« もうすぐクラブ・ワールドカップ | トップページ | 1ドル一時88円! »

2008年12月11日 (木)

オシム前監督がアドバイザー退任

20081211あぁ、結局こんな日が来てしまうなんて・・・。すごーく寂しい。。今日、イビチャ・オシム前日本代表監督が、日本サッカー協会のアドバイザーを年内で退任し、ご自宅のあるオーストリアに帰国されると公式に発表されました。(写真はその記者会見にて。)

去年突然倒れられた時のショック、2ヵ月で回復された時の嬉しさがまだはっきり思い出されるのに、こんな寂しい幕切れを迎えるなんて、すごく複雑な心境です。

でも今回オーストリアから久しぶりに来日された時は割とお元気な様子だったのに、今日の会見ではまたがっくりとやつれられていて、リーグ戦観戦に飛び回ったりするのが心身にかなり堪(こた)えたのかもしれないと思わされはしました。

実際アドバイザーと言っても、意識不明で闘病気中に監督を退任してもらった代わりに就いてもらった職務なので、はっきりした業務内容はおそらく不明だし、契約延長には色々と気遣われる部分もあったのかも、と勝手に推測したりしますが、、。

でも今回の来日当初、記者会見で言われていたように、日本とはずっと関わりを持っていてもらえるものと信じてました。それが一転して関わりを打ち切り帰国という結論になったということは、、、。やはり憶測に過ぎませんが、倒れられた後初めて自宅に戻られてすぐの頃にも軽い梗塞が再発したという噂があったし、今回もあのご様子では、何か少々でも体調を崩す場面があったかもしれない感じは受けますね~。もしそうならやむを得ないかも、、。

でもたとえ細い線でも、何らかの繋がりは残しておいてほしいな、、。なにより、ドイツW杯の前ジーコの代わりにオシム、という話が出たとき、ためらわず実行しているべきだったと本気で悔やむ・・。私が悔やんでもしかたないけど。W杯のチャンスは誰にとっても多くはないものだったんだな~、と。。。本当に残念です~。。

■<オシム氏>協会のアドバイザー、年内で引退
毎日新聞 [12/11 21:57]
サッカー日本代表の前監督、イビチャ・オシム氏(67)が日本協会のアドバイザーを年内限りで退くことが11日の協会理事会で決まった。オシム氏は昨年11月に脳梗塞(こうそく)で倒れて代表監督を退任。今年5月にアドバイザー契約を結んだ後は、リハビリに取り組むかたわら、代表戦やJリーグを視察したが、体調を考慮して年末に切れる契約を更新しないことになった。

オシム氏は理事会で退任のあいさつをした後、「一番は私の体の状態」と説明した。生死の境をさまよったとは思えないほどの回復を見せたが、まだストレスは極力避けた方がいいと医者から忠告を受けている。一方で「治療して良くなる可能性はある。そうなれば、別の仕事ができる」と現場への愛着をのぞかせた。

また、オシム氏は「監督時代にやり残したことがある。病気にならなければ、もっといろんなことが実現できた」と無念さをにじませながらも、日本のワールドカップ(W杯)予選突破は「大丈夫でしょう」と太鼓判を押した。「(W杯開催地の)南アフリカでは、世界の記憶に残るような何かを成し遂げてほしい。その潜在能力がある。自分たちを信じてほしい」。日本サッカー界に大きな足跡を残した老将は、かつての教え子たちに向けてエールを送った。【安間徹】

|

« もうすぐクラブ・ワールドカップ | トップページ | 1ドル一時88円! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152297/43393220

この記事へのトラックバック一覧です: オシム前監督がアドバイザー退任:

« もうすぐクラブ・ワールドカップ | トップページ | 1ドル一時88円! »