホルダー、お化粧ポーチの中の金属製品なんかはもちろん、ガムの包み紙の銀紙にも過剰反応してしまうの。「ガムがあればそれもトレイに出して下さい」と言われて、いつもバッグの中に残るのはハンカチとノートだけ。。

今日はそれでもまだピーピー鳴るから、原因物質を探したら、バッグの内ポケットの底に、ガムの粒が大量に発見さる!

クロレッツの粒ガムがぽろぽろこぼれおちて、なんつぶも溜まっていたのでした。それにあと2〜3個で終わるというところで見失い、新しいガムを買って存在を忘れていた残り物のガムとかがなぜかいっぱいで〜。。

あーみっともなかった。ちゃんと隅々まで片付けて行けばよかった。

・・と、とんだところで要らない恥をかいた霞ヶ関詣ででした〜。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

アジア杯予選イエメン戦

昨日はアジア杯最終予選の、対イエメン戦がありましたね。なんとなく「あれ、キリン杯だっけ?親善試合?」・・ってくらいの意識で見てしまったので(しかも後半から。)あまり集中してなくて。f(^_^;

あれが真剣勝負だったなら、ホームでイエメンに2−1なんて・・。ちょっと物足りない試合ぶりでしたね、、。憲剛が初キャップというのは聞いていて楽しみだったけど、メンバーも若手が多いし。ベストメンバーで調子がいい時のようにいかないのは、やむを得ないか、、。

巻はそういえば熊本出身だったのね。巻が出て来たとき、最高に沸いたよね。得点こそなかったけど、入ってすぐ枠を捉えたヘディングしてゴールに向かう流れを作ったし、、。
いつも代表戦でクロスの精度が低かった駒野がすごく精度が高いクロスをあげてたのが印象的でした。

・・やっぱり親善試合かな?と思って手を抜いて見ていたせいで、たいした感想が出てきません。。すみません。

でもW杯最終予選オーストラリア戦を前にいま真剣勝負の試合ができたのはよかったですよね。オーストラリア戦までにやはりアジア杯最終予選でもう一試合あるんですね。日程的にもバランスよい28日、しかも何かと因縁のあるバーレーン戦。

日本はシーズンオフの身体なんだから、ここで鍛え込んでなるべくベストの状態でオージー戦に向かってほしい。そういう意味でも次戦の闘いぶりは、昨日の試合以上に注目ですね~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

赤ちゃん湯たんぽ

Photo 先週末、従姉妹のTちゃんと新橋のモツ鍋屋さんで食べながら色々おしゃべりしたのですが、その時Tちゃんからアフタヌーンティーの湯たんぽをもらいました。Tちゃんは冷え症で、出かける時は持ち歩くくらい気に入ったので、みんなに勧めているそうな。

まず外見が赤ちゃんのロンパースみたいでカワイイ、、♪

本体部分は柔らかいプラスチック(?)とゴムの中間みたいなのでできていて、キャップをねじ込んで蓋するだけ。これで横にしても水漏れしないのね~。「fashy」っていうドイツ製の商品でした。

ロンパース風カバーがアフタヌーンティー製で、そういえば冬の始めに何種類か店頭で見かけたような。人気でかなり在庫薄だそうだけど、ネット検索したところ別の柄ならまだ若干残ってました。

うちにはブリキか何かみたいな昔ながらの湯たんぽがあったのですが、たまたま一つ壊れたので、なんだか夜出歩いて身体が冷えたし、さっそく使うと、、。ちなみに容量は0.8リットルで、60~70度のお湯を入れてみてます。

金属製と違って柔らかくて小さい分身体にフニャっと寄り添って、お湯の温もりが感じられるのが古風な湯たんぽより気持ちよかったです。

母によると、子猫を抱いて寝るのと似た感じだそう。。。そうか、こんな感じなのか、、。(←動物飼った事がないから知らないけど。小鳥だけしか、、。)

入れるお湯の温度を下げれば、より柔らかい温もりになるので、オフィスでもこっそり使うといいかも・・。なにしろ私のオフィスは亜寒帯。。ちなみにTちゃんも冷暖房が利いてそうな所に長時間いる時には、持っていって抱いて座っているそ~です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

ハドソン川不時着事故のこと

ハドソン川不時着事故のこと

あのUSエアウェイズのハドソン川不時着事件、死者や重傷者を出さなかった事件の一連の顛末に感動して、昨日からずーっと関連ニュースを読み続けては感動の涙にくれています。。

機長の天才的操縦技術や乗務員を含め責任感の高い仕事ぶり、現場で迷わず救助にあたったフェリー船の乗務員たちとか、、、。すばらしいわー。でも何度もニュースを読み返して同じところで涙してしまうわたしって・・。

日本ではちょうど14年前の阪神淡路大震災の時、あの大都市で震災直後に店舗荒らしや強盗などまったく起きず、被災者が整然と助け合ったことが世界に称賛されたけど、今回このNYで事件に居合わせた人達の迅速で冷静な行動も、本当にすばらしい!

実は旅行に行った時も、アメリカ人って知らないおばさんたちが機内で荷物を上げるのをどんどん手伝ったり協力しあったり、公共の場での助け合い譲り合いはいまの日本(少なくとも関東地方)よりみんなよっぽど親切だったので、かなり見直していたんですよね。乗り込む列の先頭でのんびり荷物を上げて他の人が席に着くのを邪魔してるKYな人は多いけど、逆にそれを日本みたいに怒らずにみんな平気でじっと待ってる所とか、真剣に驚きました。。

このニュースでもうひとつ驚いたのは、あんなF4爆撃機の元パイロットが民間機の操縦士をしてて、しかも航空安全委員会の委員などする立場でも現役で国内線に操行したりしてること。意外に現役生活長いのね、パイロットって。それに爆撃機のスピードからすると民間機なんてゆっくりで判断する時間もだいぶあるように感じるのでは。なんだか自家用車のようにエアバスを運転しこなしてるって感じしたものね~。そんなベテランの便に乗りたいですね~。下は着水地点近くにいた人が水上にランディングする瞬間を撮影したビデオです。

<ここにあったYouTubeのビデオは、ブログ作製の時PCの動作が不安定になるため削除しました。>

■各種ニュース引用

続きを読む "ハドソン川不時着事故のこと"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

写真プリンター戴いてしまいました!

Photo_2 この三連休はブログに熱心にアップしていたほかは、何を隠そう、本当に引きこもりのように家から一歩も外へ出ず、バイオリンのレッスン(授業)もサボってダラダラと過ごしてしまいました。。

変な時差ボケに起因する寝不足がやっと直ったら、どーっと疲労が押し寄せたみたいです。。あぁ眠い一週間だった・・。

そして今日、いえもう昨日だけど、大昔あややが宣伝してたエプソンのカラリオE300、キューブ型のPC使わなくても写真プリントができるプリンターを、思いがけず突然にいただいてしまって、旅行の写真、プリントしまくっていました~。いや、本当にびっくり&感激です・・!

私はいままで自分で写真プリントしようと思ってなかったので、PCのプリンターも文章がきれいにプリントできる方に主眼を置いたタイプなんです。

去年のプーケット旅行でうっかりDTP屋さんに「全コマプリント」注文してしまい、何千円も取られたので、写真プリント専用の安いのを買った方が結局得かな〜といまさらながら思いまして、今回の旅行の写真はご近所の母の友達Kさんに数枚プリントさせてもらって様子をみようと思ったのですが、、。
なぜKさんにかというと、カラリオのそれを持ってるからいつでも使ってって言ってくれていたので。

・・そしたらいきなり、「新しい引き伸ばしも出来る機種を買ったから、あげる」って、持ってきて下さって、、、!!

ええ~~?!いいの??!

なんでも初孫がこの間生まれたので買い直されたとのことです。ナルホド。・・でもそのお母さんであるお嬢さんが使いたいって言うかも、と思うので、しばらくお借りする気持ちで使わせていただこうかと思っているんですが。。

そのうえ印画紙用の紙100枚までなぜか付けてくれて。えーー。。もうL版のサイズのは使う気ないってことですか??・・でも引きこもってたので買いに行かなくてすんで、実はすごーく嬉しいですーー

そんなわけで、昨日はずーっとダラダラプリントして過ごしてました。。

使われた事がある方も多いと思いますが、いま使ってみた仕上がりは、やや黒と青がかぶる感じの色調になるみたいなので、夜や室内の人物の顔色や、透明度が高い海の色は暗くなってしまうみたい。(機械の個体差によるものかも。)でもそれ以外はもう完璧これで充分です!大満足!!特にガーデンなんか最高キレイ!!

やはり写真屋さんに出したいというのは、せいぜい10枚くらいですね。思い出はデジタルより紙焼きで残したいので、なんだかんだ100枚くらい刷りまくってしまいました~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

お正月飾りを片付ける

Photo 今日は12日、成人の日。さすがにそろそろ・・と思って、お正月飾りを片付けました。

皆さんはもっとおしゃれにされてるかと思いますが、今年はうちはちょっと簡単にして、玄関に千両と菊、松などお華の小さいアレンジメントと(母がやりました・・)、写真の十二単の飾り物だけですが・・。

この十二単は何かというと、いつも仕事をお願いしている印刷会社さんがここ数年お正月に送ってくれる年賀カードなんです。入っている台紙を組み立てたり重ねたりすると、紙製のお正月飾りになるようにできてるのです~。

今年は昨年末の「源氏物語二千年紀」を記念して、十二単のお人形(?)でした。簡単なのによくできてるわ~。もう棄てざるを得ないので、記念撮影してしまいました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

エバーグレーズ国立公園(マイアミ旅行記)

マイアミ旅行の中で、いままで唯一どこにも触れていなかったエバーグレーズ国立公園(Everglades National Park)に行った事を書いてみます。たまたま旅の最終日に行って、翌朝は帰国のフライトだったので書く時間がなかったのですが、エバーグレーズはフロリダ半島最南端の大・大・大湿地帯に広がる巨大な湖や沼沢地、森や葦や野鳥や動物が織り成す、ユネスコの世界遺産にも登録されている巨大自然公園なんです~。

エバーグレイズに一般客がアクセスできる場所は3箇所あるのですが、中を貫通する道路はなくてそれぞれ全然違う場所なので、私は友だちの家から一番近いところにあるPlay Parkに連れて行ってもらいました。エバーグレーズの端っこにあたる所に作られた観光ボート乗り場から、ボートで園内のごく端っこの一角を廻ること1時間。一般の観光客はだいたいここ止まりなのですが、それでもマイアミ近辺の大自然にちょっとだけ触れられるアウトドア・トリップでした。

Evergrades_9 まずはボート乗り場でチケットを買います。いかにも観光客風のアメリカ人やラテンアメリカ人が、押すな押すなの長蛇の列で、けっこう待たされる。私は20分後に出発するボートに乗ることになりました。

Evergrades_11乗り場付近には何故か孔雀が放し飼いにされていて、我が物顔でのし歩いていた・・。小鳥もいっぱい群れていました。Evergrades_10


Evergrades_4_3乗客は1漕に10人ちょっと。写真の左側に写っているのと同じ形のボートに乗り込み、いざ湿地帯へ!
・・・っていうか、すでに大河って感じなんですけど。川幅が見えないくらいの。(右手は川岸じゃなくて、水面のあちこちに顔を出している葦の大群生です。。)

Evergrades_8_2 船頭さんは川(??)の様子を見て、こういう水草が生い茂った一角に時々停止し、付近の鳥や動物を探しては、解説をしてくれます。例えば右手の水草の上に野鳥が、、とか、向こうの木の頂に大鷲が止まっている、、とか。

Evergrades_7コウノトリの一種(?)のようですが、あちこちに浮かぶ小島の木の枝に止まっていました。。そういえばキーウェストに行く途中、海沿いのガードレールに野性のペリカンがいっぱい止まっているのも見かけました~。
エバーグレーズはフロリダ半島最南端一帯にあるので、キーウェストにも程近いんです。

Evergrades_1_2 また少し行くと、鷹か鷲が群れている所に、野性の洗い熊が出てきました。かわいいー。

ボートはエンジン音が異常に大きくて、耳栓を売ってるくらいなんです。よく動物は逃げていかないなと驚くくらい。でもわざわざ顔を出したってことは、観光客がボートから食べ物を投げたりしたことがあるのかも。もちろん禁止されているけど。

Evergrades_5 ・・・そうこうするうちに、どこからともなくアリゲーターが現れて・・・。
この時アリゲーターが泳ぐ向こうの木の頂に黒い鷲が止まっている、かっこいいワンショットを撮ったはずなのに、間違えて消してたみたい。残念。。

Evergrades_6 驚いたことにアリゲーターは私たちのボートに寄ってきて、しばらくじっとくっついていました。
ボートには小さい男の子が何人か乗っていて大はしゃぎ!向こうから来たボートの乗客も、こっちを見て興奮してたみたい。カメラ撮りまくってました。

Evergrades_2_2 しばらくすると、また水草の生い茂る上にアオサギが・・?遠目に見つめあいながら見送りました・・。

今回は真昼の日差しがジーンズの上から焼けそうなくらい照り付ける真昼間だったためか、動物や野鳥に触れられたのはこれくらいでした。やはり早朝と夕方が狙い目ですよね。野鳥を観察するつもりなら。でもそろそろ旅の疲れが出てきていて早起きができず、出かけるのが昼間になってしまったの。

しかし物凄く広い湿地帯で、植物の群生もものすごかった。地図で見ても相当巨大な面積を占めています。四国よりも広いそうです。内部に立ち入るのはレンジャーじゃないとムリなのでは・・。でも興味ある方はぜひ「地球の歩き方・フロリダ編」を参照に、内部までいく手だてをご検討下さい~。なお、南端にある「フラミンゴ」が一番大きいビジターセンターなようです。

ちなみにアリゲーターはこの辺の名物で、本来マイアミ、フォート・ローダーデールも湿地帯を開発した所のため、街中の小川や水路にも時々姿を見せるそうです。そのため川沿いを夜一人でジョギングしたりするのは危険なことのようでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

貼らないホカロン活用法

私のオフィスはいつも亜寒帯なので、周りを見渡すとマフラーをしたまま仕事する女子、厚いショールを身に纏う女子、毛布みたいな膝掛けで足腰を包む女子(←これは私。)、、と防寒対策のオンパレードなのですが。もちろん小さいホカロン「貼るタイプ」常備は必須です。

ところが去年の年末、仕事中あまりの寒さにオフィスビル1階のドラッグストアに駆け込んだとき、なぜか「貼らない」ホカロンを2回続けて買い間違えて、家に貼らないホカロンが二袋積み上がることに、、。よっぽど慌てていたらしく、買い直しに行ってまた間違えて買ってきたの。しかも二回とも開封してから気がついたので払い戻せない、、。

ポケットのある服なんか限られてるんだから、貼らないホカロンなんか使い道ないよ!!

・・・と思っていたら、ありました。

最近毎日、雪が降るような寒さですよね〜。我が家でも何年も前から、冬場には子供の時に使ったようなアルマイトの湯たんぽを復活させて便利しているのですが、この冬はまだ。

実は貼らないホカロンを敷布団の上に乗せて、湯たんぽがわりに使っているのです〜。f^_^;

この方法、昔友達の和風美女から教えてもらったの。初めて聞いたときは、あんな楚々とした彼女がそんなことを・・って、いま考えると大袈裟だけど軽いショックを感じたのですが、やってみるとこれが便利!

小さいホカロン一個なのに布団の中がとっても温まるんですよね〜。

狙って買ったら高くつくと思うけど、貼らないホカロンが邪魔な方には、ぜひ試していただきたいものですー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

郊外の豊かな暮らし(マイアミ旅行記)

今回の旅行は、マイアミ市内ではなく郊外の住宅地に住む友だちの家を拠点にして、その友だちに近郊の名所あちこちに連れて行ってもらったのですが、そのせいか何よりも強く感じたのは、アメリカのミドルクラスの郊外生活者の暮らしぶりのものすご~い豊かさでした・・・・。

日本人の友だちは、英語をしっかり身につけてアメリカでがんばってきて今の生活があるわけなのですが、それはそれとして、アメリカってとこは、多分日本で同じくらいのお給料をもらっている人が暮らせるよりもずっと物質的に豊かな暮らしができるような印象も受けてしまいました。

いちおう許可をもらったので、彼女のおうちの写真を紹介させていただきます。

081226_reichan_3 こちらが友だちRYちゃんのおうちの、外観。。プチホテルみたいにゴージャスでした。丸々一棟ではなく、アメリカによくある、内部を2~4等分に区切って2~4家族が住む、コンドミニアムなのですが、中ももちろんプチホテルみたいにご~じゃす。居住空間も日本の普通のマンションの4~5倍はある感じ。すごかった。。もちろん友達はヒルズ族(死語)のようなバブリーな成金ライフを送ってるわけじゃなくて、普通の手堅い会社員なんですよ。

「コミュニティ」って彼女は言っていたのですが、幹線道路から道を入ると、その先に大規模開発された住宅区域が広がっていて、そこがひとつの「コミュニティ」と呼ばれる区画のようでした。そういうのがあちこちに開発されているようで、中には銀行やスーパーなど身の回り品を揃える小さい商店街も作られてました。でもどっちにしても車がないとどうにもならない土地柄なので、すぐ近くにはその程度で充分みたい。
Community_5
幹線道路から1歩入ると、キレイに整備されたパームの並木道が続き、しばらく進むとそういう商店街があり、さらに進むと・・・


Community_9_2 ・・・こんな感じの鉄柵の門にぶち当たります。
これをハリウッド映画で見たみたいに、自動車から降りることなくリモコンで開門させると・・・



Community_8_2 Community_12 ・・中にはこんなすてきな住宅街が作られていました。。(緑色の箱は、週に一回くるゴミの日に出すゴミ箱です~。ちょっと雰囲気ぶち壊しで失礼・・)

今度行きたいと前に書いたフィレンツェ郊外の農村みたいな、スローライフ的豊かさとはまた全然違うと思いますが、なんというか、物量的に圧倒的に日本より豊かよね、アメリカの中流社会って・・・・。と、圧倒されずにはいられないって感じ。ていうか日本の生活の貧しさってなに?!っていうか。

こちらでもたとえばマイアミ市内は、住宅価格もかなり高いそうで、もちろん亡命キューバ人も多く、貧富の差の大きさを感じるところもありました。そして都市部というのは世界中どこでもそういう部分はあると思うのですが、郊外生活者のこれって・・・。

とりあえず「いいな~・・」と羨むしかできないけれど、なんだか考えさせられますね~~。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイアミ土産・自分編(2)

090101_pinkflamingo もうひとつのマイアミ土産は、フラミンゴ・グッズ!です。アイアミには「フラミンゴ」って地名や道路もあるくらい、フラミンゴが土地の代表的な鳥みたいに地域に根付いていて、グッズを見てるうちについつい買ってしまいました♪

帰宅後評判良かったのは、海岸のお土産物屋さんで買ったプラスティックのモビール(上の写真)。下の金属がぶつかって風鈴みたいにチリチリって音がするんです。なんとなく気に入ってます。

他に買ったのはTシャツやガラスの置物(写真2番目の手前左)。7センチくらいの大きさですが、けっこうリアルなのに可愛いんです。でも脚が折れやすくて、店員さんも包装する時にポキッと片脚を折っていた・・。もちろん新しいのに変えてもらって、厳重にくるんで持ち帰りました。090111_flamingos

写真手前右側のフラミンゴ柄の缶は、会社でくばったクッキーが入っていた缶で、キーウェストの名物、キーライムを使ったひとくちクッキーが入っていました。

これを皆さんへのお土産としてキッチンに置いておいたら、昔キーウェストに行ったという人が、「私も旅行した時これ買って、この缶いまでも持ってるよ!」と声をかけてくれました。社内には意外にマイアミに行ったことがあるとか、特にキーウェストには行ったことがあるという人が結構何人もいて、それもびっくりしてしまいました。アメリカ留学してた人が多いからある意味当然かもしれないけれど。コテコテの日本的なおじさんが、フォート・ローダーデール市に行ったことがあるとか話しかけてくれたりもして・・・。この缶は私も記念にずっと取っておくつもりです~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

マイアミ土産・自分編(1)

今週は会社が始まったらいきなり残業の嵐で、旅行の話を更新するのもままならない1週間でした~。もうすでに1週間以上経ってしまったけど、ポツポツ旅行のことまた書いてみます。

まずは自分へのお土産編。

090103_omiyage_2  今回自分的に一番予想外で衝撃だったのは、バッグを2個も買ってしまったことでした。しかもコーチのショルダーバッグがなんと9,000円!!(ここんとこ、TV通販風に読んでください。)またリモワの海外旅行向け1週間用サイズのスーツケースが2万円台!!あ~あ、この不況下なのに、もう一年分買い物したかも・・・。

