« AIG救済、でも・・ | トップページ | 函館銘菓のお土産♪ »

2008年9月23日 (火)

ブラスの祭典・高校バージョン

埼玉県の某県立高校のブラスバンド部は、「全国吹奏楽コンクール・高校生の部」みたいなのでしょっちゅう全国制覇をしているそうなのですが、今日はそこの秋の定期演奏会というので、南浦和まではるばる聴きに行ってきました~。

親戚の子供がそこの3年生で、ブラバンに青春を賭けて6年目、今回がほぼ最後の公演になるということなんですが、自分が楽器を始めてなければ絶対興味を持たなかったと思う。でも高校日本一の演奏ってどんなかな~、ってちょっと興味が湧いて行ってみたけど、なかなか聞きごたえ、ありました。

演奏はしっかりしてるし、ここの高校は中等部もあって部員が200名もいるそうなので、吹奏楽の楽団のほか、マーチングバンドとして練習を積んでるチームもあって、そのためかダンシングチームまでありました。(チアではなかったような。。)すごい本格的なんだけど、やっぱり高校生らしい「部活に燃えてる」って感じも伝わってきて、いや~、こんな高校生活送れてたらなと。思わず羨ましくなっちゃいますね。

見ていると管楽器と打楽器(マリンバや木琴含む)が9割9分で、あと弦楽器はハープだけ。これでクラシックからポップス、スタンダードジャズまで、振り付けしながらの演奏までできるのね。ブラバンってスゴイっす。

演目にはバッハの「シャコンヌ」っていうヴァイオリン曲もあったりしたけど、深く聞かせるしっとり感はあまりないので、・・ていうか、ブラスってどうも押さえが効かないのかなんでもフォルテに盛り上がりがちだし、聞く方も祝祭的な明るく華やかな盛り上がりを期待してしまうので、「祝祭序曲」とか、マーチ的な曲が良かったかなー

しかしリクエスト含むポップス5曲をダンスショー付きで演奏したり、マーチングチームによるドリルのコーナーありで、昼の部だけで2時間半以上、メドレー曲とアンコールを入れると18曲も演奏してたよ~。どんだけ練習してるんだって感じ。今日は昼の部終了の1時間後には夜の部でもう1回2時間半演奏するという、、。いくら高校生とはいえ、ハードすぎない??

そんなことや楽屋裏も含めて、なんだかこのまま学園ドラマになってしまいそうな迫力を感じて帰ってきました。。その分、ご両親のサポートは相当大変そうだったけど、そんな様子を垣間見れたのもよかったかな。。(⌒_⌒)

|

« AIG救済、でも・・ | トップページ | 函館銘菓のお土産♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152297/42569156

この記事へのトラックバック一覧です: ブラスの祭典・高校バージョン:

« AIG救済、でも・・ | トップページ | 函館銘菓のお土産♪ »