« セニョール・サルバトーレ・クオモについて | トップページ | 大掃除、完敗です… »

2006年12月26日 (火)

ちょっとした記録

クリスマスを過ぎると、いよいよ年の瀬。
もう今年もあと一週間で終わりなんだな、って感慨がしみじみ湧いてきますね。

年賀状はもう書いちゃったし。(^-^)v

年賀状の準備は、仕事以外何ごともぎりぎりな私には珍しい、いつも段取りよく処理してるアイテムのひとつなんです。と言っても、出さなかったところから来た分に返事書くのに、毎年けっきょく元旦、一日かかっちゃったりするけど…。

昨日は会社で、他社からもらったカレンダーの山を物色し、卓上タイプを何種類かゲットしました。これも「今年もいよいよあと数日」を感じる、マイ歳時記のひとつ。

会社のデスクには自社製のカレンダーを使ってるけど、自宅用、というか毎日の継続を挑戦していることなんかの記録用として、きれいめのタダのカレンダーを利用してます。ここ数年。

実行したらチェックマーク入れたり実行時間を書き込んだり。友達と会った日にはそのことを最小限メモったり。時々小さいシールを貼ったりしてるのだ。

シールまで貼るのは大袈裟だけど、1ヵ月1ページの碁盤目型のカレンダーに、ちょっとしたお出かけの印をつけて残しておくと、今月何回友達と会ったとか外食したとか、一目でわかってとても便利。

なにが便利かというと。。。ちょっと説明しないといけないんですが、私の場合食生活の管理ではなく。まえに雑誌で「自分の手帳のつけ方」みたいな特集を読みまして。

ある女性が「仕事帰りに真っすぐ帰らず寄り道した」みたいなことをノートに書いてるというのです。忙しくて家と会社の往復ばかりだと心に潤いがなくなるから、と。カフェに寄って帰った、とかデパートで買い物した、とかでさえ、ちょっとノートに付けておくと、「最近仕事しかしてない」と気持ちが荒むのを緩和してくれてすごく違うと。そうすると例えばひとりでちょっとお茶して帰るのがやっとな日々でも、足を伸ばして新しいお店を開拓してみようとか、小さいけど日常生活への意欲が湧いてくるっていうんです。

これには共感するものがあって、以来私も真似しているのです。そんな厳密じゃないんですけどね!私の場合、一日中PCに見たり書類をチェックしたりで人とほとんど話さない日があるので、仕事以外で誰かと会った、話したというのをメモしたりシール貼ったりするようにしています~。

一週間に一回位でも1ヵ月をまとめて見るとあちこちに印がついて、なんとなく何かはやってるじゃん!!って気にはなる。

完全な気休めなんですけどねっ!でもこういう気休めって、ないよりはあった方がいいんじゃない、って思ってコツコツ地道にやってます☆

|

« セニョール・サルバトーレ・クオモについて | トップページ | 大掃除、完敗です… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152297/13243662

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとした記録:

« セニョール・サルバトーレ・クオモについて | トップページ | 大掃除、完敗です… »