« 中澤さんがMr.エスプレッソに! | トップページ | ガンバ決勝へ、レッズ中澤取り、オシム再来日、、。サッカーあれこれ »

2008年10月21日 (火)

歌舞伎座建て替え

歌舞伎座建て替え

ずうっと歌舞伎を見に行っていないので、ただ懐かしさから書いているんですが、あの東銀座のランドマーク、歌舞伎座がついに建て替えられることになったそうです。(ニュース1番下に貼りました。)

私が歌舞伎座によく行ったのは二十歳前後の頃で、日本の伝統文化がマイブームだったからなんですが、我ながらそ~と~大むかし。。遠い記憶をたどると、歌舞伎座内部は通路が入り組んでいて段差もかなり激しかったような・・・。あそこって昔のお城や寺社建築みたいな建物だから、柱や使っている木材はすごい感じですが、階段の一段一段の段差なんか大きくて、ただでさえおじいちゃんおばあちゃんが多い所なのにバリアフリーの対極の構造だったはず。あれじゃお年寄りにはお気の毒なので、今回の立て直しの理由に消防法とバリアフリー化が言及されている以上、やむを得ないかなと思いました。

でもあの外形を生かさずにビルの中に入れるというのは残念無念ですねー。都心の繁華街のど真ん中に、お寺じゃなくてああいう建築物があるのもJAPANらしくていい事だと思うのに。

逆に下記ニュースの中で松竹専務の方が「歌舞伎座ほど歌舞伎に適した劇場はないが」と言われてるのは、外見以外はかなり「?」なのですが。。歌舞伎座って建った当初から舞台が横に長すぎて奥行きは浅く歌舞伎を上演するのには向いてないっていう評判だったの、有名なようなんで。地方に残る芝居小屋で役者さんがやりたがるのも、雰囲気の良さだけじゃなくて、舞台の寸法が歌舞伎の上演に合っていて芝居しやすいからとよく聞きますよね。。

まぁ、より良く進化するのに期待しつつ、建て替え前に一度は見に行っておきたいですね~。

■歌舞伎座 10年4月公演を最後に建て替えへ(10月20日19時45分配信 毎日新聞)

歌舞伎の殿堂として知られる東京・銀座の歌舞伎座が、2010年4月公演を最後に建て替えに入ることが20日、松竹から発表された。現在の建物は築50年以上が経過し、老朽化が激しいため、数年前から建て替えが取りざたされていた。工期は約3年を予定。新劇場はビル内に入る予定だ。
 松竹によると、来年の正月から16カ月間は「歌舞伎座さよなら公演」を実施。正月は松竹系全劇場の公演を3日初日とし、2日に歌舞伎座の舞台に全幹部俳優を集めて記念式典を行う。建て替え中の歌舞伎公演は新橋演舞場を中心に行われる。

 歌舞伎座は1889年創建。1924年に奈良様式と桃山様式を合わせた現スタイルの原形が建てられたが、45年5月に東京大空襲で焼失。51年に新築し、翌年に再開場した。2002年に国の登録有形文化財に登録された。

 安孫子正松竹専務は「歌舞伎座ほど歌舞伎に適した劇場はないが現建築の土台は24年以来のもの。バリアフリーに対応しておらず、耐震性にも問題があるので建て替えることにした」と話している。【小玉祥子】

|

« 中澤さんがMr.エスプレッソに! | トップページ | ガンバ決勝へ、レッズ中澤取り、オシム再来日、、。サッカーあれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎座建て替え:

« 中澤さんがMr.エスプレッソに! | トップページ | ガンバ決勝へ、レッズ中澤取り、オシム再来日、、。サッカーあれこれ »