« プーケット・旅の補足(ラスト-2) | トップページ | チェオク見始めました。 »

2008年10月26日 (日)

アニメ「のだめ」第2&3話

だいぶ風邪も良くなったと思って昨日はいくつもブログにアップしてたら、夜になってまた微熱・・。まだ甘く見ちゃいけないですね。また眠って汗を出して、今度はのだめになりかかったのでf^_^;;お風呂でキレイになりました。

それで思い出したんですが、アニメ「のだめ・巴里編」の第2話と第3話を録画したまま見てなかったんですよね~。

1回分30分、第2話は半分しか録画できなかったので短いし~、と、さらっと目を通したんですが。・・何て言うか、アニメがあんまり好きじゃない私が感想言っても、誰にも何にも参考にもならないかな、って気が。多分普通にアニメ見る人は当然スルーするようなところで引っ掛かってしまうから。なので、どんな流れだったかっていう事だけ下に書いてみます。

第2話は気付いたのが15分過ぎたところだったので、録画は後半15分だけ。既に千秋は指揮者コンクールで第3次予選の指揮を開始するところで、つまり「ティル・オイゲンシュピーゲル」の指揮を始めるところでした。

観客にも期待を持たれていたのに失敗してしまい、落ち込む千秋と傷口に塩を塗るのだめ、、。レストランでばったり会ったゆうこの嫌がらせに合い、逆に千秋をかばうジャン。そして最終選考の曲選びのシーンなどまではとっても原作通りでこと細かなのに、コンクール最後の指揮シーンは完全カット。いきなり「優勝は千秋慎一!」の発表になってしまいます。(-_-)トホホ~、、。

第2話でコンクールが完全に終了すると第3話は「砂漠のプロメテウス作戦」から始まって、ミルヒーと「ワンモア・キッス・パリ支店」で再開し演奏旅行に旅立つ千秋。ユンロン、ターニャとのだめとの『ひじきパーティー』。のだめのコンセルバトワール初日のドタバタ。その頃演奏旅行の合間での孫ルイと千秋のショッピング、などが続きます。。
オクレール先生の初授業に臨んで、のだめが弾いた「超絶技巧」が完全否定されて、第4話に「続く」。

・・指揮者コンクールに期待してた私としては、いいところがこんなに簡単にスルーされちゃって激しくが~っかりです。。アニメでは徹底して「千秋カンタービレ」になるのを防いでいるのかな、と・・。

進行も早いので、コミックスの最新刊までもしかしたらカバーしてしまうつもりかも?

|

« プーケット・旅の補足(ラスト-2) | トップページ | チェオク見始めました。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アニメ「のだめ」第2&3話:

« プーケット・旅の補足(ラスト-2) | トップページ | チェオク見始めました。 »