« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月25日 (火)

映画「ダ・ヴィンチ・コード 」

映画「ダ・ヴィンチ・コード」をやっと見ました。前売券を買って準備していたのに何となく行きそびれ、そろそろ上映館が減り始めたみたいで。もう夏休み映画が公開される時期だしあたりまえですね。先日慌てて会社帰りに、前の会社のMMちゃんと有楽町のマリオンへ行きました。

どうも映画の評判がいまいちだったので行くのが出遅れてしまったのですが、そう思って全然期待せずに見たせいか結構面白かったです。

原作読んだのが2年前だったので、よく覚えてるつもりだったけど、さすがにディテールが鮮明なわけではなかったからかも。

まだ読後のイメージが鮮明な人には、原作のもつ「陰のヨーロッパ史」に迫っていくようなゴシックロマン的ムードとか謎解きの知的ゲームの要素があまりない、ハリウッド大作ぽい大味さに不満が出るだろうとは思いましたが。言ってみれば粗筋を手堅くまとめただけっぽい仕上がりで、流行りの”ダイジェストで読む世界の名作”、みたいではありました。監督の個性やアクが原作を歪めてないところがなによりの美点かも。。

私が気に入ったのは、映像でなければ伝わり難い要素も原作にはあるのですが、それを短時間に上手く見せていた部分です。例えば冒頭で主人公・ラングドンが公開セミナーをする場面。モニターで次々映し出す画像は的確で、長い説明よりも一瞬で言いたいことがわかる。これは映画ならではだなと思わせられました。

逆に原作では面白かった蘊蓄を延々述べ聞かせるシーンは、映画だとその20分の1でも飽きてくる。「セリフ長いなぁ」とか思ってしまう。この原作、映画向けなようで意外に映画むけじゃないのか…。

私が1番違和感があったのは配役で、ルーブル館長ソニエール役が全然許せんて感じです。私のイメージは昔の本物のルーブル元館長にして美術評論家のルネ・ユイグ氏。彼のようなフランスの貴族らしい冷ややかな情熱と知性を湛えた表情を期待していたのに、演じた人はそんな風格が全く感じられない貧相な人。それでもなかったらショーン・コネリーに10kgほど減量してもらって演じてもらっても、まだよかった。
ヒロインもやっぱりもうひとつ…。頑張ってはいたけれど、もうひとつ現代的な中にも何かがほしい…。

また原作ではラングドンは明らかに無神論者なのに、映画ではアメリカの観客の反撥を恐れてか、特定の宗派ではないがキリスト教の神を信じる心がある人に変えられていました。この辺は大衆におもねるハリウッド映画らしさ全開というか。

一緒に行ったMMちゃんは原作を読んでないそうで、この思いっきりダイジェストしたストーリーを果たして楽しめてるかな?!と誘った手前心配でしたが、充分分かって面白かったとの感想をもらえて、ホッと安心。。

やっぱり見る前に周りから「読んでからみると物足りない」「見てしまうとネタバレするから、見た後読む、というのもどうか…」などと、散々映画に否定的な意見を聞いてきたそうな。大ベストセラーの映画化は難しいですね。やっぱり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

日本代表の裏話について

今回の日本代表チームについて、控えに回った選手の一部に「仲良しグループ」ができてしまい、真剣に練習している選手をからかったり叱咤鼓舞するナカタを揶揄したりして、チーム内部のムードにかなり悪影響を及ぼしていたということが、最近サッカー系のブログや「ドイツに取材に行っていた記者から直接聞いた・・」などのネット記事で出回り始めているようです。いえ、そういう事実はW杯中も記事でやんわり書かれていたけど、ネットでは「誰が」ということがはっきり出てきているので、始め読んだ時は結構ショックなくらいでした。いい人(たち)そうに思っていたので。それでここ数日、かなりネットサーフィンして情報を追ってしまっています。

サッカー協会ではふだんから代表のマイナス報道が出回らないよう、かなりプレスに対して報道管制的なこともしているとか。だからダイレクトな記事では書かれないことのようですが、それでもこれだけあちこちに漏れてきてしまっているのはかなり信憑性があるのかな、という気がします。大量のプレス関係者がドイツに取材に行ってますからね。スポーツ専門誌「Number」でも、かなり遠まわしな表現でしたが、上記のことを読んだ後では、それを読者に伝えようとしているのかな、と思わせられる記事を何本か読みましたし、スポーツ紙のネット版検証記事でもかなり突っ込んだ表現が見られました。

本当のところは直接見聞きしていないので分りませんが、本当なら相当残念です。だってうざいくらいの真剣さって、他国の代表はみんなもっていましたよね。なのに日本代表の間ではこんな甘さがまかり通っていたなんて。真剣にやらなくて通用するわけもなかったのに・・・・。巻たち新参組が真剣にシュート練習しているのまで大笑いして邪魔していたっていうんですよ。今回は前回の時のゴンや秋田のような、控えでも「熱く頑張る」年長者がいなかった事も、彼ら仲良しグループを増長させてしまった原因かなと思われますが・・・。

逆に前回出場してゴールを決めた森島のこんなインタビューが最近出ていました。「ゴンさんは控えでアップするときも『ここまでするか』というくらい真剣にする。始めはやりすぎじゃないかと思っていたけど、彼が交代でピッチに立つといきなりベストコンディションで動き出せるのを見て、自分も見習うようになった。それで日韓大会のとき途中出場してすぐに結果を出せた」というような内容でした。これが最新号で出ていることに、はっきり書けない記者の言いたいことを感じてしまいます。

ナカタが代表で「浮いてしまった」「孤独なようだった」などど言われ、リーダーになりきれなかった原因として彼個人の性格にも一因があったような解説者のコメントや記事も出ているけれど、こういう「腐ったりんご」が内部にいては、チームが機能するはずないですよね。。。土曜日にテレ朝でやっていたナカタ引退特集TV番組を見たら「このチームは本当に集中して練習することができないチームで」のようなナカタ本人の発言がありました。あぁ彼も苦労してたんだな・・・と、なんだか泣けてきましたよ・・・。ほんとにお疲れ様でした、って初めて言いたい気分になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

お好み焼きパーティ!

2週間、断食のような?「肉・脂断ち」「炭水化物・大豆蛋白・温野菜オンリー(若干の乳製品も)」な食生活を続けて胃腸を整え、そろそろ普通の食事も・・・と思っていた金曜日の夜、友達の家でお好み焼きパーティーをしました!

しました、っていうか、ただ参加して食べてただけな私なのですが・・・。

連日35度を上回るこの猛暑の中、なんで家でお好み焼き?!と不審でしょうが、企画を決めた時はまだだいぶ涼しいころだったので・・・。主催者がポイントでホットプレートを当てたので、さっそくみんなにお披露目したい!っていうのがパーティーの趣旨だったんです。

クーラーをガンガン効かせた中、熱々のお好み焼きがとぉっても美味しかったです(^ ^)v。蛸も豚肉も入った具沢山なお好み焼きで。あぁ堪能・・・・。

我が家はお好み焼きがあまり好きじゃなくて、ほとんどお好み焼き屋さんに行った事がなかったので、お好み焼きの焼き方作法に自分がかなり無知だってことも分ったし。(^ ^;;
(うちの母は静岡生まれですが、祖母が深川生まれなせいか、我が家の「お好み焼き」は事実上「もんじゃ焼き」だったんです。だからってもんじゃの焼き方作法に習熟してるってわけでもないのですが・・・)ポイントで当てた割には相当でっかくて使い勝手のいいホットプレートに感心してしまったし。

うちでもホットプレート買ってお好み焼き作ってみようかな。「おたふく」ブランドのお好み焼きソースも専門店の味で美味しかったぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 7日 (金)

病気の一週間

今週は実は急性の胃腸炎で苦しんでいます…。

風邪気味で3週間くらい市販の風邪薬を飲み続けていたのですが、日曜日いきなりお腹にきてしまい、それも普通じゃないひどさで全く起き上がれず、月曜はお休みして本当に一日中寝ていました。

火曜は出社したものの、まともに食べ物も食べられず、あまりのだるさに不安になり水曜やっとランチタイムに病院に行ったら、胃腸炎の急性症状とか言われました。。おにぎり食べてもまだお腹壊すと話したところ、「ウィダーインゼリー」で栄養補給しなさいと言われたんだけど、…ふうん、、そうなんだ。。。(若いお医者さんなの。でも一応消化器科専門医。。)

そして午後の仕事を一部ちぎって点滴受けたりして、結局今日木曜も休んだ…。

急に蒸し暑くなり冷房が強まる時期、毎年体調を崩しやすいのですが、去年小学生に流行ったという「胃腸炎のような症状になる風邪」だったのかもしれません。あるいは市販薬で安易に止めてたのが、止まらなくなったとき胃腸もやられてしまったのか。。

いま胃腸の薬をもらって、風邪薬はこの間止めるように言われたのでやめたら熱と頭痛がでてきたので、やっぱりかなりこじれたとはいえ風邪ですよね…。

仕事はちょっと一段落したとはいえ、一週間も引きずるなんて、、。今週はボロボロでした。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

イングランドvsポルトガル、ルーニーとC.ロナウド またはラテン系サッカーとゲルマン系サッカーについて思うこと・・・

数日前のイングランド対ポルトガル戦で、0−0の延長の上PK戦でイングランドが敗退しましたが…。

ニュースを追っていたら、ビデオムービーをアップし一般公開できるサイトで、「ルーニーを策略で退場に追い込んだクリスチァーノ・ロナウド」という感じの映像が流れていました。この二人はW杯ではイングランドとポルトガルに別れて戦ったけど、日頃はイングランドの同じチームに所属するチームメート。で、確かに試合中の映像をピックアップしたこれを見ると、ルーニーの気性を知り尽くしたC・ロナウドが上手くルーニーを怒らせてレッドカードに追い込んだように見える。後半始めのベッカムの負傷退場とルーニーのレッドカードで、その後のイングランドは「よくPKまで粘れたね」って言いたいくらい、もう勝てそうな感じしなかったし、これは相当痛いアクシデントだったためか、イングランド国内では二度とC・ロナウドにイングランドの土を踏ませるな!くらいの記事がガンガン出ているそうです。。

http://www.youtube.com/watch?v=e4MfRj-pJ8I

まあ相手選手を踏ん付けたルーニーが悪いんだけどね。その直後すかさず寄ってきて審判にチクったり、ルーニーが退場したあと自陣ベンチに「上手くいった」って感じでウィンクしたのが、まだ若いのにいかにも策士げで、なまじ顔が小綺麗な分印象がいっそう最悪になったかも。。サッカーも凄く上手いとは思うんだけど、正直言って、C.ロナウド、個人的には大嫌いになりました。(^_^;; 

ラテン系のチームはテクニックがとっても華麗で見ていて好きなんですけど、それだけ技術がありながら、なんかファウルの取り方とか敵の苛立たせ方が妙に巧みとか、スポーツとは別の小細工を労して苛々させられるところも多いのがツライです。今大会のアルゼンチンなんて、芸術性最高レベルだと思うのに、見ているうちに時々嫌になってくるときもあるのは、なんか嫌らしい小細工が多いからなんですよねーー。会社でI部長と話していたら、シンプルにスポーツするのが好きな部長は「サッカーで勝負しろよ」というご意見でしたが、実は私もそう思います。上記のルーニーも、レッドカードを見た瞬間、ガタガタ文句言わずにすぐに引き上げたのがイギリス人らしいと感心しました。でもゲルマン系のサッカーって、単純で割りと面白くないのも事実・・・。フランスとかイタリア、またチャンピオンとして頭抜けたブラジルが、いやらしさも鼻につかない程度で、やっぱりいいかな。。

この試合ではPK戦に負けて敗退が決まった後、ベンチから出て来て最後まで戦ったチームメートを慰めるベッカムの姿が試合の最後に写っていました。そのベッカムに慰められて涙を流していたテリー。テリーは地味目で落ち着いた風貌なのに、ついに感極まって泣く姿が印象的で、今回W杯中、1番気に入ってしまいました。選手としてのプレイには全然関係ないんですけどね。(^^)

http://www.afpbb.com/wc2006/561037 (座ってる人。普通の男の子っぽい)

いまイングランド・プレミアリーグのチェルシーの主将とのことですが、プレミアは私アースナルのファンなのでチェルシーの選手なんて全然見てなかったわー。ベッカムの主将引退後、時期主将の最有力選手とか。いま調べたら私と誕生日が同じだったの。なんて、サッカーとはもっと全然関係ないけど・・・。
リーグが始まったらしっかりチェックします。いまから楽しみ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナカタ、引退

日曜からお腹を壊して、月曜は病欠して一日寝まくりました。
なのに夜は9時過ぎに中田引退の大ニュース!
具合悪いのにニュースやネットをつい見てしまったりして…。一つの時代が終わったのかなっていう感じがしますね…。日本のスポーツ界の中でもやっぱり大きい存在だったし。

個人的にはファンではなかったけど、いつも注目はしてました。欧州リーグで通用した初の日本人だったし。あそこまで個性強い選手も少ないと思うし、寂しくなるなぁ、やっぱり。。

もっともファンではなかった通り、私の周りには、たまたま中田嫌いが多いんですけどね。。元高校サッカー部の女子マネの子は、高校サッカーに相入れないあの態度が嫌いみたいだし。団体スポーツ向きとは思えないタイプに見えますよね。(苦笑)

また中田がペルージャにいた頃イタリアに留学してた子は、ペルージャの町の人が中田目当てで訪れる日本人観光客を喜んで歓迎してたのに、中田自身が日本人にも日本のマスコミにも極端に冷たかったので、そのあまりの感じ悪さに嫌いになったそうな…。日本のスポーツマスコミの出鱈目さを少なからず知る普通の日本人としては、中田の気持ちが分からなくもなかったけど、「それにしても…」だったらしいです。

私は東鳩の役員になるとかスポーツを利用した幅広い商売をてがけるなどの、ビジネス界への変な目配りが、ちょっとどうかと思っていました。ホームページも広告代理店がらみの商売商売した感じなのが印象悪かったですねー。もっともこれからは逆に、何をするにしてもスポーツをベースにしたビジネスに取り組むならいい事だなと思いますが。。

中田に続いて海外に出た日本人選手の多くが伸び悩んだり、海外チーム契約ブームも一段落している昨今ですけど、「中田以来」と思われるような画期的に活躍できる新しい世代の日本人選手が、ほんとうに早く出て来てほしいのは間違いありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

夏前のお買い物

金曜日はセールの前の日なのに伊勢丹に寄ってお買い物しました。半分はストレス解消なんだけど!♪

(1)まずお化粧品。ファンデがなくなりかけたので補充。RMKのリキッドファンデですが、ついでに日焼け止め用下地SPF31+も購入。
下記のお店に行ったら売場のお姉さんたちも「私もRMK」って言ってたので心強くなってしまいました。この頃特にファンデが評判いいみたいです。

(2)夏になる前用のインナーが、どれも大分使い古しになってきたので探しに行って、結局「INED」でベージュのツインセットと、ボーダー柄がマリンぽいビスチェを購入。

「INED」のツインセットは七分袖のカーディガンとフレンチスリーブのインナーの組合せでパールっぽい飾りが両方の衿ぐりについてます。2〜3年前ここで買ったツインセットがカットが良くて重宝したから補充のつもり。色は今回の方が地味だけど飾りが派手なので、普段の通勤にもお洒落着にもなりそうです。
ビスチェは15㎝幅の黒いレースが衿ぐりに付いてて、その下が白黒のボーダーになっているタイプ。Vネックのくりが深い服の下に着る用なんだけど、ボーダーまで見えたらカジュアルだしレースだけならシックにと使い分けられて便利しそうです。

この頃買うのはこの「INED」と「UNTITLED」と「INDIVI」「クープドシャンス」のどれかが多いです…。サイズもたいてい合うからなのですが、割とみんなデザインが似ていて定番も多く、着ているものが決まり切ってきてしまうのが難点かも。。

買い物に行っても新鮮さがあんまり感じられないんですよねー。割と…。利用されてる方ならみんな思うんじゃないかと思う。新作も結構似たものが多いんですよね~Ined1_1 。メーカーが違うのに不思議です。。

そろそろ新たなブランド開拓が必要なのかも知れません。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »