« 自宅チョコ−その2 | トップページ | なでしこは北朝鮮に勝利 »

2008年2月18日 (月)

しつこく「ドラマ版のだめ」三昧

しつこく「ドラマ版のだめ」三昧

 この間買ったドラマ版「のだめカンタービレ」のDVDの話の続きです
買ってすぐの週の平日には9話までしか見れなかったので、その後の三連休で家にいるとき、なんとか11話(最終回)まで見終えました。^^;

さらに辛うじて録画できたスペシャルの第2話を見直したり、もう一度連ドラ版を通しで見直したり、原作も久しぶりに読み直したりして、頭の中はけっこうず~っとのだめ三昧でした~。♪

でもそれで初めて気付いたのですが、私は漫画版から入ったファンなのに、いま現在では漫画よりドラマ版をやや強く支持したくなってます。(!)

なぜかしら…。ストーリーはあくまでも漫画がオリジナルでエピソードも圧倒的に多いし。漫画だからこそ許される不自然な(ていうか実写には馴染み難い)設定や進行も多いのに。ドラマは漫画世界を再現しようと努力するあまり漫画版より漫画ちっくに感じる部分もあるのですが…。

でも、ドラマには音楽が直接付いてること。これがやっぱり大きいんですよね~。あと、のだめのキャラも、上野樹里ちゃんの「ここまでやるか」的体当たり演技が、かなりのだめ指数高いので、こうなると二ノ宮先生の媚びがないさっぱりした漫画の絵より樹里ちゃんの方が愛嬌が感じられて、あのトンデモな性格も可愛く感じる度が漫画よりも高まるんです~。私の場合だけど…。

千秋は漫画の方がストイックで意外に照れ屋な感じで、私は漫画版のホンモノ千秋の方が落ち着いてて好きだけど、玉木・千秋が実際に指揮しながら歯を食いしばって指揮棒降り続けているのなんかを見ていると、漫画とは別なリアリティをやっぱり感じて、こっちはこっちでいいなぁと思えます。指揮って実際のところ、見てみないとどうオーケストラに作用してるのか分からないし。…でも玉木さんはわりとボーッとしたタイプ?それなのに優しそうにしているよりS丸出しのシーンの方が断然はまって見えるんですが、そう思うのって私だけですか??

真澄ちゃんと竹中直人のミルヒーは漫画的過ぎるキャラなので最初ドラマ版では違和感を禁じ得ないんですが、でも真澄ちゃんの方は割とすぐ慣れてしまいます。んでもミルヒーの方は、、。最後まで違和感は残りますが、まぁ他の人は演じられまい、ということで次第に諦めの境地に……。

そんなこんなで、いまごろ一年以上前のTVドラマにはまるはめになった今日この頃。遂にドラマSP版特集雑誌とSPの音源CDも買ってしまった、、。(写真です~^^;)
でもYahoo!とかAmazonで検索すると、このお正月のSP版ではまったって人がものすごく多いですよね、いま。

漫画の方はいよいよ最終章に向けて加速しているそうだし、女性漫画雑誌って買ったことないから苦手なんですが、こうなったら待ち切れないからそっちにも手を出しちゃおうかなとまで思う今日この頃でした…。

|

« 自宅チョコ−その2 | トップページ | なでしこは北朝鮮に勝利 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しつこく「ドラマ版のだめ」三昧:

» のだめカンタービレ? [@よりみち]
本日のお話は・・・のだめ! 時々思うんですよねぇ「ドラマの流行に乗り遅れている?」って。 連続ドラマって毎週見ようと思っても用事が... [続きを読む]

受信: 2008年2月19日 (火) 17時45分

« 自宅チョコ−その2 | トップページ | なでしこは北朝鮮に勝利 »