« 週末サッカー日記 | トップページ | ACL »

2007年9月23日 (日)

週末に「プラダを着た悪魔」の原作本を読む!

今週は月曜が秋分の日の振替休日で、ただでさえ4営業日しかないところに、金曜に1本校了があって直前の修正も山のように出て、なのに木曜日は一日中外出しなければならないという、めちゃめちゃな1週間でした~。。(┬_┬)

なんとか無事終わったけど、すっかり気分はローテンションの局地…。
この休みは現実逃避したい気分です。てなわけで、木曜にAmazonから届いた本を金曜から一気読み。それにこの前TSUTAYAでTVドラマの「HERO」を(放送中はほとんど見れなかったので)残ってた5巻だけ借りてみたら、う~ん、これは面白い!…なので他の巻も全部見ようと行って見ると、映画のキャンペーンもあってか、全部出払っているのね、これが。^^;

代わりにやっぱり放送中見れてなかった「ハケンの品格」のDVD1と2を借りたら、なんかあの無表情、あの態度、、。私も結構派遣してた時期があるけど、篠原涼子も加藤あいも役柄が極端過ぎて、あんなじゃ見てて救いがないっていうか、、、職場のストレス解消にはならないっていうか…。なんとなくまた暗くなっちゃいました。^^;
プラダを着た悪魔〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)
読んだ本はこの間見た映画「プラダを着た悪魔」の原作本です~。(ローレン・ワイズバーガー著、早川文庫)映画よりナルホドこれなら分かる、ってところがいっぱいあったけど、映画の方がみんなが共感できるように上手く作っているかなぁと改めて思ったりして。

メリル・ストリープはあの演技でアカデミー賞にノミネートされてたんですね~。意地悪な役なのに嫌味なくうまかったものね~。この人は本当はいい人そうなのにコメディのセンスで意地悪役をうまくやってる所がいいな。優しそうにしてるけど実は意地悪、って人はやっぱり見てて感じますよねー。

映画に刺激されてこの前読み直した元ヴォーグ編集長の回顧録「ヴォーグに見るヴォーグ」には、映画の原作の編集長のモデルと推測されている現編集長のアナ・ウィンターの事も書いてありました。
それによると、アナはその2代前の伝説的編集長のダイアナ・ブリーランドと似た、いわば「芸術家的ファッション人間」タイプみたい。ビジネスライクからは程遠く、スタッフは彼女の”ひらめき”に振り回されながら仕事せざるを得ないため、結局全員がアナの顔色を伺うようになってしまうようでした。

いくらアシスタントとはいえ、オフィス業務の中でベビーシッターの面接から家族旅行の手配から、買い物、毎日のクリーニングも、もう何から何まで24時間振り回されるなんて、仕事の粋を越えていて、異常~。。しかも、あまりに特殊なので、相当部分が実話だろうとしか思えないんですよね~。空想だとしたらリアリティなさすぎて。

また前述の回顧録によると、ヴォーグって元々、大金持ちの娘達を編集者に雇って彼女達と同じ読者層に売るクラス・マガジンとして出発したため、他の雑誌と違って金に糸目をつけない、予算青天井の編集スタイルが一種の伝統としてできてしまってるそうなので、そういう特殊事情があって初めてなりたつ話かな~とも思いました。。日本の雑誌じゃ、きっとありえないでしょ??

…なんですが、理不尽な上司になんとしてもキャリアを積むため食い下がる主人公の頑張り具合なんかを読むと、いけない、ちょっとは見習わなきゃ、って気分にさせらてしまったりして。。。読んでよかったってことかな〜??

|

« 週末サッカー日記 | トップページ | ACL »

コメント

読書にDVDに!リセット&気分転換になりますよね~
HEROは映画はまだ見ていないのですが、ドラマは全部見てました~面白いですよね♪

ハケンの・・・はちょっと疲れる感じなんですね?!うーん。
何だか疲れている時は、無条件に笑えるのが見たかったりしますよね。
ちょっと前のですが「結婚できない男は」笑えて、お気に入りでした^^

投稿: izumi | 2007年9月24日 (月) 12時07分

izumiさん、
HERO面白いですね〜。昨日のスペシャルも見たけど、やっぱり古巣に帰ってきたとたん楽しさが増す感じ。全員キャラが立ってますよね〜。

「ハケン…」は相当強引な設定なので、多分普通に見てると笑えるかもなのですが、仕事で疲れてるときは笑えなかったんです。。

昨日返却に行ったら相変わらず「HERO」は1枚もなかったので、すごい偶然ですが「ハケン」の続きをやめてizumiさんオススメの「結婚できない男」に切り替えたところでした!^^

放送中は途中から見はじめたので、前半を見てなかったんです。阿部寛の怪演、笑えますよねー。^^ 一通り見直してみます♪

投稿: tomorin | 2007年9月24日 (月) 14時07分

チェルシーの監督に、元イタリア代表監督リッピの就任が決まったようです。リッピでは、スペクタクルなサッカーは期待できませんねぇ。なんだか、ガッカリ。

全然コメントになっていませんね、すみません。

投稿: ルイ・コスタ | 2007年9月24日 (月) 23時43分

ルイ・コスタさん、
いえ、三連休なのにサッカーネタを更新しない私が……でした。f^_^;

リッピに決まったんですか〜。チェルシーは。
そういえばいま空いてる大物はカペッロとリッピと誰かくらいとどこかで読みましたが、まさにどんぴしゃ、その線で決めちゃったんですね。

個人的には、中堅どころを強化したり弱小リーグで優勝常連チームにしたりというような監督を引っ張って来た方がいいのにと思います。

特にイタリアのその辺りの監督はみんな、守備的で戦略ばっかりで監督絶対主義で、いい選手を潰すし、どうも好かないわ〜。

投稿: tomorin | 2007年9月25日 (火) 02時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 週末に「プラダを着た悪魔」の原作本を読む!:

« 週末サッカー日記 | トップページ | ACL »