友達の家の近くのアウトレット・モール「ソーグラス・ミルズ」に連れて行ってもらったら、クリスマス後の年間最大の大バーゲンセールシーズン真っ最中で、すごいことになっていたんです~。
20081229_sawgrass_1 「ソーグラス・ミルズ」(Sawgrass Mills Outlet Mall)は全米第2位の規模を誇る巨大アウトレットモールで、マイアミ郊外のフォート・ローダーデール市にあります。写真はそのごく一部。写ってる光景全部モールの内部です。

090103_price_tagコーチのバッグは、1年くらい前日本で5万円くらいで売っていたスウェードのチョコレート色のホーボーバッグ(クロワッサン型のバッグ。一番目の写真)なんですが、、、。

そもそものアウトレット価格が$278と3万円切っているお買い得価格なのに、$199.99って赤字で書いてある!これは・・・予定なかったけど買ってしまおう!と思わず買ったら、これもまだクリスマス前のセール価格か何かで、ここからさらに「50%オフ」。実際は$99.99でした。。こんなことなら手に入れるとは考えたこともなかった日本で15万円くらいするゴールドのパッチワーク柄の大型ハンドバッグも、怖くて近寄らなかったけど、もしかしたら2万円以下だったのかも・・・。貧乏性だから、もっと考えればもっとお得な目にあったのかもしれないです。でも、もう充分なくらいです・・・。

スーツケースは、自分が持っているのがリモワの4日間用の小ぶりのものだったので、「もしお土産が増えたらアメリカはスーツケースが日本よりかなり安いから、大きいのを買って帰ったら?」と言われていて、自分でもそのつもりだったのです。でも100ドルくらいで適当に買おうかと思っていたのに、リモワの4輪、1週間用くらいの海外旅行に最適サイズのものがアウトレット・ショップの大バーゲンでなんと2万円台だったのを見て、もう思わずそれに決めてしまいました。日本にはない白の『サルサ』で(一番目の写真)、汚れやすそうで迷ったんですが、もうひとつのセール品のグレーではほしいサイズがなかったし・・・。

アメリカには私が持ってるブルーがなくて茶色と白が売ってました。定番色の黒と赤はセール対象外でした(アメリカでも輸入品なので、定価だとあまり安くなかった。)結局白を買って帰ってきて、当然こすりヨゴレが思いっきり付いていたけど、洗剤で拭いたらほとんど気にならないくらいキレイになったので、汚れの方はわたし的には大丈夫でした。

問題は・・・内側に張ってある布に、破れがあったこと・・・・!スーツケースの角のところで布を折り曲げて作った襞(ひだ)の内側が切れていて、絶対お店の人は隠して売ってたと思う!

続きを読む "マイアミ土産・自分編(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

オシム氏帰国

4日ついにオシム前日本代表監督が祖国へ帰国しました。今回の帰国では一応すべての日本との繋がりが切れて、再来日の予定はないとのことです。

一昨日だなんて知らなかったけど、知っていたら私もお見送りに行きたかったな・・。気持ち的にはだけど。。ジェフのサポーター中心に集まった300人もの見送りを受けて、あのオシムさんが涙ぐんだような場面もあったとか。。

特にW杯出場を決めた後3ヵ月の的確な情報提供が大事だとプレスへの要望を語るなど、ファン、選手、マスコミに向けて最後まで全力でメッセージを伝えられたとのこと。オシムさんはやっぱり最後までオシムさんらしいですねー。

一方でその途中、貧血で診察を受ける場面もあったそうで、倒れられた原因である脳血栓は完治されていると伝えられるものの、全般的な体調の回復がまだ現場復帰を妨げている事情を強く感じさせられました。

何と言っても残念な結果ですが、日本のマスコミ業界はこれからもきっと折りに触れてオシムさんとコンタクトを取るだろうし、もし繋がりさえ細々とでも続くならば、またいつか何らかの機会も・・・と個人的にはしつこく期待を残しています〜。とにかくオシム監督、楽しいサッカーの時間をありがとうございました。。

■日本へ別れ“オシム” 貧血でヒヤリも語録残し帰国[1月5日8時2分配信 スポーツ報知]

続きを読む "オシム氏帰国"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

マイアミ旅行記書いてみます!

