« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

タイのデモでプーケット空港閉鎖

2008082700000002jijpintview000_2さっきルイ・コスタさんのコメント(「今期のCLの組合せ決まる」へのコメント)に驚いてニュースを検索してみたのですが、27日からタイの市民団体の反政府デモがあり、バンコクにある首相府を占拠するなどしていたんですね。日本ではアフガニスタンの伊藤さんのニュースや、中国がギョーザの中国国内混入を認めたとか、連日の大雨大洪水とかで、ヘッドラインを飾るニュースがてんこ盛りだったせいか、この事件にはいままで全然気がつきませんでした。

・・・・29日(金)までにはデモ隊への支援が全国に広がって、国営鉄道がストライキに突入したり、プーケット国際空港、ハジャイ空港など南部の3空港にも数千人のデモ隊がなだれ込んで空港が閉鎖されていたとか!今日ハジャイ空港は開放されたらしいですが、プーケット国際空港はまだ閉鎖されたままで1万数千人が足止めを喰っていということです・・・。写真は首相府敷地内に集結するデモ隊の人たち、1万数千人、、、。すごい人数~。しかももう3~4日目。前首相の汚職を庇う現首相の退陣を求めているとか。

市民連合に催涙ガス=3空港閉鎖、混乱広がる-タイ

そういえば今年の2月にクーデターがあり首相が変わっているのよね、タイは。旅行に行ったときからたった2週間くらいしか経っていないので、旅行者としては巻き込まれずすんで、あー助かったと思うほかないけれど、なんか複雑ー。プーケット国際空港の、日本の地方の空港みたいな、すご~~く田舎っぽいたたずまいが思い起こされます・・・。

Bangkokinfrontofisetan2 Bangkokinfrontofisetan3私が行った時のことで思い出すのは(13日から15日まで)、バンコク伊勢丹の真ん前に不思議なモニュメントのようなところがあったのですが(白いところ。象の・・像?も飾られてます。下の写真はその周辺の光景。)始めはちょっとずつだったのに、次第に次々と薔薇が手向けられ始め、お線香が焚かれ、それが日に日に増えてゆき、手を合わせる人も学生からお年寄りまでひっきりなしに訪れるという不思議な光景があったことかしら。

写真の白い台座の上によくわからない金の銅像(仏像??)はあったけど日本で言う鳥居のような宗教的スポットという感じでもなく、ただのモニュメントぽかったし、周りに仕切ったりコントロールする人がいるイベントでもなさそうでした。なのに次第に今度は大量の菊の花束が捧げられ始め、なんだろうと思っていたら最後15日の午前中にはTVカメラが来て撮影してた(と目撃したRちゃん談。彼女は帰国日の朝も伊勢丹に1人向かって目撃した。)とかいう事だったんですが・・・。

そこにいる人たちに理由を聞いてもタイ語しか喋らなかったりしてよくわからなかったけど、後で考えたら15日って第二次大戦終戦記念日。これは多分戦没者を供養するような自発的イベントだったのかなという気がしていますが。

タイの人たちは一人一人みると穏やかな人が多いようだけど、内面熱い思いが色々あるのかも、なんて全然関係ない余談ですが、ついでにちょっと思い出してみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月30日 (土)

レスポ・マイブームとマトリョーシカ

P1010173 みんなが一度は買ったことがある「レスポ」ことLeSportsac。

私はいままでそんなにいいと思う柄を見てなくて、あまり好きでもなかったんですが、今回の旅行のちょっと前、人が持ってたハワイ限定柄『フラ』のコスメポーチを見て急に好きになり、自分でもいま日本で売られている中で一番そのイメージに近い(?)、アニマル柄(ていうかどうぶつ柄)のミニコスメポーチを現地通貨用お財布代わりに、パール・ピンクのビニールコーティングタイプの3ジップ・ポーチをパスポートケース代わりに買って持って行きました(写真、上のふたつ)。

ミニコスメをお財布代わりに買ったのは、お財布型の商品は売られていないってことだったからだけど、バンコクで日本には売っていなかったお財布型とパスポートケース型のを発見して、どっとレスポ・マイブームが押し寄せてしまいました~~。

まずはどうぶつ柄も小物2~3個ならいい歳しててもかわいいしー、と思い、おそろいのティッシュケースを購入(イン・バンコク。写真右下)。そしてパスポートケース型やお財布はかなり柄が限られているのを知り、とりあえず色合いが手持ちのと似ている幾何学的花柄(オーロラ)のを、カジュアルユース用のお財布として一個購入してしまいました(写真左下)。

一緒に行ったRちゃんはもっとすごくて、この私のちょっとしたレスポ・マイブームが移り、巨大免税店『キング・パワー』でベトナムにはないからいましか買えない!と、使いやすいボストン形など色違い型違いを何種類も買って帰りました。。Rちゃんの買い物パワーに圧倒されたひとときでした・・。

Lespo ところで以前から時々友だちのコレクションに協力していた“マトリョーシカ・グッズ”。レスポの限定柄で「ナターシャ」っていうマトリョーシカ柄が出ているんですよね!!(写真はボストンですが~。小物の方が似合いそう・・・。)
コレクターのTMちゃんに連絡したら、さっそく調べてみますっ!とのことで、まだ知らなかったらみたい。最近も会社近くの雑貨屋さんでマトリョーシカグッズを次々発見(写真はピルケースとキーケースです)。着実にファンを増やしているとは思っていたけど、まさかレスポが取り上げるとは・・・。これって世界的ブームだったんですね??びっくり。Photo Photo_2

