« ワールドカップのチケット販売はいつから | トップページ | 健康診断と胃カメラの恐怖 »

2005年11月14日 (月)

七五三

昨日家の棟のエレベーターで、七五三の女の子と出合いました。どうも七五三て正確な日付が分からないのですが、三歳とおぼしき女の子が綺麗な着物姿で可愛かったのでした。

最近の着物ってほんと凝ってますね。昔の子供の着物といえば、旅廻り一座のお姫様役かというような、かなり派手な色柄と安い素材が一般的だったように思うのに、今日会ったその子のなどは古典柄で素材も色合いも古風な着物らしさが漂っていて、それでいながら子供を可愛く見せる明るさ・華やかさも考慮されていた。昔の舞台衣装風にくらべたらさすがに地味だけど、とても魅力的でした。最近私の会社内でもまだ若いのに着物に凝り始めたという女性が増えているのですが、買っているのは高い誂え物ではなくて昔の着物の中古品なんですってね。3万くらいで買って、普段のお出かけに着ると言ってました。

私たちの世代って、インク色も目に眩しい成人式用全盛期で、20代半ば?から撫しょう庵のような大正風プレタ着物が始まったように思うけど、最近の浴衣ブームのあと、好みの傾向が一段と本格化しているのでしょうか。
詳しい人に教わりたいけど、着物は女の最後の道楽とか聞くし、恐ろしくて足を踏み入れるのがまだ怖い私です。。

ところで自分の七五三の事を思い出してみると、牛若丸の女の子版みたいな格好をさせられてました。お稚児さんスタイルというのだろーか。白塗りで、筆で書いた大きい点のような例の眉毛。二度とありえない姿でした〜。

|

« ワールドカップのチケット販売はいつから | トップページ | 健康診断と胃カメラの恐怖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七五三:

« ワールドカップのチケット販売はいつから | トップページ | 健康診断と胃カメラの恐怖 »