« 遺産相続(?)の巻 | トップページ | ペシャワール会の事件を聞いて »

2008年8月25日 (月)

プーケット・旅の補足その1(写真更新)

もう旅日記は終えたつもりだったんですが、帰国後1週間たって聞かれたこと、後から思い出したことなど、少し補足してみたくなりました。

★スマトラ沖大地震による津波の被害は?
会社でプーケットに行ってきたと言ったら、津波の被害はまだ残っているかと必ずのように聞かれました。。

私は行く前に最新のガイドブックで、プーケットの場合被害が海沿いの地域に限られていたことと、被害を受けた海沿いの建物はほぼ全部建て直しや改築が完了していると読んでいたので、全然意識しなかったんですが・・・。

Patongbeach_4 パトンビーチでは街のあちこちに「津波警戒時緊急非難場所」への行き方を示すサインが掲示されてたくらい。街の中心部やビーチを徘徊してただけですが、少なくとも見た範囲では災害があったなんて思い出せないくらいでした。(写真は本文とは関係なくて、街の歩道のあちこちに埋め込まれてた、パトンビーチ地区を示すプレートです。ちょっとかわいいので写してみました)

ただ離島ツアーでピピ島に行ったときガイドの人が教えてくれた話では、ピピ島では相当な被害があったようです。

Pipi_ireland_3 ピピ島は佐渡島のように真ん中がくびれた形の島で、細くなったくびれの片(南)側にあるトン・サイ湾が島の船着き場になっていて村落があるところなのですが、ここに高さ10mの津波が襲ってきて、北側のロー・ダラム湾までそのまま波が通り抜けたそうです・・。(写真が、そのトン・サイ湾の船着場近く。後方の山を波が越えたらしい・・・・)

その場で聞いたから本当に怖かった。海抜1mもないような所なんですよ~。岩山はあるけど日本の里山くらいの高さしかないし。この村では多くの人が亡くなったとのことでした。


★プーケットになぜかイタリア人の大群が。
プーケットはタイにあるんだけど、バリバリ欧米人向けのリゾートで、バンコクの方がまだディープ・アジアを感じさせるような、オシャレな感じのとこでした。アジアン・テイストは味わえるけど、欧米人が許容できる清潔でモダンなアレンジを加えてるって感じ。だから疲れて行った私も過ごしやすかったのかも。。ディープな味がほしい人にはちょっと物足りないかもですね。

そもそも観光客比率は思ってた以上に欧米人多し!それもなぜかイタリア人の団体さん?がめちゃ多かったです・・。

In_the_boat Rちゃんはイタ研出身なので「世界中のリゾート地と歓楽街にはイタリアがいる!」と主張してたけど、私はそれはアメリカ人だとずーっと思ってました。しかしプーケットにいる白人(観光客の半分以上)のうち、イタリア人比率がなんだかやけに多かったですね~。・・なぜなんでしょうね~。

レストランの隣の席からも、ショップで品物を物色しているグループからも、聞こえてくるのはやけにイタリア語。そういえば離島ツアーのボートで一緒だった白人もイタリア系率高かったし(写真です~)。離島のビーチで一緒になった別のグループの人たちもイタリア人家族だったし。

プーケットからバンコクへ行く飛行機なんか、シールのタトゥーを体に貼って昼間っからよっばらって大声ではしゃぐ、完全に柄の悪ーい白人の中年男の集団に占拠されてたんですが、よく見たらこれが全部イタリア人、、。チョイ悪どころじゃないっすね。大悪って感じ。もちろん若いイタリア男女も、中年女もいっぱいいたけど、若い男は、「あなた、どうしちゃったの?」って言いたいくらい、何かに取り付かれたように同行の女の子を口説いてたりして、むしろ異様だったり、、。って、つまり私たちはイタリア人のツアー集団の中に紛れ込んだみたいになってしまったんですけど!・・男は年寄りも若者もかなり柄悪かったです(カップル旅行者以外。)残念ながら。女性はけっこう冷静そうでした。

あとは中東系とアジア系(日本、韓国、台湾などなど)が1/4づつ分け合う感じで、意外に日本人は、いるけどそんなでもなかったです。ホテルによっては日本人御用達ってところもあるみたいだけど。。

|

« 遺産相続(?)の巻 | トップページ | ペシャワール会の事件を聞いて »

コメント

大悪のイタリア人、気になります^^

プーケットにイタリア人が沢山いるのって意外ですね。
私が行ったのは、何年も前ですが、日本人観光客が沢山いて、だからホテルで日本語が通じるんだな~と思った気がします。
景気が反映しているんでしょうか?

投稿: izumi | 2008年8月29日 (金) 07時16分

izumiさんが行った時は日本人が多かったんですね!私が泊まったのは日本人はそこそこいるって感じのところだったから日本語は通じなかったけど、日本語が通じるホテルももちろんあるって聞いてます、、。でもイタリア人はなんでなんでしょうね~。

街のお店屋さんでは売りたい商品のことを「Kawaii(かわいい)」とかってやたらと連発してましたけど~~。それだけは国際語みたい??

投稿: tomorin | 2008年8月30日 (土) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プーケット・旅の補足その1(写真更新):

» ★ベトナム 結婚適齢期★ [★厳選★ベトナム生活最前線生情報★]
Xin Chao!!(こんにちは!!)今日、私と一緒に働いていてくれたスタッフ達が私のアパートに来てくれました。男の子二人、女の子二人の合計四人。四人はとても若く、24歳~25歳です。皆、彼氏または彼女が居て、私が君達はいつ頃に結婚するつもりですかと聞いたところ、異口同音に26歳と言います。そして、直ぐに子供が欲しいとのこと。人数は二人。ベトナム国民の平均年齢が26歳で、26歳で結婚して、子�... [続きを読む]

受信: 2008年8月25日 (月) 11時10分

« 遺産相続(?)の巻 | トップページ | ペシャワール会の事件を聞いて »