« 日本×ガーナ戦 =まずは前哨戦? | トップページ | 甘すぎるケーキ »

2006年10月 6日 (金)

日本×ガーナ戦@日産スタジアム =試合を終えて

Kimigayo_20061004_2写真は国歌斉唱のときの選手と日本側ベンチ付近です。選手とオシム監督の前に群がるカメラマンの大群。この後も試合中はずっとオシムだけを狙い続けるカメラが結構ありました。そしてペットボトル投げをすかさず激写したりするんでしょうね。

試合は・・・細部が見えないのでたいしたことは言えないけど、そこそこ、悪くなかった。好印象でした。そこは親善試合、ガーナも本気モードというほどではないと思うし、日本も勝ち抜きがかかったような試合運びではなかったけれど、ある程度きっちり抑えていたし。

負けたけどそんなにストレスの高じる試合ぶりではなかった。得点につながるいい形が、ジーコの4年目よりずっとできていていたように思うし。だから逆に淡々と負けを受け止めてしまい、煮え切らないような後味も残ったけど・・・。

ガーナ選手の、得点シーンのあのスピードは別格だったけど、それ以外でも脚、早かったですね。日本より。日本側がスペースにボールをけりこんだのを走りこんで受けようとする場合、たいていガーナDFに抜かれてました。脚の速さが違うんだから、途中からもうひとつ工夫してほしかった。あのままじゃ敵にパスしてるのと事実上同じだから。

あとガーナ選手の体の使い方、やっぱり圧倒的に上手かったです。TSちゃんが力説したのは、特にトラップのうまさ。体から離れないよね。日本選手は1メートルくらいボールが飛んじゃうから上手い敵にはカットされるよね、どうしたって。

雑誌「Number」662号でのインタヴューで、オシム監督は、“日本人は戦術やテクニックが優れているけど、(歴史が短いためか)サッカーにとってごくあたりまえの基礎の部分が抜けているところがある”という趣旨のことを語っていました。(その部分を埋めていきたい、という趣旨のことも・・・。)トラップなどはそこでの例としては出ていなかったけど、こういうのもそれに入るかしら・・・。などと思いつつ、、、。

他に印象に残っているのは、後半途中出場の中村憲剛くん。出てすぐFK、それもゴールを感じさせるいいキックだったし、彼が入って動きが早くなり、流れが明らかによくなった。今後が楽しみ。

播戸、しばらくピッチ外に出て戻ったと思っていたら、6針縫ったって?すごすぎる・・・。しかも試合後のインタヴューが「考えずに走った」(爆)。現・代表に少ないベテランのふてぶてしさが、今後の代表にいい味加えてくれそう。。

得点はなかったけど佐藤寿人もいいパス出してたし。それに、決まらなかったけど駒野のドリブル突破からのシュート!サウジ戦で酷評された悔しさを取り返そうという必死さからかな、と感じたのですが、こういう当落争いがあるところが、いまの代表のいい部分かなと改めて思いました。

はいいポジションどりをしてるのに、決めなきゃいけないところで何度も外して悪目立ちして・・・。もう!!だめでしょ!彼、次回、どうかしらね~。巻が落ちたらますます地味で、観客減りそうなのに・・・。

とは言ってもJリーグがもっと注目されれば、ほんとは「いまの代表は地味」なんて言ってられないと思うんですけどね。日本のリーグの、いい人たちが出てるのに。J中心だと代表の視聴率もJリーグ並みになってくるのか・・・。

あの口うるさいファンで有名なイングランドでも、タレントとして揶揄されがちなベッカムが、いざホントに代表落ちしたら、代表戦のチケットの売り上げが激減したそうですね。ファン心理って、本音ではこういうところがありますよね、やっぱり・・・。

|

« 日本×ガーナ戦 =まずは前哨戦? | トップページ | 甘すぎるケーキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152297/12165676

この記事へのトラックバック一覧です: 日本×ガーナ戦@日産スタジアム =試合を終えて:

« 日本×ガーナ戦 =まずは前哨戦? | トップページ | 甘すぎるケーキ »