« サバティーニ 大丸東京店 | トップページ | 日経平均再び1万円割れ »

2008年10月 6日 (月)

肩当てを買い直したこと

Photo_3このところ日曜日は夜になると雨ですねー。

ヴァイオリンを持ってレッスンに行こうにも、あまり強い雨が降っていると湿気が楽器に良くないというので、そういう時は持参せずに教室備品の楽器を無料でお借りしているのですが、毎週毎週日曜の夜に雨が降るので、毎週楽器を借りる日々が続いています。

手ぶらで行くのは楽は楽だけど、まだ自分では調律できないので何週間も先生に調律していただけないまま、自宅では音程が狂った楽器で練習しなくちゃならないというジレンマに悩んでいます~。

今日もやっぱり夜になって雨が。。うっかり気付かず楽器を持って出かかったので、そのまま久しぶりに持参することにして、途中の楽器屋さんで雨避けカバーを買いました。ついでにヴァイオリン専用の乾燥剤が売ってたので、それも購入。いま使ってる「専用」じゃない乾燥剤はそろそろタイムリミットの3ヵ月目だし。楽器ケースに入れてみたらさすが「専用」。平たくて楽器に当たらず、ケースを閉めやすい大きさでした。

そして早めに家を出て楽器屋さんに寄った今日最大の目的は、体とヴァイオリンに合う肩当てをチェックすること。何種類か当てさせてもらって、やっぱり買い直すことにしました。


ヴァイオリンを弾いたことがない方のために補足しますと、ヴァイオリンは左肩に楽器を乗せて、アゴと肩で挟むようにして弾くので、肩の上で安定させるために楽器にブリッジのような「肩当て」を付けるのが一般的なんですが、自分の首の長さや肩の位置、肩当てを楽器に引っ掛ける脚の部分の噛みぐあいなど、ビミョーに合う合わないがあるみたいなんです。

私がいま使ってるのは買ったときにセットで付けてくれた『ヴィヴァ・ラ・ムジカ』のプラスチック製の製品ですが、付いてるクッションが分厚すぎる感じで肩への収まりが悪いの。楽器に引っ掛ける脚のところも私の楽器にうまく噛まないし、なんか不安定で楽器のポジションが決まらないので、ずーっと買い直したいと思いつつ、いまに至ってしまったのでした。

初心者だから持ち方が悪いのかほんとにフィットしてないのかも、いまいちよく分からなかったし。。

お店でいくつか当ててみて、結局いちばん日本でメジャーな『KUN』(クン)のプラスチックの普及版みたいなフツーのを買いました。。ほんとはどこのメーカーであれ、木製のがほしかったのでちょっと残念だけど「いま置いてない」とか言われて。

楽器屋さんの店員さんによると『ヴィヴァ・ラ・ムジカ』は割と楽器の縁に噛まないものが多いらしいです。私の普及版のが1番ちゃんと噛むタイプとかその人は言っていた。見た目素敵なデザインが『ヴィヴァ・ラ・ムジカ』は多いような気がしてたんですが、楽器をかなり選ぶんでしょうか??

とにかくこれでちょっと安心。これでもダメなら、やっぱり持ち方を徹底的に修正する必要があるかもです。

今日のレッスンでは箱から出す暇がなくて使わなかったので、次に練習するときが楽しみです~。
※写真は上から、買った『KUN』の外箱、『KUN』の本体(肩当て)、1番下が斜めに置いてる『ヴィヴァ・ラ・ムジカ』の肩当です~。

|

« サバティーニ 大丸東京店 | トップページ | 日経平均再び1万円割れ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肩当てを買い直したこと:

« サバティーニ 大丸東京店 | トップページ | 日経平均再び1万円割れ »