レスポのバッグは、底までジップで開ききれるMorryというタイプがバンコクで見かけてほしかったタイプです。その時はバッグとして満足できるほどの柄がなくて諦めたけど、次の旅行までにはほしいですー。また次に海外に行くまでに、パスポートケース型のLily(多分)の気に入った柄を見つけたい・・・。
Lespo_fla_2
←<補足>最初に触れたハワイ限定柄「フラ(HULA)」のコスメ・ポーチ、これです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月29日 (金)

今期のCL組合せ決まる

この間のユーロの感激もまだ醒めやらないうえ、五輪準決勝アルゼンチン対ブラジルの試合もまだ生々しいのに、早くもUEFAは今期の欧州チャンピオンズリーグの日程を発表したそうです。

下に引用したの記事ではセルティックとマンUのことを取り上げてるけど、いつも割りと「またか」の組合せになることが多いですよね、、。わたし的にはグループC、D、Eが面白そうかな、と食指が動きます~。

■中村俊のセルティックは前回王者マンUと同組=欧州CL
スポーツナビ [8/29 1:57]
欧州チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージの組み合わせ抽選会が28日、モナコで行われ、中村俊輔の所属するセルティック(スコットランド)はグループCで、前回王者のマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)、ビジャレアル(スペイン)、オールボー(デンマーク)と対戦することが決まった。
セルティックとマンUは2季前の06-07シーズンも同グループに入っており、その時の対戦では中村が2試合ともにFKで得点を挙げる活躍を見せ、1勝1敗。最終的には両チームが決勝トーナメント進出を果たしている。

また3シーズンぶりにCLの舞台へ復帰したユベントス(イタリア)は、スペイン王者のレアルマドリード(スペイン)、昨季のUEFALカップ王者ゼニト・サンクトペテルブルク(ロシア)などと同じグループHに入った。

グループステージの組み合わせは以下の通り。

続きを読む "今期のCL組合せ決まる"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

ペシャワール会の事件を聞いて

アフガニスタンでNGO「ペシャワール会」で活動している日本人が拉致され殺されたというニュースを聞いて、本当に驚きました。実は私は何年か前から、「ペシャワール会」に年間3000円だけ出資して活動を支援する“友の会”みたいなのに加入しているんです。(全国に2万人超いるそうです)

年1~2回?送られてくる会報を読んでいると、ここがいかに現地地域に根差した活動しているかヒシヒシと感じていたので、最近とみに治安の悪化が書かれていたとはいえ、なんとなく他のNGOはよそ者扱いされてもここの人はちょっと違う、きっと大丈夫に違いないと思い込んでいたんですよね、、。なんだかほんとにショックでした。。

「ペシャワール会」っていうのは、今回のニュースでも久しぶりに紹介されたのでご存知の方も多いと思いますが、アフガニスタンの無医村で医療活動を続ける中村哲先生を支援する会です。昔9・11の後アフガニスタン問題が世間の注目を集めていたころ、NHKなんかで何回もアフガニスタンに人生をささげた中村医師の活動を紹介するテレビ番組をやっていて、私の場合それを見て、お金だけでも応援しようかなと思ったのが始まりでいまに至っているのです。今に至ると言っても始めからいままでずっと、ただ毎年3000円振り込んで、時々くる会報を読んでるだけだから、全然支援になっているかも怪しいですが、、。

続きを読む "ペシャワール会の事件を聞いて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

プーケット・旅の補足その1(写真更新)

もう旅日記は終えたつもりだったんですが、帰国後1週間たって聞かれたこと、後から思い出したことなど、少し補足してみたくなりました。

★スマトラ沖大地震による津波の被害は?
会社でプーケットに行ってきたと言ったら、津波の被害はまだ残っているかと必ずのように聞かれました。。

私は行く前に最新のガイドブックで、プーケットの場合被害が海沿いの地域に限られていたことと、被害を受けた海沿いの建物はほぼ全部建て直しや改築が完了していると読んでいたので、全然意識しなかったんですが・・・。

Patongbeach_4 パトンビーチでは街のあちこちに「津波警戒時緊急非難場所」への行き方を示すサインが掲示されてたくらい。街の中心部やビーチを徘徊してただけですが、少なくとも見た範囲では災害があったなんて思い出せないくらいでした。(写真は本文とは関係なくて、街の歩道のあちこちに埋め込まれてた、パトンビーチ地区を示すプレートです。ちょっとかわいいので写してみました)

ただ離島ツアーでピピ島に行ったときガイドの人が教えてくれた話では、ピピ島では相当な被害があったようです。

Pipi_ireland_3 ピピ島は佐渡島のように真ん中がくびれた形の島で、細くなったくびれの片(南)側にあるトン・サイ湾が島の船着き場になっていて村落があるところなのですが、ここに高さ10mの津波が襲ってきて、北側のロー・ダラム湾までそのまま波が通り抜けたそうです・・。(写真が、そのトン・サイ湾の船着場近く。後方の山を波が越えたらしい・・・・)

その場で聞いたから本当に怖かった。海抜1mもないような所なんですよ~。岩山はあるけど日本の里山くらいの高さしかないし。この村では多くの人が亡くなったとのことでした。


★プーケットになぜかイタリア人の大群が。
プーケットはタイにあるんだけど、バリバリ欧米人向けのリゾートで、バンコクの方がまだディープ・アジアを感じさせるような、オシャレな感じのとこでした。アジアン・テイストは味わえるけど、欧米人が許容できる清潔でモダンなアレンジを加えてるって感じ。だから疲れて行った私も過ごしやすかったのかも。。ディープな味がほしい人にはちょっと物足りないかもですね。

そもそも観光客比率は思ってた以上に欧米人多し!それもなぜかイタリア人の団体さん?がめちゃ多かったです・・。

In_the_boat Rちゃんはイタ研出身なので「世界中のリゾート地と歓楽街にはイタリアがいる!」と主張してたけど、私はそれはアメリカ人だとずーっと思ってました。しかしプーケットにいる白人(観光客の半分以上)のうち、イタリア人比率がなんだかやけに多かったですね~。・・なぜなんでしょうね~。

レストランの隣の席からも、ショップで品物を物色しているグループからも、聞こえてくるのはやけにイタリア語。そういえば離島ツアーのボートで一緒だった白人もイタリア系率高かったし(写真です~)。離島のビーチで一緒になった別のグループの人たちもイタリア人家族だったし。

プーケットからバンコクへ行く飛行機なんか、シールのタトゥーを体に貼って昼間っからよっばらって大声ではしゃぐ、完全に柄の悪ーい白人の中年男の集団に占拠されてたんですが、よく見たらこれが全部イタリア人、、。チョイ悪どころじゃないっすね。大悪って感じ。もちろん若いイタリア男女も、中年女もいっぱいいたけど、若い男は、「あなた、どうしちゃったの?」って言いたいくらい、何かに取り付かれたように同行の女の子を口説いてたりして、むしろ異様だったり、、。って、つまり私たちはイタリア人のツアー集団の中に紛れ込んだみたいになってしまったんですけど!・・男は年寄りも若者もかなり柄悪かったです(カップル旅行者以外。)残念ながら。女性はけっこう冷静そうでした。

あとは中東系とアジア系(日本、韓国、台湾などなど)が1/4づつ分け合う感じで、意外に日本人は、いるけどそんなでもなかったです。ホテルによっては日本人御用達ってところもあるみたいだけど。。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年8月23日 (土)

遺産相続(?)の巻

プーケットから帰ってきて母にタイ・シルクのスカーフをお土産に渡したのですが、いまいち反応が鈍かったのです。私が旅行に行ってた間の話を聞いていたら、その理由が判明。大量の江戸小紋などの正絹の着物をいただいていたのです~~。

2_2 江戸小紋、シルクの厚みと柔らかさといい、ほんとに繊細な染めの技術といい、まぁ高くはない土産物との比較じゃタイシルクにも悪いけど、質の高さは比べものにならないですねー。凄いです。日本の伝統の技・・。そのうち4点だけ写メしてみました。(左)

旅行直前に一人暮らしのご近所の方が亡くなって母や友人はお葬式に行ってたのですが、その方のお母さんである今年98歳のお婆さんを母の友人たち5~6人で時々お世話していた関係で、親戚や孫子に形見分けした残りの遺品や身の回り品を、マンションも引き上げるから一切処分してほしいと頼まれて片付けに行ったそうな。そのとき棄ててしまうよりはと、みんなで少しづついただいてきたってことでした。うちでは他にもお茶道具などを少し、いただいてきていました。Photo_3

・・えっと、分かりにくい話なのですが、亡くなった方のお母さんは98歳でまだ頭脳明晰、ピンピンされてる美しいお婆さんなのですが、しばらく前から介護付き老人ホームで暮らされてるのでその家に戻ることはないからと、特に頼りにされてた母の友人に一切処分を託されたそう。人一人の生活品を片付けるのはほんとに大変だったみたいで、母も数日お手伝いに行きっきりになっていました。

お婆さんは若い頃良いところのお嬢さんだったとかで、親戚に形見分けした後の残り物の食器や家具なんかも捨てるにはもったいない良いものが多かったみたいで。マイセンの食器セットをお孫さんが持ち帰られ、訪問着とか留袖とか豪華な着物は別の親戚の方が持って行かれしたそうな。なのにまだまだいいものがいっぱい残っているなんて~。あるところにはあるのね~。手伝った人たちはなるべく粗大ごみを出さずに済むように周りのご近所に声をかけたりしてたみたい。

若い頃から中高年まで着物に縁がなくて洋服一筋派の母がなんで着物を引き取ったかと思ったら、和装の着付けをしている友達に、いまもうこんな技術のある職人がいなくなってるのに、みんな「もう着ないから」と簡単に捨ててしまって、日本の素晴らしい工芸品が失われていくのが残念だと聞いていたからだそうでした。最近は古着の着物を買って着るのが流行ってて流通してきてるみたいだけど、売ると500円くらいにしかならなくて、まだまだ捨てられるケースが多いそう。。このときもゴミ袋に入れて捨てられるところを、あまり素晴らしい素材なので自分が引き取ったと言っていました。

1_2  上の写真のうち2点をアップで撮ってみたのですが、凄いですよね~。この繊細な柄。。かなり拡大して、こうですよ。左側の点描みたいな方は針葉樹のようなグリーンです。

上の写真の紺色のは木綿の紬(つむぎ)に見せかけてるけどシルクの着物。こういうの、吉宗の贅沢禁止令を機に生まれた技かしらね~。地味な普段着風なのにすごい手が込んでいるのよね、着物って。日本人って、宝石を付けないかわりに宝石のような布地を身につけていたのねーー

なんて、ふだん着物に接しないものだから、しきりに感心してしまいました。右側のグレイッシュ・ブルー地に白い桜柄のは、襟に少し汚れもあるので、私用にチューリップライン風のフレアースカートに仕立て直してもらう予定ですー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のだめの夏、21巻とLesson126

のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)ところでプーケットから戻った日、Amazonからコミックス「のだめカンタービレ第21巻」が届いてました。たしか11日頃発売だったんですよね。そして「のだめ」掲載号の『Kiss』もその頃発売されていたはず・・・。

雑誌の方は火曜日頃会社帰りに見つけて買って、やっと両方に目を通しました。10日発売号の『Kiss』は表紙ものだめ、さらに巻頭カラー、しかも「のだめクリアファイル」の付録付き!

今回は旅行中だから雑誌の方は諦めようかな~、と思っていたけど、フォローしてよかったです。クリアファイルは同時期に発売済みの『CDブック』のジャケットの絵を使っているみたい。表裏ともイラスト付きですが、片側の千秋の顔が変(ていうかアニメみたいで感じが違う。)だからアニメ版のセル画を使ったのかと一瞬思ってしまいましたが。。

さて内容は、というと。。

コミックスはつい最近まで雑誌に載っていたものなので特に新しい感想はないのですが、まとめてみると物語の大きな転換点がこの中にあるのを改めて感じます。ストーリーが大きく動いているというか。その分いままでは必ずどこかにあった笑えたりホッと和める部分がなく、ここだけ切り取ると(既に読んでしまっていたために)あまり楽しめる感じじゃなかったかも。数巻をまとめて読み直すと「1番好きな部分」と思う可能性は大、ですが。

連載の方は、結局途中で邪魔が入ることもなく、ほんとにいよいよデビューの日を迎えるところまででした。

ミルヒーの一言でのだめが千秋の彼女と知った秘書エリーゼが、千秋にプロフィールの照会をしてきて初めて、のだめの居所とデビューを知る千秋・・・。何も考えずにイタリアからロンドン行きの飛行機に飛び乗っていた千秋・・。千秋、ついにのだめのデビューに間に合った!!コンサート会場で、のだめの出を待つ。まずミルヒーの1曲目が終わり、そして次はいよいよ、、、というところで続きます。

ところで二ノ宮先生がブログで妊娠8ヵ月を発表され、急に月いちの連載になった理由がそのためだったと明らかになりました。おめでたいことですが、てことはあと1回くらいで出産休暇に突入されるかも、ですね。

のだめの今後、「のだめカンタービレ」の今後も、次回以降しばらくお預けかしら、、。とにかく9月10日号にまず期待して、その後は再開を長~い気持ちで待ちしましょう。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

【五輪】団体戦の勝利!

Softball_women_won_2  なでしこJapanの試合は後からダイジェストでしか見れなかったけど、女子ソフトボールの決勝戦はなんとか見れました。有終の金。すごいですねー。上野投手、かわいい中学生の男の子みたいな(笑)爽やかな感じの選手だけど、よくこう連日投げきったよね。感動のあまり声がひっくり返っていた宇津木元監督の解説もあいまって、感動的でした。視聴率も瞬間最高が47%越えたそうですね~。スゴイ。

Nadeshiko_2  ソフトは過去2大会連続でメダルを獲得した上での金メダルだから、世界ランクが元々上ですよね。。。なでしこは今回銅メダルを逃したけれど、FIFAランキング10位が今大会4強に勝ち上がったこと自体、すばらしい大成長だったし・・。これで次はなでしこJapanに選ばれた選手達誰もが、本気でメダルを狙おうと思えるようななったはず。次の女子W杯、4年後の五輪も絶対期待したいです。

・・・ところで星野ジャパンも負けちゃうし、そんなこんなで特に団体戦は女子の活躍が目立っていた今大会ですが、金曜の最後に男子100×4の400mリレーで日本男子陸上界初の銅メダルを獲得したというニュースが入ってきましたね!メダル常連国が次々バトンパス失敗で脱落(苦笑)したというラッキーがかなり大きかったとはいえ、、、。バトンパスなら日本は世界一ですよね~きっと。運動会のリレーの練習でも、走るよりバトンの練習ばっかりしてるのが子供心に謎だったんですが、これが活きる時がついに来たのね・・。・・って、笑い半分、感動半分な気持ちで見てしまいましたが。でもほんとに良かったですね。

特に引退を決めている朝原さん、4大会も参加されているので色々個人情報を聞かされているせいか、知らない人なのに身内のように、「最後に奥さんとならぶ銅メダルをゲットできて、本当に良かったですね~」なんて思ってしまいました。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

なでしこ健闘

なでしこJapan初の準決勝は、女子世界一のアメリカとガッツリ組んで、、。そして散ってしまいましたね・・・。あぁ残念。。

今夜行われた準決勝、なでしこたちは前半早いうちに先制していい流れを作ったものの、前半のうちにアメリカに2点返され、後半さらにまさかの2点追加で4−1。このまま負けたら本気で悔しい、、と見ている誰もが思ったはず。そして誰より選手たちが、その悔しさをしっかり形で示してくれるところが、今のなでしこの素晴らしさですね・・。

後半ロスタイムに意地の追加点をあげて、点差こそ4−2だけど、気持ちは最後までよく負けなかった、と言ってあげたい幕切れを見せてくれました。

21日(?)にはドイツと3位決定戦。ドイツも勝負にしぶとそうですが、絶対に後悔しない結果をまた見せてほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年8月18日 (月)

ロマンスカア通勤??


Romance_car_2 今日久しぶりに出社したら、当然のように仕事の嵐でした・・・。しかも昨日はタイ時間で寝てしまったので(2時間日本より遅い。)眠くて眠くてフラフラなのに~、、。

「あ~、いまから夕食も食べてないのに帰宅かぁ・・」とぼんやり駅のホームの電光掲示板を見ると、5分後に“青いロマンスカー”が来るぢゃないですか!!

旅行の無駄遣いが嵩んでいるので余計な出費はしたくなかったけど、たった数百円だし、今日だけは・・・。って思って、初めて乗ってしまいました。大手町から本厚木行きの、青いロマンスカァ。

昔から小田急本線を走ってるロマンスカーよりスタイリッシュできれいな車内。違いますね、赤い(?)ロマンスカァとは。でも乗ってくる人の多くが、背広+新聞+缶ビール持ってるの。・・シマッタ!私も食べ物飲み物持ち込めばよかった。。うぅ空腹ー。

でもとにかく早く帰れそうで、ホッと一息です。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

プーケットの旅を終えて

昨日成田から一時間半ほどで最寄駅に到着しリムジンバスから降り立ってみたら、昼間の日差しと暑さはバンコクとほとんど大差ありませんでした・・・。日本の猛暑、ひどすぎる・・・。そういえばプーケットに着いた初日、日本よりちょっと涼しいかなって思ったくらい。でも昼間はランチタイムしか外出しないので、やっぱり暑さには堪えたんだけど。

ところが今日は一転して秋のような涼やかさですね。小雨がず~っと降っていて。。これで日本は一気に秋かと思ったら、明日はまた32度だそうで。体持たないですよね。。こんなんじゃ。

旅の日記は、途中で何度かアップしたので、補足するだけにしようかと思います。
バンコクはあまり楽しめなくて残念だったけど、プーケットはいいホテルに泊まったお陰で最高でした。まだ揃ってないので少しだけ、下に写真を載せてみます。また先にアップした分にも少し写真や文章を補足してみたので、よかったらもう一度見てみてくださいませ〜。

P1010142 旅が成功した一番の理由はホテルの成功(「インピアナ・プーケット・カバナ・スパ&リゾート」ってところに泊まった)だとRちゃんと二人で結論づけたんですが、プーケットで一番栄えている『パトン・ビーチ』では2つだけのオンザショアのホテルなうえ、繁華街からも徒歩数分、目の前に31(サーティ・ワン)とローソンがあったので、ちょっとした物資補給も簡単で超便利。にもかかわらず、もちろんホテル内はゆったりした静かで落ち着いた雰囲気でした。

部屋の写真は誰かが必ず写っていて編集しないと載せられないので、とりあえずホテルの入り口の写真を載せてみました(上)。これだとよく分らないんだけど、すべて1階建てのコテージ風の部屋で、各部屋や各棟の間はどこも通り抜けられる小路になっていて、全体がビレッジという感じの作りになっていました。

Omiyage_2 あんまり気に入ったので、ビーチタオルを入れる手提げとデスク・カレンダーをもらってしまった。手提げは二人分だったので100バーツ取られたけど・・・。

P1010048_2 二日目の夜はビーチ沿いの繁華街にあるシーフードの店「サヴォイ」で、ローストしたロブスターとタイ料理などを食べました。タイ風チャーハンが美味しかった・・。ロブスターは店頭でどれにするかチョイスするのが慣わしらしく、どのシーフードの店の前にも必ず日本の魚屋さんみたいに並べてありました。選べないのでお店の人に決めてもらったけど。値段は大きさ次第の量り売りでした。

ここからさらに奥にはバーなどが並ぶ歓楽街が続いていて、タイ人のおかまのお姉さんが多数夜道に並んでいて、相当あやしい光景でした・・・。ムエタイの宣伝カーも夜の街を走り回って。「トゥナイト!」とかって拡声器付きで試合を宣伝しているんだけど、ボクサー自身が街宣車に乗って走り回ってるので、今夜試合ならいまごろ車の上に乗って宣伝してて大丈夫なわけ?!っていう、何時から始まるのかよくわからない謎の光景でした。こういう怪しい夜の雰囲気が好きな人は結構はまるかも。また、白人も多いけど、敬虔そうなイスラムの母娘まで父に連れられてこんな夜道を歩いているのも結構多くて、どうなのかと思ってみたり・・・。

P1010117_2 それとは雰囲気、雲泥の差の話だけど、ホテル内に併設されたスパの写真も載せてみます。ここは、すぐそばの海を見、波の音を聴きながらマッサージを受けられる、最高の空間でした。左の写真はスパの入り口から受付の場所に行く途中の回廊。白く飛んでしまってるけど、右奥に海を直接見ることができます。私が行っていた期間は雨季なのに一度も雨が降らなかったけど、波はかなり激しくて、マッサージの最中ずうっと高波の音を聴きながらしだいに眠りに落ちました・・・。

P1010024 一番下はスパ内のジャグジーの部屋。
壺や壁のテラコッタの飾り物がタイらしい雰囲気を演出してて素敵でした~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

ただいま戻りましたー

8時過ぎ、成田空港に着きました!

機内で読んだ新聞で北島康介の世界新2冠を知りました。プーケットからバンコクに移動するときにも新聞とメールで、U23の3戦全敗(>__<)(あぁやっぱり・・・・・)と、なでしこの決勝T進出を聞いたけど・・・。。

オリンピックのニュースは早急にフォローしなくちゃですね。

いまはかなり寝ぼけながらバッグが出てくるのを待ってます。機内では深夜0時25分に出発しながら、早朝4時半に叩き起こされて朝食とらされた歪みがいま全身に出ている感じ・・。深夜便ってキツイですねー。しかも私の乗ったのが最終便では全然なくてもっと遅いのがまだまだあった。みんな大変だなぁ、、。でもどんなに眠くても、出されると朝食スルーすることがつい出来なくて食べてしまうところが人間の性か、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スワンナプーム国際空港便り(写真更新)

空港一人旅の続きです~。
6時にチェックインを済ませた後も、もうRちゃんとは別れて一人で搭乗時間が来るのをひたすら待っているので、退屈で第2弾を書いています。バンコクの国際空港、スワンナプーム空港便り、第2弾です。

P1010169 チェックインの後、VAT(付加価値税)払い戻しカウンターで手続きをして420バーツ(1800円位)を払い戻してもらったり、最後にまとめて買おうと思っていた会社などへのばらまき用お菓子を免税店でまとめ買いしたり、などなど気になっていたことは一通り終え、それでもまだ夜8時過ぎ・・。(写真はVAT払い戻しの案内掲示板。「できない例」の日本語が可愛かったので写してしまいました~。クリックして拡大して見てみてください。^^)

カフェに入って夕食代わりのサンドイッチを頼んで1時間かけてゆっくり食べてから、もう我慢できなくなったので9時半前にゲートの前あたりに行ってみたら、もう手荷物検査を受けられるというので、さっそくさらに中に入ってみました。

そしたらスワンナプームって、物凄く近未来的な空港なんですね~。Cゲートに入ったんですけど、他は分からないけどCの中はオール・ステンレスなSFちっくな待合室の光景が、、。

P1010170 手荷物検査を通り抜けると、目の前は宙に浮いたような渡り廊下みたいな中二階で、ゲート板の前にはほんの少しだけの椅子。それらすべてがオールステンレス製の建物なのでした。成田空港のゲート前の田舎のカフェ風の和やかな光景とはえらく違ううえ、どこにも搭乗機の掲示がないので落ち着かない気分。。(写真です。ベンチの後ろの柵の下は1階で、ここは中二階。薄暗くてメタリックで、不安になってしまいました。)

P1010172
こんな状態であと1時間半も待っているのかなぁ・・・なんて不安に駆られていたら、小1時間ほどして何かアナウンスが聞こえ、回りの人が動き出す。。日本人らしき人に便を間違えてないか確認してから人の動きに付いて行ったら、下のフロアに今度こそ待合場所らしいズラッと並んだ椅子と本物のゲートがあった、、、。(下の写真です。)あ~ホッとした~。。ここも椅子も柱もゲートもすべてオールステンレス製の未来都市っぽい光景だけど、あと20分ほどここ座ってればついに搭乗が開始されて、長~~い一日が終わると思うと、とうとうたどり着けたのね・・!って安堵感もひとしおですー。

あ、これを書いてる携帯は日本時間なので、日本はもう16日(土)の深夜1時近くになってしまったのがわかりました。こちらタイではあと5分で11時、23時です。安心してきたら、今日の陽射しで突然腕が日焼けして少しヒリヒリしてるのに初めて気付いたりして。。マズイ!ビーチでさえ焼けなかったのに!ビーチで使ってたシセイドー「ANNESA・SPF50ウォータープルーフ」の威力が初めてわかりました。専用クレンジングがなくなったので、別のメーカーの水で落とせるSPF50をバンコクで買って使ってみたんです。こっちはちょっとダメだったかも、、。

さあ、いよいよ搭乗開始みたい!お付き合いありがとうございます。これから帰ります。(⌒_⌒)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

バンコク国際空港にて(スワンナプーム)

Bongkok_international_airport_2
長かったような一瞬だったようなプーケット&バンコクの旅もいよいよ終わりに近付いています。いま友人Rちゃんとタイ航空チェックイン・カウンターの近くで別れ、彼女は大量の日本の雑誌や食べ物、服を抱えてベトナムへの帰途に着きました。

私の飛行機は今日の最終便と思われる23時50分発成田空港行き。まだタイ時間の5時半だから、といってもあと30分でチェックインはできるそうなのでそんなに待たないとは思うけど、しばらく出発ロビーを離れ、カフェやレストランのフロアに移動してスタバで時間を潰したりしています。

今日もこの旅最高の陽射しが痛かった。。空港までのタクシーの中でだけだけど。バンコクでの二日間は、お土産を買いに伊勢丹へ行ったくらいで、Rちゃんの買い出し中はホテルで寝てたりしてしまいました。プーケットを出てからなんだか疲れが出てきたのと、バンコクのホテルがスーパーの冷凍食品売り場みたいにもーれつに寒くて風邪っぽくなってしまったのとで、人の買い物に付き合うよりは帰国後のスケジュールがタイトだし、ちょっと寝てようかな~、なんて半日はダラダラ寝てしまった。。なんかプーケットでも寝てばっかりだったような気もするけど・・・。全然アクティブじゃない夏休みだなぁ~。

エステもプーケットで毎日したので、バンコクでは主にお土産物買い出しツアー!・・か、はたまた寝てるかのどっちかで、結局市内観光は全くしなかった、、。Rちゃんはバンコクは二度目で今回はひたすら買い物・命だし、私はバンコクは彼女の付き合い半分だったのであんまり無理したくなくて。二日間の滞在はちょっと多かったですねー。私のバンコクの印象は、バンコク伊勢丹とその周辺の大型スーパー、ショッピングモール、あと「キング・パワー」っていう巨大免税店くらい。。あ~もったいない!でもなんだか暑さ疲れして、無理したくなくなっちゃったんで、、。

ベトナムから比べると、比較にならないくらいの巨大都市として、バンコクはRちゃんの目には日本を離れて4ヵ月振りに見るパラダイスのように映ったみたい。その熱狂ぶりにすっかり当てられてしまいました、、、。

また細かい旅の記録は後ほど。そろそろタイ時間で夕方の6時になるので、チェックインに行ってきま~す。明日の朝8時過ぎには成田ですー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

いまプーケット空港です(補足&写真追加!)

Phuket_international_airport さっきホテルをチェックアウトして、プーケット国際航空に着きました。今日はこちらに来て初めて、頭が痛くなるほど陽射しが強くて暑いです。。
なのでホテルにお金払ってクーラー付きトヨタ車で空港まで送ってもらいました。あとちょうど1時間後にここプーケット空港を出発して1時間半でバンコクに着く予定です。

プーケット国際空港は、入ったらいきなり荷物検査で、内部はこんな感じの小さいところ。バンコクの国際空港・スワンナプームは成田空港の3倍(?)とかで、とっても最新式でした。。

Phuket_international_airport_2_2 ※下の写真がプーケット国際空港の荷物検査場所。右端の緑色のシャツを着た男の子のすぐ右が空港ビルの入り口で、入るといきなりこ~いう検査機に荷物を通されます。個人的印象ではこの空港、品川駅くらいの大きさ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

プーケット4日目(写真更新)

今日は丸一日過ごせる最後のプーケットです。明日はお昼にチェックアウトしてバンコクに移動してしまいます。

昨日は「プーケットに行ったら絶対行った方がいい」と聞いたピピ島など3島の離島巡りの半日ツアーに行ってきました。
P1010057_10

確かに島でダラダラ日なたぼっこしたりシュノーケリングするのは楽しかったけど、波は凄いし、高速ボートで相当飛ばしてもかなり時間がかかるしで、ツアー発着点の港に行くまでの山道で私がまずバスに酔い、友達は船酔いして大変でした、、。(私は船では立ち直った。)一日ツアーは朝7時半から5島巡るというので10時から3島の半日ツアーに申し込んだのに、帰りが夜8時になって、要した時間は一日ツアーと同じになってしまったし、、、。疲れ果てました。。

上の写真は最初に行ったカイ島の入り江です。チョー綺麗でした・・・。この後行ったピピ島は、綺麗だけどあっちこっちの入り江に何度も泊まったり降りてシュノーケルしたり、なんだかツアコンの人に振り回された感じ。ピピ島はふたつあって、大きい方のピピ・ドンの集落がある入り江は例の大津波のとき、10メートルの波が入り江を越えて島の向こう側の湾まで一気に飲み込んだそうです。。。相当な被害があったようでした。P1010065

二つ目の写真もピピ・ドンの人のいない砂浜です。下船しなかったのですが回りはシュノーケルの穴場らしい。小猿が名物らしいので写してみました。(浜にいる小さい動物?が小猿たちです)

最も美しかったのは最後に行った無人島のピピ・レイ。ディカプリオの映画「ザ・ビーチ」のロケに使われたというのが自慢というかウリなのですが、風景的にはさすがに最も美しかった・・・。でも砂浜はごく小さくて、もう夕方で寒かったので、写真を写し忘れちゃいました。。


そんなこんなでタフなRちゃんさえ疲れ果ててしまったので、今日は朝からず~っとホテルのプールサイドのパラソルの下でひなたぼっこを続けています。。プールサイドと行っても、低い垣根の先は砂浜で目の前は海。砂がかからないビーチサイドっていう感じなのです。

P1010090_2 ランチもプール・バーという設備があって、サンドイッチとブルーベリージャム付きパンケーキ、バニラアイス沿えなんかを頼んじゃって、水着で寝そべりながら食べたりして、友達いわく「火サスの犯人の女みたい」なやりたい放題ぶり、、。いいの?私たち・・。う~ん、でも最高だったーー

今日は日差しも強すぎないし、海風も結構あって、一日ビーチにいても無理がない感じです。途中買い物に出ても、バスタオルでキープしておけば続けて何時間でも椅子(っていうかベッド)も使ってOKだし、、。(写真ですー。茶色いのがホテル専用ビーチタオル。持ち手が籐の黒いビーズバッグはRちゃんがベトナム土産に持ってきてくれたもので、さっそく使わせてもらってました。)

プールサイドなのに逆向きなのは、下の写真のように、、、。上とは逆に頭の方から見えてるビーチまでの光景を写したのが下の写真ですが、すぐ足元の石垣のむこうは1メートルくらい下がって砂浜になってるんです。

P1010106 今日初めてホテルのプールサイドでのんびりしたけど、これが最高の一日でした。こんなに何にもしなくていいのだろうかというくらい。ほんとにこれが人生の夏休みなのねって感じです。そういう過ごし方をするのには、ビーチサイドのホテルのここは最高だったかも。。

いままでは外人が多かったけど、お盆が近づいてきたせいか今日から急に日本人が増えました。

こんなに休めた一日、もう当分ないだろうな・・・。

夕方はホテル内のスパに行って(二日目に行ったら素晴らしくよかったので、もう一度最後にショートバージョンだけでもと予約した)・・そして明日はお土産買うためのバンコクに移動です。
P1010098

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

プーケット初日便り(写真更新)

9日(土)、午後18時56分タイ国際航空で成田からプーケットに着きました。

連日の残業にも関わらずちゃんと朝3時半に起きれたのに、携帯を忘れて取りに戻ったりしていたら5時台には20分に1本しかない急行に乗り遅れて、成田エクスプレスにも遅れてしまうという有り得ない最悪のスタートを切ったのですが・・・。(泣)

泣きながら"日暮里経由・京成線"を覚悟したら、20分後の成田エクスプレスに立ち席だけどなんとか乗れて、チェックインにギリギリ間に合いました、、。。しかしタイ航空のランチはかなりいまいちだったし、蓄積疲労のせいか途中やや気持ち悪くなるし。プーケット空港では飛行機が1時間30分?遅れ、ホテルへのリムジンも見つからないし、携帯が通じない友人も待ち合わせ場所に現れないし、、。

なーんていう更に焦りの嵐の中で旅が始まったんだけど、どうも後で調べたら、2時間遅い現地時間と30分くらい予定より早く到着したらしい??プランのずれで時間がよくわからなくなってしまったためみたいでした。・・・しかしどれだけ予定より時間が狂っているかが分らないままうろつき回ってるうちに、友人ともほんとに偶然みたいにばったり会え、送迎の運転手さんとも、、。この日同じホテルを手配した日本人の女性ふたり組のもう一組に私と同姓同名がいてこちらも混乱があったらしかったのですが、とにかく無事ホテルに到着しました。

P1010007 こんどはホテルでは、予約のとき絶対ツインOKって言ってたのにダブルしかないと言い張られ、食い下がったらあまり使われていない、ベランダがない袋小路の部屋なら空いてるとかで。交渉してそこに一泊だけ泊まり、翌日10日にもうちょっといい部屋に移動しました~。(写真は部屋の洗面やバス周辺です)

P1010004 な~んて感じで、いろんなことが襲ってきた大変な一日だったけど、ホテルはエアコンが多少かび臭いだけで、リゾートらしい雰囲気いっぱいの上質な所だったし、到着日の夕食は面倒なのでホテル内のレストランに行ったのですが、そこで夕日が真正面の水平線に落ちるのを眺めながら浜辺間近のオープンエアの席に座って、何かの賞を受賞したシェフのモダン・タイ料理を食べられるという幸せな幕切れで一日が終えられたし、、。なんだかんだあってもいい思い出になりました。。

P1010056 帰宅して写真ができたら合わせてアップさせていただきます!まずは第一報でした。

※帰宅したので写真を少し添付してみます。下の写真は朝食会場にもなったレストラン「サラ・ブア」を奥に向かって写したところ。この逆側は砂浜にオープンエアになっています。初日の夕日はここの浜側のテーブルで眺めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

【五輪サッカー】日本敗戦、その他

来週からの旅行のために、今週はただひたすら残業しまくる毎日・・・。今日もまだ帰れてないので、ワンセグでさえU−23のオリンピック初戦を見れてません。。。でも速報はチェックしました。日本0−1アメリカ。初戦のアメリカ戦に賭けていた日本はボールポゼッションで上回るも、後半開始早々の失点を取り返せず負け、だそうですね。
 
・・あぁ激しくがっかり・・。次はナイジェリア戦とオランダ戦?・・・なんだかドイツW杯のことが頭をよぎるわ・・。
 
まぁサッカーは何が起こるかわからないスポーツなんだから、食いついて行ってゴールをもぎ取ってほしいです。
 
そのほか、今日は数日ぶりにサッカーニュースをチェックしたせいか、いろんなサッカー界ビッグニュースを発見しました。まずはメッシ。アルゼンチン代表チームに帯同して中国入りしているメッシに、バルサからの訴えが通って、“所属チームはオリンピック出場を許可しなくていい”との判決が出たとか、、。でもそれを受けての最終決定が下されるのを目前にした今日、アルゼンチン代表の第1戦にメッシ本人は出場し、1ゴール1アシストでチームの勝利に貢献したとか。 バルサだけではなくブンデスリーガのシャルケとか、いくつかのチームが提訴していたようですが、そんなのが通ったらオリンピックでサッカーをやること自体がなりたたない感じ。そこまでチーム・エゴを一部チームだけが押し通していいの?
 
10番を与えるほど中心選手としてものすごくだいじに思っているのはわかるけど、どこのチームだって不満ながら我慢していることなのに。この強引なやり方、、なんだか、どうなの・・?!激しく疑問です・・。
 
もう一つ、Cロナは結局来期はマンU残留に決まりとか。これだけはコピペできたので下に貼っておきます〜。
 
 
■ レアルはC・ロナウド獲得断念へ V・デルファールト加入会見で示唆
8月6日14時17分配信 ISM
 
 レアル・マドリー(スペイン)のラモン・カルデロン会長は現地時間5日、今夏の補強はオランダ代表MFラファエル・ファン・デルファールトで終了したと話し、マンチェスターU(イングランド)所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド獲得断念を示唆した。ロイター通信が伝えている。
 
 ファン・デルファールトの加入会見で壇上に上がったカルデロン会長は、「ファン・デルファールトはプレーの質が高く、広い視野を備え、素晴らしいタレントを持った選手だ。現在の強いチームをさらに進化させる助けになってくれると確信している。彼は、この夏我々が最初にサインした選手だが、おそらくこれが最後の補強になるだろう」と語った。(後略、引用終わり。)
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

荷造り9割終了です

次の土曜日はいよいよ旅に出発するんです。オリンピックと完全に被ってることにいまさら気付いたけどしょうがないか〜。(前半の花・水泳を見るのが好きなんだけど・・・)

ホテルを決めてからは、一時浮かれてくだらないものを細々無駄遣いしてしまったりしたけど(><)、貯金が予想外に減ってきたのを発見して・・・これはマズイと・・!急にケチケチ・モードに転身して、なるべく昔買ったリゾート用グッズとかを使い回して新しいものは買わない方向に転換しました・・。
サングラスもサンダルも、基本持ってる物を持っていくことにしたんですが、さすがにそれでは賄えないようなものを昨日買い出しして、なんとか荷造りがほぼできました〜、、。あとは当日の朝使ってから荷物に入れるものだけ。

機内持ち込み荷物はいまだに水状やペースト状のものにすごい制限があるようなので、ほとんどはスーツケースに入れて預けることにして、手荷物はふだんの通勤グッズにパスポートやガイドブックが加わったくらいしか持っていかないの。

でもこの1ヵ月・・・。パックツアーじゃなかったせいか、準備が予想外に大変で、なんだかすごーく疲れました。。海外旅行が久しぶりなせいもあるけれど。夏バテもしちゃったし。すでに「もう充分楽しみました。もういいです・・・」って心境にもなりかかってる今日この頃です実は。。今週は仕事も前倒しで終わらせとかなきゃいけないし〜。

早く出発日が来てさっさと行って帰ってきてゆっくり休みたいかも・・なんて、贅沢過ぎるんだけど、ちょっとそんな心境です。もちろん行ってしまえばテンション上がるとは思いますけどね!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »