« EUROC組はイタリアが突破 | トップページ | オランダもポルトガルも去る・・ »

2008年6月22日 (日)

雨の日曜日の憂鬱・・

Dsp0001001_photo_by_3 イタタ・・・。肋骨にヒビが入ったかも??

金曜の夜同僚と東京駅近くで食べた帰り、11時頃中央線に乗ったら、信号機故障とかでなぜか各駅停車になり、東京駅→新宿駅間が40分遅れの1時間!かかったんですけど、当然車内は異常なラッシュで、下車するとき何かがぶつかって以来、肋骨の1ヵ所がずーっと痛いんです~。。
肋骨って割と簡単に折れるって聞くし、整形外科に行った方がいいかも?・・って憂鬱です。

憂鬱といえばそれだけじゃなくて、先週は会社で色々な事が起き、最後の木・金は部長と真偽を賭けて闘うはめになって疲れ果てました・・。

以下は職場で起きたトラブルと愚痴です~。。

私が部長の指示に疑問を持ってリーガル本部に確認したら全然部長の話と違って、急遽対応して無事に済んだ事件があったのですが、判断を責められた部長が自分は正しく指示していて私が間違って対応したと言いだして大ごとになってしまったのです。。。
(以下は下に続きます・・・)

でもリーガルに確認に行ったのは私だし、その結果初めて他部門の詳しい人に具体的な対応方法を聞きに行く事をしていて、それまでの丸一日部長は何もアクション起こしてない。私の方は他にも、リーガルなど他部署の相談にのってくれた方に細々中間報告していた、というきちんとした過程があったので、幸い本部長や他のリーガル本部の方たちは、万一部長と私の間に指示に関するコミュニケーションギャップがあったと仮定しても、私がフォローして無事に済んだのは確かで、ましてや部長が言うように私が自分のミスを部長に転嫁しようとしているとは全く考えられない、と言って下さったのが救いです。(私はそもそも責められていないので責任転嫁する必要もなかったし・・。)

一方部長はまだ入社4ヵ月ですが、すでに法的な指摘を軽く考えて無視したり、その場の状況に流されたような判断をする傾向がこれまで何度もあったらしく、リーガル本部から早くも判断力を強く疑われていたとのことで、今回もこれまでの彼の傾向性が招いたことと受け止められているようです。私自身も小さいことだけど何回か同じことを感じることがあったので、今回部長の指示に疑問を持って元の人に確認を取ってみて大正解だったのですが・・・。

でも陰でまったく事実に合わない大嘘ついたり私の悪口言って責任転嫁してたと聞くと、その後はお互い何事もなかったように接してますが、危なくてもう信用できなくなってしまいました。。

しかも一旦は私に自分の指示が違っていたと認めたんですよ。本人が事態の深刻さをわかってなかったので、時系列で事態を説明したとき。なのに、、。

なんか、調子いいときは飄々としてるけど、ちょっと何かあるとおどおどしたり、人間的に癖が強い人だなあと思ったら、、。

まあ仕事してると色々あるけど、明日からを考えるととにかく憂鬱~。。
とりあえず足元を救われないように、日々気をつけて行きたいです。
※写真は、「プロカメラマン撮影の無料写真素材・フリー画像素材のリンクスタイル」からダウンロードした『bus0034-001』(撮影者:坂井 和明さん[スタジオ坂井])。解像度を半分以下に落として使用しています。

|

« EUROC組はイタリアが突破 | トップページ | オランダもポルトガルも去る・・ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日曜日の憂鬱・・:

« EUROC組はイタリアが突破 | トップページ | オランダもポルトガルも去る・・ »