Community_3 昨日は一日爆睡し、やっと復帰してきました・・・。太平洋横断12時間+国内線3時間半+乗り継ぎ時間待ち2時間強、合計片道でも18時間の旅は、やっぱりきつかったです~。

ところでさっそく余談ですが、乗り継ぎのとき私と同じくダラスで乗り換えてFort Lauderdale空港に向かう予定の日本人の女の子たちがいて、ダラスで降りたとき始めに並ぶ入国審査を待ちながら日本語のわかる係員に「乗り継ぎに45分しか時間がないんだけど間に合いますか?」なんて聞いていました(心は「飛行機に乗り遅れそうだから何とか優先してくれない?」っていう感じで。)。

係員からは「並ぶ時間と審査を入れて、入国審査だけでも最低1時間は見て置いてください。きちんと入国書類を書かないと何時間でも引き止められますよ!」と厳しくハネつけられてその子たち焦っていたけど、さらに「次の飛行機は、時間に遅れても入国審査をいま終えたと航空会社のカウンターに申告すればなんとかなります」って言われてホッとしてた。だけどクリスマス休暇中で国内線がほとんど満席なのを知ってた私は、どうなるのかな~~・・・とかなり心配になりました・・。航空会社はほんとになんとかしてくれるんでしょうか??私はRYちゃんに2時間半空けて次の便を取ってもらっていたけど、アメリカ旅行で国内便に乗り継ぐ場合、しっかり時間に余裕を持たせておかないと危ないですね。。

ところで旅行記!

途中途中でアップしていたものにあとから文や写真を継ぎ足すつもりでしたが、写真がいっぱいになってしまうものもあるので、全体の旅の流れはいままでので終わりにして、これから別に項目ごとに分けて何回か、写真付きで記録をアップしたいと思います。ただしマイアミ市内旅行は、あまり補足することもないので、先に書いたものに写真を添付しておきたいと思います。なのでよかったらこれは29日(月)のところを後で見直してみてくださいね~。(写真は、今回のマイアミ旅行の代表的イメージ。郊外の住宅地を走り抜けるパームツリーの並木道で~す。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

着きました~&Happy New Year!

成田空港に着いてすぐ、自宅の最寄駅行きリムジンバスに乗れて、無事帰宅の途に就きました~。
改めまして、みなさまあけましておめでとうございます。

Fort_worth_returning といってもまだ新年らしい新年を迎えていない私なのですが・・。今年は2回も年越しが味わえて、日本の年越し時間はダラスで迎えるなんて、一人で寂しいながらもちょっとかっこいいかなと思ってたのですが、実はダラスの空港でお手洗いを探しているときに携帯の日本時間0時のアラームが鳴って、なんとなくがっかりでした~、、。(写真は帰りのダラス・フォートワース空港。全然年末ぽくない・・)

またアメリカ時間(NY時間)の新年は大平洋上で・・と思っていたら、大平洋上は大平洋上かもしれないけど、成田空港の滑走路に向けてあと100km以下に迫って急降下している真っ最中だったのでそれどころではなく・・。(成田到着は結局新年14分過ぎの、日本時間午後2時14分でした。)

到着の時、ダラス発便だったため客室乗務員の人から「ダラス時間の新年はあと45分後の日本時間15時になります。皆さまHappy New Year!」と機内アナウンスがあったのが、唯一年越しらしい一瞬だったかしら。。でも肝心のその年越し時間は、結局税関の申告をしている間に終わっていたらしい。。

結局その土地のその瞬間にいないと新年を迎える気分は味わえないってことですね~。帰宅したらお餅をいただいて、日本のお正月を満喫したいと思います~。

また三が日中に旅の記録をアップします!さらにまた、年末あまりに忙しくレスが遅れていたら、成田で出発前にアップしたつもりのEちゃんのコメントへのレスが送信失敗していたみたい。ずーっと無視してたみたいになってしまってすみません!!帰って落ち着いたら書き直して再送信します。ナヲヂさんもずっと拝見してるんですよー。ただ年末は寝不足が続いて通勤車中爆睡していてカキコミできなかっただけですので!

などなど色々ありますが、取り急ぎですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします!!m(_ _)m
@自宅へ向かうリムジンバスの車中にて。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »