« 源氏物語千年紀 | トップページ | 動揺の日々・・ »

2008年11月 5日 (水)

胃カメラ失敗の巻

今日は年に一度の健康診断。寒い中、広い診療センターを診察着一枚でうろうろする数百人の女性たちに混じり、いろいろ検診受けてきました~。そして私は今年は急性胃炎にならなかったものの、去年と一昨年になっているので、念のため内視鏡検診・・つまり胃カメラもオプションで依頼してました。

胃カメラ飲むのはこれで4回目で、大昔初めて飲んだ時は忘れたけど一昨年は七転八倒で死にそうな目にあった・・。とはいえ、馴れたのか去年はわりとスムースだったから全然心配してなかったのに、いざという時になって気持ち悪くなってしまって、お医者さんの「無理しないでキャンセルする?」という甘い誘惑に負けてしまいました、、、。(;__;)

何がダメって、胃カメラ飲む前に口を固定するマウスピースみたいなのを10秒以上くわえている事すらできないの。なんだかわからないけど今日は駄目だった、、。調子悪かったのかな?
まえに喉の部分麻酔がよく効かず苦しんだことがあると看護婦さんに伝えたら、とっても丁寧に麻酔薬を飲ませてくれたり注射もしてくれたのに。申し訳なかったです。

でも検査室に入ってすぐわかったんだけど、こここそが、あの苦しかった胃カメラした所だったんです。手術室みたいに殺伐として、しかもゴミやガラクタだらけの所で、、。まぁみんなそんなものかもしれないけど。気分まで思い出してしまったのかしら~??快適にできた時のは、専用の待合室がホテルみたいにきれいな快適な人間ドックでした。。わたしって雰囲気に左右されやすい?!

でもまたやり直しに行かなくちゃいけないから、その予約はそっちのきれいな所で取ろう・・。
今日はせっかく前夜から飲まず食わずでお腹ペコペコにして準備してた行ったのにね~。しかもその状態で携帯でレストランの検索なんかして空腹が募ったりして。いろんな意味でトホホでした。。。

|

« 源氏物語千年紀 | トップページ | 動揺の日々・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 胃カメラ失敗の巻:

« 源氏物語千年紀 | トップページ | 動揺の日々・・ »