« 今年のイグ・ノーベル賞 | トップページ | アジア杯予戦、対インド戦 »

2006年10月 8日 (日)

表参道、DUCAFEの辺り

表参道、DUCAFEの辺り

今日は1ヵ月ぶりでZACCへ行きました。今月号の雑誌「ar」(10月号)が店頭に置いてあって、最近この雑誌ではヘア関係の記事でZACCをメインにとりあげているので、見てみると案の定担当のKさんも誌面に。。

でも雑誌の写真は、ふだんのKさんの、平井堅とスティーヴン・タイラーを足したような個性が出てなくて、割とふつうっぽい。それを話題にしたらなんだか別な解釈をされたけど、そこそこ盛り上がりました。

でもその話より、ドライヤーをかけるとき担当してくれた女の子が、芸能レポーターの東海林さん(下のお名前、ど忘れ)に会ったらおばさんだけどキレイだった!という話と和田アキ子のマネージャーさんもお店にいらっしゃる、そのとき聞いた話、なんかの方が面白くて、盛り上がったり。

今日の帰りは、「DUCAFE(デュカフェ)」に寄ってみました。久しぶりにくる辺り。ハナエモリビルと表参道を挟んだ向かいのマックの角を入って(「フレンチコネクション」のあるところ)、ロイヤルホストの角を曲がった通りにあるカフェです。ガラス張りのサンルームのような外観が特徴なんですが、秋の夕方、辺りはすでに真っ暗だったので、ちょっと行く時間が遅かったかも・・・。

大昔「FLO」というおしゃれなブラッセリーがあったときはこの辺好きだったけど(相当古い!)、本当に『いまは昔』で、面影は全然なし。

でもこの辺を歩いてるのは20代の女の子のグループばっかりかと思っていたら、割と大人のカップルと、ジモピーらしい白髪のおじさんが複数いて、それがかえっていい感じでした。

ジモピーのおじさん、というのは、つまりおそらくこの辺に住んでいるデサイナーさんかなにかだと思われる雰囲気のおじさんです。商店街のお肉屋さんとかではなくて。

短髪白髪の中高年なのですが、ストリート系の元不良ぽいカジュアルウェアを着て、チャリをこいでたりするの。そんな表参道らしいおじさん達を、今日は何人か見掛けました。こういうおじさんなら、なんか、いいわ。

写真はDUCAFEで頼んだカフェオレとスィーツふたつです。バニラビーンズ入り“DUCAFEシュー”と洋ナシのタルトムース。ちょっとお腹が空いてたもので…。でも辛いもの好きな私には、やっぱり無謀だったかも…。

|

« 今年のイグ・ノーベル賞 | トップページ | アジア杯予戦、対インド戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 表参道、DUCAFEの辺り:

« 今年のイグ・ノーベル賞 | トップページ | アジア杯予戦、対インド戦 »