« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

祝・スペイン優勝

Espanor 『EURO2008』は、日本時間6月30日5時半過ぎ、スペインの勝利をもって幕を閉じました。。

スペイン優勝、それも44年振りの優勝、それも6戦無敗ですよ?!今大会、断トツ無敵の強さでしたよね!500年くらい昔の大航海時代のニックネーム『無敵艦隊』がついに真実になったものすごい破壊力でした、、。ほんとにおめでとうございます・・・!!

Espanor_won 決勝の試合は結果を知ってから見たせいか、かなりヤキモキするところが多かったのですが、、(今大会のスペインなら、ここは決めてるでしょー、というような場面でゴールが決まらず、、とか。)。それだけ決勝戦っていうのは特別な重圧があるんでしょうね~。
特に立ち上がり、スペインはやけに慎重・・というより緊張しすぎてるみたいな様子で動きが悪く、ドイツにいきなり攻め込まれる展開でしたが、だんだんリズムを取り戻して行って、全体的にはスペインが攻める時間が多かったですね。1−0では最後まで気を抜けなかったと思われるものの、勝つべくして勝った勝利だと思います。

しかし前の項でも書いたけど、この大会の試合を見て、スペインのサッカーとオランダのサッカー、大好きになりましたねー。いままでリーガ・エスパニョーラを見れないこともあって、あまりスペインサッカーに親近感は持っていなかったんですが。。。これからも両国の試合は、なるべく追って見ていきたいです。

しかし!EUROもついに終わってしまって、当分こんなグレードの試合が見れなくなるなんて残念すぎる、、。毎年ある欧州チャンピオンズリーグで癒されるしかないですよね〜。次のEUROは、4年後の2012年、ポーランドとウクライナ共催ですね。時期も多少ずらすという話もあり、4年後は見に行けたらいいなぁ・・・とEUROを終えた黄昏れの中、思うのでした・・。(南アフリカよりは行きやすいですよね!!)

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2008年6月29日 (日)

夏の計画は冬休みに変更

今年久しぶりに、マイアミにいる大学時代の親友RFちゃんから、遊びに来ない?と誘われました。

彼女がフロリダに居を移してからもう4〜5年。始めは行く行くって言ってたのに、なんだかんだで行けないでいたけど、やっぱりいまのうちかな〜、という気がしてきたので、今年は行けるよう計画をたててみました。

いままでネックだったのは、彼女が都合いい11月のサンクスギビングの辺りが私にとって1番忙しい時期なこと、夏はフロリダ、特に(?)マイアミは、観光的にはシーズンオフだってこと、私が行きやすい年末年始は彼女が日本の実家に帰ってきてしまうことなど・・・。

マイアミは春くらいから11月上旬くらいまで、ハリケーン・シーズンで高温多湿、かなり過ごしにくい季節なんだそうで。。冬がニューヨークからの避暑地として賑わうバカンスシーズンなんだそうです。

9月、10月と色々調整してみたけど、私が休みを取りやすいこのあたりは彼女の仕事がイベントとか出張とかでスケジュールが読めないらしい。。

結局、冬に日本に帰ると寒すぎて風邪をひくから去年から帰国は別の季節にすることにしたそうなので、今年の年末年始に遊びに行くのが1番いいという話にまとまりました♪
特に行ってみたいのは半島の先っぽの『キー・ウエスト』とカリブ海諸島です〜(安いカリブ海クルーズが地元には色々あるらしいのだ〜(⌒_⌒)/あ、似合わないかんじ??!)

・・・って決まった(それまでにお互いに何も起こらなければ、って条件付きでなんだけど。。)ことは嬉しいんだけど、夏休みの計画は白紙に戻った、、、。

そろそろ決めないとどっこも取れなくなってしまいそうで焦る!!・・どうしようか、いま思案中です〜〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また雨の日曜に、またEURO三昧

昨日はあんなに気持ちいい天気だったのに、一転して今日は雨、時々豪雨、って感じの一日、、。

ルイ・コスタさんからまたEURO2008のビデオが追加で送られてきたので、グループリーグの見れなかった試合をおさらいする一日になってます。今週もヴァイオリンのクラスがないので、1時間ほど練習もしました。^^

今日見たのは、「ポルトガル対チェコ」「オランダ対フランス」「スペイン対スウェーデン」。最初の以外はDVDに録画させてもらいつつ観戦しました。オランダ対フランスは見てたけど録画してなかったので。途中まで見てなかった気がしてました・・^_^;オランダとスペインはマイ・フェイバリットになりましたねー。今回のEUROで。元々気になる国ではあったけれど、もう大好きだな、この両国のサッカー。EUROが今夜終わったらヨーロッパのサッカーはしばらくオフに入るので、見たい試合が見れないストレスが溜まらないよう、EUROの録画を繰り返し見れるよう準備しなければ・・、って気持ちが高まってます。

今夜、、というか明日早朝がついに決勝戦。3時半には起きられないけど、目が覚めたときにはスペインサポーターが勝利の歌を歌っていますように!!(⌒0⌒)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月28日 (土)

W杯最終予選とEURO決勝

金曜日、ついにW杯アジア最終予選の組み合わせが決まりましたね。もうあちこちで報じられ論じられていますが、日本はオーストラリア、バーレーン、カタール、ウズベキスタンと同じA組にB組は韓国、UAE、北朝鮮、イラン、サウジアラビアで、「日本は組み合わせに恵まれた」って書かれていますが、そうなんですかね~~。充分目眩がしましたが・・・。

結構苦手な中東が多いし、アウェー戦が超キツそうだし。岡ちゃんジャパンの不安定な戦いぶりをみると、絶対勝ち抜ける!なんて自信は、正直まだ湧いてきません・・。。
ほんとに勝ち抜いてくれなきゃ困るんだけど・・!!

Vs_rossia_semifinal_3 ユーロ準決勝は、オランダとポルトガルが敗退して見る気力が失せてきた私。。
残ったのは無骨でど根性とか気合いのチームばっかりじゃん!・・・あぁ面白くないよ~~

なので、ましてや準々決勝を何十年間も勝てたことがないスペインだから、絶対ここで敗退しそう、、、。と思っていたイタリア戦で競り勝ったのまでは見たものの、準決勝ではヒディンク・ロシアに負けるのなんて見たくない、、、。と録画さえしないでスルーしたら、なんとなんとロシアにも圧勝!!実力が勢いに優ったのがウレシイ。。

こうなったら決勝ではドイツを蹴落として、華麗なパス・サッカーがヨーロッパを制すところを見せてほしいですね!やっとユーロを再び見る気力が湧いてきました。

とはいうものの、あと1日ちょっとでユーロそのものが終わってしまうんですね。。ほんとに淋しい限りです・・。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2008年6月25日 (水)

リッツ・カールトン

今日は会社では大掛かりなセミナー開催の日で、営業部隊その他大勢の人々は会場のリッツ・カールトンに行ってしまい、オフィスの中はガラガラでした。

狩り出される人はもちろんものすごく大変なんだけど、最後にはパーティーの残りものをいただいてお開きする役得があるらしい、、。私なんてリッツ・カールトンどころか、よく考えたらいまだに東京ミッドタウンにも足を踏み入れてなかったりして、、。

今夜はやっぱり遅くなったので、同僚とビルB1のライオンで食べました〜。・・・リッツ・カールトン、、。どんな味だったんだろうー・・。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2008年6月23日 (月)

映画『天使と悪魔』の撮影続報

Tom_in_angelsdamons   ちょっと日が経ってしまったニュースですが、前に一度映画化とヒロイン決定のニュースを話題にしたことがある『ダ・ヴィンチ・コード』のシリーズ前作、『天使と悪魔』の映画撮影で、イタリアのローマ教区の2寺院から内部での撮影を拒絶されたと報じられていました。あ~ぁ、やっぱり・・。(写真はローマ市内で撮影中のトム・ハンクス)

下記記事中の、特にラファエロがデザインした教会の建築構造とベルニーニの彫刻は、登場人物たちがその場に立って鑑賞しながら長々と話題にしていたと思うのに。『ダ・ヴィンチ・コード』か本作を読まれた方はお分かりと思いますが、フリーメイソンの話の絡みで。。

バチカンのロケが実現するのは、まずありえないと思いましたが、せめてちょっとした教会なんかがロケに協力してくれたら、ずいぶんリアリティが違ってくるのに・・。こうなるとほとんどセットとCGかしらね~。

・・などと溜め息つきつつ、やっぱりなんとなく期待して続報を思わずチェックしています~。


■『ダ・ヴィンチ・コード』の前章『天使と悪魔』教会での撮影を拒否される(シネマ・トゥデイ、6月18日) 
映画『ダ・ヴィンチ・コード』の前章『天使と悪魔』を撮影中のロン・ハワード監督が希望していた教会での撮影をローマの教区から拒否された。

撮影に使われる予定だったのは、サンタ・マリア・デル・ポポロ教会とサンタ・マリア・デッラ・ヴィットリア教会で、ラファエロがデザインしたチャペルがあるほか、カラヴァッジオの絵画、ベルニーニの彫刻が飾られ、ローマの宝とされている。教区のスポークスマンは教会の視点とは異なる作品に手を貸すことはできないと言っているが、教会側が拒否できるのは内部の撮影だけで、外観の撮影にストップはかけられない。

『ダ・ヴィンチ・コード』の撮影の際もロンドンのウェストミンスター大聖堂での撮影許可が得られない事態が起きている。「この作品は『ダ・ヴィンチ・コード』の前章。

テーマが類似していることは明確です」と教区のスポークスマンはコメントし、カトリック教会は本の内容を認めない姿勢を崩していない。『天使と悪魔』でも世界のカトリック教徒によるボイコット、デモ、上映中止などが予想される。(以上、引用終わり)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨のダメージ

湿度が楽器にこんなに悪いって、初めて知りました。この週末。。

だいたい買って間もない楽器ほど、弦が緩みやすいって聞いていたのですが、いや~。今週末は音程がありえない程の狂い方

先週末は割りときちんとチューナーと合っていて・・逆か。チューナーで緑の「合ってる」ライトがついていてくれていたのですが、平日一度練習したとき微妙にズレ始めていました。でもいつもそんなもんなので、またレッスンのとき先生に直してもらお~♪、と思っていたのに・・。

土曜に予習しようと開けてみたら、もう音程めちゃめちゃ、チューナーなんかどうやっても音が合ってないときの真っ赤なライトが赤々と~~、、。1音も合わなかった・・・。

土曜は大雨になる直前の、ものすご~く湿度が高まった日で、しかもまだ今年は除湿機使ってなかったから、除湿機使おうという頭がなかったんですよね。

アジャスターをいくら捻っても音がぜーんぜん合わない!。。。レッスンで直してもらいたかったけど今日は雨。それも大雨。楽器を持ち歩くの自体をあきらめて、レッスン時無料レンタルできる分をお借りしてしまいました。

そうしたら楽器ケースに入れっぱなしにしていた楽譜を持ってくのを忘れました・・

あぁボロボロ。。来週はまたレッスンがない週なのでその分家で練習しなくちゃ、なんだけど、土曜日あまりの狂い方に母までが「変な音だからやめてよ~」なんていうほど変なので、練習になるかどうか心配です。。(まだ自分ではちゃんとチューニングできないんですよね~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

大雨の日本一バーレーン戦

大雨の中行われたW杯3次予選最終戦の日本対バーレーン戦(埼玉スタジアム)。

実はヴァイオリンのレッスンと時間が被るので、始めのちょっとしかライブで見れなかったんですが、、(まだ初心者なので、一人休むとレッスンの進行を1回分止めて待つ、というので休めないのです。。)。

行きと帰りに携帯の速報ニュースで追ってフォローしてたんですが、あの「屈辱を晴らす」、と言ってたような試合はできたんでしょうか?

携帯ネットによる中継(文章)によると前半は試合を支配でき、後半立ち上がりはバーレーンに攻められるも楢崎のファインセーブで事なきを得、双方ずうっと得点できないまま0−0で進行したが、試合終了直前に内田のゴールで1−0で勝利したとか。

内容が心配ですが、どうだったんでしょうね。でも中継がテレ朝でまたセルジオ越後さんが解説というから、かなりメチャメチャ言われてそうですが・・・。(^_^;;

| | コメント (2) | トラックバック (3)

オランダもポルトガルも去る・・

EUROベスト16による決勝トーナメントが先週から始まりましたね~

集中豪雨のような日曜日の今日は、ルイ・コスタさんから送られて来たグループリーグのビデオや昨日地上波で放送したオランダ対ロシア戦の録画など、今回のEUROの試合を見まくる一日になりました~

初めて見れたスペインの試合、対ロシア戦ですが、ビジャとフェルナンド・トーレスが本当に素晴らしいですねー。あのスピードも凄いけど、コンビネーションの凄さも特筆ものですね。あんなところに蹴り込んでも絶対間に合わないでしょ、と思うポイントに間に合ってシュートを決められるなんて。二人にしか見えてないコースができてるんですね。

しかし、、、。あんなに素晴らしかったオランダが、ロシアに遅れをとった上、負けてしまうとは!!始めから浮足立ってオランダらしさがなかったし、ヒディンクの存在に腰が引けていたとしか思えない・・。ヒディンク大嫌いなのに悔しい(≧へ≦)。。。

先に散ったポルトガルに続きオランダも去り、ロシアとトルコが残ったのかぁ。。もちろんロシアはいい試合をしていたけど、グループリーグのオランダだったらこんなところで負けなかったのにと思うと。。

だんだんガックリして見る意欲が削がれてきたりして。。次はスペイン対イタリア戦ですね。私は普段はスペインあまり好きではなくて(スペイン人の雰囲気があまり好きじゃないだけだけど)イタリアを贔屓しているのですが、今大会のスペインを見たら、イタリアのサッカーよりずっと魅力的ですね。

ドイツとトルコとロシアが3強なんて、なんだか暗~い。そこに加わるのはどちらになるのか・・・。もう少し追って見ていきたいですが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

雨の日曜日の憂鬱・・

Dsp0001001_photo_by_3 イタタ・・・。肋骨にヒビが入ったかも??

金曜の夜同僚と東京駅近くで食べた帰り、11時頃中央線に乗ったら、信号機故障とかでなぜか各駅停車になり、東京駅→新宿駅間が40分遅れの1時間!かかったんですけど、当然車内は異常なラッシュで、下車するとき何かがぶつかって以来、肋骨の1ヵ所がずーっと痛いんです~。。
肋骨って割と簡単に折れるって聞くし、整形外科に行った方がいいかも?・・って憂鬱です。

憂鬱といえばそれだけじゃなくて、先週は会社で色々な事が起き、最後の木・金は部長と真偽を賭けて闘うはめになって疲れ果てました・・。

以下は職場で起きたトラブルと愚痴です~。。

私が部長の指示に疑問を持ってリーガル本部に確認したら全然部長の話と違って、急遽対応して無事に済んだ事件があったのですが、判断を責められた部長が自分は正しく指示していて私が間違って対応したと言いだして大ごとになってしまったのです。。。
(以下は下に続きます・・・)

続きを読む "雨の日曜日の憂鬱・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

EUROC組はイタリアが突破

今朝3時半からのEUROグループC最終戦、録画はしたのですが起きるのは不可。起きてからニュース速報で確認しました。

オランダ 2−0 ルーマニア
フランス 0−2 イタリア

オランダはグループリーグ勝ち抜きを決めていたものの、全く手を抜くことなくルーマニアを押さえ、きっちり3連勝。

フランス対イタリア戦は、どちらも勝ってもルーマニアがオランダに勝てば共に敗退が決まる状況下での潰しあいの戦いでしたが、ゲーム開始後7分にフランスのエース、リベリーがサンブロッタ(伊)と激突し負傷離脱、前半30分しないうちにCBがトニ(伊)をペナルティエリアで倒しレッドカードで1人減、そのPKをピルロ(伊)が決め、、と、フランスにとって悪夢の展開となり、終わってみれば0−2の完封負けのうえ、同時進行中のもう一試合でルーマニアが負けたため、最終的にはグループC 1位 オランダ、2位 イタリア、 3位 ルーマニア、4位 フランス、となり、オランダとイタリアが準々決勝進出を決めました!!

フランスやルーマニアを応援してた方にはすみませんが、わたし個人的には大満足~~(⌒0⌒)な結果です~。試合内容も相当楽しみ。EURO2008、益々今後への期待が高まりました~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

ムーミン谷の冬

ムーミン谷の冬 (講談社文庫 や 16-5)ムーミン・タオルに刺激されて「ムーミン谷の冬」(講談社文庫)を読んでみました。^^

松葉をいっぱい食べ、家中を暖かくして冬眠に入ったムーミン一家。なのになぜかムーミンはある日突然目が覚めてしまってどうしても眠れなくなってしまった・・。

ままは呼んでも目を覚ましてくれないし。・・ていうわけでたった一人、生まれて初めて冬を体験する、ムーミンの冒険が始まります。。

やっぱりカワイイな~。素朴なイナカっぽさも含めて。。それにしても北欧の冬は本当に厳しそうです。。冬中太陽が出なくて、もう二度と出ないかも・・と不安になりつつ太陽が顔を出し始めるのを待ち続けるとか。

何しろ氷のような寒波が過ぎて雪がチラつき始めたら、水平線まで凍った海が溶けだして春が近づいてきた兆し・・なんて想像を絶しますよね。

今日は結構暖かい一日だったので冬の気分になるまで時間がかかったのが難だったけど。

パガニーニ:VN協奏曲第1番また、これもAmazonで購入したのでついでにまたヤッシャ・ハイフェッツの「ベートーベン/ヴァイオリン協奏曲」五嶋みどりの「パガニーニ/ヴァイオリン協奏曲第1番」のCDも買ってみました。

五嶋みどりは15歳の時の録音だそうだけど、単にパガニーニの超絶技巧を弾きこなすだけじゃなくて音にふくよかさも輝きもあるのね。。やっぱり天才だったのね~。。なんて初めて知りましたよ~、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

ヤマハのレンタルは親切でした。

Klaushefflertext001_2 今日も昨日に引き続き、45分くらい自宅でレッスンできました。初めの頃は15分も練習するとフラフラになっていたのに。だいぶ慣れてきたかしら~♪なんて。

でも指の使い方(運指)はまだまだスムースにできません~。左手の指の動きを右手の弓がきちっと追わないといけないんだけど、ちょっと姿勢が悪くなると隣の弦を触って雑音が出てしまうし。弓と指、右手と左手それぞれ気を遣うところが別で、まだまだ当分ぎくしゃくしてそう・・・・。

ところで、初め私はレンタルのバイオリンを使っていて、借りてから1ヵ月弱で偶然自腹で購入したので、レンタル品は予定期間より早く返却することになったのですが、レンタル元の「ヤマハ・ミュージックリース」は意外にもとっても親切でした。

レンタルには6ヵ月未満の「短期レンタル」と、4ヵ月以上の「レギュラー」と2種類のタイプがあって、短期は1ヵ月17,000円くらい、レギュラーは1ヵ月6,000円くらい。私はレギュラーの最短になる4ヵ月で契約してました。そして5月2日くらいに商品が届いてから、自分が買ったのが5月最終週。「ヤマハ・ミュージックリース」に連絡したら、レンタル代金の支払いは商品到着の翌月からスタートするので、6月にならないと契約が始まらない。だから商品は6月1日以降に返して欲しい、でも契約期間の料金はお支払いいただきたいと言われたのでした。

契約分を支払うのは自己都合による返却だからしょうがないけど、期間が開始されてもいなかったとは!・・3週間ばっちり楽しませてもらったので支払いは当然ですが、それを聴いたらこれから4ヵ月間口座から代金だけが落ちていくのはなんとなく微妙だったのですが、貸し出し窓口がヤマハの教室だったこともあって変に揉めたくなかったし。返す時すぐレッスンが始まりそうで話する時間もなかったし。なので言われるまんま返却してしまいました。

そしたら・・・。こちらから何も言ってないのに、「短期レンタルの1ヵ月契約」に手続きを変更すれば、7,000円くらいは安くなるから、もし異論がなければ変更しておきますって、先方から連絡くれました。ちょっとホッとした。こっちから言ってみようかと思いながら諦めてたのに、むこうから考慮してくれたなんて親切~。ちょっとだけ助かりました。

もうひとつ話は違いますが、以前「クラウス・ヘフラー#500」をクロサワ・バイオリンで購入したと書いた後、まったく同じパターンで同じバイオリンを購入していたとコメントを下さったPakiさんて方から、ついにレッスンを始めたと先日お便りいただきました。

偶然同じバイオリンを買って、同じころレッスンを始められたお話を聞くと、私もちゃんと練習しよ~、ってなんとなく嬉しい刺激になりました。少しづつでも上手になりたいし。来週は早めに帰れたら15分でも、平日夜2回以上練習できるよう、とりあえず挑戦してみます。⌒_⌒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EUROオランダ対フランス(13日分)

Nertherlandvsfrance0813_2  やっと見ました。大会7日目、13日(金)深夜に行われたグループCのオランダ対フランス戦

会場はスイスのベルン。芝生の緑もスタジアムも美しいですね。タイのスタジアムを見た後ではタイの方にはすみませんが、比較にならないくらいひときわ美しく・・・。芝生はやっぱり亜寒帯くらいが育成に適してるのかしら、なんて。

個人的には今回のオランダのユニもちょっと気になりました。いつもオレンジでエマージェンシーの人みたいな目に眩し過ぎるユニなのに、今回はソックスをベビーブルーにしてパンツと衿が白。組合わせの妙でオレンジを少しソフトに見せてます。意外に悪くないかな~、と、、。特に足元に淡いブルーを持ってきたセンスが予想外で気になるところです。^^

・・それは置いといて。
フランスには、このところ高齢化により“いまいち勝ち切れない古豪”のイメージもあったのですが、序盤から相当なスピードで走る、寄せる、ボールをカットする、もう全力疾走で勝ちに来た様子がありありでしたね。オランダもそれをさらに上回るスピードとワンタッチ・パスで、早い!上手い!!・・冒頭から強豪の激突ぶり、噂通りの見応えでした。

いや~、ほんとスゴイ。。
フランスも後半15分くらいまではいい形での攻撃が何度もできていたけれど、オランダほどの迫力はありませんでしたね。なによりアンリが、1点は取ったけど、好調とは程遠い出来で。完全フリーのループシュートは外すし、FKも蹴り上げちゃうし。。

リベリーは頑張ってたけどファンデルサールの堅守を脅かすことはできなかったですね。しかしリベリーって、19世紀とかの歴史モノの映画に出てくるフランスの小役人みたいな顔してません?どうもあのスポーツ選手とは思えないルックス、気になるな~。それを言ったらロッベンだってやけに老けたサラリーマンか学校の先生みたいな顔だけど。。(あ、シツレイ。)

試合は息継ぐ暇もなく終盤まで一気に畳み掛けるようでしたが、アンリの得点のたった数十秒後の、ロッベンによる3点目は大きかったですね~。(写真は2点目を決めたファン・ペルシーと抱き合ってよろこぶファン・デル・ファールト。)オランダの破壊力、守備力、これは優勝まで突っ走るかもですね~~。ポルトガルもスペインもいいらしいけど、私はオランダに賭けようかな?

やっぱりEUROはさすがの世界最高水準よね~。今回はWOWOWとTBSしか放送しないなんて。TBSはグループリーグはC組しか放送する気ないみたいだし、、。理不尽と嘆けばいいのか、寝不足せずにすんでホッとすればいいのか、かなりびみょ~。

今日・・・というか、現地時間14日(土)に行われたD組の2試合は、スペイン対スウェーデンが2-1でスペイン、前回王者のギリシャはロシアと戦い0-1で負け、グループリーグ敗退が決定したそうな。
とりあえずポルトガルの試合その他はルイ・コスタさんが録画を充分見終わったら送ってくれると約束して下さったので、のんびりそれをお待ちしつつ、次に地上波で見れる17日を楽しみにしたいと思います~。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ムーミン♪

Photo_5Photo_3

お隣りからまた、海外旅行のお土産をいただいてしまいました。
今回はフィンランドに行かれたとのことで、お土産は・・・・ムーミンのタオル

レンガ色のようなワインレッドのような、深みのある落ち着いた赤系のタオル地に、透かし柄みたいに入っているのは・・・(左側なんですが、)ムーミン・ママよね??ハンドバッグ持っているのは。下側に付いてるタグをみると原作者トーベ・ヤンソンさんによるムーミン・トロールの絵が入ってました。(右側がそのアップです。)なんか懐かしいな~。かわいいからタグを切らずにとっておきたい感じです。

フィンランドは、人気(ひとけ)が少なくて森が多かった・・ってイメージのまんまですけど。建物は立派で、食べ物は相当質素だったそう。北欧ってやっぱり自然が厳しい土地なんでしょうね。アニメも好きだったけど、原作はまた素朴で可愛すぎないところなんかが別の味わいで好きでした。スナフキンは原作の方が可愛かったし。ニョロニョロはおんなじだったけど(^^; 昔読んだ挿絵入りの原作本では、「ムーミン谷の彗星」がシュールでもの淋しい感じもあって、なんだかとっても好きだったなぁ、な~んて思い出しました。

ムーミン谷の彗星 (講談社文庫 や 16-2)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

W杯予選タイ戦は快勝?

Vs_thai_20080614_2 ・・・そうこう言いながらもタイの地で行われた日本対タイ戦。日本はここで勝たなければ予選最終戦の次戦、かなり追い詰められてしまうので、なんとか快勝したいところでしたが、立ち上がりから猛暑と高湿度のためか、日本選手たち、相当ダラダラ体にキレがなさそうな様子・・・。

なんだかアウェーの連戦でかなり参ってきてるみたい。大丈夫なのかなぁ・・・なんて思っていた前半20分頃に、セットプレーから闘莉王が高い打点のヘッドでゴーール!!(写真でーす)

あ~よかった。⌒_⌒
あの様子がしばらく続いたら、なんだかほんとに危ない状況になってしまいそうなダラダラさかげんだったものねー。

・・・と思う間もなく、前半終了間近にはまたセットプレーで中澤・ボンバヘッド・ゴール!!

2-0で折り返した後半は、さらに日本は脱力状態が加速されてタイにゴールを脅かされ始め、足首負傷を抱える俊輔が憲剛と、脚がつった松井が矢野貴章と交代。さらに一時闘莉王もバッテンを作りひやりとさせられますが、交替した憲剛が流れの中からシュートを決めて、3-0で無事終了しました。あ~良かった・・・。3点目取れて安心できたし、DFしか得点できないっていうのも微妙だったし。。。

オツカレな選手達には何もいうまい・・・。とにかくアウェーで3点とって勝てたんだから。次はホームのバーレーン戦!絶対勝って首位で勝ち抜けてほしいっ!!

| | コメント (6) | トラックバック (8)

オランダ強し!EURO第2戦

Euro2008_italyvsrumania_3  金曜の深夜からユーロ2008の予選リーグ、“死の”グループCの第2戦が行われ、0時半からの「イタリア対ルーマニア」は1−1のドロー、3時半から「オランダ対フランス」は、またオランダがなんと4−1の圧勝!!オランダはどうしたんだというくらい圧倒的な強さで準々決勝進出を決めました。対イタリア戦に引き続き3点差での勝利ですよ?相手は2チームとも、こんな負け方めったにしない相手ですよ??

・・・これはオランダの大会になりそうなのかしらね~。。強いです、オランダ。

「イタリア対ルーマニア」はライヴで(やっと)見れました。負ければその場で敗退が決まるイタリアは立ち上がりから力ずくでゴールをもぎ取ろうとエンジン全開って感じでしたが、ユーロ予選でオランダのいる組を首位で勝ち上がったというルーマニアは、凄い集中力でイタリアの攻撃をことごとくクリア。初シュートはイタリアではなくルーマニアのムトゥでした。

髪の毛が若干淋しくなったデルピエロがこの試合イタリアのキャプテン。デルピとトニの2トップで前半怒涛の攻撃を展開するも、1点が遠い。。前半終了直前ロスタイムにトニが念願のゴール!!・・なのに、ぎりぎりオフサイドという微妙な判定でゴールを認められず、、。

後半は1点づつ取り、ルーマニアのPKをブッフォンが止める活躍を見せるも、そのまま試合終了でした。イタリアは2試合終わって勝ち点1のみ。かろうじてまだ予選勝ち抜きのチャンスは残っているものの、かなり厳しい状況ですね~。えぇぇ~そんなの淋しい・・・!

オランダ対フランス戦は録画まだ見てないけど7時過ぎたのでもうW杯アジア予選、アウェーのタイ対日本戦が始まっちゃったので、観戦は後ほど、、。

しかしスイスの美しい芝生の緑、さわやかそうな空気の色が見ているだけで気持ちよかったのに、タイのスタジアムの光景は~~。。。

気候がああだからあちこち擦り切れたピッチや白茶けた芝生の色はやむを得ないけど、あの茹だっているような選手たちの様子、さわやかさには程遠いです、、。あぁ重たい試合になりそう?!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

今週のバイオリン・レッスン

Klausheffler50004_2もの凄い大地震のニュースで始まった週末の土曜日の今日。こんな暇ネタを書くのはちょっと申し訳ないような感じですが、ひとしきりニュースに驚いて見続けた後、やっぱり自宅でバイオリンの練習をしてみました。。。

5月のGW明けから5週間連続であったバイオリンのクラスが、今週末は久しぶりにお休みの週なんです。音階の練習やら移弦をスムーズにする練習やら、毎週毎週課題点が出て、まだ曲には取り組めないものの楽しく続いていたのですが。

月3回のスケジュールなのでしかたないんですが、ならば今週末は自習するしかないと思っていたので、1時間ほど自宅でレッスンのおさらいをしてみました。

そうしたら、問題点が出る出る。クラスではその場限りの反射神経で済ませていた部分とか、けっこう全然身に付いてないことがいっぱい!!あ~あ、こんなにへたくそだったのね~。。。と、わかってたけど、ちょっとがっかりしてみたりして・・・。でも、初心者なら当然ですよね。ここをがんばれば、早く中級者を目指せるかもしれないし。

・・というわけで、明日もまた練習に取り組んでみることにします。多分あと2~3回で初めての1曲を習えそうなので、それを目下の目標にしてスムースに弾けるよう、がんばろうっと。初めての曲は、テキストによれば「よろこびの歌」(ベートーベン)ってことだから(ごく数小節なんだけど)、ちゃんと弾けるように早くなりたいです~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

ユーロ2008とiPhone続報

土曜深夜に開幕したユーロ2008は、開幕戦で開催国スイスがチェコに敗れる波乱の幕開けのあと、イタリアがオランダにまさかの点差の3−0で完敗し、昨夜はスペインがロシアに4−1で快勝、スウェーデンはギリシャに2−0と、早くも様々なドラマが生まれていますね。。

あぁ見たい~。。しかし私は開幕戦の途中で眠ってしまって以来、まだ1試合もフルでは見れてません、、。あ~ぁ。。

昨日のニュースでは他に、先日気になって書いてみたiPhoneがらみで、アメリカのアップル社で新作発表があり、日本での発売は先日の「年内」の言葉に予想される11~12月ではなく7月11日になったとのこと。しかも端末代は2万円台で?!?と報道されていましたね~~!

どうやらアップル社のアジア・マーケティングは完璧のようです。。第3世代機種の発表を日米欧同時にぶつけて、しかもこの色々と購買条件が難しい日本で、たったのにまん円・・!

2万円なら、多少使いにくくても買おうかなって思いますよね。ものは試しで使ってみたくはあるし。私は7月にはまだ機種変できないので、しばらくは買った人、使った人のチェックを欠かさないようにしてみるつもりです~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月10日 (火)

のだめカンタービレ Lesson124が出ました。

今日6月10日は「のだめカンタービレ」最新刊が掲載された「Kiss」発売日。Lesson124が発表されました。さっそく読みました!1ヶ月ぶりののだめ。待ち兼ねた~、、。
が、しかし。。

う~ん、、。今回の主演者はのだめとミルヒーの二人でした。運命のポイントで現れてはのだめの人生を大きく変えてゆく役回りのミルヒーが、もう一度のだめの運命を変えてしまうのか?!
・・・う~ん、またまたびっくり。。どんどん話が進んでいくのね~。。といってもピンとこないと思いますので、以下、大まかな粗筋だけを紹介させていただきます。まだ知りたくない人はここから読まないように!粗筋より細部を読み込むのが好きな方なら大丈夫かも、です。

今回ののだめはこのところの無邪気さ可愛さをかなぐり捨てて、完全にプッツン状態。「自分がやりたかったこと以上のこと」をRuiと千秋にされて、もう本気でやる気がでないとプッツンしたままミルヒーに訴えるのだめ。「もういい」と。。

Ruiも千秋も子供の時から絶え間無くそういう努力をしてきてるのは分かっているけど、将来が見えないのだめはもう限界だと、いささかふて腐れたように心情を語る、、。

ところがからかうミルヒーに、ちゃんと音楽に向き合って頑張ってきたことを示すため、オクレール先生と取り組んできたベートーベンのピアノ・ソナタ第31番を弾いてみせたところ、、。

な、なんと急転直下、ミルヒーの公演で共演する形で、のだめのデビューが実現する方向に・・・!!

オクレール先生が細心の注意を払いながらデビューの準備を進めてくれているのを知るよしもないのだめ。ミルヒーの手によるデビューへの誘いは、のだめにとって、果たして「ファウスト」にある通り、メフィストフェレスの誘惑なのか・・?!?

というところで7月10日発売号に続きます。
う〜ん、物語は、意外な方向へ大きく舵を切りはじめましたね~~。

以上、主な粗筋で、千秋の方のエピソードなど細かい話は略しました。本筋が大きく展開したところなので、そのものずばりの内容だったと思いますが、細部まで考えられたその他モロモロの書き込みが気になる方は、さっそく本屋さんに走って買って読んでくださいませ~!!(⌒_⌒)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月 8日 (日)

灼熱のオマーン戦、ドローでもよく闘ったかなと。

20080608_vsomarn_4 地元でも一年で1番暑いという6月のオマーンにて、こんな時間にサッカーするのは子供だけという現地時間午後5時過ぎから行われた日本対オマーンのW杯アジア予選。1−1でドローでしたが、私の見てた感じでは、気違いじみた気温の中でもよく最後まで闘ったな~、という印象です。

何度もいい形で攻め込みながらゴールが奪えないシーンが多かったので、もう一歩で勝てたのにというのはもちろんあるのですが。。

遠藤の「あそこでやるか」というようないつものやらし~PKと、楢崎のPKストップで引き分けられたドローでもあるわけだし。しかし「緊張しない性格なんで」said遠藤、、って・・。(写真はPKを決めた遠藤に駆け寄る松井)

始めの頃のオマーンに得点されたシーンは、どこか暑くてぼんやりして詰め切れなかったような失点だったので、いまからこれじゃこの試合相当ヤバイ!と思ったけど、あとはみんな最後まで集中を切らすことなく頑張っていたように見えたので、ほんとによくやった、、と言いたい方が強いんですよね。

ムカシ・・・ジーコ時代くらいまでは、大事な試合なのになんだか集中を切らしてぽろぽろミスを繰り返すようなことが結構あった印象なのに、アナウンサーまで「日本代表史上最悪の灼熱の試合」みたいなことを言う状況でそんな試合にはならなかったのは、ほんとにホッとしたんですよね~。あの頃とは完全に意識やチームとしてのグレードが上がったのかなって・・。

俊輔、最後までクロスも正解だったしよく動いてましたねー。中澤さん、1失点以降走り切り守り切りましたね。楢崎、ほんとよくやった。相当ナイスでした。

最後に入った矢野キショーがロスタイム最後のチャンスで、GKしかいないゴール前で外したのにはちょっとキレたけど、、。いや、大久保のレッドかな。見てて1番切れたのは。オマーンも一人退場してくれたから救われたけど。誰が見てもカッとした勢いの報復で、自分の方からやり返してるでしょ。それなのに後からお腹押さえてみたりして・・・。(以下略。。)

次はまたアウェーのタイ戦。砂漠地帯の猛暑から熱帯雨林の猛暑への移動だけど、アジア杯で苦労した分、こちらの気候はまだ堪えられるかな?!と期待しています~。

次は絶対勝利だ!

ところでその後1時頃からいよいよ開幕したEURO2008は・・・。眠くて途中で挫折・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008年6月 7日 (土)

ナカタの試合に来ています~(+追記)

Plus_one1_4Plus_one2_3













土曜の昼下がりの日産スタジアム。私が買えたのは自由席だったけど、2階13列516~7あたりの、コーナーを上から見下ろす座席をゲットしました。

2階前列の1番後ろで背後は柵、このあたりは傾斜が急で全体も見渡せ、とっても快適です。⌒_⌒ 今度から狙って取ってもいいかも。

お天気は薄雲りで日差しは柔らかく、気温は暖かく、気持ちのいい風も吹くという、最高の観戦日和になってます。

選手入場のとき、みんなで緑色の紙を掲げました~。(写真です。)いま試合始まってます。ナカタがボールに絡むたび、スタジアム中から歓声が・・・。


■追 記■

前半はダービッツがいい動きで何度もゴールを襲うも、PKすら失敗してノーゴール。GK下川のファインセーブが光りました。その後日本が数少ないチャンスを大黒、澤登と立て続けに決め、2-0とするも、後半トルコのイルハンが2ゴール決めて2-2と同点に。

後半、釜本監督がほんとにピッチに登場!このあたりから、試合は一気にショー化しちゃいましたね。最高のピクニック日和に相応しいような試合・・・・・試合??って感じで終了~。 
MVPがダービッツなのはナットクだけど、賞品がアウディっていうのは、「エコ・・・なの???」ってなにげに苦笑したりして。

印象的だったのは、いつもの応援歌とか鳴り物がほとんどなくて、ざわざわとした6万人の声以外の騒音がなく、ピッチ上の声が聞こえそうなくらいだったこと。シーンとしているわけではないのにサッカーの試合中にしては不思議な静けさがありました。でも寂しいとかいうような、悪い印象じゃなかったな。なごやかな感じで。

まぁ指定席3,000円、自由席2,500円だし。。真剣勝負は今夜のオマーン戦にまかせて、ここは初夏のいい天気込みで、楽しかったかな、って感じでした~。^^

| | コメント (1) | トラックバック (1)

世にも恐ろしい小田急線の話・・・

この間の遅延話から小田急線への悪口・・・いえ、通勤利用者の嘆きを、つい書き連ねてしまっているのですが、今週はもっともっと恐ろしい目にあっていたんです・・・。

連日15分以上遅延なんてまったく当たり前の日常風景な小田急線上りの通勤電車ですが、万年ギリギリ出社な私も、先週末からついに始業30分前出社するように切り替えました。ふだんより15分早く出ても「本日に限り・・×××のため・・・」なんてアナウンスと共に結局遅刻してしまったりする小田急なので・・・。

とりあえず30分前にオフィスに着いてみると、出社している人はごくごく、ものすごく少数しかいないわが社。ふつう、金融他社や証券会社なんて始業1時間半前くらいに出ている人が多い業界だと思うのに、わが社では呆れるくらい人がいなくて、気持ちいいーー♪⌒_⌒ のんびりお化粧直しとかもできるし~。

・・と、始めの2~3日は、ちょっと眠いだけで快適だったのですが。
4日目に、久しぶりに地獄の超満員電車のラッシュに遭遇してしまい、そのうえ生まれて初めて腰痛を患ってしまいましたーーーー。

ショック~~!!

その朝私は、椅子に座っている人の直前に立ってつり革に捕まっていたんです。そしたら隣に空いた20cmくらいの隙間にむりやり割り込んできた中高年の女性がいて、そのゴーインな力で、なんだか骨盤がゆがんだような変な感じを受けたのです。その場はそのまま忘れていたけど、ずっと椅子に座って仕事してたら、夕方近くなった頃まっすぐ立つと腰がピキーンと痛み出して、激痛じゃないけどなんかイタイ・・・なんか神経に触ってるって感じに・・・・

その日は温シップ剤を貼って耐え、翌日帰りにいつものカイロプラクティック・クリニックに行ってみたら、骨盤はねじれて歪んでるし、肩も肩甲骨も逆方向に押されたように歪んでるってことで、思った以上に悪かったのでした。

一応まっすぐにしてもらったけど、な~んとなく微妙な、まだちょっと神経に触れてる感じが残って、2日くらいサポーターをつけているように先生に指示されました。

でも全然意味なかったの。。翌日通勤電車に乗ったら、結局また同じように押されて痛み再発~~・・・。腰が痛いと歩くのもイタイ・・・

新しく乗るようになった便はどうもかなり混む電車だったと気づき、翌々日の金曜日(今朝)は、1本早く乗るか、乗る場所を変えようと決意。かなり場所を変えて、空いていそうな乗車口から乗ってみました。

しかし結果は。そんな努力もムダでした・・・。登戸、成城学園前あたりで三たび乗員数はピークに達し、車両の真ん中まで、立ってる人だけでびっしり4~5列。どこもかしこも隙間なんてなし。またも座席の最前列に立っていた私は、後ろから押されて窓に肘をついたまま、何駅も元に戻れなくなったくらい。腰痛はまたまた悪化・・・。


早めの便に乗ると、遅れるにしてもそれほど遅延時間が大きくないのは間違いないですね。出勤時間直前まで雪だるま式に遅れの幅が増えていくんですよね。だけどこの混み方は、、、。少し便をずらせば多少変わるかもしれないけど。車両を変えても、乗り降りが多い駅の階段に近い位置だとものすごく混む。そして乗車距離が長くて混む駅もいっぱいあるから、どこがどの駅で混むかなんて相当時間をかけないとわからないんですよねー。

ふだんは全然報道されないけど、ぜったい捻挫とか手首骨折とか、打撲とかぎっくり腰とか、通勤電車内で相当数出ていなきゃ不思議!小田急の朝のラッシュぶりは・・・・。田園都市線も半端じゃないって聞きますけど。あと東海道線の横浜-川崎間とか、東京メトロ銀座線とか。
実際車内の事故率はどうなのか、電鉄各社にはちゃんと統計取ってもらいたいです!

| | コメント (0)

2008年6月 4日 (水)

オシム監督アドバイザーに就任

Osim0806_2Osim_2 今日午後5時過ぎ、日本サッカー協会で記者会見があり、オシム前代表監督が日本サッカー協会のアドバイザーに就任した、と発表されました。

写真や動画を拝見すると、やっぱりまだ病後のやつれや若干の後遺症が残っておられるように見え、だからこそいまはまだ特定の職責を負わない形で、日本サッカーに知識や経験を寄せていただくのが適切なのかなという気がしました。

岡ちゃんがなんとか予選第1戦に気持ち良く勝利した直後というのもアドバイザーという立ち場を発表するには適当だったかも。。

とにかく今はすっかり元気になられるまでの期間と思うべきでしょうね~。それでも半分体馴らしの感じで少しづつでも、日本サッカー界に留まって、また何かしらの貢献をしてもらえることを、静かに喜びたいと思います。。


■<オシム氏>病気後初の記者会見 「今後は別の形で貢献を」(2008/6/4 21:29)
日本サッカー協会のアドバイザーに就任した前日本代表監督のイビチャ・オシム氏(67)が4日、昨年11月に脳梗塞で倒れた後、初めて記者会見した。スーツ姿のオシム氏は、つえに頼らずに歩くなど、順調な回復ぶりを示した。「病気で仕事は続けられなくなったが、今後は別の形で貢献したい」と語った。(提供:毎日新聞)

■アドバイザー就任のオシム氏「今度は私が頑張れと言う番」(2008/6/4 18:44)
日本サッカー協会は4日、都内のJFAハウスでイビチャ・オシム前日本代表監督のアドバイザー就任記者会見を行った。会見に出席したオシム氏は「向こう側の世界まで行って戻ってきました」とオシム節で会見を始め、、、(下に続きます。)

続きを読む "オシム監督アドバイザーに就任"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

iPhone発売決定

20080604_iphonereuter_2 ついにiPhoneが日本でも発売されると、今日発表されました。ソフトバンクから、「今年中」だそうで、どのニュースを見てもこれ以上の情報は出ていませんでした。(ソフトバンクが今日発表したニュース・リリースにそれしか書かれていない模様です。)

報道によると、ドコモとの争奪戦に勝ったとも報じられています。ドコモからじゃ体質的にアップル社の主張やこだわりが制限されそうだし、逆に孫さんは感覚的にアップルの人達となんとなく似ていそう。auが参戦していなかったのが意外ですが、ドコモよりはソフトバンクというのは分かります。

う~ん、ついにiPhone発売・・・。使い勝手が意外にイマイチとか日本じゃ常識のスペックがない、というのは外国製品にはよくある事だから、自分のニーズに合っているかよく検討しないと実際何とも言えないけれど。

ただ、毎年一回携帯を買い替える私が今年買えるのは・・・。12月16日以降ですね~。去年その日に機種変したから。でも人気製品はすぐ押さえないと1~2ヵ月待たされてしまったりするから結構ピンポイントなんですよね~。どうかな

・・・って、早くも真剣に検討を始める私。。(^_^;;

でも本当のところiPod nanoより日本製の携帯音楽プレイヤーの方がどう考えても使いやすそうだし、携帯電話の使い勝手への要求はiPodの比ではないから、ほんとに「買い」かどうか見極める必要がありそうですね。(←と、最後は冷静を装う・・。多分決めるのはその頃の気分次第かと。あと先日のPRADAケータイみたいに10万とか馬鹿な値段を言われたら買えないですけど。)


■ソフトバンク、米アップルのiPhoneを今年中に国内で発売
  ロイター [6/4 15:41]
6月4日、ソフトバンクは、携帯電話子会社ソフトバンクモバイルが米アップルと携帯電話機「iPhone(アイフォン)」を今年中に国内で発売することで契約したと発表した。写真は昨年6月、ニューヨークで撮影(2008年 ロイター/Mike Segar)

[東京 4日 ロイター] ソフトバンク<9984.T>は4日、携帯電話子会社ソフトバンクモバイルが米アップル<AAPL.O>と携帯電話機「iPhone(アイフォン)」を今年中に国内で発売することで契約したと発表した。
アイフォンは、携帯プレイヤー「iPod(アイポッド)」の機能が付いた携帯電話。欧米で07年に・・(以下略。引用終わり)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

W杯予選、オマーンに快勝 −ワンセグ携帯が初めて役立った件−

いよいよW杯予選再開となる、日本対オマーン戦。もう親善試合なんかじゃないんだ!今日、日本ホームの埼玉スタジアムで7時20分キック・オフ。

会社帰りの電車で座れて、しばし熟睡していた私なのですが、ふと目覚めて期待せずにワンセグをオンにしてみると、なんとちょうど「いまキックオフ」というアナウンサーの声とともに、スムースな映像が続いてくれるじゃないですか~~!♪!画面は小さいけれど緻密で選手の動きがよく見えるし、ケータイ・ワンセグは受信さえできればかなり使える感じでした♪

・・・と、日本のFKからのオマーンゴール前での攻防から、開始後10分で中澤がゴーーール!!ヤタ!

ところがゴールシーンのリプレイの途中で、画像がフリーズして音声も途絶える・・。乗ってる車両が世田谷区を過ぎて川崎エリアに突入してしまったのでした、、。またか・・・。(;_;)

その後ずう~~っとフリーズし続け、ほとんど使えなくなったのですが、一瞬だけ映像が受信できたと思ったら、それがなんと25分の大久保のゴールシーン!!
今日は私って、ツイてる??

その後は途切れ途切れの受信が続くも、前半終了直前に無事帰宅。後半立ち上がりの俊輔の右足ゴールは、普通に家のTVで見れました~。

・・・しかし。でも。3−0になったらなんとなく落ち着いてしまったのか、その後はあまりすっきりしない試合運びでしたね、、。もう1点取れそうなときはちゃんと取らなきゃ~。。
・・などと言いたい部分はあるものの、危なげなく3−0で勝利して、まずは幸先よいスタートを切れましたね!

代表の選手達、明日からすぐにW杯予選の中東歴戦ツアーに旅立つのですが、この勢いで一瞬も気を抜かず、1位で勝ち抜けてくれますように!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

PRADAケータイ


Pradaphone 今日の朝刊に、1台10万円とウワサの「PRADA携帯」の全面広告が出てましたね~。モデルのコは、イケメンなのかも知れないけどかなり人相悪いですよね~?コワイよ・・。

ちょうど先週、会社の人と話題にしたら、なぜかご親切にドコモ・ショップからカタログを持ってきてくれたんで、新聞広告とカタログを並べて記念撮影してみちゃいました。グレーがかっているのが新聞紙面で、黒い小さい四角がカタログです。ホンモノと記念撮影する機会はなさそうなので・・。

だってそもそもドコモじゃないし。10まんえんじゃ、10分の一くらいになってくれないと買えないし。ワンセグもなく、写メのスペックも200万くらいなんですよね。

カタログをみると、なんだかiTouchそっくりそう~。いったい誰が買うんだろう。実際にはいわゆる「ちょい悪オヤジ」系の方々ではないかと予想してみましたが・・・。(^_^;;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

薔薇が終わってカクタスの季節

今週はあまり身の回りの話題がなかった1週間。。といいますか、会社では3月に退社した同僚・Yさんの後任がやっと決まって今週から出社され、すごく明るくて元気な方だったので、チームはいい方向に動き出したような。やっとちょっとホッとした今日この頃でした。

個人的には・・・またも色々・・・。
Iceberg2008 そういいながら、そのうち写真をアップしようとしていたベランダの薔薇「アイスバーグ」が5月の終わりと共に終わってしまい、ふと見るとカクタスが咲き出していました。(※1へ)

あれ?カクタスって夏に咲くんじゃなかったっけ??(忘れたけど・・・)(※2へ)

写真上はグラスに挿したアイスバーグです。(後ろのガラスに写ったコップとかごちゃごちゃがお見苦しい~~~。すみません。。)
もともと中輪の房咲きで、やや小柄?な花ですが、去年はGW直後から猛暑になったためつぼみが充分ふくらまないうちに次々開いてしまい、ミニ薔薇みたいな花になって悲しい状態~・・・だったのです。今年は花びらもきちんと揃って、可憐に咲いてくれました。開ききるまでは中が薄いクリーム色で、完全に開花すると名前のとおり冷たいような白になるのも気に入ってます。^^

Kakutas_2  カクタスはこれ。(※1へ)Mipaさまからもらったサーモンピンクの方が夏に咲いてる気がするんですが。カクタスっていっても種類が違うのかも。

今日は先週の寒さを振り払う、暖かい日差しみたいでよかったですね~~。

(※1) 後で調べたら、同じサボテンの一種でもカクタスではなくて、エケベリア種の「花車」という品種でした・・・。

(※2) 夏どころか、コメントにありますように、Mipaさまから「カクタスってクリスマスに咲くのでは??」と言う問い合わせ?があり、調べてみたら、やっぱりカクタスは11月から咲く花でした・・・。四季咲きもあるらしいですが、それは例外。。
そっちは「デンマーク・カクタス」と呼ばれる品種で、花はそっくりですが、葉っぱは鉢から垂れ下がるように伸びていきます。こっちの「花車」は、葉っぱの形自体は似てますが、もう少ししっかりしていて写真のように上に伸びていきます。

ぜ~んぜん違う種類だったんですね~。(^_^; このところこの花車を夏に見かけたので、すっかり記憶がめちゃめちゃになってました。
ひとつ賢くなって、よかったよかった・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »