« マイ・折りたたみ自転車 | トップページ | くじ運上昇? »

2005年11月 9日 (水)

日本代表新ユニ

昨日サッカー日本代表の新しいユニフォームが発表されましたね。
明るめのブルーの色合い、チャイナカラーのアレンジ風な襟元、脇に施された刀の意匠柄…。

…どうなんでしょうね〜。あれを来年のワールドカップまで使うんだって。アディダスですよね。見慣れたら良くみえてくるかなあ?ユニのデザインって、どーして誰が決裁して決まるんでしょうか。。

サッカーのユニって一般的にどうも、毎シーズンごとに各メーカーが打ち出すスタイルがあるみたいですよね。詳しくは知らないんだけど。ナンバーや文字を見るとどこのメーカー使ってるか分かる、みたいな。

あの襟を見ると、一時期のジュビロとかラツィオが採用していたタイプの流れを汲む感じがします。。あれだって、そのメーカーには失礼だけど、「スポーツの衣装にはあんまり新機軸なデザインを盛り込まない方が…」て印象を受けました。う〜ん、、。いかがなものでしょうか…。

私の好みでは、日韓大会のときのものが、全体の色合いといい、変な思い入れたっぷりの意匠が目立ち過ぎていないプレーンな仕上がりといい、いまのところ一番好きです・・・。

|

« マイ・折りたたみ自転車 | トップページ | くじ運上昇? »

コメント

 サッカーのユニフォームといえば、今年、バルセロナとユベントスという2大ビッグクラブがチャンピオンズ・リーグのアウェイ用に揃って「黄色い」デザインを採用しました。昨年のバルセロナのアウェイはベージュチックで、とても弱そうに見えたのですが、今年の黄色は強そうとか弱そうとかの前に、違和感満々です。毎年メーカーが目先を変えて売ろうとするのでしょうが、あまりにもチームカラーとかけ離れた色は、やめてほしいと思うのはわたしだけではないと思います。
 さて、昨晩は世界中で2006年ワールドカップに向けたプレーオフが行われ、わたしは3つのチャンネルを行ったり来たりで徹夜でした。3つともに応援するチームが勝ちましたが、ウルグアイは次戦が微妙。ヒディンクは侮れず。次の徹夜は16日。今年の徹夜納めの夜となりそうです。

投稿: ルイ・コスタ | 2005年11月13日 (日) 13時54分

バルサのベージュのアウェイ用ユニは、確かに練習着と見紛う感じで、いただけなかったですよね。今期のユーべのアウェイをチェックしたらレッドだったと思ったら、CL用っていうのが別にあるんですね。
スカパーのサッカーセットの契約を変えてやっとCLも見れるようになったのに、最近ちっとも試合中継を見ていない私。3本ザッピングで完徹ですか!うーん、尊敬~。負けました。

で、多分サポートされてたのはスペイン&チェコですよね。私はアイルランドが出られなくなったのが残念で・・・。でもチェコ、スペインはやっぱり勝ち残ってほしいです。

投稿: ともりん | 2005年11月13日 (日) 18時21分

 アイルランドは名実ともにロイ・キーンのチームだったので、彼の相次ぐ故障や高年齢にともなう衰えが明暗を分けた気がします。同グループだったフランスにはジダンが戻り、チェコにはネドベド、ポルトガルにはフィーゴが戻りましたからね。今や「黄昏」世代の彼らの充実ぶり(どれだけ戦えるか)が、そのまま予選の結果に反映されているように思えます。
 ともあれ、日韓ワールドカップでは辛酸をなめ尽くしたチェコ(プレーオフ敗退)、スペイン(審判の誤審でベスト4が夢散)、フランス、ポルトガル(ともに予選グループ敗退)には、今回ぜひとも地力を発揮して欲しいものです。

投稿: ルイ・コスタ | 2005年11月13日 (日) 20時25分

予選を見れなかったので理由がわかりませんでしたが、なるほど、そんな状況だったんですね。前回は本番で不在でも他のメンバーが頑張ったから、あまりロイキーンの存在を意識していなかったのですが。

それにフランス。雪辱の意欲は強いと思いますが、今回ジダンたちが戻るまでは目を覆うばかりでしたよね。アンリも好きだし、いい戦いをしてほしいですが、どこまでかつての輝きが戻るか、心配ではあります。一方オランダが戻ってきたのは楽しみのひとつです。

投稿: ともりん | 2005年11月13日 (日) 20時54分

私もあのユニはえ〜っ、、ちょっとぉ、、と感じずにはいられませんでしたが、あの炎のユニも見慣れれば慣れたものだったので、そのうち、刀のユニも見慣れるのでしょうか。。 あまり変な思い入れしないシンプルなのがいいのにね。そして、私もあの刀のユニを買わされ(?)、ドイツへと旅立つことと思います。なにはともあれ、アンゴラ戦でその生ユニをこの目で観てきますわ。 各地のプレイオフは大変ですね〜〜スペインがプレイオフにいるなんて!なんなんだろ? 

投稿: ikutan | 2005年11月13日 (日) 23時38分

 そうそう、日韓ワールドカップのときはロイ・キーンは監督と衝突して国へ帰ってしまったんですよね。それでもアイルランドは決勝トーナメントへ進み、その底力に驚いたのを覚えています。わたしもアイルランドは好きです。20年くらい前に10日間ほど旅したことがあり、惚れました。でも今は日本人で溢れているとか。ギネスの黒生が飲めるお店が増えたことは歓迎しますが、どうなんでしょうね、アイリッシュブームというのは。
 さてスペインですが、ヨーロッパは「国」よりは「民族」が生活の境界線となっています。ですから、プジョルとカシージャスが肩を組み合う代表チームというのは、本来とてもパラドキシカルなんですね。タレントでは群を抜くのに国際舞台で思うような活躍が見られないのは、ひとえにこの「民族」の問題だと思います。いっそのこと、イングランドのようにいくつかに代表チームを分ける方が、かえって強くなるのではないでしょうか。バルカン半島は民族ごとに国が(ほぼ)分かれ、クロアチアもセルビア・モンテネグロも出場を果たしていますし。カタルーニャ代表はきっと強いよ〜。バルセロナのオレゲールは、代表への召集を拒否してるくらいだし。
 スペインのプレーオフ第1戦はうまいこと点が取れてメデタシメデタシでしたね。スペインのいないワールドカップなんて、寂しすぎますものね。

投稿: ルイ・コスタ | 2005年11月14日 (月) 21時27分

「カタルーニャ代表」。なんか、いいですね~。(^^)
確かに「大国」の状態でなくなったバルト三国や旧ソ連領など、しばらくの低迷はあっても、復活してきているみたいですよね。なるほどね。
スペインの選手ではGKのカシージャスが結構好きですが、今回の代表ではいかがなものなのでしょうか?(例によってあまりチェックできていない)。

ところでikutanさん、やっぱり明後日のアンゴラ戦、見に行かれるんですね。さすがにぬかりないですね~(いつも)。。。(^^)会場でのナマの感想を、そのうちぜひ聞かせてくださいねー。日本代表戦のチケット入手状況は、WC予選の時は倍率80万倍?とかでもう二度と見に行けないと思わされたけど、出場も決めたことだし、少しは楽になってきたのかな??まあ親善試合だし、条件違うかしら。

投稿: ともりん | 2005年11月14日 (月) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152297/6989216

この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表新ユニ:

« マイ・折りたたみ自転車 | トップページ | くじ運上昇? »