« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月28日 (水)

キリン杯パラグアイ戦

本日、というか27日(火)は埼玉スタジアムでキリン杯日本代表対パラグアイ代表戦がありましたね。

私の方は今週、仕事が半期のピークの中でも特に最後の山場なのでじっくり見ている余裕がなく、実はいまはまだ、帰宅後食事をしながら早送りしつつ所々見ただけなんです・・・。

先週のコートジボワール戦に先発しなかった俊輔、憲剛、山瀬、鈴木啓太はスタメンで、松井は遠藤に代わって後半から出場してました。

今日はどちらかというと後半の中程の辺りを見たのですが、SBに入った阿部がペナルティエリア横の方からいいパスを出したり、松井もいいラストパスを高原に送ったり、他にもいくつか、連携とかイメージの共有化とかができつつある感じがした場面がありました。

でもまだあれくらいのユルい連携だと、南米のパラグアイ位の強豪にきちんと守備もされてしまったら、得点を奪うにはちょっと足りない感じでしたね。DFにきっちり体を入れられて、いいパスは全然受けられなかったですね〜。

結果は0−0。失点はしなかったということですね・・。全体的にはどうだったんでしょうか。週末ちゃんと見直してみま〜す。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

サッカー忘れてヴァイオリン協奏曲

昨日は岡田ジャパン久々の試合でしたね。キリンカップ、相手はアフリカの強豪コートジボワール。そしてほぼ満員の豊田スタジアムで、日本代表は1-0で勝利!・・・だったんですが、、、、。自分のバイオリンを買って浮かれていたため、ついうっかり完全スルー。。。
夜のスパサカで気がつきました・・・。ニュースや新聞では岡田ジャパンが前回の惨めな敗北を一応振り払ったように書いてありましたが。どうも岡田ジャパンへのモチベーションがあれ以来下がってしまっているのが根本原因かもしれません。。。せっかく松井が初合流したのに。埼玉は見るようにしてみます・・・。(全然義務じゃないはずなんだけど。)

さて先週の日曜日にアマゾンからどさっとCDが届いて以来、結構まじめに聞き込んでいました。前述したコイズミ元首相が「バイオリンを習ってからバイオリン協奏曲を集中的に聴いて、そこから少しづつ広げていった」(主旨)と書かれていたのは、たしかに覚えやすい学習法かなと思って、マネしてみたんです。

何を隠そう、いま半期で一番仕事が忙しくて、とか色々大変なので、現実逃避してるんですね~~。間違いなく。

先週聞き込んだのは次のCDでした!

パッヘルベルのカノン/バロック名演集■パッヘルベルのカノン-バロック名曲集-【イ・ムジチ合奏団】
 収録曲:アルビノーニ / アダージョ ト短調、
      ヘンデル / 協奏曲 ロ短調(ハープ、弦、2本のフルートのための)、
      コレッリ / 合奏協奏曲 ト短調 作品6の8《クリスマス協奏曲》、
      パッヘルベル / カノンとジーグ
      バッハ / 管弦楽組曲第2番 ロ短調 BWV1067
 ※バロック音楽ってキレイだけど似通った感じで飽きやすいのですが、これはどれもどこかで聴いたことのある有名な曲がそろっていて、満足できるいいアルバムでした。特にヘンデルの華麗な曲がよかったです。

モーツァルト : ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調■ベスト・オブ・モーツァルト⑫ ヴァイオリン協奏曲第3番、第4番、第5番
 収録曲:ヴァイオリン協奏曲 第3番 ト長調 K.216
      ヴァイオリン協奏曲 第4番 ニ長調 K.218
      ヴァイオリン協奏曲 第5番 イ長調 K.219《トルコ風》
 演奏:アルテュール・グリュミオー(ヴァイオリン)、
 指揮:サー・コリン・デイヴィス ロンドン交響楽団
 ※モーツァルトのヴァイオリン協奏曲では一番人気があるのが3~5番というので聞いてみました。またヴァイオリンはシャープなタイプより華麗な音を聴かせるタイプの方がモーツァルトに向いているという口コミから、グリュミオーの演奏をチョイス。バロック時代の音の華やかさ、モーツァルトは引き継いでますね~。そしてより複雑で大きい感じも。
メンデルスゾーン&チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲■ハイフェッツ/メンデルスゾーン&チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲
 収録曲:チャイコフスキー / ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.35
      メンデルスゾーン / ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op.64
      チャイコフスキー / ゆううつなセレナード Op.26
      チャイコフスキー / ワルツ~弦楽セレナード ハ長調 Op.48より
 演奏:ヤッシャ・ハイフェッツ(ヴァイオリン)、
 指揮:シャルル・ミュンシュ ボストン交響楽団
 ※20世紀最大の天才ヴァイオリニストといえばハイフェッツ、と誰もが書いているので買ってみた。それも3大あるいは4大ヴァイオリン協奏曲として人気のメンデルスゾーンとチャイコフスキーの「黄金のカップリング」とかいうので。

チャイコフスキーは、CMで誰もが聴いたことのある超有名曲でした。すごく甘美だけどかなりセンチメンタルなので、昔の日本人受けする感じ?「クラシック名曲名盤独断ガイド」ではこのハイフェッツ盤、「ドライで情緒性に欠けるからキライ」と書かれていたけど、これ以上情緒たっぷりな演奏したら、演歌になってしまいそうで、私はこれで充分です~。

メンデルスゾーンの方には不思議なことが。レコードもCDも持っていなかったのに、聴いてみたら第1楽章と第3楽章、全部知っていたんです。。。全然理由がわからないけど、もしかしたら小学3年生のとき担任が熱心で、クラスで合奏コンクールに出た時に弾かされた曲だったのかも。。。(私はピアニカ。)全然気が乗らなかったので、本番では間違えまくったことしか覚えていないんですが・・・。(上記の「ガイド」ではこちらはベスト1でした。)


あと聞き込んではいないけどざざっと聞いたのは次の二つ・・・。

■ブラームス/ヴァイオリン協奏曲

 収録曲:ブラームス / ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品77
 演奏:ダヴィッド・オイストラフ(ヴァイオリン)、 
 指揮: ジョージ・セル クリーヴランド管弦楽団

■ハイフェッツ/シベリウス、プロコフィエフ&グラズノフ ヴァイオリン協奏曲
 収録曲:シベリウス / ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 Op.47
      プロコフィエフ / ヴァイオリン協奏曲 第2番 ト短調 Op.63
      グラズノフ / ヴァイオリン協奏曲 イ短調 Op.82
 演奏:ヤッシャ・ハイフェッツ(ヴァイオリン)
 指揮:ワルター・ヘンドル シカゴ交響楽団(シベリウス)
     シャルル・ミュンシュ ボストン交響楽団(プロコフィエフ、グラズノフ)

あ~あ、なんでこんなことばっかり勤勉なのかしら。。>自分
あとはベートーベンのヴァイオリン協奏曲を聴いたら、ソナタはあんまり自分の好みじゃない予感なので、弦楽四重奏とかの方を集中して聞き込むつもりです~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベトナムに「CHANGE」着!

先日『ベトナムに「CHANGE」送ります』で書いたとおり、Rちゃんに「CHANGE」第1話のDVD-DWを送ったのが今週19日(月)のことでした。始めは速攻で送ってあげようとFEDEXに行ったのですが、4日で着くけど送料9,000円!だったのと、関税をすばやく通過するためかかなり内容が厳格で、歯磨きを送るには相手が輸入許可を取っていなければダメ、とかいうので郵便局からEMS便で送ったのです。ところが~・・・・

24日(土)の昼間、Rちゃんから「今日届いたよ~~~!!!」っていう大歓喜!の電話がかかってきました!たった5日よ。アメリカに送るより早いくらいだったんじゃないの?!スゴイ。EMS(笑)。

だって、1~2ヵ月かかることもあるって聞いたし、Rちゃんによると「税関の係員・郵便局員・配達員のだれかがやる気ない人だと、何週間も何ヵ月もかかったりするし、FEDEXだって国内の配達員によるし、ホントにいいかげんだからわかんないんですよ~」っていうことだったのに。きっと勤勉な方たちの連携プレーだったんでしょう。今回は!

頼まれた荷物の他に、母のアイデアで、パッキング材代わりにお菓子のアラレを入れてみたのですが、それも大喜びしてもらえて、よかったよかった♪。ちょっとした日本の食べ物が嬉しいだろうと思ったので、和紙風の小袋に入っていてプラ製トレーも入っているデパ地下の和菓子屋さんのアラレをばら売りで買って入れてみたのです。トレーがパッキン材代わりになりそうだったし。

やっぱりちょっとした日本で普通のものがないのが辛いらしく、これからもDVDだけだと送料がもったいないので、ちょっとしたものをリクエストしてもらって同送することになりました。ポテチとか日本茶とかそんなものになりそうだけど・・・。でもRちゃん、電波状況が悪くてよく聞こえなかったのですが、鶏肉が食べたい・・・とかわけわからないことを口走ってたけど。鶏肉くらい、ないの?ベトナムに。肉は輸出できない気がするけど~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

ヴァイオリン購入の巻

Klaushefler01_2 究極の『無駄遣い日記(R)』((R)神原ナヲヂさん)なのかも・・・・ですが、金曜日、ついについに自分のバイオリンを買ってしまいました・・・・!

購入したのは御茶ノ水の「クロサワ・バイオリン」で買った『Klaus Heffler(クラウス・ヘフラー)#500』です。しかもセットで、弓と、中がブルーグレーのベルベットで湿度計も付いている角型ケースと、肩当はちょっと気になっていた『ビバ・ラ・ムジカ』、松脂はメジャーなフランスの『ミラン(通称・黒猫)』と、どれもなかなか良いものが付いていました。

あぁ私の買い物としては過去最大級の大金だった・・・ドキドキ・・・。でもなかなか良い物が購入できて大満足ですっ!(⌒_⌒)

レッスンのクラスでもみんな次々と自分のバイオリンを買って持ってくるようになって、私もレンタル品があるからいまや全員自宅から持参・・・なんですが、やっぱりそろそろ下見しに行こう、という気になってきていました。

それから先週から今週にかけて、バイオリンの先生をやっている方のサイトで見かけたお薦め本「ヴァイオリン各駅停車(Guide to the Violin)」[森本志乃・著/レッスンの友社]「◎これ1冊ですべてわかる◎MEISTER'S Q&A 弦楽器のしくみとメンテナンス」[佐々木朗・著/音楽の友社]を読んだのも大きな助けになりました。

パーツ別の特色や、楽器ケースから楽器を安全に出し入れするやり方!から、楽器のニスの色がツヤツヤしていれば良いわけでもないことなど、初心者がわからないことひとつひとつ、すごく分りやすく書いてあったので、どういうところをポイントに考えればいいのか真っ白だった頭の中がほんの少しですが整理され、下見をしに行く自信がでてきたのでした。

サッカー友だちのKちゃん(この間一緒にアイススケートを見に行った)はもう6年も夫婦でバイオリンを習っていて、御茶ノ水のクロサワ・バイオリンを愛用していると教えてくれたので、そのうち一緒に見に行ってアドバイスしてね~なんて言ってたのですが、金曜の夕方早めに帰れて用事がなかったので、御茶ノ水の楽器店巡りをしてみようと思いついたのが運の尽き・・というか。(^_^;

下調べしたら下倉楽器なども相当よさそうだったので、先に行って見てからKちゃんお薦めのクロサワに行くつもりが、ロケーションの関係でいきなりクロサワ・バイオリンに行って、いきなり強力に勧められ・・・。結局そこで決めちゃった。でもクロサワでよかったかも。

初心者向けの品揃えがすごく充実していたし、かなり強力に勧めてくれた店員のイルマスさんは、途中でKちゃんに電話したら彼女たちもいつも相談に乗ってもらっている信用できる人だというので、安心して話を聞けたし。なにより、予算に該当するバイオリンを次々と壁から取って弾き比べてくれて、特徴を教えてくれ、なおかつどうしてこのKlaus Hefflerがこの中で一番のおススメかを話してくれたので、充分ナットクして決められたし。

音が一番明るく伸びやかで雑味がないというの、素人の私でもなんとなくわかりました。また私の好きなバイオリンの音はヴィヴァルディやヘンデル、モーツァルトみたいな明るく輝く音なので、明るいというのが一番気に入ったところです~。

Kちゃんが昔初めて買ったのは、やっぱりクロサワで買った『カール・ヘフナー』だったそうで、こちらはギターでも世界的に有名なドイツの弦楽器メーカー。それは御茶ノ水店にはいまは在庫が無いようで、私が買った『クラウス・ヘフラー』はニス職人のお父さんと楽器職人の息子でやっているまだ歴史の浅い小規模な工房だそう。ただしその分、ドイツ製のしっかりした楽器が比較的安く手に入るので、最近クロサワでは入門用にずいぶんこちらを一押ししているとのことでした。(学生オケの人なんかにも勧めているとか。)

Two_violins02 ヤマハのレンタルバイオリンと並べて記念撮影をしてみたりして。右が借りているヤマハ、左が買ったヘフラーです。

ヤマハのを借りてると言ったら、イルマスさん、中国で作らせているでしょうって言ってたけど、そのとおり。f溝から見えた中のシールに「made in China」って書いてあったもんね。中国製はピンきりだけどいい工房も増えているとのことですが。今日弾き比べて(?)みたら、買った楽器の方が音が大きく伸びが良かったみたいです。・・・嬉しいけど、ご近所の目も気になったり・・。いや、嬉しいでしょやっぱり。とにかく練習がんばりますね♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

中村のセルティックが3連覇

Celtic_20080523 中村俊輔所属のセルティックが苦闘の末に3年連続リーグ制覇!これまでの2年間と違って、今年はリーグ戦でいまいちな戦いが続きいちじは自力優勝が限りなく不可能となったとさえ聞いていただけに、これにはちょっと感動してしまいました。絶望的といわれても、集中を切らさずあきらめなかったからこその結果ですよね。

宿敵レンジャーズとの直接対決・・名高い「オールド・ファーム」ダービーマッチも、今年はことごとく勝っていたし。というか、あの連続の直接対決での勝利が、優勝の可能性を引き寄せた感じですね。

昨日のCLにくらべたらだいぶ地味ですが、とにかくおめでとうございます。 俊輔はウワサの横浜Fマリノス復帰を封印して(?)来期もセルティックに残留を決めたとの報道もありました。マリノスの経営陣にとってどうかはともかく、いまのところはお互い良かったのではないかと・・・・。

