« クリスマス・シーズン | トップページ | カタールが負けて五輪に望み »

2007年11月18日 (日)

秋の景色(北海道・登別)

もうすっかり晩秋?季節の移ろいってあっという間ですねー。
昨日のクリスマス風景と季節感が前後してしまうんですが、手遅れにならないうちに、北海道旅行で堪能した北海道・登別の紅葉風景を何枚かアップしてみたいと思います。

042

登別温泉近くの紅葉です。10月23日、北海道はすっかり秋でした。(撮影は従姉妹のTちゃん)

5
温泉街すぐ近くにそびえる「日和山」火口に滔々と熱泉をたたえる「大湯沼」。(この写真も従姉妹のTちゃん)この水がぜんぶ温泉だけとは思えない、かなり大きな湖でした。しかも周辺はガスマスクか酸素ボンベがほしくなるような、ものすごい硫黄臭が充満・・・。ずっと駐在している駐車場の管理人さんがいることが信じられなかったです。
この汲めども尽きない圧倒的な湯量をして、温泉教授・松田忠徳さんによる『名湯百選』で、登別は草津に次ぐ西の横綱に選ばれたのだそう。この湯が川となり温泉街にも流れていました。

4
大湯沼、地獄谷と温泉街周辺を巡る「大湯沼遊歩道」を歩くと、本当にそこは山の中。
この辺はまだ足場もいい方。しまいにゃほんとに登山状態っつーか、獣道を歩いてるみたいだったんですけど!でも遊歩道なんだそうです・・・。ハァハァ、いい運動になりました~。

1_3   





Photo_5   地獄谷・ヴァレイの紅葉。かつての活火山が噴火した時の爆裂火口跡、だそうです~。
ここも写真には写ってないけど、あちこちから湧出口があり、もうもうと湯煙があがってました。

登別、温泉街は鄙びた感じなんですけど、こじんまりした旅館に宿泊したこともあってか、すごく心づくしのサービスが温かかったのも印象に残りました。♪(⌒o⌒)

|

« クリスマス・シーズン | トップページ | カタールが負けて五輪に望み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の景色(北海道・登別):

» イビチャ・オシム監督の経歴 [オリンピック@そこが知りたいエピソード]
オシム監督が、脳梗塞で倒れたことは、本当にビックリしました。60歳を過ぎた監督なので、多少の心配はしてました。次の代表監督を考えることさえ、失礼で申し訳ない気持ちがよぎります。しかし、サッカー界としては、大変な事態です。祈るしかないので、動向を見守りましょ...... [続きを読む]

受信: 2007年11月22日 (木) 00時25分

« クリスマス・シーズン | トップページ | カタールが負けて五輪に望み »