« のだめ最新号(#125)読みました | トップページ | ロニーACミランへ移籍 »

2008年7月13日 (日)

プーケット計画・さらに続きです

プーケット旅行の航空券を申し込んだHISから、思ったより早く搭乗する便が確定したから航空券の引換証を渡せると言われ、金曜のランチタイムに受け取りに行ってきました。私が申し込んでいたのは便を自分で指定できないタイプだったので、何時発になるか、夕方発になるかも取れるまで分らなかったんです。そうしたら、行きも帰りもバンコク経由と思っていたのに、行きだけは成田-プーケット直行便で、聞いていた時間の早い方、10時00分発15時25分プーケット着、タイ国際航空の便になっていました。帰りはバンコクに2泊するので、バンコク発は当然だけど・・・。

しかし直行便とは!おかげで始めに聞いていたより早い15時25分プーケット着。これって、ものすごい偶然ですが、ベトナムにいるRちゃんが「自分は2時間くらいで着くから、先に行って待ってるように便を取ったから」って言ってくれた便が・・・15時30分着予定。つまり、なんと日本とベトナムから別々に便を適当に予約して、まったく同じ時間にプーケットに降り立つことになりました!奇跡~!

そしたら金曜の日経夕刊を見たところ、「プーケット直行便が復活」のニュースが。

■タイ航空、東京-プーケット直行便再開
2008/7/11(newsclip.be)
【タイ】タイ国際航空は17日に東京―プーケット直行便の運航を再開する。週2便で、ボーイング777―200型機(301席)を使用する。
同路線は2004年末のインド洋大津波の影響で日本人客が激減したため2005年2月から運航を中止していた。

あの大津波の影響で中止されていたんですね・・・。復活するまでになって良かったです。10月末まで木曜と土曜の週2日の就航予定だそうですが、私が出発するのがまさに土曜日。今月17日から再開が決定したのを受けての直行便だったんですね。しかもしかも、タイ国際航空のニュースリリースを見たら、私がまさに乗る便に搭乗した人に「タイ○美計画」として、キャンペーンをやるそうな。わーい上手く利用できるといいな♪

朝はお盆休み初日のラッシュになる可能性があるので、リムジンをやめて成田エクスプレス取りました。6時7分新宿発、1号・・・ってことは3時半起き、5時に家を出発・・・。うっ。ある意味ぢごく。飛行機の中で爆睡しよう・・・。

|

« のだめ最新号(#125)読みました | トップページ | ロニーACミランへ移籍 »

コメント

プーケット楽しみですね!
夏休みももうすぐですね^^
私も学生の時に、バンコク&プーケットに行ってすごく楽しかったですよ~
バンコクは見所が多いので、もう一度じっくり行きたいぐらいです。

あ、朝早い飛行機なんですね。
私も中国行きは早朝で、3時起きとかになりそうだったので、寝過ごし危険で、成田のビジネスホテルに前泊しようかと思ってます~

投稿: izumi | 2008年7月19日 (土) 10時59分

izumiさん、サッカーの話題もいっぱいあった一週間なのに、ホテル選びや予約や夏バテで忙殺?されて、全然書けてなかった私です・・・。これから書きますよ~。

izumiさんは学生の時に行かれたんですね!いいな、そして北京オリンピック観戦はもう1ヵ月ほどなんですね!ほんとに楽しみですね~。お互いにこの夏はバケーションを満喫しましょう!お互いに、飲料水とかには気をつけて・・・。
izumiさんの中国行き飛行機も3時起きですか・・・。
前泊・・・。そうですよねー。。あぁ起きられるかな~>私・・・。

投稿: tomorin | 2008年7月19日 (土) 15時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152297/41817228

この記事へのトラックバック一覧です: プーケット計画・さらに続きです:

» ★ベトナム 少数民族 SAPA サパ ★ [★厳選★ベトナム生活最前線生情報★]
Xin Chao!!幾つかの山岳民族(少数民族)の人たちに出会ってきました。写真を撮らせてもらいましたが、何族の人たちなのかが残念ながら明確には分かりませんでした。本当に残念です。ベトナムのモン族の系列では、白モン族、黒モン族、赤モン族、花モン族などがあるそうです。写真に掲載した民族は黒い服を着た民族ですが、華やかな刺繍の民族衣装を着ている民族の方もいましたよ。本によると、山岳民族 (少数民族) の中でも花モン族�... [続きを読む]

受信: 2008年7月14日 (月) 09時33分

« のだめ最新号(#125)読みました | トップページ | ロニーACミランへ移籍 »