« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月31日 (日)

いま気になるサッカーのこと

このところサッカーのことを全然書いてなかったので、最後にちょっとだけ書いてみます。いまも衛星第一のW杯再放送見ながら書いてます。

いま気になっているのは、信じられないマリノスのオフの動き。おっくんやドゥトゥラ解雇に、次期監督として早野元監督が就任…。どこかで来年の入れ替え戦の話を読んだけど、ほんとにそんな予感たっぷりですね。(∋_∈)

マリノスタウンなんてハコモノも、優勝をつねに狙えるチームであって始めて意味があるのに。。施設費のせいで補強費が出ないなんて、本末転倒もいいところなのに…。私もシーズン中の水沼再登板予測、支持します~!

もうひとつとっても気になっているのが、フィーゴがサウジのリーグに移籍?!っていう話題です。ほんとなんですか~?!引退前のバケーションのつもり??カタールのリーグは相当お金積んで賑わっているようですけど。。。

そのほか、ゴールを決めても「戦術理解度不足」と地元新聞に小笠原が酷評され続けているのはなんでなのか。よく理解できないのでもう少し具体的な解説を聞きたくてしょうがないことと、ジェフの阿部がなんだかレッズのオファーに惹かれているような感じがすること、どうも気になっています。そんなにレッズにばかり集中しないでほしい!

来年はまずは、、チャンピオンズリーグ決勝戦かと思ったけど、まずは元旦の天皇杯決勝戦ですね!!いきなりレッズ対ガンバという期待、大なカード!

来年は年始早々から、面白い試合がいっぱいそうで、マリノスはあれだけど(>_<)、全体としては来年もサッカー、楽しみです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大掃除、完敗です…

今年の仕事納めはふだんより一日早い29日。そのうえ個人的に、最終日はどうせ半ドンで仕事ないからと有休取ったので、久しぶりにすごい余裕の年末を過ごせました。
年末の休みが31日一日だとお正月の買い出しで終わってしまって、ほとんどなんにもできなかったのに!

今年は29日(金)にアメリカからクリスマス休暇で帰国中のRちゃんと品川でプチ忘年会。30日(土)はTSちゃんと吉祥寺のフレンチでランチ、と優雅なくらい余裕が!!

しかしその合間をぬって片付けものを始めたら、十年来整理せずにただひたすらファイルボックスにためていたお給料明細と領収書の類いに気付き、シュレッドし始めたのですが何日かかってもいまだに全然終わりませんい。。。このまま新年を迎えるはめになりそうです…。

今日はそのうえただの物置になっていた古いパソコンラックを粗大ごみにして、リビングで持て余していた小さい洋箪笥を代わりに私の部屋に移動させることになりました。

デスクまわりの様子が変わって部屋もすっきり!年末に余裕があるとこんなこともできちゃうんですね。それはすごくよかったけど、引き出しの整理と、捨てるラックに乗っていたものの片付けをやらなくちゃ…。今日中にはとても無理。ということは一部すっきり、その回りは荷物が散乱した、こんな状態で新年を迎えるのか。。。

結局なまじ時間があった分、なんでたかが正月を迎えるのにここまで大掃除しなければならないのかという、かえって忙しい年の瀬になってしまいましたー。

わたし的には適当なところでやめたかったけど母はムカシの人なもので、徹底的に大掃除しないと気がすまなくて、途中で止めさせてくれなかったんです~~(p q。) ←ウッ…。

シュレッダーもハンドタイプなので、遅々として進まず。新年に電動式のを買おう。。。ごみの大袋3杯出ました。でも裁断するもの、まだ終わってません。

やっぱり残りは元旦にします……。(ガックリ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

ちょっとした記録

クリスマスを過ぎると、いよいよ年の瀬。
もう今年もあと一週間で終わりなんだな、って感慨がしみじみ湧いてきますね。

年賀状はもう書いちゃったし。(^-^)v

年賀状の準備は、仕事以外何ごともぎりぎりな私には珍しい、いつも段取りよく処理してるアイテムのひとつなんです。と言っても、出さなかったところから来た分に返事書くのに、毎年けっきょく元旦、一日かかっちゃったりするけど…。

昨日は会社で、他社からもらったカレンダーの山を物色し、卓上タイプを何種類かゲットしました。これも「今年もいよいよあと数日」を感じる、マイ歳時記のひとつ。

会社のデスクには自社製のカレンダーを使ってるけど、自宅用、というか毎日の継続を挑戦していることなんかの記録用として、きれいめのタダのカレンダーを利用してます。ここ数年。

実行したらチェックマーク入れたり実行時間を書き込んだり。友達と会った日にはそのことを最小限メモったり。時々小さいシールを貼ったりしてるのだ。

シールまで貼るのは大袈裟だけど、1ヵ月1ページの碁盤目型のカレンダーに、ちょっとしたお出かけの印をつけて残しておくと、今月何回友達と会ったとか外食したとか、一目でわかってとても便利。

なにが便利かというと。。。ちょっと説明しないといけないんですが、私の場合食生活の管理ではなく。まえに雑誌で「自分の手帳のつけ方」みたいな特集を読みまして。

ある女性が「仕事帰りに真っすぐ帰らず寄り道した」みたいなことをノートに書いてるというのです。忙しくて家と会社の往復ばかりだと心に潤いがなくなるから、と。カフェに寄って帰った、とかデパートで買い物した、とかでさえ、ちょっとノートに付けておくと、「最近仕事しかしてない」と気持ちが荒むのを緩和してくれてすごく違うと。そうすると例えばひとりでちょっとお茶して帰るのがやっとな日々でも、足を伸ばして新しいお店を開拓してみようとか、小さいけど日常生活への意欲が湧いてくるっていうんです。

これには共感するものがあって、以来私も真似しているのです。そんな厳密じゃないんですけどね!私の場合、一日中PCに見たり書類をチェックしたりで人とほとんど話さない日があるので、仕事以外で誰かと会った、話したというのをメモしたりシール貼ったりするようにしています~。

一週間に一回位でも1ヵ月をまとめて見るとあちこちに印がついて、なんとなく何かはやってるじゃん!!って気にはなる。

完全な気休めなんですけどねっ!でもこういう気休めって、ないよりはあった方がいいんじゃない、って思ってコツコツ地道にやってます☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

セニョール・サルバトーレ・クオモについて

ランチタイム、昨日「サルバトーレ・クオモ銀座店」に行った話を喋ったら、今日ランチした子が実はお店のオーナーのサルバトーレ・クオモさんのことに精通していて、突然私もクオモ通になってしまいました。(苦笑)

昔中目黒にしか店舗がなかったころ、彼女の友だちがクオモさんの大ファンでしょっちゅう通いつめていて、彼女も付き合わされてさんざん食べに行ったんだそう。彼女的には美味しいからまぁいいかと思って付き合って食べてたそうな。お店のサイトで写真をみるとクオモさんって若々しく見えるのですが、それもそのはず、実はまだ30代半ばの青年実業家、ならしいです。彼女の友だちはクオモさんとお付き合いしたくてお店に通っては迫ってたんだって・・・。まだ30代半ばじゃ、まあ分るけどね。。。

以下彼女が喋ったことの受け売りで全然まったく裏取りしてない話ですが、クオモさんはバリバリイタリア人に見えるけど日系ハーフで三人兄弟の長男だとか、だから日本語超ペラペラとか(ブログをココログで書かれてるんですが、あれ、誰かが翻訳してるのかと思ってた私・・・)、次男の弟さんもシェフとして同店で活躍されてるとか、クオモさんは離婚されているが、結婚されてたときはかなり恰幅が良かったのに、離婚後いまみたいに(て、サイトの写真を見ると確かにそうだけど)スラッとスリムになったとか、、、なんでこんなにタレントみたいに知ってるの!?って話題てんこ盛りでした。。。(^_^;;; 別に知らなくても良かったのに、突然身近な人みたい・・。当惑!

そこの日本人シェフの名前もどんどん出てきて。イタリア語教室で一緒に勉強したことがあるとかで。。今日ランチした子は、イタリアに遊学してたことがあるコだったのだ。そういえば。

世の中変なところで繋がってるのね、っていうだけの話でした。上記、信憑性があるんだかないんだか、まったく分りません。あんまり信用しないでね・・・・とだけ力説しときます。

とりあえず、また食べに行こっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

2006年のクリスマスイブ

Photo_15

今年のクリスマスイブの今日、私は友達とのお洒落めなランチを企画して、銀座のピッツェリア「サルバトーレ・クオモ」に集いました。写真はお店のはなくて、代わりに銀座ソニービル前にショウアップされていた、シャネル5番のクリスマスツリーを載せてみます。ボケててすみません。No.5の数字と、香水のボトルがツリーのオーナメントとして飾られてるの、見えるでしょうか。

お店ではピッツアランチのコース(サラダ、コーヒー付き)と、他にアラカルトで「尾長鯛のカルパッチョ」や「紅茶のフローズン・プリン アイスクリーム添え」などを頼み(他にも頼んだけど忘れた…)、スパークリングワインで乾杯しました!

「サルバトーレ・クオモ」には私は初めてだったけど、日本にナポリピッツアを広めた第一人者とのことで、HPを見ていて前から行きたかったの。ピッツアは縁がフワフワだけど台は薄く、モチモチした生地が焼き方も含めて凄く美味しかったです!マルゲリータのトマトベースの味は普通だったけど…。でもいままで食べたナポリピッツアの中では、生地の味は1番気に入りました。♪

ランチだったせいか前日でも予約できたので、意外に空いてるかと思っていたら、中は満席で盛り上がってました。予約なしの客もずいぶん並んでいたし。。

しかし都内のカップルはイヴに銀座に集結したのでしょうか…。と思われるくらい、今日の銀座はすごい人ごみでした。老いも若きも、って感じで中高年のカップルも多かったのは好感もてたけど、明らかに変な…と言っては失礼ですが、ヤクザ系とか出合い系と思われる方々ももちろん多し。まぁ人のことはいいんだけど…。

食事は最高に気分よく終わったのですが、その後買う気もないのにブランド店巡りなんかしてしまって、なんだかドロドロした人間模様を目撃してしまったのは失敗だったかも。。。

まずエルメス銀座店。店内はラッシュアワーの通勤電車のような凄い人込み。そして、イブの当日にカレと店に行ってプレゼントを買わせてる女の子たちがまた、私がこういうのもなんですが女の目で見ると、たいして可愛くも素直そうでもなかったりすると…。なんだかね~~って感じ。(あ、ただの僻みですね。すみません!)

例えば、あの一時ブームになった布製のバッグ、名前忘れちゃったけど、ありますよね。8万円強の。あれを彼に買わせていた、明らかに二十代のカップルがいたらしいのですが、(以下、一緒にいて目撃した友達・談。)彼女の方は無邪気な笑顔で「ありがとう~~☆☆」とか言ってたらしいけど、買わされた彼のなんとも言えないムッとした顔が、すごかったらしいです…。そりゃ20代の8万は、プレゼントにはやっぱり額が大きすぎでしょう。

その後行ったサマンサ・タバサとディオールでも似たような光景が繰り広げられてました。。ま、サマンサ・タバサは商品の価格帯がエルメスの十分の一だから、そんなに壮絶なドラマは感じなかったけど。

私たち誰も、そんな高価なプレゼントもらったことがなかったのはちょっと寂しかったけど、誰もそんなプレゼントねだる感覚ないし、そういうのを自主的にくれるようなタイプは誰も好きじゃないみたいだったんですよね。話してみると。なんか残念な気もするが…。これじゃプレゼントをゲットできるはずもなし。でも高額プレゼントなんて、重荷でやっぱりヤだしねっ。

と、さまざまなドラマを目にした後、8時過ぎに銀座を通りすぎた一群の写真を最後におすそ分けします!

2_5 数寄屋橋交差点近くを行くサンタ・ライダーズで~す!これも相当ボケてるけど、わかるかしら?

サンタの服を着た4~50台ほどのバイク・ライダーが、通行人に手を振りながら銀座の大通りを通り過ぎて行ったんです~!

なにかの宣伝かデリバリーピザ屋さんかと思って、信号待ちのとき観察したんだけど、好きでやってる愛好家のグループな気がしました。もしTVの仕掛けとかでないならば。

いろんなクリスマスイブの過ごし方があるなぁと思ったわ。青信号になって走りすぎる彼らの姿、遠い昔見た「フェリーニのローマ」のラストシーンみたいでした・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

ノロウィルスじゃないけど

12月になったら仕事が落ち着くはずなのに、今年は新規商品が多くてかなり忙しい日が続いてました。・・で、今週ちょっと落ち着き始めたと思ったら、疲れが出たのか風邪引きがお腹にきて、今日はお休みしてしまいました・・・。有休消化しなければならなかったし、まぁ許されるかも??って気分もあって・・・。

ところで昨日、社員の誰かがノロウィルスに感染した!って社内メールが社長名で配信されてきたんです!をを、ニュースでは話題持ちきりだけど、さっそくそんな方が当社にも!?

って、ふざけていたらそれどころではなく、3つほどに分かれた各フロアのお手洗いにも「薬用ミューズ ポンプタイプ」が突然設置されて、当の社員は完治するまで強制休養に入らされたらしい。治療薬がないっていうから、そうですよね~。心配ですよね。私のいるフロアの人ではなかったんですが、メールデリバリーの係の人とか、当然相互の出入りも多いので、いつなんどき私のフロアで感染者が出ても不思議ではないし。。

そんな昨日の今日に私が「お腹壊した」とかいって休んでしまったので、明日出社したら疑われるのでは、という不安は感じます~。電話したとき「ノロウィルスっていうような重症ではないんですが」と言おうかと思ったけど、そんな冗談言う雰囲気じゃなくて、つい口が淀んで言えなかったし。いまは安定したからこんなことして(ブログ書いたりして)いるんですけど。(サボりじゃないですっ!)

昨日は他にも、来年の年棒と、年初に予定されてる年1回のボーナス額の提示がありました。忙しかったけど個人的には評価いまいちかなと思われる今年の自分でしたが、会社が好調だとそんなことは関係ないらしく、去年より、全部あわせると20%年収アップしていただけることに!!!

すごー。信じられない・・・!

確かに、いままで同業他社より少ないという噂が絶えなくて、社外から来られた社長も、「引き抜き防止を兼ねて、同業外資の水準を2~3年計画で目指し」、と言われていたそうなので、そのお陰かと思われますが。でももちろん来年業績がイマイチだったら、どんなに個人的パフォーマンスあげても、多分年棒、落ちますよね。この感じだと・・・。

結局外資でも、営業職じゃないと、こうなんですね。来年は、個人のことより会社の好調を祈っちゃおうかしら。まずは元気になって、海外旅行も久しぶりに行っちゃおう!とか、具合悪いながら心はちょっと調子に乗ってます・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

日曜日、ニコタマへ

日曜日、友だちのKKちゃんとランチディナーしに二子玉川へ行きました。私の誕生日が12月なので、お祝いしてくれるという口実で久しぶりに会ったのですが、ニコタマはもっと久しぶり。

KKちゃんの家は田園都市線と東横線の間くらいなので、会う場所でいつも悩むのですが、ニコタマは正解だったみたい。まえに成城で会った時は、意外なくらい適当なお店が駅周辺になくてびっくりだったんですけど!

成城って、駅から離れたところにいいお店があったりするのかしら。。駅の近くは、昭和の香りが漂う、かなり古くなったようなお店ばかりで、正直、選べなくて困ってしまいました。

駅の周辺にこ洒落たレストランが集積している点では、自由が丘よりもっと二子玉川の方が上回ってる感じですね~。あんまり来ないからいままで分かってなかったけど。

そのニコタマで入ったのは、自由が丘や銀座にも店舗があるイタリアンのピッツェリア・トラットリア・メッシーナでした。
ランチコース、食べたのですが、スパークリングワイン(グラス)を入れて一人2500円くらいで、かなりお得感あり。

私がチョイスしたのは、フォアグラと生ハムが小さいパンに乗った温かい前菜と、メインはパスタにして、生パスタにトマトとモッツァレラチーズを絡めた一品。デザートは紫芋のモンブラン、これはかなり巨大で、ここで既に満腹。どれもなかなかの美味でした。

そういえばこの店、あとでお店のカードを見たら、ナポリ・ピッツア協会認定の店なんでした!ピッツアも頼めばよかった。。でもフォアグラに釣られて前菜+パスタまたはメインのコースにしてしまったので、ピッツアまで頼む余地がなかったよ~。

ま、フチがふわふわのナポリ・ピッツアより、私は薄くてカリカリの生地の方が好きなんですけどね!

う~ん。美味しいピッツア、改めて食べに行きたくなったかも…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

クラブW杯

…って言っても今回は、準決勝は見れたけど、決勝戦は出かけていて、ほとんど見れず…。そんなわけで、実はなんにも言えません~。m(__)m

帰宅したら試合はまだやっていたけど、お誕生会兼忘年会で昼間からスパークリングワイン飲んで酔っ払ってしまってたし。そのうえ母が別な番組を見ていたので、合間にちょっと覗けただけ。。残念…。

準決勝でロナウジーニョのスーパーなテク、楽しそうなプレイぶりを見れたのが、今回1番の気分爽快な思い出かしら。。

一時はどうなるかと思ったロニー、今シーズン、また復活してくれて嬉しいですね!あの4−0は見てても楽しかった。でもやっぱり南米チームの、ヨーロッパ1を打ち負かして世界一に!という勝利への意欲には敵わなかったんでしょうか。。

この悔しさをきっかけに、来年は本気でクラブ世界一を取りに来てほしいけど!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年12月10日 (日)

U2の来日

アイルランドのバンド、ってわざわざ形容する必要もないのですが、U2が来日してますね。

先日ボノが安倍総理を表敬訪問したニュースを見て気づきました。

今年の4月、久しぶりにU2来日コンサートがあるというので、チケットを買っていました。でもメンバー(誰かは不明)の家族が病気になったため、ワールドツアーは中止に。

延期、とのことで、払い戻しの際手続きすれば、ツアー再開が決まったときに優先的に申し込めたのですが、なんだか聞きたい気分が、プッツリ途切れてしまって…。結局払い戻しただけで、チケットの再申し込みはしませんでした。

80年代、なんといっても1番好きなバンドだったんです。やっぱり「ヨシュアトゥリー」は死ぬほど聞きました。それに20代頃のボノの顔、いま見ても1番タイプかなと思うし。

でも90年代の「ディスコテーク」や「ZOOROPA」路線は、ボノのムリしてるっぽいファッションと同じく、「ちょっと違うんじゃ」感が拭えず。。現代の聖人君子に祭り上げられそうになって、ついたイメージを叩き潰したくなったんだろうとお察ししますが。

…以後しばらく聞いてなかったのですが、数年前にイーノ、ラノワ、リリーホワイトを再びプロデューサーにむかえてリリースしたアルバム「ALL THAT YOU CAN'T LEAVE BEHIND」が、80年代の全盛期路線。「ヨシュア・トゥリー」や「UNFORGETTABLE FIRE」を彷彿とさせる懐かしさと、もうちょっと現代ぽい新鮮さがいっぱいのアルバムだったので、久しぶりに買いました。

それで来日も一応期待してたんですけどね~。ニュースを見ても、行けばよかったかなぁ、ってあんまり思わない自分が寂しいんですけど・・・。

彼らの言いにくいことをはっきり言う気性は相変わらず衰えてない風で、若い頃はそれが清々しかったんだけど、なんとなく鬱陶しく煩く感じるのは、貫禄がついちゃったのに攻撃のスタイルが変わらないから??

今回も、安倍さんを訪問しちゃっただけじゃなく、泊まってるホテルもパーク・ハイアットなんだとかで・・・・なんかスノッブ…。

多分そういいながら、なんとなくフォローし続けてしまうんだろうなとは自分で思っているんですけど。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

SkypeとYahoo!メッセンジャー

PCでのコミュニケーションツールには全然疎い私。mixiはおろか、チャットもやったことがなかったのに、突然ネット経由の音声通話にチャレンジすることになりました!

ことの発端はアメリカ在住の友だち、Rちゃんが年末帰国している間に一緒に旅行しようか、という話からでした。

始めメールでやり取りしてたのですが、旅行会社のウェブページなどを見ながら話して決めた方がいいということに。

Rちゃんから3つくらいサービスを提示された中で、私がYahoo!のIDを持っているので、まず「Yahoo!メッセンジャー」を使ってやってみることになり、昨日までに私はYahoo!のホームページから「メッセンジャー」をダウンロードし、セッティングして待機しました。

今日、まずは携帯で「いまからどお?」メールして確認しあって、Yahoo!メッセンジャーをスタート!

これはチャットの画面も出るものだったので、ちょっとやり取りしたあと、いよいよ通話ボタンをクリックして相手を呼び出してみると…。

…お互い「不在着信」の留守録になってしまって、これが全然繋がらないんです~(;_;)

またチャットで設定確認しあうこと、約一時間。。

Rちゃんが出張中のホテルの自分の部屋からだったので、ホテル側のファイアウォールのせいかと思い、RちゃんのPCのプロキシ設定をなんども変えながら試した結果、どうも私の方のが音声着信に全然反応してないことがわかって。。

私はNortonのアンチウィルス機能を利用してるですが、そのファイアウォールが絡んでいそう、、、。

こんどは私のPCやメッセンジャーの設定をさんざん変えてみたけど、結局ダメでした。

なんだかんだセッティングの話だけをチャットし続けて約2時間。。またRちゃんの提案で、「音声サービス専用だからシステムが簡単」なSkypeを途中で急遽ダウンロードしてみることに。

そしてそのスカイプを使って、ようやく電話で直接話をすることができました!(≧▽≦)

ところでRちゃんは、今日は中南米カリブ海諸島の一つ、ベリーズに出張しています。この間はケイマンだったし。あの辺のリゾート地一帯が彼女の担当範囲らしい。うらやましい~~!!

それはともかく、ベリーズと日本との時差は、シカゴと同じ−15時間とのこと。

こちらは昼下がりだけど、むこうはもうとっくに12時を過ぎ。声を聞いたら、実はだんだん眠くなってきているのが、よく分かってしまいました。。。

しかも途中で原因不明の切断が、こんどは彼女の側で何度も起こるし。

結局またYahoo!メッセンジャーのチャットに戻して、来週具体的な話を決めることになりました…。

PCの接続設定ってほんとに難しい!っていうか、全然わからない。

いつも思うけど、いちどシスアドとかMSなんとかの資格をとるつもりで勉強してみないとダメかもね。

その方がムダに費やす時間、トータルで見たら少なくて済むかも!

なあんて腹立たしく思いつつも、Rちゃんがアメリカに渡った10ン年前には、無料で国際通話ができるこんなシステム、想像もできなかったことを思えば、やっぱり進歩に感謝感激かも。。

トラブりながらも面白かったし。(^-^)v

来週彼女の自宅からスカルプでまた会話する予定です。今度はお互い固定回線だし、最後まで成功するといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俊輔のスーパーゴール・その後

2週間も前になりますが、チャンピオンズリーグのマンU戦で俊輔が決めたFK、まえに書いたときはまだ見ていなくて話題だけ取り上げたのですが、あの数日後、再放送を見てしばらくは酔いしれました~。

あそこで決めたFKもすごいんだけど、その数分後、逆にマンUにファールでPKを与えた絶体絶命の危機を、GKボルツのスーパーセーブでPKストップし、勝利にスタジアム中が酔いしれる試合終了までの15分間は、まるで奇跡が次々と目の前で起きるのを目撃しているような、すごい15分間でした。。

サッカーって点があまり入らないスポーツだから1点の重みがすごい分、こういう独特な感動が他のスポーツより生まれやすい気がします。

奇跡的なんだけど、サッカーでは初めて見たわけじゃない、年に何回かはどこかであるかもしれない、という…。

だからまた熱狂しちゃうんですよね!

あの後録画を何度もなんどもリピートしちゃいましたが、スコットランドの取材記事を見たら、グラスゴーでもそれは同じで、何日もの間、「俊輔のFK→GKのPKストップ→勝利に酔うセルティック・サポーター」の画像を、TVで延々流し続けていたそうです。

またセルティックの永遠のライバル、レンジャーズのサポは、マンUのファーガソン監督が以前レンジャーズの監督だったことも重なってマンUを応援してたのでショックもひとしおらしいです。

セルティックはあの試合の永久記念版DVDを出す予定だそう。(試合の前半はセルティック、かなりヒドかった気がするけど…。終わりよければなんでもいいのか・・。)

サポーターや関係者の気持ちをぐ~んと感じたのは、その週の週末になってもセルティックパーク(ホームスタジアム)では、電光掲示板を試合終了直後のままにしてあった、という記事でした。

「CELTIC-MAN UNITED : 1-0」、って表示したまんま何日も置いてあったんですって。

ほんとに嬉しかったんだな、みんな…。って、また感激しちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

Jリーグ終了!

色々あった10日間ですが、慌ただしくて落ち着かず、何も書くことができませんでした。

久しぶりだけど、まずはサッカーの話題から!

今日は浦和が勝ってJ1は入れ替え戦以外すべて終了。0−1でガンバが先制したときは、レッズ意外にやばいかも、と思ったけど、ポンテの同点弾は大きかったですね。
リーグ戦初勝利、おめでとうございます!

あと今週の横浜FCのJ1昇格も、やっぱり感動しました。カズ&奥寺さんも、おめでとうございます!

一方マリノスといえば、今週聞こえてくるのは主力選手の大量解雇の話ばかり…!(>_<)

マグロンと奧が戦力外、水沼監督とGKコーチ(ハーフナーのお父さん)も解任なんて、来期のマリノスはどうなるの~?

特におっくんは友達のKKちゃんが大ファンで親しみを感じてたので、なんとも言えない気分です。。(p q。)ウゥ…

それも一部のニュースでは、新しい球団施設を作って資金に余裕がなくなったのが、ベテランを放出せざるをえない一因、なんて、つい読んでしまったのですが、もしガセネタでなかったら本末転倒な話で、なんとも言い難い気分です…。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »