« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

日産Stadium→銀座、のはずが。

今日は会社の横浜FCサポの人にもらったタダ券で日産スタジアム「横浜FC対ジェフユナイテッド千葉」戦に行き、途中で抜けて銀座のエステに1ヵ月半振りに行く、、はずが、、、。

Ticket
←いただいたタダ券で~す♪

昨日の映画館で冷え切ったせいか、朝起きたらなんだか全身だるくて…。エステもキャンセル、タダ券もタダだからか無理したくなくなって、結局家でゴロゴロ過ごしてしまいました…。あ~ジダラク。。(;_;)」


でも月曜に、見に行ったかどうか聞かれてしまったら気まずいので、行ったフリするためにスカパーでFC対ジェフ戦をテレビ観戦してフォローしてみる、小心者な私…。(苦笑)


産スタは入場者数なんと4万数千人!これはマリノス主催試合を抜いて、同スタジアムの今年最高の集客数とか!なんかクヤシイ。マリノス戦がんばって見に行かなくちゃ!


試合はジェフが前半9分目の得点を0−1で守りきって、逃げ切り勝ちでした。FCは終盤結構惜しいシュートもあったけどゴールに至らず。


そうこうしてて見落とした横浜マリノス対大分では、なんとマリノスが久しぶりの0−3で勝ったと!!あ~あ、なぜかマリノスがいいとき必ず見落としているかも…!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

パイレーツ at World End

金曜日の会社帰り、前の会社のお友達MMちゃんと、丸の内ピカデリー1で「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」を見てきました。


久しぶりの映画館。半分はMMちゃんと話す楽しさを期待してたのに。。。なんとこの映画、3時間もあるのね!7時15分からの回に入って、終わったのが10時20分。お茶もできずに、駅への道すがら近況をつたえあうだけで別れた私たち…。


郊外と言えば聞こえはいいけど、実態はただの田舎に住むわたし。田舎暮らしは、ほんと損だわ~。


このシリーズ、前の2作はDVDで見て、今回が初めての映画館観賞だったのですが。…画面があんなにワイド横長特大サイズとは知らなかったです。真ん中より後ろ目の列の中程という絶好のロケーションでも、まだ左端から右端までの全体が一目で見きれないくらいだった。。


でもその迫力のおかげで、前作「デッド・マンズ・チェスト」では早送りしないと我慢できなかった長ったらしい戦闘シーンや脈絡不明なストーリー展開なんかが、あんまり気にせずアトラクションに乗ってるみたいに最後までたどり着けたみたい。。


しかしジャック・スパロウが居た生と死の中間?のような場所のイメージ、ドラッグやってる人が見た白昼夢にしか思えないんだけど……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月29日 (金)

カペッロ解任!

29日、かねて噂されていたとおり、レアル・マドリーを今期4年振りの優勝に導いたイタリアの名将・カペッロ監督が解任されたとのニュースが世界を駆け巡ったようですね!!
よかったね、レアル。オメデト~!!


優勝させて、契約期間も残っているのに解任されるなんて、普通ないですよね。。嫌われてても結果が出ていたら辞めさせ難いはずなのに。レアルくらいプライドの高いチームだからできるんでしょうね~、、。


以下、また【超ワールドサッカーニュース】より途中抜粋:

* * * * * * * * * * * *

(この前、省略)終盤の追い上げで4季ぶりの優勝に導いたが、その座を追われた。契約は来季まで残っていた。ミヤトビッチ強化部長は「将来我々が望む成功を収めるのに、ふさわしい人物ではなかった」と解任理由を挙げた。守備的なサッカーには就任当初から批判が多かったが、「タイトルは取ったが、我々が望む面白いサッカーではなかった」と説明した。

* * * * * * * * * * * *


…ティエリ・アンリもバルサに行っちゃったし、やっぱりリーガ・エスパニョーラ見るしかないかしらね~(うぅ、お金がぁ~…)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

ショコリキサーの夏

梅雨入りと共に、連日のように真夏のようなお天気が続いてますね~。今日も暑かった…。
(そういえば去年も梅雨入り宣言とともに真夏日連続、だったような…。いつのまにか梅雨明けしていました宣言、みたいのがあったような…。気象庁、学習してくれてませんね~。)

Godiva_2
今日はお弁当を買いに久々新丸ビルB1に行って、ゴディバのドリンク・バーの前を通りかかったら、もうあまり人が並んでいない!あまりの暑さについ、「ショコリキサー」(パフェ風アイスチョコドリンク)を買ってしまいました。オフィスに戻れば南極のような寒さが待っているのに…。

Chocolixer1 ショコリキサーはホワイトチョコとか5種類くらい出ていて、私の買ったのは一番ビターな、“ダークなんとか味”。orz(中途半端な書き方でスミマセン。。写真の一番右側が、そのダークなんとか、です。)


これ、前にも一度飲んだ(食べた?)のですが、そのときは春先で寒いし甘くて飲みきれませんでした。。でも今日は数百m歩いただけで結構解けてしまったくらいの夏日。南極的オフィスでも、楽勝で完飲、or完食~。


今日の天気予報は東京29℃だったけど、12時前後の大手町界隈はどうだったんでしょうか。気象庁って近くにあるらしいのですが、いつも思うけど木陰などにある、地面から1mくらいの位置の百葉箱で計った気温など、ビル街のアスファルトの上の体感温度をどこまで反映してくれてるわけ?果たして。

昨日はランチタイムやや曇りだったので、個人的には今日の方が暑かったです~!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

ナイキCMのロケ先の高校

Photo_49 今日会社で聞いた画期的な話です~!

ロナウジーニョが日本の高校生として生活してる、あのナイキのCMのロケ場所をご存知でしたか??

知っている方には有名なのかもしれませんが、私はぜんぜん考えたこともなくて、合成かなとか、セットを組んだくらいにしか・・・というか、ほんとになにも考えていなかったのですが。

少なくとも、校舎外観や教室内は「日体荏原高校(大田区)」でロケしたんだそうなのです。

さっき、私の勤務先でKちゃん(ラウール命)が教えてくれました~!また、出演している先生も、ほんとの荏原高校の先生なのだそうです。
合成じゃなくロケ、と言っても、ロナウジーニョが出ているカットだけはロケ隊がスペインまで出張して撮影したのかもしれませんが。

Kちゃんは教員免許取得目指して当社で派遣しながら勉学にいそしむ元気でりっぱな子なのですが、以前、日体荏原高校で働いたことがあったので、校舎や教室を見てすぐにわかったそうです。CMに出ている先生も、その時顔見知りになったホンモノのあの学校の先生だったのでびっくりしたんだそうな。そりゃ、驚きますよね~。

ホンモノの高校の先生なのにナイキの話題のCMに出演したなんて。先生、得しましたよね~。本物のロナウジーニョに会えていたとしたら、すごくないですか?!☆

ロニー、やっぱり密かに日本上陸していたのかしら~。。
それとも巧妙なカット割りと編集技術が、あのCMを支えているのかしら。。あれこれ想像してしまいます。^^
もしやっぱり会えていないにしても、一般人なのに同じCMで共演するとは!!それだけでも充分羨ましいですー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

izumiさん、Mipaさま、Jooさん(2)!

昨日の「izumiさん、Mipaさま、Jooさん」の続きです!
神原ナヲヂさんからのバトンで、「はふたいむ」の、残り「い」と「む」を掲載しま~す!

■い
(1)言われているのに
  …?これこそ超個人的メールの文かな?
といっても思い出せません。。謎です。
この文から思い付くのは、他人の評価のこと?
なので、自分は人の目をどう思うか、考えてみました。

むかしは人の評価が結構気になる方だったと思います~。A型なので。
でも、職場環境のせいか、年齢を重ねたせいか、だんだん、そんなこと気にしてもしかたないかというマイペースさに加速がかかる今日このごろ。…。

前はちょっと古風過ぎたので、それもいいかと思ってるのですが、他人の評価はともかく、人に上手に配慮できてないのは相変わらず。。。それなのにマイペースが加速して、果たして大丈夫なのか?!という不安も、なくはないこの頃でした。

(2)言わなくても、
  なんだろう~…。
それにしても、言わなくても、分かってほしい。。
…そんな気持ちが通じたことは、特に最近、まったくないかも!orz
言わなきゃ、全然通じないと思い知らされることばっかりかも。。
でも、言って通じるならまだましなのかしらねー。

(3)一度、
  一度、どうしようと言うんでしょう?
一度や二度ではない?
一度は行ってみたい??
後者なら、美味しいと評判のお店のことね。きっと。。

(4)いっぱい
  よく使います。たくさん。大量に。ややChildish?
大人らしい表現には、どんなものが??

(5)行って

■む
(1)昔から、
(2)昔、

  過去に何かこだわりが??
(3)無理、
(4)難しい、

  ネガティブワードが続きますね!
これを分析できたら何か言えるのかも、とは思うけど…。難しい。。(とわざとらしく使ってみたりする、、^^;)
(5)迎え

実はこのお題、始めにご指名受けてから何週間も経っていて、意外に時間がかかるので何回か挫折したのです。
その間、何回かトライするたびに出てくる単語は激変したけど、「む」だけはあまり使わないみたいで、全然変化なし、でしたー。。

■Q&A
Q:回してくれた人の印象をどうぞ。

A:神原ナヲヂさんですが、印象と言うか、私がブログを拝見してて断片的に得たナヲヂさんご本人の情報は、

①映像関係の学校を出られて時々映画の撮影に参加されている
②30歳過ぎくらいの大阪の男の人で
③ガンバ大阪の、シーズンチケットもってるくらいのサポーターで
④音楽的傾向は、、「RECOMMEND」欄にmihimaruGTと木村カエラがあったので、そんな感じの…
⑤懸賞が異常なまでに当たる人!

…って感じでしょうか~。

文章を読むと、始めのんびりした口調に感じるんですが、意外に早口な人のような気がしています。普通っぽいけどおしゃれ、な服着てる人かな?とも。。。色んなことに好奇心旺盛で話題が広いので羨ましいです。
ブログは、携帯からはちょっとアクセスしづらいのが、ナヲヂさんに罪はないけど、たまに疵?

Q:大好きな人にバトンタッチ!

A:大好きな人、というか、ブログをしてる方でないと回せないので、コメント書いて下さったことのある中でブログされてる人をピックアップさせてもらったらこ〜なりました。。
不幸の手紙ぢゃないので、気が向いたら、ということで、よろしくです〜。^^
izumiさんはブログの趣旨から言って掲載に難あり、かと思いますが、もしご無理でなければ、という範囲で…。

Q:タイトルに、回す人の名前を入れてびっくりさせて下さい。

A:はい、させてもらいました。スミマセン…m(__)m

で、次のお題ですよね。
日本代表…だと長いし「ん」があるし、なので、「だいひよう」でお願いします~。

| | コメント (4)

2007年6月24日 (日)

izumiさん、Mipaさま、Jooさん

神原ナヲヂさんから回ってきた、題名に名前が載っている人がびっくりして受け取るバトンの時間です~。
ナヲヂさん、遅くなってすみません。
タイトルは、次にご自分のブログでやっていただきたい方です〜。念のため…。

「ルール」
其の壱:回ってきた5文字を携帯の記憶している変換機能で1文字づつ変換
其の弐:その変換候補に出る上位5つを惜し気もなくさらす
其の参:そして次に回す人に新たな5文字を指定

回ってきた文字「はふたいむ」を変換です。

■は
(1)外したのが、

基本的に、ブログの文章は携帯で書いてますので、さっきのマリノスの文も、この携帯で書きました。その時の文章の一つですね〜、きっと。坂田が…。
そう、外したんですょー。ゴールを。。^^;

(2)早野
そして、早野監督のインタビューが…。^^;
全然秘密でも内緒でもないっていうか~。。

(3)走り回る、
これは使い所不明ですが、多分やっぱりサッカーの話書いてますよね。。多分どなたかのブログにコメントつけた時の名残かと。
もっと他に何かやってないんでしょうか??私は。。

(4)入れなさそう、
んっ??なにが?
いつ使ったのかも分かりませんが~。

(5)初めて、
特にコメントはありません。。

■ふ
(1)分、
そういえばよくメールで、何時何分、って書いてます。残業のとき母に(母と同居なの)帰るメールしたりするわたし。
でも母は自分がお腹空いたら勝手に食べ始めて、たいてい帰宅時には夕食終わってますね~。

(2)フェイント
それってフェイントかも。、、時々、たしかに使ってます。
あまり言わないですか?

(3)復活、
なにが?
と思ったら、あ~分かったた」を見たら。
「た」の人の復活の話を書いたんでした。
…って、またサッカーかい!^^;、て感じ~。

(4)フロンターレ、
また…。^^;ふふふ(苦笑…)
…土日はどこかのブログ見たりコメント書いたりすることが多いので、、。

(5)ファン
多分友人のEちゃんと、韓流スターのキムなんとかさんの話でメールしたときの単語でしょう。^^

■た
(1)ただでさえ、
どこかで書いた気がします。日本代表のスケジュールが悲惨、て話題だったような。。

(2)体力、
必要ですよね!
私はスタミナない方なので、体力つけたいなってこと、よく考えてはいます。
ビリー隊長の所に入隊したら、スタミナつく前に痩せちゃってダメでしょう。
あ、あれは痩せるのが目的なの?筋肉ついて引き締まりそうではあるけれど。
体力ももちろんつきそうだけど、その前に入隊するための基礎体力をつけないと、最初の50分もたなさそう!

(3)戦い、
(4)足りない、
(5)
達也、
次点=田中。
田中達也、復活してよかったですねー。レッズファンではないけれど。
ちなみに顔でいうと、私はマキとか闘莉王とかさっぱり系が割りと好みなのですが、ウチの母が達也好きです。。。田中達也とか、石井竜也とか。。。^^;

携帯で長文書いてると疲れる~~!!
続きの「い」と「む」とQ&Aは、以下後日!!

| | コメント (0)

やっと見れたマリノス戦

今日はJリーグ第17節、横浜Fマリノス対大宮アルディージャ戦@さいたま浦和駒場競技場、を、試合開始後60分という後半中途半端な時間ながら、はっと気がついて慌てて見ました。f^_^;


スカパーの契約を自分のもとの契約がわからなくてなかなか変えられず、数週間前からやっとJの試合が見れるようになりました。それなのに何故(?_?)か、マリノスの試合時間に当たらず、今日が契約変更後、初・マリノスウォッチです!

でも結果は0−0。70分頃から85分頃までマリノスがいい形でゴール前までパスを繋ぎ、シュートで終われる場面が続いたのですが、得点はできず。坂田がゴール枠を外したのが1番惜しかったかしら?


中澤と松田のDFラインをやっと見れましたが、嬉しいですねー。^^
あと、90分近くに、中澤が大宮の誰かとヘッド激突したシーンがあり、大宮の選手はピッチに頭抱えて倒れてるのに、中澤さんは全然なんともなさそうだったのが笑えた…。^^…すごい石頭、、。


早野監督の試合後のインタビュー、前半についてはなんか他人事のような批判。そして試合後は「点を入れる練習をする」って言ってたのが、なんだか〜、でしたね〜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月23日 (土)

アンリ、やっぱりバルサ移籍

遂にアーセナルのアンリがバルサに移籍。ほぼ決定だそうです〜。。。

■アンリがバルサへ 移籍金40億円

イングランド・プレミアリーグ、アーセナルのFWアンリ(29)がスペイン1部リーグのバルセロナに移籍することが22日、確実となった。移籍金は2400万ユーロ(約40億円)で4年契約になる見通し。バルセロナのソリアーノ副会長
は、スペイン通信に対し、23日にも正式発表できる見込みと述べた。
【スポニチ・サッカーニュース6月23日付ニュースより一部抜粋】

★アンリ、遂にバルサ移籍へ

▽22日、バルセロナがアーセナルに所属するフランス代表FWティエリ・アンリ(29)との契約が秒読み段階に入っていることを明かした。バルセロナによれば、アンリの移籍は99%合意に達しているようで、あとは詳細を詰めるのみとなっており、23日にも契約を結べる状態にあるという。また、25日にメディカルチェックを受け、その後、クラブ側から正式に発表される模様。【超ワールドサッカーニュース/6月23日10:26Photoニュースより一部抜粋】

6月12日には、先にフランスのメディアにすっぱ抜かれた後すぐに報道を「完全否定」して、なおかつアンリの代理人であるジェローム・アンデルソン氏に至っては、『バルセロナとの移籍が合意に至ったと報道したフランスのメディアに対しての法的措置も検討している。 』とさえ報じられていたんですよ?

いくら極秘裏に進めたいとはいえ、実は事実だったなら、よくここまで言えましたよね〜。

…これからは、移籍問題に関しては、話が出たら動きはある、と思うようにします。。
それに、こんな海千山千の人達の言うことは一切信じず、結果だけ聞くように心掛けたいと思いますね。つくづく…。

もっともアンリの最新のコメントによると、彼が信頼し尊敬するアーセナルのベンゲル監督の契約が、2008年6月、つまり来期までで、それ以降については更新されていないことが移籍決断の大きな決め手になったと語っているようです。

ベンゲルもいまの職に就いて長いし、チームもちょっとガタガタしてきたし、クラブ側はこの辺で新規巻き直しを考え始めているんでしょうか。。

でもまだ、彼の言うところの歳老いてからの仕事、である各国代表監督に就く気は、まだ当分ないでしょうね。きっと…。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

仕事の合間の、のだめと三浦しをん

今週はずっと、公表するための数字を元データと加工データとでつき合わせてチェックするという準備作業をしてました。。他にも印刷物何点かの初校チェックをしたりフォーマットチェッをしたりしながらも、これが一番ヘビーだったので何日もかかってしまった。
集中力がいるし、一日中何千何万という数字をチェックしてたら根がつまりすぎて気持ち悪くなってしまうことを繰り返し、木曜にやっと確認し終わった数字からグラフを作成して印刷会社にファイル送付したら、もう限界を超えていて、金曜はダウンしてしまいました~。。。


いま、一人で雑用から仕上げまでなにもかもしなければならないのと、スケジュール的に8件ぐらい同時進行になっているので、死にそうです・・・。一瞬だけ一段落したら、いきなりこの体たらくでした・・・。でももう少し内容に踏み込んでの校閲とか校正はぜーんぶこれからなので、それらはすべて来週まわしです~。


金曜は一日中死んだようになって、夜8時過ぎ、やっと起きだしてぼんやりしつつ、会社の同僚が貸してくれた漫画のだめ・カンタービレと、木曜のお昼休みに買った、三浦しをんのエッセイしをんのしおり」(新潮文庫)をなんとなく読みました。
実は木曜に私生活的事件もあって、金曜には私が声かけて出かける予定もあったのに。なんで本読んでるんだっけ、って感じもするけど、起きているのがやっとなのでしょーがなく。。。


「のだめ」は、なんと今ごろ初めて読むんです~。ずっと漫画全然読んでなかったです。そういえば。題材的に面白そうと思っていたけど、知ったのがすでに単行本10巻出た時だったから、いまからこんなに買うのかと思うと決断できず。誰かに借りたいな~と甘いことを考えて先延ばしして、早、一年くらい??やっと同僚が持ってることが分り、しかも貸す!と言ってくれ、まず1巻から6巻まで持ってきてくれたので、さっき読み始めてさっき読了。


・・・・書いてる世界も題材も面白いんだけど、のだめのキャラにいまいちついていけず。主人公は完全に千秋ですよね。人格内面まで描いてるの千秋だけだもんね。少なくとも6巻までは、のだめは脇キャラとしか描かれてないよねー。その方がほっとするけど~。


三浦しをんは、日経新聞の夕刊で、曜日変わりの連載エッセイをいま書いていて、それがチョ面白いのでファンになったのでした。その印象では、30代半ば、いつも家でゴロゴロしているオバさんになりかかったような垢抜けない女流作家。いやむしろ文学者らしい教養からおじさん風言葉を連発してしまう、ちょっとおじさんにもなりかかった作家らしい方のような。。そんな印象だったのですが、文庫になったエッセイを読むと、・・・ボーイズラブ物に萌える漫画オタの方だったのね~~!日経新聞には、やや上品に表現したエッセイのみ書いていたのか。


立ち読みして止めた方の「人生劇場」(新潮文庫)なんか、相当しょーもないサッカー評??というか、日韓W杯の時のありがちなイケメンサッカー選手評のお下劣版が書いてあったので買うのをやめ、こっちにしました・・・。でもコミケを徘徊し、妄想に萌える変な女の日常生活を余すところなく書いていて、結構笑えた・・・。時々古文の現代語訳なんかが入っていて、日常的に古文を自分の言葉で楽しんでるところが出てくるけど、そのへんは流石な読み込み方だったりして、ううむと唸ったし。
写真見ると想像より可愛い人でした。弟さんに「ブタさん」と呼ばれているのもよくわからない普通の体型だし~。
小説は全然違って感動的だっていう口コミを読んだんですが、どうしようかなーーー、と考案中。もう少しエッセイ読んでから決めようかな~・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

レアル優勝とアジア杯

リーガはバルサも勝ったのに、結局事前の予想通りレアルマドリーが優勝しましたね〜。
私は昨日は残業のうえ、前日の3時間睡眠を補うため帰宅後早めに寝てしまったので、映像は今朝のニュースでちょっとしか見れていないのですが、それでもカペッロ監督とベッカムの抱擁シーンなんて空々しいものまで、見せてもらってしまいました。^^;;
レアルおめでとうございます〜。


時を経ずして昨日はアジア杯メンバー発表もあり。。GKのメンツが去年とは少し変わってきましたねー。

GK
川口、楢崎、西部(清水)、川島(川崎)

DF
中澤、坪井、加治、闘莉王、駒野、水本(千葉)

MF
中村俊輔、中村憲剛、遠藤、羽生、阿部、鈴木ケイタ、今野、橋本英郎(G大阪)、山岸(千葉)、水野、本田圭佑、家長、太田(磐田)、伊野波(FC東京)

FW
高原、播戸、巻、佐藤寿人、矢野キショー、前田(磐田)


…U−22の3人はここですっかりA代表に定着しそうですね〜。^^
あと事前の報道にあったとおり海外組は既に数試合出ている二人だけ。


稲本は、移籍したフランクフルトがチーム作りの時期なので二人は出せないと言ったというし、移籍直後なので本人もチーム練習に参加したいと言ってたというし。で、納得なのですが、中田浩二は?


やっぱりU−22の3人みたいにオシムの好みのスピーディーな試合展開を分かるまでは、一度に海外組をまとめて入れたくはないのかな、と想像してみます。だって基本的には、オシムは二人(イナと中田浩)の体の強さをすごく買ってたとどこかで読んだので…。


でも日曜の闘莉王の捻挫、酷そうだから、急遽でもいいので呼んでみてほしいかな〜。特に、勝ち進んだ時のオーストラリア対策(?)に、と…。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007年6月18日 (月)

リーガ降格チーム決定

洗った髪の毛が乾かなくて4時起きは不可能になったので、とりあえず終わった12時(日本時間)からの試合結果を書いてみます。^^


■リーガ・エスパニョーラ最終節
【試合終了】
★セルタ 2−1 ヘタフェ
ラシン 0−2 ベティス
バレンシア 3−3 ソシエダ★
ビルバオ 2−0 レバンテ
エスパニョール 1−3 デポルティボ


★印が2部降格決定。
セルタとソシエダでした。セルタは勝ったのに得失点差で及ばなかったようですね。


…というわけで、噂のバスク純潔主義チーム・ビルバオは降格を免れました。心肺蘇生装置も稼動しないで済んだでしょうか?^^

ホッとして倒れ込む人多数、なんてことになったりしてるかも〜^^。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

リーガ、心臓マヒ心配だそうな~^^

ところで今夜は、日本時間24時からと、28時から、スペインのリーガ・エスパニョーラ今期最終戦が開催されますね!
リーガを見れない私はニュースで楽しむだけなんですが、今年は最終節まで1位2位、2部降格チームが決まってない大混戦だそうで。。^^

特に28時からスタートするいま2位のバルセロナ×セビージャ戦(*)いま1位で4年振り優勝がかかったレアル・マドリー×マジョルカ戦は日本のファンも早朝起きして観戦する人多数、でしょうね~(*) 間違えて書いてます~。コメントをご覧下さい・・・。]

地元スペインでは試合結果による心臓マヒなどのショック死を心配して、テレビなどで「試合中急に立ち上がったりせず穏やかに観戦しましょう」なんて流してるとか!テレビ局も心臓外科医のアドバイス聞きながら放送するとか!ニュース読んで笑ってしまいました~^^

クラブ史上初、2部降格の恐れがあるビルバオは、スタジアムに心肺蘇生装置を導入したというのも凄いですね~!
さすがラテン系!?熱くコーフンしやすいんでしょうねー。明日の朝起きたら、死者数までニュースになってたら怖いなぁ…。
すべては明日、6時過ぎには決まってますよね。日本のファンも今頃はやっぱりドキドキかしら~!楽しみですね!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

今日見たJ(千葉×甲府)

先週は風邪気味なのに出歩いてた疲れを癒すため、週末はまったりと過ごしています。

Maki_2nd_goal_2 昨日はテレビ見なかったのでマリノス戦、再放送はないのかなと4時過ぎにスカパーを点けると、ちょうどやってたのがジェフ千葉対ヴァンフォーレ甲府。
巻が2ゴール、でも甲府も石原タツヤの2ゴールで追い付いて2−2の厳しい局面の中の後半10分くらいでした。

隣の局で浦和対FC東京もやっててちらっと見たけど、14位と17位の下位対決ならではの、凄い緊迫感が面白かったのでこちらを見ることに。

ジェフはDFのストヤノフが監督批判で出場せず、ピッチには日本人だけ。どちらもこの試合を絶対落とせないという必死さが漲っていて、ほんとに最後の1秒までどうなるか、っていう見応えがありました。
結果は後半25分のハニュ~の追加点が決勝点になって、3−2でジェフが勝利。

ジェフはよく動いていたけど流れが来ている時に追加点を取れず、巻もせっかくのPKを外して3点目を奪えず、羽生の追加点まで、ややもたつく。
甲府はジェフの攻撃を辛うじて守り切るとカウンターでゴールまできれいにボールを運ぶ、動きがよくて連動性があるいい試合をしてました。しかしジェフのGK、よく守り切りました~。大活躍。

甲府の監督は、イビチャ・オシム時代のジェフのサッカーを目指してるんだそうな。細かいミスで勝ち切れないようだけど、なかなかいい戦い方してるなと思いました。

試合後のインタビューで最初に登場した巻、笑顔ながらも、こみ上げるものがあるらしく、最後まで一言もしゃべれず。。。
次に立ったハニュ~は「今日の勝利は12時過ぎたら忘れましょう」と、とにかく勝ち点を稼ぎ続けなければならない現状をシビアに笑いにしてました。

久しぶりのホームでの勝利と巻の涙が感無量だったか、ジェフサポは試合終了後30分以上経ってもスタジアムに残って勝利の余韻に浸ってました。連敗してたしゴタゴタ続きだし、今日の試合はジェフにとっては特別な試合だったからここまで緊迫感があったんですね。きっと。

アマル監督もきれいな色のスーツを着てきていて、「この勝ち点では、毎試合最後と思ってやってる」とのことだったし。
しかしアマル監督の試合後インタビューを初めて聞いたけど、こりゃ選手もツライわと思いましたね~。
お父さん同様すごい皮肉屋なんだけど、お父さんのような強い勝利への意思が感じられないので、負けたとき、それを跳ね返すよりは肩をすくめて受け入れてしまうタイプの皮肉屋なような、、。何て言えばいいのか分からないけど、日本のスポーツ選手が一丸になって戦いたい気分になる感じの指導者じゃないかもね~って印象。お話しするには面白い人かもしれないけど。

ともあれ、日本代表に残ってほしい選手が何人もいるジェフ、ぎりぎりでもいいからJ1に残っていてほしいものです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

日本橋 なだ万

金曜は本部長の退職にともなう送別会。このごろ送別会が多いですが、去年からの体制変更につき、社内ではいろいろあるんです。。。金曜もまた強引に仕事を終わらせて、日本橋三越10階にある懐石料理のお店「なだ万」に行きました。

本部長は語学抜群で人柄温厚。あんまり仕事熱心ではなくて決断してくれないタイプ。若い頃は鋭い人だったらしいんだけど、私が知ってからは主にボケで笑わせてくれる姿と、気が強い帰国子女に言い負かされてタジタジしてる姿が印象的だったりして~。
あ、すみません。。。そういう帰国子女の我が儘を止めてくれなくて(止められなくて)苦い思いをしたことがあるので、つい…。
でも和める雰囲気を作ってくれる、笑顔の優しい人でした。

その愛される人柄もあり、参加者はいっぱいでした。次の本部長予定者はインド株投信で成果をあげて栄転してきた、厳しい顔付きのエリート風インド人。通訳付きとはいえ、正直やだなぁ。もうなごめるオフィス環境は望めなさそう~。

なだ万では、着席式の上、会場の真ん中に柱があって、いろんな人と話せる状態ではなかったのが残念でした。だいたい主賓自ら着席式と聞いて「具合悪くなってきたから欠席して帰っちゃおうかな~」なんて言ってたくらいで。(笑)これはなだ万の罪ではないんですけどね~。

私は、一次会の後飲みに行く予定が、そんなだったので会場で打ち合わせできず、しかもお開きまで意外に遅く10時過ぎてしまったのでお流れになってしまったのががっかり!んもー!想定外・・・!!

Takumi
あ、お料理ですよね?お料理の方はというと…。
上品な味すぎてちょっとはっきりしてなかったといいますか。
例えば、「子持ち昆布と明日葉のおひたし」が出たのですが。全体の味が薄い分、あした葉のほろ苦さ、野趣がかなり強く出ていて、ちょっと苦手な味わいでした。
どーも味覚が単純なもので、微妙な味わいについて行けなかったみたい~f^_^;、、。ディナーのお値段をネットで見たら、多分いちまんえん位!!なんとかに小判って、このこと??
でも赤味噌のお味噌汁は、異様なまでに美味しかったです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

友達とランチタイムに♪

今週、初めて就職した会社の同期の仲間、Eちゃんと、ルイ・コスタさんことTちゃん、私の3人で新丸ビルでランチしました。場所は5階のブッフェスタイルのイタリアン「AW Kitchen Tokyo」で。

これが私にとって特筆すべきなのは、二人が普段からのランチ仲間なのではなくて、ベースが主婦で、在宅勤務、家族の介護と忙しい日々を送っているのにわざわざ東京駅まで出てきてくれたこと!持つべきものは、いい友だちだわ~~。♪♪^o^♪♪

もちろん彼女たちにも理由があって、千葉と都下多摩地域に住む二人がまず平日の昼間、とある物品の受け渡しをすることになり、ついでに会おうよ、と声かけてくれて。私がその「ブツの受け渡し」(Eちゃん・談)に参加できるようランチタイムに会社の近くを選んでセッティングしてくれたのです。

もぉ、すべてのストレスが吹き飛びましたよ~~!!1時間のランチタイムだけだけど、やっぱ仕事とは別世界ね。幸せ!♪(⌒0⌒)/♪

ところで本来の目的である、二人のミッションというのは……。あ、こんなところで人目に曝して、Eちゃんに許してもらえるかなっ?!
…そう、ブツとは韓流スターの番組の録画。。。
Eちゃんによる指令とは、韓流ドラマの新スター・某氏(特に名を秘す。、、のではなく、単に私がフルネームを覚えられなかったため…。えっと、、キム・なんとかさん…。)の番組の録画依頼で、それを、「スカパー欲張りセット(?)」加入者なる特権で番組の視聴が可能なTちゃんが実行に移したという。
なお、Tちゃんはエージェントの常として、自分の仕事の中身には目を通していないとのこと…。

Eちゃんが何故いまキム・なんとかさんにハマったのかは不明ですが(って、ドラマの名前は、やはり聞いたはずなのだが……(@_@))、Eちゃんはいまキムさんのグッズ作りにまで燃えているのだった。

スゴイ。私はあましタレントに夢中になれない方なので、昔なら引いちゃうとこでしたが、やっぱり何かに熱中できるのっていいよね~。
そしてそれを苦笑しつつも一緒に楽しむ知性派Tちゃんのツッコミも楽しく。^^

いゃ~、週に一回くらいこんなことがあったら、いつもフレッシュな私でいられるのにな!て、日ごろの疲れも吹っ飛んだ1時間でありました!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

アンリ移籍のニュース

ティエリ・アンリがアースナルからバルセロナに移籍決定、したかのようなニュースが今日一般紙にも報じられ、びっくりでしたが、ネット系ニュースではその後の報道で、アンリ側は相変わらず強く否定したと流れています。結局毎年この時期に流れるいつもの誤報だったんでしょうか…。

最近は、特に今シーズンはプレミアもアースナルの試合もほとんど見なかったのでなんとも言えないんですが、かつては結構熱心なアンリのファンだった私は、アンリが昨年CL決勝で戦った相手のバルサに…と思うと、やっぱりどうも複雑です〜。

数年前の流れるようなパスが繋がるチーム、マン・オブ・ザ・マッチにチーム・アースナルが選ばれた時の試合が目に浮かぶ。。あのアースナルの絶頂期を支えたアンリがアースナルから、ついにいなくなるのかと思うと、、。去年も移籍市場ぎりぎりまで流れた噂ですけどね。いよいよな感じもしますし…。

アースナルより世界中に何倍もいると思われるバルサファンだって複雑ですよね。誰かが出ていくはずだから。。今年のバルサは絶頂期を一度過ぎて不協和音が色々起きたようだけど、それでもまだ一応優勝争いに踏み止まる自力はものすごいですね。(この前のメッシの、マラドーナばり神の手ゴール!やって決めるメッシもすごいけど…)

こんな完成度高いバルサに入ってどうなんですかねー。アンリを歓迎するより、黄金時代の体制が壊れるのが嫌なファンの方がまだ多いのでは、と思われるのですが。

クラブの経営側はやっぱりエトーを出したいんですか?ロニーが出るのは誰も望んでないように見えるんですけど、その噂も絶えないのは内部的に色々あるんでしょうか?あまり率直な話を読んでいないので、なぜ噂が絶えないのかわからないのですが。。
でも最近のベッカムをめぐるクラブ側の言うことを読むと、クラブを経営する人達の考える事や流す噂なんてろくでもなさそうですから、まともな根拠なんてあまり考えてもしようがないですね。きっと。。

一応否定声明出ましたけど、いつになく本当っぽいニュースだっただけに、まだまだ続報が気になります!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

いただきものご紹介☆

2_9 お隣りのご夫婦から、今日ヨーロッパ旅行のお土産、いただいちゃいました。(^O^)/

前にトルコのお土産下さったのも、このお隣りさんなのです。結婚された娘さんがフランス在住なので、年に何回もフランスを基点に海外旅行されてるのです。ご主人はもう定年退職されてるしね~。うらやましいです~^^

今回戴いたのは、ドイツ製のチョコ菓子とフランス製の石鹸でした。チョコ菓子はビターチョコのコーティングの中に、アーモンドを粉にして練ったようなのが入ってるお菓子。ふつうそういうのって、砂糖で練り固めたような、かなりくどい甘味があるけど、これはそんなことはなくアーモンドがサクサクしてる。ドイツのイメージとはうらはらに、日本人の口に合う控え目な甘さで美味しかったのでした。ドイツ土産の中では、日本人に評判がいいお菓子なんだそうです~。

石鹸の方はチーズの塊(かたまり)みたいな自然派っぽい感じです。
いま私が使っているバス用石鹸は、凝固剤を使っていない、シリア製のオリーヴと月桂樹の実で作ったとか言うものなので、その後釜にちょうどよさそう♪。
これもフランス在住の娘さんが、お勧めと言ってたそうなので、由来や成分を知りたいのですが、フランス語は全然わからないですからね~~。有名な修道院の手作りとか、なにかいわれがあったとしたら知らないで使うのはもったいないし。ちょっと残念。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

そういえば、なヒデの話題

昨日(10日/日曜)は小旅行の疲れを癒すべく一日ずっとダラダラして過ごしました。。


なにはともあれ日本対コロンビア戦の後半をようやく見る。
確かにはにゅ〜の出場と共に、日本の動きが急に良くなりますね。連動性が良くなった結果が、あのニュースで何度もやってた、最後走り込んだ中村ケンゴがシュートを外すシーンに繋がるんですね〜。
そして高原、今もそうとう痣だらけなのでは?ボコボコにされるシーンの連続。。いたわしい〜。


今朝は今朝で、中田ヒデが久々にピッチに立ったフィーゴ開催のチャリティマッチの映像がニュースで流れてましたね。ヒデが引退したのは、考えてみればたったの一年前。でもものすごく時間が経ったような感じ。


中田ヒデの引退発表からほとんど間もなくオシム就任、日本代表のメンバー一新、中村俊輔と高原の欧州での活躍、稲本の移籍、Jリーグと代表が密接になったこと…。ものすごく色々あって、個人的な印象では、日本のサッカー界はW杯前と後ではまた大きく変わったような気がしています。
よくみたら結局あまり変わってない…のかもしれないんだけど。とりあえずジーコ時代とは一線を画そうという意思は働いてたような気がします。


中田ヒデはこの一年間、ずっと旅人をやってたわけだけど、そんなわけでなんだか凄く遠くに感じられるな〜。せっかく長い間日本の顔的存在だっただけに、現状はちょっと残念。
そろそろ何をするのか、今後の方向を固めてほしいなあ、と。サッカーに関係した世界に帰ってくるなら、そろそろ潮時なのでは?と思いますが、ご本人の考え方だからわからないですけどねー。


ヒデくらいになると長年積み重なった様々なプレッシャーその他からすっかり開放されるには、一年くらいじゃ足りないのかも知れないですね。チャリティ・マッチ出演は、しはらく続くらしいのはなによりです。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

アレルギーの子の給食の話

昨日のつくば旅行で聞いた話です。
Nちゃんは小学生の男の子のお母さんなんですが、次男の子に乳製品、蕎麦粉、卵のアレルギーがあるんだそう。それって食生活にかなりの制約を受けますよねー。
Rちゃんの方は、そうは見えないけど小学校の先生なので、子供のアレルギーと最近の学校給食、っていう、ふだん私が全然知らない話を色々聞きました。


食物アレルギーの恐ろしさ、最近は一般的に知られてきてますが、知らないで食べていて突然の咳込み、湿疹、顔が二倍も腫れ上がる、なんかが起きて、慌てて調べるとそういう成分が入ってたと分かって病院に駆け込むことがけっこう頻繁にあるみたい。いま小学校の保健室にはアレルギーの子が万一発作を起こした時のための薬を保管していて、それがズラッと並んでるんですって〜。


また「ラクト」「ホエイ」と書いてあるのは乳製品関連の成分だそうで〜。全然知らなかったです。昔飲んだことのある「ホエイ・プロテイン」って、乳清を使ったプロテインだったのか〜。全く何か知らずに飲んでました。^^;そういう成分表を真剣に読みながら一つ一つ買うものを決めるなんて、買い物だけで一日中かかっちゃうよね〜。


Rちゃんの勤める足立区の小学校には、いま各校ごとに給食センターがあるので、その子のアレルギーに合わせた個別対応の給食を作るのはもちろん、豚を一切食べられないイスラム教の子用の給食、ベジタリアンのインドの子の給食なんかも、同じ献立なのに作り分けてあげる体制ばっちりなんですって!スゴイ。イスラム教は豚だけではなく、鶏肉も司祭が祈りを捧げて痛みなく殺した鶏でなくては食べちゃだめとか。難しいのは家で作ってもらうそうで、それもちゃんと給食の献立と同じメニューをお母さんたちは用意して持ってくるそうですが、メニューが青椒肉絲でも、マトンか何かを使ってそっくりに見せかけたお料理をお母さんは作ってくるそうな。努力されてますね。


学校別の給食センターがないNちゃんの地域では、アレルギーの子用のランチはお母さんが作ってランチタイムまでに届けることになってるのですが、やはり好き勝手な献立ではなくて「普通どのお母さんもみんなの食べてる給食と同じ献立を用意している」と言われ、一生懸命給食に合わせて作ってるとか。


でも今の学校給食ってすごく凝っていて大人のメニューが多いらしい…。話に出たのは、その青椒肉絲と、海老しんじょでしたが。いまのお母さんの苦労って、昔とはまた違う大変さなのね、ってことを実感した話でした〜。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つくば研究学園都市めぐり

つくばExpressがつくば駅についたのは結局2時過ぎ。小田急線が人身事故で大幅遅れ、区間準急と快速がそれぞれ30分に1便しかないので、一度ずれると大幅に狂ってしまうのでした。お待ちかねのNちゃんに連れられてまず向かったのは、市内の古民家を改造したオーガニック料理のレストラン『ルーラル吉瀬』というお店。つくば文化郷という看板もあり、民芸品売り場や陶芸教室なんかも敷地内にある、かなり本格的な雰囲気の店でした。
Photo_34
・・・が、5時まで営業、と書いてあったのにそこまでやってるのはカフェだけで、食事は2時半まで終わり!残念ながら食べられず・・・。その後さんざん探したけどつくばのランチタイムはどこも2時半までらしく、結局「ララ ガーデン」へ行きました。ララポートの姉妹版だそうで、Tully’sも入っている綺麗なショッピングモールです。そこのお豆腐料理専門店でお豆腐づくしコースを食べました。意外に満腹できて納得♪

それからもう一人の友人Rちゃんも合流して『フラワーパーク』行きを検討したのですが、そこは筑波山の向こう側にあり結構長距離ドライブになりそうな気配。Rちゃんは、自分の軽自動車で筑波山越えは無理、と親に言われたとの声も出て、代替案として市内の『実験植物園』に行くことに予定変更!

しかしここも時すでに遅し~・・・。営業は4時半までで、入園はその30分前まで。。入ったら入り口でUターンする時間しかなく、Uターンして門を出たとたん、門番のおじいさんに門を閉められてしまった・・・・。いぢわる~!

どうしようか考えつつ、車で市内をドライブしたのですが、つくば市ってほんとに整備されたきれいな街ですね~。道は広いし。そしてパン屋さんと美容院がなぜか多いらしいのでした。

そしてなんとなく一行は『洞峰(どうほう)公園』へ。沼といっても透明度の高い湖のような同峰沼を中心に、木立と手の入った庭園と、大人も子供も楽しめるスポーツ施設が整備された県営の公園で、言ってみると“林や植物が相当美しい駒沢公園”、みたいなところ。
それが街中の公園とは思えないくらい自然度も高いんです。
雑木林と湖沼と野鳥たちの生息を眺められると思えば、よく手が入った芝地で愛犬と遊ぶ人あり、湖畔のコースでジョギングに励むシティな研究者か大学院生風な人たちあり。わたしたちはそこを「つくばのセントラル・パーク」と呼ぶことに・・・。

と、ここで薔薇の花壇を発見!Nちゃんはかなり薔薇に詳しく、今年はイングリッシュ・ローズの苗を買ったとかで、彼女の説明を聞きながら薔薇を見て回ったり。フラワー・パークの代わりになったと納得してくれました~^^ ヨカッタ。
Photo_35
Photo_36 Photo_37
1_3  Photo_39 


洞峰沼の周りには、スポーツ公園らしくマラソン用の弾力のあるトラックができていて、「START地点」と「200m」なんて距離が書いてある。でもその周囲は銀杏並木と、周辺に雑木林に囲まれて癒される感じ。しかもよく人の手が入っている雰囲気で、荒れた森ではないの。沼の4分の1くらいは葦が群生していて、見慣れないみょ~な鳥も棲みついてました。Photo_40

←よく見えないけど葦の陰にいるみょ~な鳥のカップル。でぶった白鳥くらいの大きさで、首の下に七面鳥のような赤い皮膚のようなものが・・・。


沼の畔の一部は芝生が植えられて、カップルがなにをするともなく三々五々、時間を潰してたり。しかもなぜか外人率が高かったり。そのなにげにおしゃれな雰囲気により「セントラル・パーク」と命名。ほんと「研究学園都市」!って雰囲気。ここは日本か?!そのくせ古民家が軒を連ねる、明治時代からの大地主さまの住宅地もあり。

最後はつくば市一大人気のケーキ屋さん「コート・ダジュール」でケーキを食べました。
Photo_41本来カフェはやってないんですが、駐車場を増設してからお店の裏側にオープンカフェ風のテントとテーブルを用意したらしく、ドリンクはないけど買ったものをそこで食べることはできるのです。私はビターチョコの『オペラ』と、カシスとシャンパン入りの『パラディ』(バネッサ・パラディのこと??)をチョイス。お土産に『半熟ぷりん』と『半熟ちーず』の詰め合わせも買いました~。
Photo_42
なんでもつくば周辺に住む人たちにこの「コート・ダジュール」は特別なお店で、お土産に持っていくならこの『半熟ぷりん』と『半熟ちーず』。これでなかったらがっかりされるくらいスペシャルな人気なんだそうです。つくばに行く機会があったら、必ず買ってみましょうね~。(わたしはケーキを食べ過ぎたので、まだお土産は食べてないからわからないけど・・・) 

特別何か見所がある観光地ではないけれど、中心部は相当区画整理された欧米の街みたいなつくば市。知り合いがいるなら、行って損はないかなと思わせられる綺麗な街でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

つくばExpress

いま、つくばのNちゃんに会いに、秋葉原から初めてつくばExpressに乗ってます。
つくばExpressの車内はさすがにきれい。途中駅「流山おおたかの森」って、はじめて知ったけど土地の風土を感じさせるすごい駅名。大鷹の棲息地なのね???

今日いくNちゃんは初めて社会人になった時の会社の同期。いまは研究者のご主人とつくば市に住んでます。今日はつくば市内やフラワーパークのバラ園を見て回る予定です♪

実はおなじグループ?の千葉のEちゃんとはもっと前からなんどもお家に伺おうとしながら、中止になったりして結局行けてないのに、ふとNちゃんちに行く話が先に具体化してしまい、Eちゃんにはちょっと心苦しい気持ちも、なのですが、とにかく今日はNちゃんちへ!

雷雨とか豪雨とかの予報があって、さっき少しパラついたのに、空を見るとお天気は好転してきたみたいです。(⌒0⌒)V

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

ヒルズのお別れ会

ヒルズのお別れ会
今日(7日木曜)は前会長の二度目のお別れ会があって、会社の帰りに六本木ヒルズのレストラン「毛利 サルヴァトーレ・クオモ」へ行きました♪

1月にもやったのに、なんで~?と思ったら、前回のはご本人主催のお別れ会で、今回は明日の会社のイベントに合わせて来日したNYの人の主催らしい。。

まぁそんなことはともかく、「六本木ヒルズ」と「サルヴァトーレ・クオモ」に釣られてしまって。f^_^;残業続きで疲れてるけどここは行くことにして、他の部の人たちの呼んだタクシーに便乗して会場へGO!

この数日はちょっとはのんびりする時間がある、谷間の数日だし~。ほんと一ヶ月半も一日中デスクにへばり付いて一心不乱に仕事して、家←→会社往復だけの灰色の毎日だったし。(あ、美術展でもリフレッシュできたけど。あれは土日だし。)とにかくちょっと無理してもこれは行って正解~!

六本木ヒルズのサルヴァトーレ・クオモは小さなカフェくらいの大きさで、貸し切りにしての立食パーティーでした。(写真はその入り口です。)

お料理は期待どおりばっちり。牛肉のタタキが激うまで、4~5枚は食べちゃいました。(〃 ̄ー ̄〃) v

ピッツアも4~5種類あり、一切れづつだけど全種類テイスティング。さすがに美味しかった。モッツァレラチーズをメレンゲみたいに丸めてレンゲ(中華のスープスプーンの方のレンゲ)に乗せたトマトソースがけ、て感じのオードブルも大人気でした☆☆

社員有志の一芸披露で、いつも元気な営業のおじさんのSさんが、まじで空手のブロック割りしたのと、女装癖がある同じく営業のTさんが、剣道着を着て居合抜きしたのには驚いたけど。。人は見かけによらないってほんとですね~~。

全体としてはなかなかおしゃれで楽しい会だったけど、最後は恒例の三本締めにてお開きとなりました。
いつでもどこでも最後は三本締めしちゃうところは、証券マン出身のおじさんたちの哀しい性(さが)、てとこですかね~~。

| | コメント (4)

2007年6月 6日 (水)

朝から暇な話題です~

昨夜の日本代表戦のビデオ録画は、無事成功してました。ほっ…。(;^_^A

とはいえ昨夜はまだ前半しか見れていないので(中継はテレ朝だったのね。松○さんの解説聞きながら見るの、やだなぁ…)、まだ感想は言えないのですが。ちょっと別な話題をひとこと。

いま朝のラッシュの電車内で雑誌「SPA!」の広告の小さい見出しが目に入ったの。

『知らなかった方が幸せな雑学事典』→“ルームランナーはもともと拷問器具、など。”

…だって!!( ̄▽ ̄)
なんか朝から受けました~~!
この雑誌、ふだんから変な特集が多いみたいで手に取りにくいけど、ここの所だけ後で立ち読みしてみようっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

試合終了

いま帰りの電車の中です。携帯で試合速報をチェックしていたら、9時14分、ついに【後半47分/試合終了】の文字が!!
0−0で引き分け。一応日本、優勝ですか?

あ〜ぁ、残念ー。ついにライブで見れなかった〜。録画今度は成功してるといいんだけど。


【先発メンバー】
GK 川口
DF 駒野、中澤、阿部、中田
MF 中村俊、中村憲、稲本、鈴木、遠藤
FW 高原

ということなのですが。海外組は4人とも先発だったのね。中田浩二は後半すぐ交代。中澤、阿部、駒野と並んでどうだったのかしら。無失点だから悪くはなさそうですね。また後半羽生が入っていい動きだったとの短信も見ましたが、、。


これじゃほんとの独り言ですね。f^_^;
とにかく早く家に向かいます〜。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

今日はコロンビア戦

今夜はキリン杯、日本代表対コロンビア代表戦。ていってもまだ日付が変わったばっかりだけど、はや待ち切れずに書くわたし…。^^;


今回は先日のモンテネグロ戦には出なかった海外組も、全員と言えるかは不明だけど複数出ると予想されます。これまでのメンバーとどう組み合わせられるのか考えるのも楽しいところ。♪


稲本はアジア杯が怪しい以上、今回きっと使いますよね。移籍したばかりで高原よりもチームを優先する事情があるし。
すると阿部は、鈴木ケイタはどうなのか。やはりMFの人選と配置が1番気になりますね〜!
闘莉王を欠くDF陣には、中田浩二をすんなり出し易そうですし。


個人的予想では、海外組全員をいきなり出すとバランスが崩れるのを懸念して、捻挫明けの俊輔を先発でなくて途中からの部分使いするかも。…なんて気もしています。。


ところでこの間は使えなかったビデオなのですが、ちょっと復活〜。
しばらく動かしてなかったせいもあったかもしれぬ、と思って、短いニュースを予約したり、テープの巻き戻し→早送り、を繰り返したりしてリハビリしたら何とか復活。なので、とりあえず今日はビデオ録画することに。。


ハードディスク録画のできるDVDはもちろん狙います!
が、急に買っても、この残業生活の中ではセッティングすらしきれない〜!と思って今回は諦めた。も少し調べて夏までに、あ、アジア杯までに!!o(^-^)o…購入したいと思います〜♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

「ダ・ヴィンチ展」を見に(3)

本展の目玉は「受胎告知」だけど、メインはウフィッツィ美術館(フィレンツェ、イタリア)が企画制作した物の展示でした。ダ・ヴィンチの手稿に描かれた様々なものを、模型で作ったり素描をレリーフに作ったりして、彼の頭の中にあった世界や興味の対象、美術以外のアイディアなどを、目に見える形にして探るという趣向のもの。

ダ・ヴィンチが手稿に描いた飛行船や人力グライダーの木製模型なんかを見ると、面白い企画を考えたな~という“アイディア勝利”の印象を受けました。

でもこれらはじっくり見、考えながら見てこそ、面白さが味わえるタイプの展示。お中元セール会場を上回る人混みの中を歩いていると頭が回らなくなってきて、だんだんめんどくさくなってくるのが惜しいところかも…。

その他印象的だったのは、ミラノ公国に仕えているとき計画して実現しなかったスフォルツァ騎馬像の実物大の部分再現モデルと、空飛ぶ羽を持った男の筋骨描写を3メートルくらいの右半身のレリーフで再現した展示品でした。
スフォルツァ騎馬像は、馬の前脚から胴体の下の部分までをブロンズで復元してましたが、もの凄い巨大さに言葉を失いそうになります。

翼のある男のレリーフは、肩から腕、手の指が、鳥が前脚を翼に進化させたように、いままさに変化しようとしているような姿を描いています。その場合必要な筋肉の付き方が普通の人間と異なるのを考察しているようなのですが。
イタリアで制作されたせいか、レリーフは若いイタリア人の顔で、苦悩や怒りが表情に浮かんでいるように見えました。
それもあってか、その姿は「新しいタイプの天使」ではなく、昔見た始祖鳥の模型のような、なにか禍々しい夢魔を見ているような、いや、実はアニメなどで散々見たことのある生き物のような。不思議な感じを受けました。

他にダ・ヴィンチの書斎にあった文房具の再現とか、面白い物が並んでます。

6月17日位で終了なのでこれからますます混むと思いますが、人混みを恐れない方は、ぜひどうぞ!
私は美術展を見るにはまず体力、と思い知りました~。

会場出口横の休憩所にも、恐らく私と同意見に達したと思われる方々の死屍累々…じゃないけど、ソファに倒れ込んで動かない人、多数、でした。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ダ・ヴィンチ展」を見に(2)

1_1  博物館の外壁に沿って続く白く長いテント…。これは入館を待つ長蛇の列の見学者たちを陽射しや雨から保護してくれるもの。
白いテントの下には人、人、人の列が、、。
これが隣の館の横にもず~っと続き、そして無事入館してから出てくるまで、ずーっとずーっと続くのでした。。

目玉はやはり現物の「受胎告知」。ウフィッツィ美術館から運んで来た本物です。まだ若い頃の完成作とはいえ、テクニックの凄さは既に流石なものでした。白色が鈍く輝いているような不思議な発色を確かめられたのも、印刷ではない生の絵を直接見て初めて気付けること。満員の群集の中にあっても、本物が持つ圧倒されるような存在感。辺りには厳粛な雰囲気が漂っていました。。。

とはいえ、もちろんそこには「立ち止まらないで下さい」のアナウンスが…。仕事の蓄積疲労か、本日やや機嫌が悪かった私は、小さく「立ち止まってません…」と呟くのを押さえられず。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ダ・ヴィンチ」展を見に(1)

2_8
土曜日はまだ寝たり起きたり、一日ヘロヘロして過ごしましたが、3日(日)は友人Mipaさまが前から誘ってくれてた約束の「レオナルド・ダ・ヴィンチ−天才の実像」展を見に上野の東京国立博物館へ行ってきました~。

久しぶり過ぎる上野。中を軽く迷っていると、向こうの方にある戦前風和風西洋館(?独特な雰囲気…)の垂れ幕に、ダ・ヴィンチの「受胎告知」らしき絵が…。

ここかここかと喜んで近寄ると、拡声器を持った博物館の職員さんらしき人たちから口々に、炎天下30分待ち、の不快なアナウンスが~~。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

…だ、代表戦〜(ρ_;)o

今日は仕事を強引に終わらせて、月曜に回していいのは来週にすることにして、8時半に帰宅!後半25分くらいからモンテネグロ戦、見ることができました。


携帯ニュースで前半2−0って知っていたから安心していられたけど、この時間すでに高原から水野に、矢野から佐藤寿人にメンバーチェンジしたあと。この二人は好きだからまぁいいんですが、特に印象に残る場面もほとんどなく、なんとなく終わってしまいました。。強いて言えば巻の惜しいシュートが決まらなかったあたりの場面くらい?


試合後オシム監督がモンテネグロのスタッフや選手とおしゃべりしてる様子が、日本代表の前では見せたこともないくらい陽気で楽しそうだったのが、今回1番印象的だったかも〜〜。(^_^;;


そして前半を確認しようとビデオを確認したら、あぁ、、やっぱり…!!
…テープが動いてませんでした。。。朝様子が変だと思ったら。三菱電機の機械、これが初めて買ったんけど、キライだ…〜。


結局「金曜すぽると」、「ニュース23時」(小倉さんがサッカー解説)「サッカーアース」(城さんが解説)なんかで試合の流れを確認して諦めましたが…。


次のコロンビア戦までにはなんとかしないと…!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

今日久々の代表戦!

今日は久しぶりにサッカー日本代表の試合ですね!

今日の相手のモンテネグロ代表は、旧ユーゴスラビアの一角で、この間までピクシーが協会会長を勤めていたセルビア・モンテネグロからさらに分離独立して生まれた所だから、人口は少なく実績はなくても、きっと本来サッカーが強い人達ですよね。オシム監督の元祖国(の一部)だし。。

日本代表では、稲本が先日までガラタサライ(トルコ)に残留と言ってたのに、電撃的に退団発表→その日のうちにフランクフルトと契約と発表→代表徴集、っていう驚きのニュースがあったばかり。
ディフェンスの堅そうなスイスリーグでレギュラーを張る中田浩二も選出されているし、俊輔は捻挫で今日は無理でも、彼らがこれまでの代表のベースにどう融合していくか、興味深い一戦ですね~。

私は5月に入ってこの三週間ほど、毎日が中間試験期間のような、一日中テスト中みたいな集中力を強いられているハードな毎日で、今日も7時には帰宅無理だけど、さっき出掛けにビデオ録画予約ちゃんとしてくることができました♪

三菱のビデオデッキ、買って何年もしてないのにもう調子が悪くて心配だけど(もう録画のできるDVDデッキ買おう…)、それさえ動いてくれたら問題なし!

仕事しながら時々試合経過を追いつつ、楽しみたいと思いまーす。(⌒0⌒)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »