« オシム前監督ついに退院 | トップページ | のだめカンタービレ第122話 »

2008年3月28日 (金)

W杯二次予選第二戦・日本の負け&オシムにユース指導

昨日夜11時半から行われたW杯アジア二次予選第二試合の日本対バーレーン戦は、既報の通り日本の負け……でした。
実は今朝(27日木曜)どうしても早起きしないといけなかったので、録画して前半で無理矢理寝てしまい、なんとまだ試合は全部見てないんです。
…でももう見る気しません、、、。(−_−メ)

くぅ~、、、、。

「二次予選での敗戦は90年代以来」とかニュースで書かれてましたが、アジア各国の差がかなり縮まっていることは去年のアジア・チャンピオンズ・リーグでも実感したことだし、それはこれからも起こり得ると思うんです。でもだからこそあの時、前もってガルフ杯を直接見に行ったオシム監督の姿勢は、やっぱりやり過ぎでもなんでもない、必要なことだったんだな~と改めて思いましたよ、、。


だって今回、試合直前の視察で初めて、日本の技術委員がバーレーンの成長ぶりに愕然としたと、試合前日の新聞に書いてあったので、、。アウェーの地に乗り込んでから知って愕然としてたら、遅すぎますよね~。。。

ところでそのオシム監督ニュースの続報が、さっきネットで流れてたのを発見!ユース世代の指導を依頼する方向だとか。私はいまのU−22より下のチームの指導者って、申し訳ないけど全然記憶にないんですが、指揮系統の混乱さえなければ、もう身体ができたA代表よりノビシロがある分、日本の将来にはいいことかも、、!

■オシム氏にユース世代の指導依頼へ 川淵会長(2008/3/27 23:10)
日本サッカー協会の川淵三郎会長は27日、急性脳梗塞で入院した病院を退院した日本代表のオシム前監督に対し、ユース世代の指導を依頼する考えを示した。「本人も前向き」といい、役職などについては、今後オシム氏と話し合って決める。5月下旬には決定し、記者会見する予定。オシム氏はこの日、アンゴラ戦を視察した。(提供:毎日新聞)

|

« オシム前監督ついに退院 | トップページ | のだめカンタービレ第122話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152297/40660101

この記事へのトラックバック一覧です: W杯二次予選第二戦・日本の負け&オシムにユース指導:

« オシム前監督ついに退院 | トップページ | のだめカンタービレ第122話 »