■セルティックが3季連続42度目の優勝=スコットランド【5月23日12時13分配信 スポーツナビ】
 セルティックがリーグ3連覇を成し遂げ、通算42度目となるスコットランド王者のタイトルを獲得した。宿敵レンジャーズとの勝ち点差をシーズン終盤に少しずつ縮めてきたセルティックは、最終戦の第38節で劇的な逆転を果たした。セルティックはダンディー・ユナイテッドを1−0で破り、アバディーンに0−2で敗れたレンジャーズを3ポイント上回った。

 最後の決戦を迎えた時点でセルティックはレンジャーズと勝ち点で並んでいたが、得失点差で上回っていた(+57と+53)。結局ゴール数の計算は必要なく、セルティックがフェネホール・オフ・ヘッセリンクの1点で勝利を収める一方で、アウエーでアバディーンと対戦したレンジャーズはリー・ミラーとダレン・マッキーのゴールに沈んだ。UEFAカップ決勝でゼニト・サンクトペテルブルクに敗れたレンジャーズは国内リーグのタイトルも憎きライバルに奪われ、悪夢のような1週間となってしまった。(引用終わり)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月22日 (木)

欧州CL、マンUが優勝

Man_u_20080522_2 朝起きてTVを点けたら、欧州チャンピオンズ・リーグの決勝戦をやっていて少しだけ見ることができました。決勝に勝ち上がったイングランドの2チーム、マンチェスター・ユナイテッド対チェルシーはどちらも譲らず1−1で延長の末、ちょうどPK戦に突入していたところでした。

得点はCロナウドとランパードが1点づつゴールを決めていたのに、PKではなんとCロナウドがGKに止められて決められず!・・やはり普通じゃない重圧なんですね。決勝戦の最後のPKなんて。よくエースや試合中に決めた選手がこういう時PK外しますもんね。

ところがここで決めればチェルシー初の欧州王者、という王手を架けたその時に、キャプテンのテリーがなんと痛恨のミスでPK失敗!(テリー結構好きなんだけど。)屈み込んで立ち上がれないテリー。。
結局ふり出しに戻って、7人目アネルカ(チェ)をGKファンデルサール(マU)が止めて、マンUが9年振り3度目の優勝を果たしました~。これで12月の世界クラブチームW杯で来日するのはマンチェスター・ユナイテッドに決まりました。

Cロナウドは大の字に突っ伏したまましばらく起き上がれませんでしたね、、。なのにいま最新ニュースによると、Cロナウドはレアルマドリー移籍を決意、マンU側もレアルと交渉せざるを得ないと認めたとか。はやっ!CLに勝てば移籍を認めるって話になってたんですね。あの優勝の感激の姿はそれはそれ、これはこれなのか・・。

・・てことは12月に来る時はもうCロナはいないんですね~。

大雨のロシアでの激戦、、だったみたいだけど、PKしか見れてないので(PKで優勝が決まるなんてほんとは嫌ですよね・・)‥試合は後日再放送で堪能したいと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2008年5月21日 (水)

U23日本代表、オランダに勝利!+ヤタガラス五輪絶望(笑)

フランスのトゥーロンで昨日開幕したU23の国際サッカー大会。つまりオリンピック代表の、世界での実力を見る戦いになっているわけですが、初戦の相手はなんとオランダ。これは厳しい・・・と予想していたら、なんと勝利の吉報が届きました!!

オランダはリザーブ組ということではあるんですが、実際のオリンピックでも対戦が予定されているだけに、これはかなり嬉しいニュースです~。


■U23日本、オランダに勝利=トゥーロン国際サッカーが開幕【5月21日9時1分配信 時事通信】
【トゥーロン(フランス)20日時事】サッカー23歳以下(U23)代表8チームで争うトゥーロン国際大会が20日に当地で開幕。1次リーグA組の2試合を行い、8月の北京五輪に出場する日本は初戦でオランダに1−0(前半0−0)で快勝し、勝ち点3を挙げた。同組のチリは地元フランスに5−3で逆転勝ちした。

北京五輪で日本と1次リーグ同組のオランダは、控えメンバー主体。日本は前半積極的にシュートを打てなかったが、後半20分に李(柏)が味方の長いゴールキックを利してそのまま押し込んだ。

大会は8チームが2組に分かれた1次リーグを行い、日本は22日にフランス、24日にチリと対戦。上位2チームがB組2強との準決勝に進む。


なお、ちょっと変わったニュースとしては、「ヤタガラス、北京五輪絶望」(笑)というのも・・・。(記事のタイトルがステキ過ぎる・・^^;)
Photo
日本サッカー協会のシンボルとして、代表のユニフォームには必ず付けられている3本足のカラスのエンブレム「ヤタガラス」。いままではフル代表も五輪代表も同じユニを着用していたのですが、国際オリンピック委員会の決定で、今回の五輪から「国旗と製造メーカーの商標以外を衣類や道具類につけてはならない」といううるさいルールが決まったのだとか・・・。

「レプリカを売るなどの商業行為を避けるため」らしいのですが、こうなると五輪代表のユニを別に作り直さざるを得なくなるので日本サッカー協会も困惑しているそうです。
もちろんそれぞれの国にはその手のシンボルマークがあるわけで。イングランドのスリー・ライオンズなんかが有名ですよね。イングランドチームのユニって、たいていスリー・ライオンズのエンブレム以外ほとんど真っ白だったりするから、これがダメって言われたらものすごくデザインを変えないと“もたない”んじゃないんでしょうか?!

この話題、特にサッカー関係にはまだまだ波紋がありそうですね。^^
元記事は以下に続きます~。↓

続きを読む "U23日本代表、オランダに勝利!+ヤタガラス五輪絶望(笑)"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

台風?により電車遅延

昨夜の台風(?)はとんでもなかったですね〜。

通勤途中の公園は周囲の歩道を含めて完全に冠水してて回り道せざるを得なかったのですが、そこにあんなに水が貯まっていたのは初めてみました。

通勤の足・小田急線はメトロ乗り換え駅の代々木上原まで1時間バッチリ遅れたし、、。乗り換えた千代田線もまた遅れてたけど、多少早目に家を出たため出社は45分の遅れでした・・。

でも小田急線は、今年4月の新学期始業式の頃から3週間くらい、ほぼ100%毎日、いろんな理由で最短でも15分〜20分は遅れ続け、その合間に時々30〜40分遅延していたんです。

それなのに昨日は朝家を出る時、テレビで仰々しく「小田急線は15分の遅れが出ています。」なんて言ってたので耳を疑った。大嘘つき。テレビに思わず、「15分ならいつもと同じで台風の影響ないってことじゃん!」と突っ込んでしまいましたょ・・。ほんとに。。

小田急線、今年の春はあまりにも酷かったです、、。それでもまだ田園都市線よりはマシなのかも。。噂によると、通常が20分遅延らしいですね。

・・どっちの会社も、実行不可能なダイヤなんか組まなきゃいいのに。素人の乗客を惑わすのはやめてほしいです。(怒)

・・・な〜んて、結局昨日は台風?よりも電車にストレスためた朝でした〜。

でも私は昨日は珍しく、すぐ隣の駅から座れたのでかなりラッキーだった方。座ってても立ってる人の脚がぎゅうぎゅう当たって痛いくらい混んでいたし。途中駅からの人は、そもそも乗れなくて何台も電車を見送ったと言っていました。。

雨にも風にも雪にも地震にも、とにかく弱いよね〜。首都圏の電車って・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

ベトナムに「CHANGE」送ります

ベトナムの日本人学校にRちゃんが赴任してはや一月半。頼まれていたキムタクの新ドラマが始まったので、様子伺いがてらベトナムにDVDを送るとき気をつけるポイントなどを問い合わせるメールを出してみたら、まだ慣れない土地で四苦八苦してるRちゃんの、お疲れモードの近況報告がさっそく届きました。⌒_⌒;

日本ではありえないいろんな事に翻弄されてる真っ最中だったらしい・・・。教員として恵まれた住居等を用意されているらしいのですが、それでも新築アパートなのに雨漏りはするわ、TVのアンテナ修理はすでに10回以上、なぜか家の中に蟻んこが500匹・・・とかの毎日らしいです。ジュースに蟻や虫が水沒してても、早くも気にならなくなってきた今日このごろとか。

でももう少し落ち着いたら、土地の人と親しくなったり、生活の楽しさを書いてくるようになるかもね。いまはとりあえず心の癒しになりそうなので、「CHANGE」、さっそく送ってあげることにしました。

・・で、私もネットでベトナム在住日本人の現地情報サイトとか見たら、ドラマの録画DVDを3枚送って関税40万ドン払わされた!なんて書いてあるのがあってびっくり~。開放政策中とはいえ社会主義国家なので、特にCDとかDVDとかの検閲がきっちりしていて、全編ちゃんと翻訳してチェックされるそう。なので翻訳料が関税に上乗せされるらしいんです。(もちろん受け取る側が関税を支払う。)

40万ドンは、調べてみるといま日本円で2,600円くらい。日本の感覚ではさほどでもないのですが、現地に住んでるとびっくりする額ではあるらしいです。

Rちゃんによると荷物の費用(いくらくらいの商品が入っているか、無くなった時の保証のため書く欄がありますよね?あの金額。)が思いっきり安いと、関税もほとんど取られないようだと言ってました。なので今回はDVDもラベルを手書きにしていかにも使い回したディスク風にして、保証価額も1~2ドルとして送ってみる予定ですー。

ついでに歯磨きも頼まれたので、それも2~3本、1本80セント計算で申告して送る、、。ベトナムには、去年毒入りと問題になった中国製造の某アメリカメーカー製品しか売ってないからなんだって。日本のクリ○○リーンを必死でベトナムから求める図って、いったい・・・。(^^;;

でもまぁ、外国での暮らし始めって、日常品が1番違和感ていうか、気になるのかもですね!クリ○○リーンで朝晩安全に歯磨きしつつ、キムタクに心癒されて、がんばれRちゃん!!の応援気分になる私でした。(でも「CHANGE」、かなり面白くなりそうだけど同時にかなり濃いので、“癒し”になるかはビミョーかな~?)

P1000273_2←Rちゃんと同じく、予想外の成り行きにお疲れモードのキムタク朝倉・・・(「CHANGE」第1話より)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

《無駄遣い日記#2》クラシックCD買い捲り

※「無駄遣い日記」の商標権?は神原ナヲヂさんの「Half Time」にあると思われます~。

数日前に読んだ小泉元首相の「音楽遍歴」によると、小泉さんは中学・高校のときバイオリンを弾いていて、クラシックは何度もBGMとして聴いているうちに良さが分ってくる、自分はそうして流し聞きをしてだんだん聞き込んでいる、って書かれていました。

確かにそうかも。真剣に聞いてると疲れるし、そんな時間もないしね。BGM型視聴、大賛成です。これは自分にもすぐに取り入れたいなって思いました~。

・・実はこのところクラシックのCDをなんとなく、しかしやたらと買っていて、先月もカール・クライバー指揮、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団の「ベートーベン/交響曲第5番、第7番」とかキャスリーン・バトル(歌)の「ヘンデル/オンブラ・マイ・フとか買ってしまったのに、今日も本を読んだらつい、コイズミお勧めのチャイコフスキーとブラームスとシベリウスの各バイオリン協奏曲(バイオリン演奏はハイフェッツとオイストラフ)、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第3番、第4番(演奏はグリュミオー)、イ・ムジチ楽団のバロック楽曲集などを、、、しかもクラシックって1,000円くらいのCDが多いから、ついついまたもやアマゾンで申し込んでしまいました。。。だって、「バイオリンを弾き始めたので、まずバイオリン協奏曲を集中的に聴いてクラシックを覚えていった」とか書いてあるから、ついつられて・・・。

ついでにその前に読んだ「クラシック名曲名盤独断ガイド(ベスト3&ワースト1)」(樋口裕一編著、だいわ文庫)って本もチョイスの参考にしつつ。ひとつの曲に対して、いろんな演奏や楽団の録音があるけれど、この本はその中から3曲くらいをおススメ名盤として紹介してくれているので、どれを買えばいいか迷った時の参考にはなりました。これを読むと古い録音のばかりを薦めているように見えたけど、アマゾンでチェックしたらまだまだ普通に売られている盤ばかりだったのにもちょっとびっくり・・・。クラシックって4~50年前の録音盤が普通に流通してる世界なんですね~。

そんなこんなな無駄遣いをしておきながら、実は昨日は気分を変えるために突然「house nation(ハウスネーション)/ティー・ダンス 3rdギグ」 なんかも買ってみていたりして・・・・。(この無駄遣い、ストレス解消欲求なんですよねー。いろいろありまして。今週もまた・・・。そのうちご報告できるかも・・・。)でもこのハウスのリズム感も、久々でかなり楽しかったです。ジャケットの帯を見ると、月いちでハウス大舞踏会を日曜午後にやってるとか!・・・・・いえ。でも参加する自信は、ないですね。全く。完全に。踊れたのはムカシの話です~(ガッカリ・・) ↓これです~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

オシム監督の新情報と欧州リーグの話題いくつか

06072201osimugra00115g060721t_3   あれから新ニュースがなく、どうしていたかと思っていたオシム前監督の新人事ですが、やっと今日、日本サッカー協会から「アドバイザー」に起用することになったとのニュースが配信されました。(写真は代表監督就任時のオシム監督。うぅ、なつかすぃ~~)

協会がオシム氏をアドバイザー起用へ(スポニチ2008年5月16日

『若年層の指導や、指導者の養成などにかかわり、日本のサッカーに対して、広くアドバイスする』と書かれているのですが、アドバイザーとかいうと、特定の権限や責任は発生しない、漠然とした職種ってことになりそうですよね。。。どうなんでしょうねー。

もう少し具体的なイメージが持てることを依頼するかと思ったら・・・。ちょっと今後の立場が微妙な気がします。川渕会長も7月を持って退任ということですし。

今週は他にも、欧州チャンピオンズ杯の決勝戦が行われ、グラスゴー・レンジャーズにロシアのゼニトが勝って初優勝したとか。また、そろそろリーグ最終戦を迎えつつある欧州各国で、今期限り引退などの寂しいニュースもずいぶんありましたね・・。

Photo_3   
元ポルトガル代表・ルイコスタ、現役引退を発表(サンスポ2008年5月13日)

本物の方のルイ・コスタさんがついに引退・・・。

Photo_4 バイエルン・カーン、引退後“日本代表GK発掘プロジェクト”計画!(同)

なつかし~!日韓WCで大活躍したオリ・カーンです。テーマソングのアルバム、おかしくてつい買っちゃったな~。彼もついに引退・・・。あれ以来日本びいきになられたそうな。

でもACミランのDFマルディーニ(39歳)は、引退を撤回し、来期も選手生活を続行するとか伝えられてます・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

小泉元首相の「音楽遍歴」

今日ランチタイムに書店でふと見た、小泉純一郎元首相の著書「音楽遍歴」(日経プレミアシリーズ、新書)を買って読みました。お昼休みと帰りの電車で読み切れる軽~い書き振りは、どうも本人が直接書いたわけではなく、口頭で語ったものを編集者が書き起こした感じ。政治の回想録は書きたくないけど好きな音楽の事ならって快諾してできた本らしいです。

・・・なので内容は軽いのですが、面白いエピソードもけっこうチラホラありました。日韓ワールドカップのとき、忘れてたけど、カナダでサミットに出席していたドイツのシュレーダー首相(当時)が、ドイツが予想外に決勝戦まで進んだのでどうしても見たいと言って、小泉首相の専用機に便乗して日本に来たっていう出来事が、そういえばありましたよね。

そのエピソードも載っていて、無理矢理便乗させてもらったお礼にと、シュレーダー首相は「小泉、あなたはワーグナーがお好きとか。W杯のお礼に今度はバイロイトで。」などと言い残して去り、本当にバイロイト音楽祭から招待状をもらって、シュレーダー首相と二人タキシードで乗り込んだっていう後日談が書かれていました。^^
バイロイト音楽祭、普通に申し込むとチケット当選?まで10年くらいかかるそうです。職権濫用?!・・なんだけど面白かった・・。

クラシック愛の話もなかなか面白いですが、今週ちょうど日経新聞夕刊に連載されている漆間(うるま)前警察庁長官には負けますね~。(1週間連載「こころの玉手箱」。)漆間さんは小学生の時からピアノとバイオリンをやっていて、警察庁を退官した現在、「難曲探険隊」の仲間とインターネットで“知られざる名曲”の楽譜を入手しては演奏会をしているそうな!

激務そうな立場の人に意外な芸術の余技が・・なんて、なんかいいですね。文化的で、ちょっと見直してしまいます。

小泉さんの本に戻りますと、巻末に愛聴盤リストが出ていたので、これを参考に私も聴いたことのない曲を少しづつ開拓しようかなと思ったりしています~。

 ←これです~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

J順位と、ジェフ新監督の謎

この土日、あんまりサッカーは見られませんでしたが、とりあえずJリーグ各チームの順位は次のようでしたね・・・。

マリノスは昨日ガンバと戦い、後半2点取り返して引き分けたけれど、やっぱり7位、、。アントラーズが6戦勝ちなしで6位に後退、ガンバもACL決勝リーグ進出を決めたのにJでは10位と意外に苦戦しているのが気になります。

①浦和レッズ、②名古屋グランパス、③川崎フロンターレ、④FC東京、⑤柏レイソル、⑥鹿島アントラーズ、⑦横浜Fマリノス、⑧大分トリニータ、⑨大宮アルディージャ、⑩ガンバ大阪・・

サッカーの世界ではそのほか、イングランド・プレミアリーグにおいてマンチェスターユナイテッドが2年連続優勝を決め、リーガ・エスパニョーラではバルセロナが今朝?ホーム最終試合。ライカールト監督の後任も週末に発表されましたね、、。

しかし、それより何だかいま私が気になっているのは、実はジェフ千葉に監督として就任が突然決まった、アレックス・ミラー監督の就任経緯ってなんなの?!?・・っていうか。

ミラー新監督は、土曜の今期初勝利した試合にイギリスから駆け付けて観戦し、その後すぐ就任の記者発表に挑まれ、「中長期的展望よりいまは一試合一試合勝つことが大事」と、非常に現実的かつ適切な発言をされていたようですが、、。

下にコピペしたように、リバプールの現役のヘッドコーチなんでしょ?今期の終了後体制が変わるにせよ、どういう経緯で、いまJ最下位に苦しむ千葉に来てくれることになったんでしょうか??あちこちチェックしてるけど、よくわかりません。何かご存知の方がおられたら、ぜひ教えてほしい心境です〜!

ジェフはオシム監督の時もいきなりの大物取りをしたけど、その時の乳母井さんも今はいないし、それ以来旧ユーゴ系人脈のイメージだったジェフに、今回なぜ突然プレミアの、しかもコーチとはいえかなりな大物が着任とは。それともオシム監督のUEFA繋がり・・??(←いえ、全く根拠ありません〜。)


《ジェフユナイテッド千葉・新監督》
■監督:アレックス ミラー[Alex Miller]
■国籍:スコットランド

続きを読む "J順位と、ジェフ新監督の謎"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

肩凝りはバイオリンの友、らしい‥

この頃異様な肩凝りに悩まされていて、1~2週間は吐き気さえ続いていたので、週末久々に表参道ヒルズの整体小顔エステに行って来ました。

肩凝りにエステって、ちょっとズレてるかもですが、ここは整体メソッドなのでフェイシャルの前に背中から首、頭までしっかりほぐしてくれるんです。実はGWの間、草餅とか和菓子系が連日家にあったので毎日2個づつ食べてたら(^^;さすがに顔の丸みが気になってきたし、、。(←これは当然の報いかと・・。)。

ところがやはりここでもいままでになく異様に肩が凝ってる、特に左肩、と言われ、考えたらバイオリンを習い始めた後から始まってるので、これ、ただの筋肉痛??・・ってことに思い至りました。。

いや~、ホントに楽器を支える筋肉が足りてない感じなんですよね~

そして昨夜はGW明けて2週間振り第3回目のバイオリンレッスン(⌒o⌒)♪がありまして‥。

今回から初めて、左手の指を使って弦を押さえ、全音階を弾いていく練習に入ったのですが、そのとたん、もはや楽器を左腕で支え切れなくなってきて、特に先生のお話を聞いてる間は常に右手で左手を支える状態になってしまいました。。あ~左肩が痛い。腕が持たない~、、。肩甲骨の回りもパンパンだし、、、。

いままでちっとも知らなかったです・・・筋トレしないと楽器が弾けないなんて!

でも私かなり非力なところがあるので、やっぱりここらで必要でしょうねー。腕・肩・上半身の筋トレも・・・。

そういえばGW中に自分で張ったE弦は完全にやり方が間違っていたみたい・・。スタッフの方に張り直してもらってしまいました、、。調律も、張り直しの間借りた教室のバイオリンに比べて明らかにヘン。そちらは先生にし直して戴き、まだ自分ではムリだろうと言われました。(←すべてにおいて挫折・・^^;;)


今回は私以外にも楽器を自分で用意して来られた人がいて、だんだんみんな本腰が入ってきた気配です~。o(^−^)o

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年5月11日 (日)

のだめカンタービレ最新作読みました

今日10日は雑誌「Kiss」の発売日で『のだめカンタービレ』の連載再開日でした~。個人的にはこの週末、解決しなきゃいけない問題が色々あって、漫画読んでる場合じゃない部分もあったのですが(でもサッカーも見たけど‥)、昨日届いたスペシャル番組DVDも見ちゃったし、事実上のだめ祭り状態になってしまいましたです~。f(^_^;

ところで雑誌の扉ページに書いてあったところによると、アニメ版『のだめ』の続編“巴里編”が制作開始され、10月から放送予定だそうです。アニメも楽しんでいらっしゃった方々には朗報では。。^^私はまだアニメ版見てないんですが、(アニメってもの自体がなぜか苦手なんで。)パリ編・・と聞いたら、ちょっと今回は見てみたいですね~。

さて最新版のだめですが(Lesson123?125??)。

う~ん、こんなところでまさか千秋とのだめのベッドシーン(?)が出てくるとはね~~

二ノ宮さんは絶対はっきり描かないと思っていたので、ありえないものを見てしまったような・・・・・(??ウソ。)

って言っても、やはりそこは二ノ宮さん。露骨な表現は一切なく、抑制が利いた上品な描き方、ていうか直前直後しか描かれてないし、これまで通り“二人にはいつもの感じなんですよ”風なあっさりした流し方をされていたので、読んでてホッと一安心(?)でしたが~。

・・・のだめのストーリーの詳細をしっかり読み込んで紹介されている方は他にもいらっしゃるので、毎回私もそれに加わるというつもりはないのですが、今回上記のまま感想を終わると、なんだかかなり変なので!、今回はまたストーリーの紹介をまじめに下記に書かせて戴くことにします、、、。

続きを読む "のだめカンタービレ最新作読みました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェフ千葉初勝利

土曜日は雨の一日でしたが、雨の中も各地で行われたJリーグ。横浜マリノスの試合は明日だけど、このところズルズルとランクを落として7位までダウンしてますね~・・・・・・・。

でも今日1番印象に残ったのは、まだ一度も勝ち星がなく新監督も解任されたジェフユナイテッド千葉の初勝利です!

今期はシーズンが始まる前からアマル・オシム監督の解任、代表選手の大量流出、シーズン直前まで監督も方針も決まらないなどチーム力の大幅ダウンを予想されていたとはいえ、いままで一度も勝てず最下位を続ける姿は、あまりにも痛ましいものでした・・。イビチャ・オシム監督の頃からのジェフの走るサッカーは好きだなと思っていたので、いまの状態は見るに堪えなくて・・・。

試合は前半が均衡を保ち、後半ジェフは猛攻の末、工藤選手が23分についに決めた1点を最後まで守り切って、1−0で京都サンガ相手にホームフクアリで涙の勝利!!

よかったですね~ジェフ。。(⌒_⌒)
サポーターの皆さんと選手の涙、泣けました。ほんとにほんとにおめでとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

「のだめinヨーロッパ」DVD到着!(一部追加)

Nodame_sp_dvd_5   

さっき、9日(金)夜遅くですが、帰宅したら、Amazonで予約注文してた「のだめカンタービレinヨーロッパ」DVDが早くも届いていました!

・・中身は(1)お正月に放送されたスペシャル2話(DVD×2枚)(2)初回限定特典ディスク×1枚(3)フルカラーのブックレット(4)のだめトラベルケースが入っていました。あと上げ底用の、(5)「‥ロケ地マップ」DVDの広告がプリントされた空箱もついてました。なんだコレ。ホントにただの空箱よ~・・f^_^;

DVDを見た感想は後日書きたいと思いますが、とりあえず上記封入物をチェック!

写真からもお分かりのように、今回は金色のピアノのデザインでわりかし統一されてますね~。右側が全体を包むケースです。

上記(1)は後ほどとして・・・・。

(2)初回限定特典ディスク
 =これまでのコンサートシーンをそれぞれ通しでまとめた映像と、今回のSP版制作時に、出演者の方々が自分の撮影部分を終了して現場を離れる時のお別れ挨拶を収録してました。玉木宏さんの「鹿になってきます!」発言で現場スタッフに笑いと拍手が起きていたのが可笑しかった・・・。(念のため蛇足の注:SP終了後すぐ「鹿男あをによし」に入られたんですね!)

演奏や指揮のシーンでは、モーツァルトの仮装でキラキラ星を演奏する樹里ちゃんの手の動きがつい気になり、グランドピアノに写りこんだ方の動きをついチェック。でも腕だけ動かして手先は遊んでいたとか、そういう変なところは見つけられませんでした~。(←悪趣味・・・)番宣DVDでも樹里ちゃんは練習してきていて撮影は一発OKだったって発言が監督さんかどなたからかありましたが、すくなくとも指のタッチはきちんとやっていたようなのがスゴイです。


(3)フルカラーのブックレット
 =全28ページ。登場人物紹介と今回のストーリーのサマリーがあって、その後今回の「名場面写真集」が18ページ分ついてます。印象的だった場面のカットが以外に小さくて残念だったり、好みや見解は人それぞれかも・・・・。^^

(4)のだめトラベルケース
 写真の左側がコレです~。パスポート・ケースらしいです。表側だけ見たときは使ってやろうかな~と思ったけど、開くと中は白とオレンジでちょっと色の調和が・・・なうえ、内側とはいえ金文字で「のだめカンタービレinヨーロッパ」ってロゴがそれなりに大きく入ってたりするから・・・つ、使えない、、、。^^;;・・どうするかあとで考えよう~。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月 9日 (金)

ヒデ・チケット買えました。でも、、。

Nakata20080416 中田ヒデの主催するチャリティ・マッチ「TAKE ACTION! 2008『+1 FOOTBALL MATCH』 JAPAN STARS vs WORLD STARS」

あ、読みにくいですよね!「テイク・アクション!2008『プラス1・フットボール・マッチ』ジャパン・スターズ対ワールド・スターズ」、、長い上にわけ分かんないイベント名だけど、そのチケットの一般発売が今日あって、なんとかゲットできました。

・・・でもやっと取れたのは自由席、、。前もって列んで座席を取らなきゃいけない、私の嫌いな自由席しか。。。(あ、普通のサポーターの方々を敵に回すゼータク発言?!)

でも今回1番いい席が3000円なのに、自由席は2500円。自由席ならではのメリットがあんまりないし~。

な~んてわがままなこと言ってたら、、、、やっぱり贅沢ってもんですね。多分。買えただけよかったと思うべきかも。。売り出しの10時は仕事が立て込んでたのでやっと11時に携帯からアクセスできて、時すでに自由席以外は完売でした~。

考えてみたら今期のサッカー生観戦、個人的に色々あって忙しかったりでなんとこれが初試合なんですよねーー。・・・っていう現実の方が微妙すぎるけど、(あぁ本当はまず普通のJの試合を見にに行きたい・・・)とにかく行けることにはなったので、6月7日(土)、久々のヒデをしっかり確認できるようオペラグラスを忘れずに持って、楽しみに行ってきま~す!(⌒o⌒)/~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

ナカタが日本のピッチに帰ってきた

中田英寿が6月7日、新横浜日産スタジアムで開催されるチャリティ目的のサッカー世界選抜戦を企画し、本人も出場を予定しているのですが、ナカタが日本のピッチに立つのはなんと2年振りとのこと。発表以来チケットも売れていて関心が高まってきているようで、昨日は古巣の湘南ベルマーレの練習に極秘参加した、とのニュースが配信されていました。
 
■ヒデ極秘練習!!思い出の平塚でシュート50本(サンスポ、5月8日配信)
(前略)ドイツW杯直後の引退表明から674日。長くなった髪を後ろに束ね、紺色の湘南の練習着に身を包んだ“王様”がさっそうと登場した。国内の公の場でサッカーをするのは引退後初。「中田だよ、中田」。突然現れたスターに、サポーターからも歓声が上がった。
 
 午後1時15分から練習を始め、約50本のシュートなど2時間半の本格メニュー。「もうやめようか」と練習を終えた中田氏は、うわさを聞いて駆けつけた約50人のサインの求めに応じるなど、人気ぶりも健在だった。(後略)
 
この試合、私もチケットの先行予約開始翌日くらいにアクセスしてみたんですけど、指定席はもう2階席BSなどだけしかなく、それも、たった2枚でも「ひと続きの座席」が取れなかったのでいったんあきらめ、一般前売り売り出しを待っていたのですが・・・・。
 
10分で3000枚売れた!らしい・・・。これじゃ出遅れ組は買えるはずがなかったですね〜。(T_T)
ヒデ人気、こんなに健在だったと改めて認識しました。
 
 
■10分で3000枚!中田氏企画試合チケットが驚異的売れ行き
 元日本代表の中田英寿氏が企画した世界選抜戦『プラス・ワン・フットボール・マッチ』(6月7日、日産ス)のチケットが、驚異的な売れ行きを見せていることが16日、分かった。この日の午前10時に販売開始。中田氏の公式HP会員専用席3000枚が10分で完売、一般席も1万2000枚が売れた。販売を担当するチケットぴあは「中田氏しか出場選手が発表されていない段階ですごい数字」。所属事務所サニーサイドアップにも問い合わせが殺到している。チケットは公式HP「http://www.takeaction2008.com」で販売中(サンスポiza、4月17日付)
 
 
 
 

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2008年5月 6日 (火)

代官山で韓国料理を

連休最後の休日の今日、従姉妹のTちゃんと代官山の美容院で落ち合ったあと、夕食をいただきました。

ディナーのお店は美容院で働いてる人に聞き込みして決めたんですが(何時に終わるか分からないから予約してなかったので)、なぜか皆さん口裏を揃えたように(?)、駅から八幡通りに向かう通りのレストランビルに入っている韓国料理屋さん「李南河(リナムハ)」がいい!と言われるので、言われるままにTちゃんと韓国料理を食べてきました。

美味しかったけど、あまりにも食べ過ぎて気持ち悪いす・・・。

まさか、あんなに量があるなんて、、!

お店はインテリアもとってもおしゃれで、美容師さんたちは社長さんの奢りで行っておられるらしいです。リーズナブルなタイプのお店ではなかったですが、それだけ手が込んでいていいお店、って感じでした。

いつもその美容院に行くと変に遅くなるので、駅前のカフェくらいしか行けなかったんですが、この成功に味を占めて、これからは少し早めに予約を入れて、も少し代官山のお店を制覇しよっ‥と思ったのでした。(⌒_⌒)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花をめぐるイザコザ(?)

080506_ayame_5 080506_shiran_3  

今日も天気がいい一日。
団地の中のあちこちにたんぽぽ(一番下)が咲いたり、紫蘭(シラン、写真右)が咲いたりしてました。

アヤメ(写真左)はうちの母が植えたものなの。団地内の公園の横の芝生を子供が踏み荒らして枯らしてしまって、土が剥き出しになったので、母や母の友人知人が自分たちでそういう場所に何かを植えて、荒れた感じを回復させようとしてるんです。管理組合で頼んでいる園芸屋さんはそんなに細かく手を入れてくれないので・・・。

このアヤメは無事に咲いたけど、根を踏まれて枯れたのもある。子供の事とはいえ、小さい桜の木をムリヤリ引っこ抜こうとしたり、、。公共の場の植物を荒らしても一緒にいる親が叱らないから、子供はやりたい放題なんですよねー。

うちの団地の子はなんか躾が悪いかも・・・というのが、子供がいない世代(上も下も含めて)が寄ると触ると出てくる感想、、。でも多分子供に文句があるんじゃないんですよね。元気すぎる子は昔から言っても聞かないもんだったし、子供をしばりつけてもしょうがないし。

もちろん悪さしたり暴れたりしたい時期もあるだろうけど、それはそれとしてダメなことはダメって叱らなきゃダメでしょう。・・・っていう。一緒にいる親がへっちゃらで笑って見てるところが、周囲の怒りを煽ってるっぽい。。花を見てもただ楽しめない、最近のご近所でした、、。う~ん。。。

シランは前に「全戸草むしり作業!」したときに芽が雑草と思われてむしり取られて一時全滅、、。(ヒドイ‥^^;)したと思ってたら、多年草のため復活してました~。よかったよかった。200805

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自力で弦の張り替えにトライ

Tunning_2

5日は、アイスワールド見ててお腹壊したので一日大人しく過ごしました。。(後で自分の撮った写真を見直したら、前の席の人なんてダウンコート着てたものね。薄着過ぎました、、。)

帰宅前に最寄の山野楽器でE弦も買えたし。一緒にフィギュア見に行ったKちゃんは元々サッカー友達だけどピアノもバイオリンも弾けるので聞いてみたら、習い始めの時はよく弦は切るとか、自分で簡単に張り直せるとか、メーカーなども教えてくれたので、さっそく自力で弦を張り直して調律してみることに・・・

E線って向かって1番右はじなのに、始めは留め付けるコイルの穴に弦を通すのに真ん中のDとAの間の位置で通しちゃって、E弦がA弦にクロスしてしまってやり直したりして、、、。(写真をご参照ください~~)

あぁ楽器を扱うセンスないから!!

楽器に付いていた取説の「弦の張り替え方」見てもいまいちぴったり同じじゃないし、ちょっと泣きそうになりながら試行錯誤すること数10分、、。でもいちおうなんとか、それらしくできたみたいです!(⌒_⌒)V ピース!

なので、こんどは調律してみると、これがまた何度やっても写真のカットのように左からG・D・A・Eってふうに音が揃わない・・・。

ほんの1ミリ弱、強めたり緩めたりしてるだけなのに、特にD弦たら、GとF#の間を行ったり来たりするだけでDになってくれないし、AはB#にばっかりなるし、、、。

チューニングだけでまた苦節1時間、、。ハアハア、、。弓に松脂をたっぷり付けたら音が代わるのも発見して、これも最後にはなんとか音を揃えることができました~~。

ギターとかやった経験があったらきっともっと簡単でしたよね。ま、仕方ないけど。ギターは弦が硬くてコード押さえられなくて挫折したので。

という訳で調律が合ったらホッとして、昨日は終了~。

上の階の人はさぞかしギーギーいう変な音に閉口されたことでしょう。‥私がバイオリンをしまったら、急に上の階から談笑が始まる声が聞こえたもんね。(超ヤバイ!)

でも左右のお宅の事は気にしないの。右?隣は近くに別居してる娘さんが昼間時々遊びに来てはピアノ弾いてるみたいだし。左?隣はおじさんがよくオカリナをピーピー練習してるし。ピアノの大音響に比べたらバイオリンなんて10分の1なのさ!(とか聞いて強気になった、、、。)

上のお宅には小学校のとき同級生だったMちゃんがいるから、そのうちなにげに気配りしに行こう・・って思ってます、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

プリンス・アイス・ワールドin横浜

Skate_center_2 今日は友だちKちゃんと「プリンス・アイス・ワールド2008 in 横浜」を見に、新横浜スケートリンクに行ってきました。フィギュアスケートを生で見に行くのは初めてです。

もし昨日の3日だったらJリーグの試合に行ったんだけど、Kちゃんが4日の方が都合がいいとのことだったので、急遽面白そうなイベントを探して、たまたまやってたので見に行くことに・・・・。でもお客は9割以上入っていたし、メンバーもすごいしで、それなりに納得でした。(写真下は始まる直前のリンク内。)

Ice_world_state_rink メインキャストは八木沼純子withプリンスアイスワールドチーム(30人くらい)、荒川静香、本田武史、恩田美栄。ゲストが高橋大輔、村主章枝、中野友加里、武田奈也、あとペアのフィオナ・ザルドゥア&ドミトリー・スハノフ。(よく知らないけど・・・)。

見ていると日本選手のレベルが近年どんどん上がっていってるのを感じました。中野友加里さんや武田ナナちゃんは溌剌してるし技も多いし、見てて盛り上がりますね~。

村主さんはお得意のシルク・ド・ソレイユ風ショーを見せてくれたのですが、ショーとしての完成度が「アイスワールドチーム」より高い上にさすが現役アマ選手なので滑りのスピードや技も競技の時のような感じ。「プリンスアイスワールド」のショーは、出来がいいものと学芸会みたいな出し物の差が結構あるというか。和風やTVドラマを題材にした出し物は、正直、ちょっといただけませんでしたね~。

トリは高橋大輔選手と荒川さんで、高橋大輔はフリー演技の「ヒップ・ポップ白鳥の湖」をまんまやってくれたので、さすがに『おおっ!』て感じでした。荒川さんはショー向けの新しい?曲で演じてくれたけど、どちらかというとシリアスな雰囲気がある人なので、やや曲が軽くて物足りないような気分かも。。。でも体の柔らかさ、技の確かさ、スター性は飛びぬけてました。

今日は暑い1日だったので、スケートリンクといえどジージャン1枚あれば大丈夫と思っていたら、まさか20分の休憩を入れて3時間半もやるとは思わなくて・・・。後半かなり冷え冷えで、このあと食事してワイン飲んだら完全にお腹壊してしまいました~・・。(+_+)
来慣れてる人たちは初めからフリースのひざ掛けや座布団を持っていて、後半からジャケットを羽織ってました。さすがアイスワールド。準備不足は禁物なのね~。

あと売店で花束の山が売られている!演技中に投げるのかと思ったらそうではなく、ショーが終わった後出場者が会場を1周して花束やプレゼントを受け取る時間がたっぷり用意されていたのね・・・。
Yaginumasan

先頭を切ってリンクを回るのは八木沼純子さん。(あぁやっぱり携帯写メはダメ!)






1私以外には誰もわからないと思うけど、中野友加里さん。(あんなに長いこと立っていてくれたのに、シャッター切った瞬間に移動してしまったなんて・・・なぜ・・・)







Photo

そしてやっと最後に高橋大輔選手と荒川静香さんが・・・。
(手ブレが激しすぎてよくわからないけど・・・向かって右が高橋選手です。ピンク部分は衣装ではなく花束です。)






Fanこれが今日の最高傑作(・・・・。)荒川静香さん。。。








3

どの選手もファンには本当に親切でしたが、特に荒川さんはファンの声にこたえてポーズを作ったり、一番丁寧に最後までファンに接してくれてました。見ていて気持ちよかったですね。


Kちゃんとふたり、今度は1度だけでもいいので競技会に行ってみよう!もしチケット取れたら・・・。ということに。(取れるの??そもそも。)


帰りぎわにまだすこし残っている売店の花束を見たら、大きな薔薇が5本も入ってかすみ草もついてたったの1,000円!!信じられない安さに、選手にあげないで自分の家へのお土産用に花束を買ってしまった私とKちゃん。Bought_skate_rink_2 母の日にはこれでばっちり!母もカーネーションよかずっと嬉しいとか喜んでいたし~。o(⌒_⌒)o goo!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

千秋のキャリアモデルと「リアル千秋」を調べてみました。

先日「のだめのピアノ協奏曲ト長調」で書きかけた、ルー・マルレ・オケにそっくりなコンセール・ラムルー管弦楽団のこと、ちょっと調べたらやっぱり指揮者の佐渡さんの経歴がどうも千秋っぽいので、もう少しまとめて書いてみます。あと音楽界では「リアル千秋」と名指しされているらしい金聖響(キム・セイキョウ)さん(写真、上)と、玉木千秋の原型・都響の指揮者、飯森範親さんのことなども・・・・。

Kim_seikyosan2
・・・作者の二ノ宮さんは色々な指揮者のプロフィールを参考に漫画のイメージを膨らませて作られていると思いますが、大枠の流れ的には、佐渡裕さんのキャリアが千秋にかなりそっくりなので、漫画の筋を組み立てるときのモデルに使われてるのではと思うのです。

Sadosan1
佐渡さん(左の写真)は身長が高い以外、外見的には千秋とは似ても似つかないですが(巨体、いつもニコニコ熊さんタイプ)、指揮者としての経歴が日本の普通の指揮科を出られた方とは全く違う「漫画的な展開」と言えるくらい奇想天外なキャリアなので、逆に漫画のモデルにするには、ミョーに説得力があるかなという気もしています・・・。

ま、こんなことを個人の楽しみで勝手に書き散らすと、コアな千秋ファンの方々を不快にさせてしまいそうですみませんが、あれこれ推測して楽しんでいるいちファンのお遊びだと思って聞いてください~。

以下に佐渡さんと千秋のキャリアの共通点をまとめますが、まず箇条書きにした項目だけを並べてみても・・・・。


1)指揮科出身ではなく、指揮は自分で勉強した。
(2)学内のオケで指揮者としてスタートする。
(3)キャリアがないのに才能を巨匠に見出され、弟子になる。
(4)フランスの指揮者コンクールで優勝!
(5)パリの伝統あるオーケストラの指揮者に就任して、B級に成り下がっていたボロボロオケを人気オケに蘇らせる!
(6)その後パリの4大オケを股にかける活躍。



・・・ねっ。これだけ見ただけで千秋のことかと思いますよね~。特に(5)があると・・・。
その他、(6)「リアル千秋」、金聖響さんのことと、(7)玉木千秋の師匠・飯森 範親さん、のことなんか書いたらやけに長文になってしまったので、ご興味わいた方だけ、以下へどうぞ!

続きを読む "千秋のキャリアモデルと「リアル千秋」を調べてみました。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

マイ・レンタル・バイオリン♪

My_rental_violin_3 昨日音楽教室からレンタル注文した楽器が届いたと連絡があって、今日受け取りに行ってきました!

ついでに音程をチューニングするためのチューナーを買って(KURGのメトロノーム付きのにしました。)、他にも初めてバイオリンを使うとき必要なものを楽器店の方に紹介してもらって、楽器拭きのクロスと松脂を購入~。松脂はとりあえず普及品のピラストロっていう製品を買いました。

まだ調律習ってはいないけど、さっそくチューナーのスイッチを入れて先生の見よう見真似で調律し始めたら、、、。

いきなりE弦切っちゃった・・・!!Σ( ̄ロ ̄lll)

あ゛~ショック~~!!
なんかムリヤリ強く絞ったのがいけなかったみたい。。変だなと思ったときやめればよかったのね~。きっと、、。

・・・1番細くて高音のE線は、こんなに簡単に切れるということだけは、とりあえず分かりました・・。

なので今日はもう記念撮影しておしまい。。orL
明日弦を買いに行って、お店の人につけてもらってきます、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GWの丸の内は花がいっぱい

Marunouchi_bouquet1
Marunouchi_bouquet2
お天気が良かったGW中日の今週、日差しが明るくて気持ち良い日が多かったですね~。

ランチタイムに丸の内仲通りに出向くと、街灯に花々が満開で、キレイだったので歩きながらちょっとだけ撮影してみました。^^

二つ目の写真の、仲通りから画面奥に向かう道の突き当たりは皇居です。来年のいまごろはちょっと雑駁な??八重洲側なんだなぁ、、。

と思うと、いまのうちにこの辺をもう少し歩いておきたいな。と言っても今日(5月2日)から一ヶ月、ヂゴクのハード・デイズが始まってしまったんですけどね~。^^;(一息つける日がなかったので、すでにヘトヘト~・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »