« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006年2月28日 (火)

ボスニア・ヘルツェゴビナ戦

…なんかロスタイムがやけに長かったような気はするけどf^_^;、とりあえず引き分けてよかった。。。

でも中盤から後ろ、ボールキープ率がすごく悪くて球際も弱かったと思うのですが…。4バックの影響もあったのかしら?今後に不安を残しますね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年2月26日 (日)

結局フィギュア漬け

今日はスポーツクラブに行って水泳して、借りているDVD見て、昨日買った本も読んで・・・と思っていたのに、夜明けに放送された「フィギュア・エキシビション」の録画を見て、衛星放送で9時間ぶっつづけでやってるフィギュア再放送を見たりしているうちに1日が終わってしまいました・・・・(苦笑)。って、しょうがないですよね。今日は。。。ふふ。♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

映画三昧?

今週末は溜まっていたビデオや借りていたDVDをこなすべく、映画を立て続けに見てました。見たのは「フレンチ・コネクション」「ビューティフル・マインド」「彼女の恋からわかること」(Ten Tiny Love Stories)。

「フレンチ・コネクション」・・アメリカン・ニュー・シネマの傑作、と言われているのになんとなく今まで見ていなくて、先週NHK衛星で放送されたのを録画してようやく見ました。・・・思っていたよりずっと面白かった。うーん、やっぱり傑作ですね。ドキュメンタリーのようなリアリティがありますね。描写に。確かこの映画の公開後カー・チェイスや犯人との追っかけがアクション映画のお決まりの表現になったはずなので、いま見たらきっとこの「元祖」のシーンは使い尽くされて鮮度が落ちて見えるかと思いきや、全然そんなことはなかったのでした。そりゃいまのはもっと迫力は増しているかもしれないけど、最近の「お約束」的表現とは全然違うので面白く見れました。あまりにも有名な映画なので、あっちこっち「どこかで既に見た」って思うシーンがどうしても多かったのが残念だったのと、ロイ・シャイダーがイタリア系の役っていうのがよく分からない気がしたけど、気になったのはそれくらいかな?

「ビューティフル・マインド」・・・統合失調症の天才数学者が病気を乗り越えて人生の最後にノーベル賞を受賞するまで、の実話なんですが、あんな状態からよく復活できたよね。奥さんよく頑張ったね、と思うほかなし。最後は涙・・・。主人公が自分の病気を受け入れることで、なんとかバランスを取れるようになってゆく部分は病気じゃない人間にも示唆的です。統合失調症患者の視点で幻覚を現実のように描いているシーンが多く、深夜ひとりで見ていたらやや薄気味悪かったけど。あとアメリカ映画って兄弟や両親にちゃんと似て見える役者をキャスティングするのが常識と聞きますが、主人公のベビー役の赤ちゃんが、説明されなくてもひとめで主演のラッセル・クロウそっくりなうえに超・超カワイイ。どーゆー凄腕のキャスティング?!とびっくり。

「彼女の恋からわかること」・・・時々ミニシアター的な映画を借りるのは、「人はどうしてんのかな」的ハウツーお勉強感覚で映画を見たくなる時があるから。なんだけど、これはちょっと失敗でした。(わたし的には。)10人の女の人がちょっとした恋愛エピソードとか男性観とかを一人5分程度づつ語るのを、真正面からカメラを止めたまま映しているだけなので、2~3人目には既に退屈になってしまうのです。NHKとかのドキュメンタリー番組のインタビュー部分だけを1本の映画としてまとめたみたいなわけ(語りの内容は創作らしいんですが)。よっぽど面白い話がないともたないと思うんだけど、そんなでもないし・・・。この映画はキャメロン・ディアスなどが出た1作目の続編、ということらしいので、前作はそれなりに面白味があったのかもしれないですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月18日 (土)

表参道にて

120060217   金曜日帰りに、なんとなく途中駅の表参道で降りてみました。ほんとは例の「表参道ヒルズ」を見てみたかったんだけど、あまりの混みこみぶりに近づけず。

この間オープンしたと宣伝していた「駅ナカ」商店街もまだ見ていなかったので、こちらをふらりと一通りチェックして、一番人気のマルシェ・ドゥ・メトロというカフェ・レストランで小腹を満たして帰りました。

ここはかなり広いスペースに室内風と屋外風のテーブル席をだーっと並べていて、ドリンクもパンもデリも別カウンター・別会計になっており、それぞれ自分でピックアップするようになっていました。で、ドリンク買って席をゲットしたあとあちこち回って何皿か購入。とってもおしゃれな感じで見ため的には満足だったのに、私のチョイスが悪かったのかなあ・・・。味覚的には不満足でした・・・。イタリア直輸入風の「生サラミ・トスカーナ風」とホタテ貝柱のトマトソース風味の煮込み、かぼちゃの何とか風煮込みを食べてみたのです。それぞれ一皿200円くらいで美味しそうに見えたのに、かぼちゃ以外はなんだか生臭いというか動物臭いというか。日本人好みの味ではなかったかなぁ・・・。個人的には日本の洋食風よりも現地そのものの味付けって結構好きなんですが、今回はちょっといまいちでした。う~ん残念! 
(写真は私の席から写した知らない方々。顔をもっと補正して隠したいんですが上手くいかず・・まずいかしら、やっぱり。どなたか知らないけどすみません!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月15日 (水)

苦い一日

バレンタインデーは苦い一日になりました。
一応買った元本命チョコ、前日までの態度を見て、固く決意し、あげなかったんです。
同じオフィスの隣の島の男なのですが、半年ぐらい同じチームの先輩女性に強烈に迫られて私と社内で会うのもその女性にストーカーのように後をつけまわされ邪魔をされ、きっぱり断ると仕事の上で嫌がらせをされるので彼はかなり気を遣って彼女の顔色伺っているうちに、ふとした弾みでふたりは昨年末にできちゃって。私がまた彼女と争って勝ち取ろうとするよりは男の弱さにあきれてしまって突き放してしまったせいもあり、しだいに彼女とズルズル切れなくなっていたので、前もって宣言していたとおり、「もう付き合わない!」というのをここで実践したのです。そう言っていたのに全然なめてて、フォローしてくる様子もなかったので。

前日までそんな態度を変えられなかったのに、絶対に今年もチョコもらえると信じきっていたみたい。前日退社時もなんか連絡もらいたそうにそわそわしてたし、14日は朝からウキウキしてた。でも昼過ぎても私からはなんの反応もなく、うちのチームは朝いち始業前に業務用チョコを配ってしまったのを知ると、だんだん無言でピリピリしたムードに・・・。私もだんだん辛くなってきたけど、途中そいつが、その先輩の彼女とちょっとチャラチャラして私に当てつけようと振る舞いかけてハッとやめたりした態度に、再び決意を新たにし、最後まで黙殺を続けました。実はこれだけじゃなくて他にも似たことがあって、彼はここ数ヶ月勘違いして舞い上がって人を傷つけても反省できなくなっているなと、その問題の根が本当に深くなっているのをそのちょっとした態度にもしみじみ感じてしまったのです。

退社時間が近づくにつれて彼はなにげに私の通り道に立ってみるとか、なんだか様子は必死なんだけど、直接自分からは当たってこないんですよね。まあ、貰おうという受身の立場だからこの場合はしょうがないか。なんか可哀想になっちゃったけど、いつも私が妥協して結局いつでも何しても許してくれると思ってやりたい放題エスカレートしてしまって元に戻れなくなってしまったので、そして私はもう許せる限界超えているのを何度も宣言しているので、やっぱりもう妥協しては駄目だと思い、きっぱり切って帰宅しました。なんか辛かった。でも、あんな舐めた態度しながら絶対チョコもらえると思ってるなんて、むしろ意外でした。ああいう男の心理って分からないっす・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土)

チョコレート

今年もチョコのお中元の季節が近づいてまいりました。。。

choco1_20060211 そう、この言い方、今年はぜんぜん乗り気じゃないので、なんとなくうんざりしながら義理チョコの準備をいまごろ始めたところなのです。もう直前の最後の土日。近くのデパートに行ってみたら、義理チョコに最適な700円~900円のゴディバの板チョコセットは、すべて完売。去年も似たのがあったけど、2個しか入っていないトリュフセットより大きめで存在感があるし、おじさんもよーく知っている「有名・高級」ブランドなので、 お手ごろだったんですよね~~。やはり出遅れ感が否めないのを思い知り、買い物魂に火がついてしまいました。

こうなったら納得いくまで、日曜・月曜(会社帰りにね)くまなく回って、これと思えるものを買ってやる!!と、義理チョコなのにこの燃え方。ああ突然だけど熱が入る・・・。今年は数も減らして、全体としては止める方向にしようと、お金をシェアしあう同僚の女性と話し合っていたというのに。元々贈り物好きなだけに、商品をチェックしていたら、もうあげないつもりだった元・本命(いまの気分は実は最悪・・。多分終わってるでしょう)にも、2/3義理だけど一応買うことに。それくらいの大きさのセットを買いたくなってしまい、つい。。

去年は流行のデザイナーズチョコもいくつか混ぜて買ったのですが、女性誌のチョコ特集を賑わせていたピエール・マルコリーニとかジャン・ポール・エヴァンなんて、もらう方の人は誰も知らないみたいで空しかったです・・・。今年は分かりやすいブランド路線でいくつもり。

そういいながら今日食べるために、中にトリュフを入れて焼き上げたガトーショコラの6個セットを買ってきました。写真です。パティスリー ジャン・ミエ、1,050円。疲れたけど、これを食べたら美味しくて、すっかり幸せな気分~。♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 4日 (土)

職場の安らぎ

120060106私の職場のオアシスは、テーブル椰子とプミラの寄せ植えです。2年前の1月に買ったものが冷房の直撃で絶滅しかかったので、去年の夏に買ったお店に持ち込んで、株を増やして植え替えてもらいました。グレーのパーティーション(仕切りの壁ですね)と白いデスクという無彩色なデスク周りで、ココロのなごみになってます。(ほんとはもっとカラフルな鉢に植えたかったんだけど、大きさ的に白と黒しか合わなくて・・・。)

毎日帰宅時には葉水をあげてから帰ります。まだまだ20cmくらいで小さいんだけど、身長40cmくらいまでならデスク上に乗せてても許せるかなと思うので、早く大きく育ってほしいな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »